FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

店の主任 律子 4話 別れ


久恵と食事を終え家に帰ると律子から電話があった。

律子「何度も電話したのに出なくて何処に行っていたの?」と少々怒った口調で。

私「石川(部下)と食事して帰ってきたんだけど」

律子「そうだったんだ、なら良いけど」

私「それで要件は」

律子「付き合っている者同士で一々要件がいるの?」とまた食って掛かる。

私「今日は何か変だよ」

律子「お土産は」

私「ない、直ぐに社員旅行で熱海に行くんだから意味ないじゃん」

律子「そういう問題じゃないんじゃない」

私「そうかなぁ・・・」

律子「もういい!」ガチャンと電話が切られた。

感じ悪いと思ったが別にイイやと思って金魚に餌をやった。

明くる朝に久恵から電話があった。

「久恵です。おはようございます。昨日はご馳走さまでした」

私「いいえ、どう致しまして」

久恵「今度、いつ会って下さいますか?」

私「休みを合わせない?俺の方が自由になるから久恵に合わせるよ」

久恵「じゃぁ、今日出勤して見てきます、夜に電話します」

私「うん、わかった、もう出勤時間だろ?気を付けて行ってね、俺ももう直ぐ出るから」と。

久恵「行ってきま~す」と明るい声で。

渋谷店に出勤して事務所でお土産を渡したらそこに律子も居て、

律子「依田さん、お土産はそれだけ?」と。

私「少なかったですか?すみませんでした」と。

女性係長が「そんな事無いわよ、殆どの人がお土産なんか持ってきてないもの」と。

私「それでは失礼します」と言って早々に退散した。

その日から律子の態度が怖かった。

事ある毎に突っかかってきた。

周りの人に気付かれる程だった。

先輩方から「依田、最近、山中主任(律子)から随分苛められているじゃないかぁ?何かしたのか?」

私「何をしたのか検討が付かないんですけど、本当に苛められている気がして最近は仕事がやり難いです」

それでも私は律子の言動はシカトしてポーカーフェイスで仕事していた。

昼食の賄い時に食べていると社員旅行の日に私と銀座店のウエイトレスとイイ仲になっていたという話題になった。

その話しを別のテーブルに居た律子が凄い顔で睨んでいたのが怖かった。

ある時に急だったが人事異動があった。

律子が赤坂店に異動になったのだ。

栄転なのか左遷なのか分からないが主任から平の事務所勤務になったのだ。

ラッキーだった。

その夜、律子から電話があって「貴方が仕組んだんでっしょ?」と第一声に。

私は寝耳に水だったので「何を?」と。

律子「私の異動よ!」

私「俺にそんな権限なんてないよ!」

律子「これで貴方とは終わりね」

私「わかった、そうしよう」と言って電話を切った。

律子とは終わった。

(END)

励みになりますのでクリックお願いします

FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト
[PR]

PageTop

店の主任 律子 3話 彼女のアパートの部屋


ホテルで互いの電話番号を知らせあった。

時間を置いて別々にずらして出勤した。

仕事が終わって家に帰ってゆっくり風呂に入った。

風呂から出ると律子から電話があった。

「また会ってほしい」と言う。

「でも仕事が忙しいので会える日がない」と言うと、

「遊びだったのか」と聞いてきた、

確かに遊びなんだけど「遊びだった」とは言えなかったので、

休みを同じ日にしてデートした。

デート中に余程欲求不満なのか「また抱いて、今日は私のアパートで」と言ってきた。

夕食を原宿のイタリアンで取りその後タクシーで彼女のアパートへ行った。

玄関を入ると左側に小さなキッチンがあってその奥に脱衣場、バス、トイレがあって、玄関から真っ直ぐに廊下を行くと6畳間が1部屋あった。

部屋にはシングルの小さなベッドがありその横にドレッサーそして座卓があった。

ベッドルームの座卓の前に座っていると律子が「何、飲む?」と、

私は「何でも」と言うと缶ビールを出してきた。

缶ビールを二人で飲んだら律子は「お風呂沸かすね」と言ってバスに。

帰ってきて目を閉じてキスを求めてきた。

余程セックスが好きなんだと思った。

律子にキスをして乳房を揉んでいるだけで「ハァハァハァ」と息が荒くなっていた。

私のスラックスとトランクスを下ろしてフェラをして来る。

フェラをしながらも「ハァハァハァ」と息が荒くなる。

「お願い、我慢できない、入れて」と自分でショーツを脱いでベッドに手を付いて尻を出した。

仕方ないので律子の膣口に手をやると愛液が滴り落ちそうなくらいになっていたのでペニスを突き挿した。

「あ・・・・・・、イイ・・・・・・・、ずっとこれを待っていたの、お願い、もっと突いてぇ・・・」

私はバックの体勢で思いっ切り腰を振った。

律子は「イクッ、イクッ、イクぅ・・・・」とアクメを感じ口から涎を流しながら果てた。

久々だったので私も5分しか保てずに律子の尻に射精した。

「お風呂が沸いたみたい」と律子は私の手を引っ張った。

二人で風呂に入り洗いっこして湯船に浸かった。

出ようとしたら律子は私のペニスを掴んでフェラをしだした。

されるままにしていたがイキそうになったので、律子を立たせて湯船の縁に座らせ2本の指でGスポットを刺激し続けた。

「あ・・・・気が狂いそう・・・・おかしくなっちゃう・・・・あ・・・・」と床一面に潮をジャバジャバと振り撒いた。

「恥ずかしい」と言うので「そんな事はないよ」と言って床と彼女をシャワーで流して体を拭いてお姫様抱っこをしてベッドに寝かせた。

律子は「貴方の事が忘れられなくて」と。

私は「どうして?」と

律子は「指や舌でしてくれるのも、この太くて大きいのも、気持ちイイの、だから捨てないで、お願い」と泣いた。

店ではテキパキと仕事をして後輩のウエイターやウエイトレスのは指導をしてトラブルがあると厨房にまで怒鳴っている女なのに、

こうやって私の前では大人しい女になっている姿が信じられなかった。

涙を口で舐めて「もう泣かないの、愛してあげるから」と言って首筋全体を舐めて両乳房をちょっと乱暴に揉んだ。

「あん、乱暴にしないで」と言いながらも悶えている。

相当のドMだと思った。

また乳房をギュッと掴むと

「あん、感じるぅ・・・」

乳首を軽めに噛むと

「あん、感じるぅ・・・」

ペニスにコンドームを自分で被せて

腹から下腹部、恥丘の陰毛の生え際そして大陰唇の周りを舐めて両方の太腿の内側を交互に舌を這わして舐め上げる。

「あぁん・・・、あん、あん」

小陰唇のビラビラに沿って舐め上げる

「お願い、クリを舐めてぇ!」

膣口に舌を当てると大洪水の愛液が。

「おねがい、いじわるしないで・・・・」

小陰唇を開いて尿道口を時間を掛けて舐める。

「あぁ、いじわるしないで・・・お願いだから」

焦らしに焦らしてやっとクリ包皮を舌で向き先端の少し下を舐め続けると

「イッちゃう、イッちゃう、イクッ、イクッ、イクぅ・・・・・」とアクメに。

そのまま彼女の上に乗り正上位で膣の中にペニスを挿し込み腰を動かす。

「お願いイッてぇ!律子の中でイッてぇ!」と叫ぶが、

私はペニスを抜き律子をバックの体勢にしてそのままアヌスに一気に奥まで挿し込んだ。

律子は「えっ?何するの!?」と驚き、「そこは違うわ!」と。

私はそんな言葉は気にせずに尻を押さえ付けて腰を振った。

「あっ、あっ、あっ」腰のリズムに合わせて

「あ・・・・・・変な感じ・・・・・」

「でも感じる・・・」

「こんなの初めて・・・・」

「律子、イクよ、イクッ、イクぅ・・・・・」

彼女の横に力なく仰向けになって横たわった。

「そのままで待ってて」と言いながらコンドームを取り口を結び舌で掃除してくれ私の横に仰向けになって寝たので首の下に腕を入れた。

律子「お尻の穴は最初、痛いのかなぁ?と一瞬思ったんだけど最後には気持ち良くなっちゃった」

私「それは良かった」

律子「貴方19歳でしょ?誰にこんな事教わったの?」

私「教わった訳ではなくエロ本で勉強したんだ」

律子「絶対に嘘!19でこんなに女が喜ぶテクニックを知っている訳ないもの、何人の女とやってきたの?」

私「じゃぁ、律子は何人の男に今まで抱かれてきたの?」と。

律子「言う訳ないじゃない」

私「じゃぁ、俺も言わない」

律子「じゃぁ、私が何人って言うから当たったらウンと言って」

私「じゃぁ、俺が先ね」

律子「分かったわ」

私「一人、二人」

律子「当たり」

私「二人だけなんだ」と。

律子「どういう意味?」

私「何でもない」

律子「じゃぁ、私の番ね、一人、二人、三人、四人、五人、嘘でしょ?」続けて「六人、七人、八人、嘘でしょ?九人、十人」

私「うん、律子入れて十人」

律子「うそ・・・、信じられない」

私「信じてくれなくてもイイよ、三人除いて後は皆年上の女性、その中の一人が一番教えてくれた」

律子「幾つの人?」

私「40過ぎのおばさん、だけど絶世の美女だった」

律子「絶世の美女じゃなくてごめんなさいね」と不貞腐れた。

私「律子も絶世の美女だと思うよ」

律子「本当、本当にそう思ってくれている?」

私「初めて見た時からそう思っていたよ、一回は抱いてみたいってね」

律子「一回だけ」

私「うん、抱けるなんて思ってもいなかったから、怖い大先輩だったしね」とごまかした。

律子「何その言い方、でも今の私は貴方の女よ、だから抱きたい時はいつでも言って」

私「うん、分かった」と言いながらも食指はあまり伸びなかった。

つづく

励みになりますのでクリックお願いします

FC2 Blog Ranking

PageTop

店の主任 律子 2話 ラブホで


脱衣場で体を拭いて二人で歯を磨いベッドに寝た。

キスして舌を重ね絡め吸い舌を這わせ、耳の中、耳たぶ、耳の後ろ、首筋を舐め、肩、脇の下、腕、二の腕と舌を這わせ舐め上げ五指とその間を舐め吸った。

律子は体をくねらせて甘い声で悶えた。

「あぁ、あ・・、あん」

もう片方の腕も同様に愛撫して程良い大きさの乳房を両手で揉んで乳輪を舐め回し、乳首を舐めて歯を軽く当てる。

「あん、あっ、ダメッ、ダメッ、感じる」

腹、臍の穴を舐め

「あん、くすぐったい」

恥丘の陰毛を指で触り生え際に舌で這わせながら大陰唇の膨らみの際を舌で這わす

「あっ、あぁ・・・」

その後は交互に両太腿の内側を舐める。

「あん、あぁ・・・、感じるぅ・・・、気持ちイイ・・・」

両太腿の内側を執拗に舐めた後、膝から脛の内側に舌を這わせ、足の甲、五指の間に舌を這わせ舐め五指を1本づつわざとスケベな音を立てて吸う。

「あ・・・こんな事されたこと無い・・・」

私は咄嗟に「誰に」

余計な事を言ってしまったと律子は慌てた態度で無言「・・・・・」。

いよいよクリ○リスを口に含み舌でチロチロとゆきよの体はまたビクンと力が入って波打ち脚を伸ばしたり曲げたりを繰り返し、

「あぁ、あん、そこはダメぇ」と言いながらも

言葉とは裏腹に私の頭を抑えて

「あぁ・・、気持ちイイ」

5分ほど続けていくと「恥ずかしい・・・イッちゃう、イッちゃう、イクッ、イクッ、イクぅ・・・・」と言って脚を伸ばして腰を上下に振ってアクメへ。

女性は誰でもイク時は教えてもいないのにほぼ同様の言葉を発する。

その後、小便の残り香がある尿道口を舐め膣口を舐める。

「あん、あん、恥ずかしい」と言って腰を捩った。

69の体勢になってお互いに陰部を舐め合った。

彼女は息荒くペニスを掴んで扱きながら亀頭を咥え裏筋を舐め回した。

「太くて大きい」

私は口を離し「誰と比べて?」

「もういじわるなんだから・・・知らない!」

彼女の横に体を移し自分でコンドームを装着しクリを指で刺激して潤った膣口を触って確認し「入れるよ」と言って彼女の脚をM字に開脚させ正上位で膣にペニスを亀頭の先だけ入れ動きを止めた。

起き上がって彼女の右手をクリに乗せ「自分でやって」と言ってから腰を強く振り出した。

「あぁぁぁぁぁぁぁ、感じるぅぅぅぅぅぅぅ、もっと、奥に強く突いてぇぇぇぇぇ、律子、おかしくなっちゃうぅぅぅぅぅ」

体をよじって悶えて左手は乳房を揉んで

「死ぬ・・・、死んじゃう・・・、律子・・・、死んじゃう・・・イクッ、イクッ、イクぅ・・・・・」とアクメに達しイッた。

暫くそのままで動きを止めた。

「貴方はイッてないの?」

「うん」

「じゃぁ、私が口でしてあげる」

フェラをし出した。

律子のフェラは本当に巧かった。

「律子、あっ、イクッ、イクぅ・・・・」と言って果てた。

そのまま二人朝まで眠った。

つづく

励みになりますのでクリックお願いします

FC2 Blog Ranking

PageTop

店の主任 律子 1話 出会い


渋谷の店に入社してから1年ほど早遅番両方を掛け持ちして通しで働いていた。

店には賄い室があり朝・昼・夕とそれぞれ賄いを食べる時には交代で食べる事になっていた。

どういう訳か私が賄いを食べる時にいつも同じ時間に賄いを食べるウエイトレスの主任がいていつも私の姿を見ると最初の数回は「同席してイイ?」と聞かれ隣に座ってきた。

「私、山中律子、宜しくね」

「私は依田和夫です、宜しくお願いします」

「この間入った新人さんよね」

「はい、料理長とは南青山の店で一緒に仕事していました」

「うん、チーフマネージャーから聞いているわ」

「それにしても一日中働いてガッツあるわよね」

「早く仕事を覚えたいので」

「私、貴方みたいに仕事に情熱を持って働いている人と会った事なかったので驚いちゃった」

「料理長と二人で仕事していた時に料理人は仕事が一番、仕事が出来る様になれば給料もドンドン上がっていくって言われたので」

「そんなにお金貯めてどうするの?」

「早く独立して店を持とうと思っていて」

「そうなんだ」

その内に私の隣に座るのは当たり前のような感じになっていった。

ウエイトレスとしての経験は5年ほどありホールでは上から数えて5番目くらいの先輩だったので、私はいつも敬語を使って彼女はタメ口だった。

鈴木保奈美似の美人で仕事場では長い黒髪を結って纏めていて背筋を伸ばして尻をツンと上げて歩くスレンダーな姿がとてもカッコ良かった。

ある時、店のスタッフたちと飲む機会があった。

遅番が終わっていつもだったらアパートに帰るのだが誘われたので行ってみた。

調理場からは10人ほどの先輩たちとホールは男女合わせて15人ほどいた。。

部屋に入って行くと律子が私を見付けて隣に座った。

「一緒にお酒を飲むのは初めてだよね?」

「はい、余りお酒は得意じゃないんですけど、今日は少しだけ頂きます」

「ビールにする?それともウイスキー、焼酎もあるわよ」と。

「じゃぁ、ビール頂きます」

グラスを持ってきてくれて注いでくれた。

私は「律子先輩は何故そんなに親切にして下さるんですか?」

律子」「何でだろうね、多分気になるからじゃないかしら、ま、そんな事、気にしないで飲もう!」

「はい」

律子は22歳で4年生の大学を卒業して3年間大手銀行に勤めていたけれど接客業がやりたくてこの会社に入社して5年が経ったと言うつまり30歳だった。

私は「良く、年上と出会うものだ」と思っていて、私は今晩、律子とセックスする予感がしていた。

お開きになってそれぞれ家路に急いだ。

律子は「これからどうする?」と聞いてきたので「静かな所に行かない?」と言うと、

甘えた声で「何処へでも連れてって」と言って私に腕を絡ませ肩に頭を乗せてきた。

「抱かれたいんだな」と直ぐに分かった。

渋谷のラブホに行った。

私は入室するなり風呂に湯を張りに風呂場へ行った。

出て直ぐに律子を抱き寄せキスをして服の上から乳房を揉んだ。

「あっ、あん、感じるぅ・・・」

尻を抱き寄せスカートの下からストッキングとガードルそしてショーツを下ろして膣口を触った。

既に洪水のように濡れていたのでベッドに寝かせて直ぐにペニスを突っ込んで腰を振った。

律子は脚をM字に開脚して私を受け入れ突く度に酒臭い荒い息をして「あっ、あぁ・・・・」と言って悶えた。

「あぁ・・・、太くて大きい・・・・・、お願い、もっと早く、もっと奥まで突いてぇ!」と。

私は思いっ切り早く強く腰を振った。

私は女の体に入れるのは久々だったので5分足らずしか保てず律子の腹の上に射精してしまった。

ティッシュを手に取りペニスを抜いて拭こうとしたら律子が「私が」と言ってペニスを咥え舐め掃除してくれた。

「風呂に湯が張っただろうから一緒に入ろう」と言うと、

「はい」と従順に返事したのでキスをしてその後お姫様抱っこして脱衣場に連れていった。

脱衣場に着くと「私、男性にお姫様抱っこされたの初めてなの」と言った。

「律子はスマートで軽いから力いらないのにね」と言うと、

「そんな事無い、太っているもん」と。

互いに服を脱いでシャワーを浴びせ体を洗ってあげた。

律子もお返しで洗ってくれてペニスを念入りに洗うとシャワーで泡を流した後、フェラチをしてくれた。

私も「あぁ・・・、うっ、うっ律子、上手・・・」と声を上げてしまった。

昔付き合ったバイト先の女社長に匹敵するほどの巧さだった。

律子を浴槽の縁に座らせクリを弄り続けていると

「あぁ、そこ、感じる・・・律子、イッちゃう、イッちゃう、イクッ、イクッ、イクぅ・・・・・」とアクメ。

中指と薬指を膣に出し入れしてGスポットを刺激し続けた。

律子は「変になっちゃう、変になっちゃう、あぁ・・・・・・・・」と言った瞬間に風呂場の床一面に大量の潮をジャバジャバと噴出した。

「恥ずかしい、こんなの初めて」と言って赤くなった顔を掌で隠した。

その後、シャワーで洗ってあげ一緒に湯船に浸かった。

律子の背中越しに抱き寄せ湯船に入って後ろから乳房を両手で揉み乳首を引っ張ったり指で転がしたりしていた。

「あぁ、律子、乳首、感じる」

後ろに向かせてキスをして風呂から上がった。

つづき

励みになりますのでクリックお願いします

FC2 Blog Ranking

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。