FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

店のウエイトレス 久恵 14話 別れ

あれから月に2回は会うようにしていましたが会う度に喧嘩になっていました。

喧嘩になるが最後には「お願い、抱いて」と言って甘えてきました。

私「俺たち、会う度にセックスしてるけど、他の彼氏彼女の様に何処かに行ってデートする方が楽しいんじゃないの?」

久恵「私の事、抱くの飽きちゃったの?」

私「そういう事言っているんじゃないんだ」

久恵「じゃぁ、どういう事よ!」

私「連休の休みを取って一泊で旅行行くとか、高級店に食べに行くとか、スポーツの観戦に行くとか、沢山楽しみってあるじゃん」

久恵「私は貴方の愛が欲しいの」

私「愛情はあると思うけど」

久恵「私は貴方に抱かれている時が一番幸せなの、だから抱いてお願い!」目に涙を浮かべて。

私「分かった」

キスをして耳から首筋に舌を這わせ腕には行かず乳房を揉み乳輪に舌を這わせ乳首を指で摘み歯で軽く噛みました。

久恵「あぁ・・・」と溜息。

その後、腹と脇腹に舌を這わすと

久恵「最近はどうして腕や手の指まで愛撫してくれないの?」と怒った口調で言いました。

「愛撫に決まりってあるの?」私は怒られてまで愛撫したくなかったのです。

私「もう止めた、俺帰る」と言って服を着だしました。

久恵「ごめんなさい」と言って抱き付いてきます。

私「ごめん、今日はもう無理、できないよ、俺たち当分会わない方が良いと思うんだ、会う度にこうやって喧嘩してその後にセックスって不純だと思うんだよね」

久恵「私を捨てるって言うの?」

私「捨てるとか捨てないの問題じゃなくて、距離を置いて、お互いの事を見詰め直そうという事なんだけど、そうすれば以前のように新鮮な気持で付き合えるかもしれないじゃない」

久恵「私は嫌っ」

私「でもこんな気持で会っていてもお互いを傷付けるだけだと思うけど」

久恵「じゃぁ、どのくらいの期間を考えているの?」

私「とりあえず3ヶ月はどう?」

暫く沈黙が続きました。

久恵「我慢できなかったら電話くらいはイイ?」

私「うん、イイよ」

久恵「わかった、また前のように愛してもらえるなら我慢してやってみる」目に涙を溜めていました。

私「じゃぁ、今日はこのまま帰るね」と言って私は部屋を後にしました。

その後は彼女とは一切会っていません。

この日が事実上の別れでした。

(END)

いつもご協力ありがとうございます







にほんブログ村 大人の生活ブログへ




にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ

スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

PageTop

店のウエイトレス 久恵 13話 号泣

服を調え帰ろうと玄関まで歩いて行くと久恵は「帰らないで」と言って抱き付いてきました。

「私、寂しいの」と言って大声で泣き出したのです。

「だって一ヶ月もほったらかしにされて電話もくれなくて、電話してもアパートに居なくて・・・・・・」と。

アパートの近所に聞こえるから「分かったから泣かないで」と言って部屋に戻りました。

「お願い、捨てないで」と言ってまた大声で泣き出しました。

女の涙には本当に弱いものです。

私は「ごめん、寂しい思いをさせて、本当に悪かった」と謝りました。

「お願い、抱いて!抱いてくれないと寂しくて私おかしくなっちゃいそうなの」と久恵。

本当に精神の何処かがおかしくなっているかのような姿だったので、ベッドに行って服を脱ぎましだ。

彼女をベッドに寝かせ、上から覆い被さりキスをして舌を絡めました。

既に興奮しているのか「ハァ、ハァ、ハァ」と息を荒げていました。

さっき手を上げさせて脇の下を愛撫した時に文句を言われたので首筋の愛撫の後に直ぐに乳房を両手で揉みましだ。

「あん、感じるぅ・・・」と言って私の首に手を回してキスをしてきました。

私は彼女の乳輪に舌を這わせ乳首を転がしチューチュー吸って優しく噛みました。

「あぁ・・・感じるぅ・・・」

腹から脇腹に舌を這わせて恥丘の茂みを手で軽く撫で生え際に舌を滑らせました。

「あん、あん、あ・・・・」

内腿を執拗に舐め回して大陰唇の膨らみを舐めクリ○リスに舌を這わせて舐め回しました。

「あっ、あん、感じるぅ・・・」

舌でチロチロと舐め転がし続けました。

「あっ、あぁ・・・、イッちゃう、イッちゃう、イクッ、イクッ、イクぅ・・・・・・」とアクメに達し」「お願い、入れてぇ!」と言って腰を振ってきました。

私は彼女の膣口を触って洪水のようになっていたので肉棒を挿し入れました。

「欲しかったの、貴方のオチ○チン、ずっと待ってたの」と久恵。

ペニスの角度を変えたり、突き上げたりしながら思いっ切り腰を振って15分ほど膣の中で暴れました。

久恵「イッちゃう、イッちゃう、イイ、イクッ、イクッ、イクぅ・・・・・」と腰を突き上げてアクメに達しました。

暫くそのままにしてペニスを抜いて横たわると、

「貴方もイって」と言ってペニスを咥えて舌で舐め回し掌で高速で扱いて亀頭を舐めて先をチュパチュパと音を立てて吸いました。

途中で「浮気したらこれを噛み切るから」と言って強めに噛んだのです。

この言葉何処かで聴いたことがあったと思い出しました。

「最低でも月に二回はイカして、じゃないと私、体が変になりそうなの」

着替えてランチに行き、映画を見て帰りました。

つづく

いつもご協力ありがとうございます










にほんブログ村 大人の生活ブログへ







にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ

PageTop

店のウエイトレス 久恵 12話 疑念

華道の稽古以外の水曜日の朝に久恵に電話をすると「あら、珍しいじゃない」と返ってきました。

私は「どういう意味?」と言うと

久恵「華道の日は全く来てくれなくなったんだもん」と。

私「最近は華道の方も忙しくなっちゃって先生のお供が多くなったんだ」

久恵「先生って女性?」

私「うん、そうだよ」

久恵「その先生と何かあるんじゃないの?」

私「馬鹿言え、先生は46歳だぞ」女の勘は怖いな・・・と思って

久恵「40しごろって言うじゃない」確かに先生は性欲が強いと思いながら、

私「良くそんな言葉知ってるね、そんなに勘繰るんだったら今日は行かないよ」と言って電話を切りました。

折り返し電話が掛かってきて「ごめんなさい、寂しかったの、私が今から行ってもイイ?」

私「いや、俺が行くよ」と言ってアパートに出向きました。

来て貰って居座られて同棲しようなんて言われたら堪ったもんじゃないと思ったからでした。

アパートに着いたらドアを開けて飛び付いてきました。

一ヶ月ぐらい会ってなかったから仕方ないかと思いました。

実は華道の先生と娘に毎週水曜日に来てと言われ行っていたのです。

流石にセックスが強い私でも週一でのあの濃厚な3Pは疲れて抱くのが嫌になっていました。

「お風呂沸かしておいたから」と言って風呂に行こうとしましたが「風呂は入ってきた」と言って彼女を抱いてベッドに向かいました。

軽くキスをして「今日は映画でも見に行こうよ」と言うと

久恵は「イヤ、抱いて」と。

私「じゃぁ、一緒に風呂に入ろう」と言って彼女をお姫様抱っこして風呂場に。

彼女の体を洗って浴槽に浸かりました。

「ねぇ、浮気しているでしょ?」と彼女。

「する訳ないじゃん」と私。

「イヤ、絶対にしている」と彼女。

「何でそう思うの?」と私。

「だって1ヶ月も会ってなかったのに興奮していないんだもの」と彼女。

「久恵と何度もしているのに興奮するかなぁ?」と私。

「失礼ね、一ヶ月もしなけりゃ興奮するでしょ!」と彼女。

私「そういうもんかなぁ?」と言いながら女は直ぐに勘繰るから嫌なんだと思いました。

「どういう事」と彼女。

段々面倒臭くなってきましたが、今日は何とか乗り切ろうと思って体を拭いてお姫様抱っこしてベッドに向かいました。

ベッドに入ってキスをして首筋に舌を這わせ腕を上げさせて脇の下を舐めました。

「絶対に浮気してる」

私「何んで?」

久恵「こんな愛撫した事なかったもん」

私「そんな事ないよ」

久恵「いいえ、した事ない」

私「信用してもらえないんだったらもう帰る」と言ってベッドから出て服を着替えだしました。

つづく

いつもご協力ありがとうございます










にほんブログ村 大人の生活ブログへ







にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ


PageTop

店のウエイトレス 久恵 11話 Gスポット攻撃で潮噴出

久恵「依田さんから電話があってからお風呂沸かしておいたの」

私「じゃぁ、風呂に行こう」と言ってお姫様抱っこしました。

抱っこされながら久恵は「こうされるの、初めて」と。

私「嬉しい?」

久恵「うん」と可愛くそして明るく微笑みました。

洗い場でボディーシャンプーを掌に付けて久恵の体を洗いました。

彼女も私の体を洗ってくれました。

湯船に二人で入りその後、湯船の縁に座らせて中指を膣に入れてGスポットを刺激して高速ピストン運動をし続けました。

久恵「あ・・・・・、出ちゃう・・・・・、変な気持ち・・・・・、出るっ、出ちゃう、あ・・・・・・・・」と言って潮をジャバジャバと噴出させて「恥ずかしい」と両手で顔を覆いました。

私は久恵に風呂の縁に手を付かせてバックで腰を振りました。

私の腰のリズムに合わせて久恵は「アッ、アッ、アッ」と声を上げ、

5分ほど突き続けていると久恵は「またイキそう、イッてもイイぃ?イッちゃう、イッちゃう、イクッ、イクぅ・・・・」と言ってアクメに達しました。

暫くそのままの体勢にして彼女が静まるのを待って再度、彼女のバックから腰を振り大きな胸を揉みました。

久恵「あ・・・、気持ちイイ、私おかしくなりそう」と言って頭を前後に振っていました。

その度に彼女の乳房がボヨン、ボヨン、と動きその姿が淫乱さを増し私を興奮させました。

久恵「また、イッちゃう、イッちゃう、イクッ、イクッ、イクぅ・・・・・」と腰を波打たせアクメに達しました。

私もピストン運動を早め「久恵、イクよ、あぁ、イクッ、イクぅ・・・」と彼女の尻の上にピュッ、ピュッ、ピュッと射精しました。

その後久恵は私の前にひざまづいてペニスを舐めて掃除してくれました。

その後シャワーをお互いに掛け合い床を流してもう一度湯船に二人で浸かりました。

この日はこの後もセックスをして彼女の家に泊まりました。

つづく

いつもご協力ありがとうございます










にほんブログ村 大人の生活ブログへ







にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ

PageTop

店のウエイトレス 久恵 10話 クンニでアクメ

久恵にキスをして首筋に舌を這わせ、耳の中、耳たぶ、後ろに舌を這わせ肩から五指まで丁寧に舐め吸いました。

久恵は「あん、くすぐったい・・・、感じるぅ・・・」と言いながら体を捩りました。

もう一方も肩から五指に至るまで舌で徹底的に愛撫しました。

大きな胸を両手で鷲掴みして揉みました。

「あん、ダメッ、久恵、感じちゃう・・・」

乳輪に沿って下を這わせ乳首を指で引っ張り口に含んで舌で転がしました。

「あぁん、感じちゃう・・・」

腹、わき腹を舐め回します。

「くすぐったい・・、あぁ、あん」

臍の穴に舌を入れコチョコチョすると

「あぁ・・・・・、ダメェ、くすぐったい・・・」

恥丘の陰毛を指で触り陰毛の生え際に舌を這わします。

「あっ」

足の付け根の骨を軽く噛むと

「あぁ・・、感じるぅ」

大陰唇の膨らみの際を舌の腹で舐め回すが花芯には触らず両太腿の内側を執拗に舐め回しますと、

「あん、あん、あん、感じるぅ・・・・・」

そのまま舌を膝、脛の内側、足の甲まで這わせ

「あぁ・・・・」

足の指を一本一本丁寧に舐め回しチュパチュパとわざと音を立てて吸いました。

「あぁ、感じる、変な気持ち、あぁ・・・・・」

脚を持って持ち上げ踵と裏を舐め回します。

「キャッ、くすぐったい・・・」

脚を下ろして顔を花園まで持ち上げ体を反転させて69の体勢にして彼女を上にして私の頭の舌に枕を置いて彼女のクリを舐めました。

「あぁ・・・・・、あん、あん、感じるぅ・・・・・」

滴り落ちる愛液を舌で掬ってジュルジュルと音を立てて吸いました。

「あ・・・、恥ずかしいぃ・・・感じるぅ・・・イイ・・・・」

またクリを執拗にレロレロと10分ほど舐め続けました。

「久恵、イッちゃう、イッちゃう、イクッ、イクッ、イクぅぅぅ・・・・・・」と腰を波打たせアクメに達しました。

つづく

励みになりますのでクリックお願いします

FC2 Blog Ranking



にほんブログ村 大人の生活ブログへ


にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。