FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

横浜 オーナーの娘 38話 母娘との関係終了

(エッチな描写はありませんので読み飛ばして下さい)

オーナーの奥様から電話があったのは先日、華道の先生と娘そしてオーナーの甥っ子という鈴木と一緒に食事に行った日の一週間後だった。

第一声に「店のアルバイトとパート以外の社員全員が総上がりしちゃって今、店は大変な事になっているの」と。

私は事情を知らない振りをして「それでどうしたんですか?」と聞いた。

奥様「うちの主人と渋谷の総料理長の間で何かトラブルがあって総料理長が怒って全員を総上がりさせちゃったの」と言った。

私はただ聞くしかなかったので聞いていた。

奥様「そんな状態だから貴方直ぐに店に来て頂戴」と。

私「自分の店があるから行けないですよ」と言うと

奥様「随分、冷たいんじゃないの」

私「私は辞めた人間ですし渋谷の総料理長の門下ですからこれでそちらに行ったら破門されちゃいますよ、それに今まで奥様は店の事でタッチしていなかったじゃないですか?」と言うと、

奥様「今、主人と離婚調停中で店は私にくれると言う話しになっているのよ」

私「そうだったんですか、いよいよ離婚を進めているんですね」

奥様「だから今から直ぐに店に来て頂戴!」

私「取り合えず私も立場がありますから渋谷の総料理長に事情を聞いてから折り返し奥様に電話しますね」と言って電話を切った。

渋谷の総料理長に電話を入れて事情を聞くと給料の高い支配人を辞めさせてその代わりに鈴木を支配人にすると一方的に言われたのが事の発端だったらしい。

そんな事を急に言われたら総料理長の立場だったら怒るのも無理はないと思った。

オーナーも我侭だけど母娘も同じような自己中、死んでも直らないんだろうなと思った。

奥様から直ぐに来てくれと言われたけど行っても良いのかを尋ねると行っても良いけど仕事はするなと言われた。

奥様に折り返し電話をした。

「仕事はしませんから、それでも良ければ今から行きますけど」と言うと「それでも来て」と言うので行った。

店に着くと店内は暗くしてあって厨房の中に鈴木とアルバイトとパートが数名だけいてレジに奥様と娘が目を真っ赤にして途方に暮れていた。

オーナーは居なかった。

奥様と娘は「どうしたら良いの?」と聞いてきたので私は「職安か調理士会に電話して人を頼むしかないと思いますよ」と言うと電話帳を出してきて奥様が電話した。

でも急だったので直ぐには手配できないと断られたようだった。

奥様と娘は「依田さん、貴方が中に入ってやって」と言われたが、

「電話で約束したじゃないですか、行くけど仕事はできない」と。

相変わらず自己中の家族なんだからと思ってこのまま居ても仕方ないので「私帰ります」と言って厨房の鈴木に「支配人、これから大変でしょうけど頑張って下さい」と言って店を出た。

私が店に着いたと同時にまた奥様から電話が掛かってきて「私たちがこんな窮地に立たされているのに何の助けもしてくれない貴方を見損なった」と言われ、更に「もう私たちの付き合いはこれで終わりね」と言われた。

私は黙って聞いていたが本当に嬉しかった。

正直言って自己中のセックスに対しても嫌気がさしていた頃だったからだ。

この店は一ヵ月後に倒産・閉店した。

(END)

いつもご協力ありがとうございます







にほんブログ村 大人の生活ブログへ




にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

PageTop

横浜 オーナーの娘 37話 大人の玩具②

(独立開業・撤退 19話 奥様とホテル②と同じ文章)

脱衣所でパンティを脱がして私も着衣を全て脱いで洗い場で身体を洗った。

奥様を洗ってあげる気力は残ってなかったので自分で洗ってもらった。

洗い終わって浴槽に体を沈めた。

奥様は「疲れているの?」と。

私「はい、毎日忙しいので」と言うと、

奥様「私をほったらかして2ヶ月なんだから頑張ってやってね」と。

華道の先生、定食屋のオバサン、山梨の真由美、韓国のヨンファ、焼け木杭に火の高校時代のバイト先の女社長は自分の快楽より私を労わってくれるが奥様は心身共に成長していない子供なのか自分を優先した。

そういう所が少し嫌で娘もオーナーも他人を気遣う前に自分が先で同じような性格なので自己中家族だと思っていた。

ま、その為もあって今日は玩具を持参した。

兎に角、本当に疲れていたし気分的にも乗らなかったので早めに勝負して早く寝ようと思っていた。

風呂から出て身体を拭いて奥様を抱っこしてベッドに寝かせてキスをした。

奥様も応じて舌を挿し込み吸った。

乳房を揉んで乳首を吸って噛んだ。

「あん、あ、あん」と言って悶えた。

ローターにスイッチを入れて乳首に乗せて奥様に持たした。

膣が十分に濡れている事を確認して電動バイブにスイッチを入れて押し込んだ。

電マにスイッチを入れてクリに当てた。

「あ・・・、イイ・・・」と喜んでくれた。

5分ほどバイブを素早く出し入れさせていると「イッちゃいそう、イクッ、あぁ、あん、イク、ぅんぐぅぅぅ・・・、イグぅぅぅ・・・・」とアクメに達しイッた。

興奮が静まるのを待ってその後また乳首にローターを当てて奥様に持たせて電マをクリに、そしてバイブを素早く出し入れした。

奥様「何故、玩具ばっかり使ってるの?」

私「別に理由はありませんよ」

奥様「じゃぁ、貴方のを入れて頂戴!」

私「はい」と言って言われた通りにした。

奥様「何か今日は変よね」

私「そんな事はありませんよ」

奥様「何か気に入らない事でもあって?」

私「別に何も無いですよ」

奥様「じゃぁ、激しく腰を振って」

私「はい、分かりました」と言って腰を思いっ切り5分ほど休まず振った。

奥様「やっぱり本物の方がイイわ・・・」と言って私の腰のリズムに合わせて腰を振った。

奥様「イキそう、イクッ、イクッ、あぁ、あ、ぅんグぅぅぅ・・・・、イグぅぅぅ・・・・・」とアクメに達してイッた。

暫くそのままにしてその後、ペニスを抜いて横たわって朝まで眠った。

朝起きたら奥様はまだ寝ていた。

私は起きて洗顔して着替えて奥様に「仕事がありますので先に帰ります」とメモを残して部屋を出た。

物凄く気分が悪かった。

つづく











つづく

いつもご協力ありがとうございます







にほんブログ村 大人の生活ブログへ




にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ

PageTop

横浜 オーナーの娘 36話 大人の玩具

(独立開業・撤退 18話 奥様とホテル①と同じ文章)

夜の営業時にオーナーの奥様から電話があった。

一週間後の夜に座敷の予約だった。

奥様のお稽古関係の奥様4人で食事に来るとの予約でその後、カラオケに行くから付き合うようにと言われたので「カラオケの予約を取りましょうか?」と尋ねると「お願い」と言われた。

私はその後はホテルだと思って覚悟していたら当日に電話が掛かってきてカラオケの後にホテルの予約をしておいたから心の準備をしておいてと言われた。

そう言えば店にお客さんとしては何度も来てくれていたが身体の関係はもう2ヶ月以上ご無沙汰だから疼いてきたんだろうと思った。

大人の玩具も用意した。

当日、店の食事が済んでカラオケに案内した。

奥様のご友人を紹介された。

その中の一人はうちの店の既にお客様で12回ほど来店して頂いていた仁美(区役所職員・51才)だった。

私「山中仁美様ですよね」とフルネームで言うとオーナーの奥様が「知っているの?」と。

私「はい、うちの店がオープンしてから既に12回ほどご来店頂いていますよね」と言うと

仁美「回数まで覚えてらっしゃるのね」と言ったので

私「はい、お客様がその日に召し上がったお料理やお飲み物、そしてどんなご関係の方とご一緒されたかなどをお客様それぞれのファイルを作って保存してありますので、それに生活衛生課の課長さんですよね」と。

私の好きなタイプの熟女でしたしとは心の中で。

仁美「仕事まで分かっているのね」

私「実は保健所で講習を受けた時に親切に案内して下さったのが山中様でネームプレートを見てお名前をインプットしたのです」

仁美「そこまで覚えて下さって嬉しいわ」と。

オーナーの奥様が気持ち良く歌っている時に私は仁美に店の私直通の電話番号を記した名刺を渡して「特別にサービス致しますので予約の際にはこちらに直接お電話下さい」と言った。

宴もたけなわになってそれぞれがタクシーで帰る事になり順番にタクシーに乗り込んで帰った。

仁美は私たちの前のタクシーに乗り込む時にオーナーの奥様に分からないように私の手を握って乗り込んだ。

その後、仁美と仲良く話していたのがオーナーの奥様には気に触ったみたいでその後のタクシーの中で当たられた。

ホテルに着くと「仁美さんは頭も良くて優秀だし女性としても魅力的だから覚えていたんでしょ?」と奥様。

私は「頭が良いのは知らなかったよ」と言うと、

奥様「あの人ああ見えても東大出なのよ」

私「へぇ・・・、凄いですね、ところで何の稽古なんですか?」

奥様「茶道」

私「ママも茶道やっていたんですか?」

奥様「悪い?」

私「今日は何だか嫌な感じですね、帰ろうかな」と。

奥様「だって仁美さんとあんなに仲良くしていたから妬けちゃって」と。

私「店の営業活動の一環ですよ、山中様と仲良くしていれば区役所の職員さんにも来てもらえるし」

奥様「確かにそうよね、私もそのつもりで紹介したんだし、じゃぁ、許してあげる」と言った後に私は奥様の唇を奪った。

奥様は既に興奮していて唇を重ねて舌を絡めてきた。

男と女、やる事は一緒だし、奥様はそれを求めて店に予約して多くのお金を使ってくれた訳で更にホテル代まで使って有り難い限りだと思って感謝していた。

私はホストほどイイ男ではないしセックスも上手じゃないけど持続力だけは自信があった。

こうやって顔の広い奥様方と仲良くさせてもらっているお蔭で店が繁盛できている訳で店でお金を沢山使った上に私を気持ち良く射精させてくれるんだからこの上ない喜びだと思っていた。

洋服を一枚一枚ゆっくり脱がして焦らした。

スカートに手をやりゆっくり脱がせた。

更に、ストッキング、ガードルも一枚一枚ゆっくりと脱がせていく。

奥様「あぁ・・・・、じれったい・・・・」と怒った。

最後のパンティは脱がさず大きな乳房を揉んで乳首を吸った。

「あぁ・・・、もっと強く揉んでぇ・・・」

奥様は脚をくねらせて悶えた。

パンティの上からクリを擦った。

「あぁ・・・・、ダメぇ・・・・、中に手を入れて・・・」

私は知らん振りしてそのまま触りながらバッグから電マを取り出してスイッチを入れて奥様の両手に持たせた。

「あぁ・・・・、感じるぅ・・・・」と。

私はバッグからローターを出してスイッチを入れて乳首に当てて奥様に持たせて、ベッドから降りてそのオナニーの光景を鑑賞しながらソファに腰掛けて冷蔵庫からビールを出して飲んだ。

「こんな格好させて・・・、恥ずかしい・・・」と奥様。

私は「じゃぁ、止めれば」と冷たく言うと、

「意地悪なんだから」と言ったが止める気配はなく「イキそう、イッちゃう、イッちゃう、あぁ、あ、イク、ぅんグぅぅぅ・・・・、イグぅぅぅ・・・・・・」と脚をピンと伸ばしてアクメに達し果てた。

そのままにして私はビールを飲んでいると降りてきて私のグラスを取り上げて飲み干して「注いで」と言った。

注いで上げるとまた一気に飲み干した。

初めて抱いた時とは大違いの図々しい女に変貌していた。

良く考えてみると付き合った熟女は最初だけ淑女を装っているだけで段々に本領を発揮してきたと思えた。

女は皆そんなものなのかもしれないと思えた。

私は「シャワー浴びよう」と言って奥様を抱っこしてバスルームに向かった。

つづく

いつもご協力ありがとうございます







にほんブログ村 大人の生活ブログへ




にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ

PageTop

横浜 オーナーの母娘 35話 バスルーム②

奥様は浴槽の縁に座らされると私が何をするのか既に分かっていて脚を広げた。

私はクリを舌で舐めながら右手の中指と薬指を膣の中に入れて出し入れしGスポットを刺激した。

「あぁ・・・・、これ感じるのよ・・・・、おかしくなっちゃうの」と言いながらされるままになっていた。

3分ほど続けていると「出ちゃう、出ちゃう」と言い出したのでクリを舐めていた舌は避難させてもらった。

「恥ずかしい」と言いながらジャバジャバと潮を噴いた。

指は避難できずにビショビショになった。

華道の先生の時のようには興奮してなかったので飲めなかった。

華道の先生のは飲んでもイイかなという気になるのは何でなのかは分からなかった。

洗い場の床と奥様の下半身をシャワーで洗い流してもう一度二人で浴槽に身体を沈めた。

それにしても社長は何故この淫乱な古女房をほったらかしにしているのかが疑問だった。

あの韓国の若い姉ちゃんより遥かに良いように思った。

ま、この時は若い女性より熟女の方が好きだからかもしれないからか。

それとも私自身も歳を取ると若い女性の方が良くなるのか、この時には知る由もなかった。

浴槽の中で乳房を揉み乳首を引っ張ったり噛んだりした。

その度に「あぁ・・・ん、あん」と甘い声を出す奥様だった。

私は「出ましょうか?」と言って奥様と脱衣所でお互いの身体を拭き合って、全裸のままベッドに奥様を抱いて連れて行った。

添い寝をして右手の指でクリを弄った。

既に膣には愛液が溢れていたので奥様の脚をM字に開いて直ぐにペニスを挿し込んで腰を振った。

奥様は「気持ちイイ・・・、あぁ・・、あ、あ、あん」と私の腰のリズムに合わせて腰を振る気配を見せた。

私は韓国のヨンファともしなくてはいけないので射精は我慢しながら休み休み15分ほど腰を振った。

奥様は「またイッちゃう、イッちゃう、ぅんグぅ・・・・、イグぅ・・・」と叫んでアクメに達しイッた。

この奥様は定食屋のオバサンや華道の先生と同じ年代だったが後者の二人のように身体が開発されていなかった分、私の射精を気に掛ける余裕は持ち合わせていなかったのである意味で助かっていた。

ペニスを抜いてコンドームを着けて愛液と持っていったローションをペニスに塗りたくって奥様をバックの体勢にしてアナルにぶち込んだ。

「ギャッ!」と声を上げたのは一瞬でその後は「あぁ・・・、あぁ、あ、あ、あぁ」と腰を振る度に声を上げた。

「痛いの?」と尋ねると「最初だけ」と答えた。

暫く腰を動かして「ママ、イクよ、あぁ、イク、イクぅ・・・」と口だけでイッた振りをしてペニスを抜きコンドームを縛ってゴミ箱に捨てた。

奥様は立っているペニスを舌で舐め回して掃除してくれた。

奥様に腕枕をして寝て「食事に行きませんか?」と言うと

「そうよね、お腹減ったわね」と言った。

着替えて奥様は化粧を直してレストランで食事をしワインを飲んだ。

部屋に帰ってきて服を脱いでお互いに全裸でベッドに入って眠った。

朝起きて奥様は未だ寝ていたので起こさずに脚をM字に広げさせてペニスに唾を付けて濡れていない膣に差し込むと奥様はびっくりして目覚めた。

寝ぼけていて何をされているのが分からないようだったが我に返ったみたいで私の背中に腕を回して腰に足を絡めて私の腰のリズムに合わせて腰を振り出した。

クリが私の何かに当たっているのか、「クリが気持ちイイ」と言った。

「あぁ・・・・、イッちゃいそう、朝からイッちゃいそう、あぁ・・・・」と叫んで私の背中に爪を立てた。

私は「お願いだから掻き毟らないで」と願った。

勘の良いヨンファにバレるのが怖いからだった。

何とか傷にならないで済んだみたいだったが奥様は「イグぅ・・・・・・」と静かに言ってアクメに達した。

二人で全裸で歯磨きと洗顔をして服に着替え奥様は化粧をして朝食を取りにラウンジへ向かった。

チェックアウトして私は空港に向かった。

つづく



いつもご協力ありがとうございます







にほんブログ村 大人の生活ブログへ




にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ

PageTop

横浜 オーナーの母娘 34話 バスルーム

私は奥様に「シャワーを浴びましょう」と言って抱っこしてバスルームに連れて行った。

奥様は今付き合っている女性の中では一番小さいので抱っこしても軽かった。

ただ幾ら小さくても出ている所はちゃんと出ているので揉み甲斐はあったし膣の中は一人子供を生んだ身体であってもシッカリと締まった。

先ほど下半身だけ脱いだので私の格好を見て奥様は爆笑した。

奥様はロングスカートを下げれば普通の格好だが私の格好たるや靴下は履いているが下半身は裸でだらしなく縮んだペニスが剥き出しで上半身にはシャツとジャケットを羽織っているのだから滑稽だった。

脱衣場で洋服を脱いで湯船に湯を張り、洗い場で奥様の身体を洗ってあげた。

奥様も私の身体を洗ってシャワーで泡を洗い流すとまたフェラをしだした。

私は「そんなにフェラがしたいのか?」と偉そうな口調で尋ねると、

奥様は「欲しかったのずっと」と愛おしそうな顔で言ったので、

私は「じゃぁ」と言って奥様の頭を手で押さえてイラ○チオをして奥様の喉の奥にペニスを突き刺した。

奥様は「オエッ!」と吐き気をもよおしていたが気にせず手で頭を押さえて腰を振ったがイカなかった。

そりゃそうだと思った、中1日開いていたと言っても定食屋のオバサンとお花の先生の2連戦の後だから幾ら若いからと言ってもそうは出ない。

湯船に湯がいっぱいになったので奥様と二人で入った。

湯が温かったので足し湯をして中で話した。

店も後任のシェフが頑張ってくれて上手くやっているみたいだった。

娘は未だ私を諦めていないみたいだったが奥様がそれなりに言い包めてくれているみたいだった。

私は辞めてしまえばこっちの勝ちだと思っていたのでその件については既に終わった事と思っていた。

奥様の息子になってセックス三昧できるのは嬉しいけど、あの釣った魚には餌をやらないスケベ禿オヤジ(オーナー)の義理の息子になるのは嫌だし、お嬢さん気質が直らない生意気な娘と結婚するのは最悪だと思っていた。

湯船の中で奥様の膣にペニスを入れて奥様に腰を振ってもらった。

ペニスが入った瞬間に奥様は「あぁ・・・・、イイ、イイわ・・・・、こんな気持ちイイ、オチ○チンを娘になんかやらない」と訳の分からないことを呟いて腰を動かしていた。

いまいち動きが悪かったので浴槽の縁に手を置かせて後ろからペニスを挿し込んで腰を突き上げ振った。

「あ・・・、こっちの方が感じるぅ・・・」と大きな声で叫んだので、

「隣の部屋の人に聞こえるよ」と言うと「あっ、そうよね」と言って小さな声になり笑った。

更に腰を10分ほど振っていると「またイッちゃうかも・・・」と言ったので

私は「イッて下さい」と言いながら更に腰を強く振ると、

奥様「もっと奥に、もっと強く、イイ、イッちゃう、あぁ、あ、イッちゃう、ぅんグぅぅぅ・・・、イグぅぅぅ・・・」と言って脚をガクガクと震わせてアクメに達し果てた。

風呂の湿度と熱気で程好い汗を掻いて気持ち良かった。

暫くそのままにしてその後、もう一度湯船に浸ってから洗い場に出て浴槽の縁に座らせた。

つづく

いつもご協力ありがとうございます







にほんブログ村 大人の生活ブログへ




にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。