FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

山梨 合宿所の女将 真由美 35話 別れ

(エッチな表現がありませんので読み飛ばして下さい)

開店してから順調に業績を伸ばしてきた。

丁度、開店して3年が経った頃に隣のビルに広域暴○団の事務所が入った。

その事務所の従業員が頻繁に店に来店するようになり一般のお客様が来店しなくなった。

見るからに目付きの悪い人たちだった。

こればかりは自分の力ではどうにもならないので税理士と相談して店を撤退する事に決めた。

今までお世話になったお客様と取引先そして同業者そして料理人の先輩方に閉店の案内を郵送した。

毎日のように電話が掛かってきて「再オープンは必ず知らせて」と有難いお言葉を頂いた。

取り合えずアルバイトとパートには一ヶ月分の給料を出し社員には半年分つづの給料を出して撤退の旨を伝えた。

崇と茂そして支配人には「次にやる時には必ず呼んで下さい」と言われた。

社員は全員次の職場を探して送り込んだ。

この時は自分の事より社員達の事が心配だった。

そして最後の私の財産のアウディを売却して金を造りました。

中古車屋さんに引き取られる後ろ姿を見た時に涙が出ました。

大家さんとの話し合いで本来は店をスケルトン状態にして返すとの事で私はスケルトンを選びました。

私がこの店の営業権を買った時は造作が全て出来ていたのですが、前の経営者は夜逃げ同然だったそうで、私は事前に大家さんに告げていたので夜逃げではなかったので最初の契約通りにスケルトンにして返す事にしたのです。

その際にお世話になった厨房屋さんには料金とは別に精神的にも良くして頂いたので、次に私がやる場合は、またこの厨房設備屋さんにお願いしようと思っていましたし、現実に今現在も取引しています。

それまで住んでいたバストイレ付きアパートも引き払う事になり、お世話になっていた不動産屋さんが見付けて下さったアパートで首吊り自殺をしたという隣の部屋だったら安い家賃で貸して頂けるという事でそちらに引越しました。
ま、男やもめの一人ですから荷物も殆どありませんでしたから引越しは簡単でした。

その後の私はと言うと燃え尽き症候群になって新たに仕事をする気や就職する気もが起きなかったので毎日ブラブラしていました。

朝昼晩と定食屋のオバサンの店で食事していたのです。

オバサンの店の常連さんで大森駅でパブを経営している社長が「依田さん、ブラブラしているんだったらうちの店を手伝ってくれない?」と言われたがやる気が起きなかったので断っていました。

この頃は定食屋のオバサン以外の人と会いたくなかったのでした。

一ヶ月ほどブラブラしていてこれ以上ブラブラしていても仕方ないと思って山梨の真由美の所に遊びがてら行ったのです。

真由美も息子も元気でした。

息子は彼女と別れたみたいだった。

私「店を閉めたんだ」と言うと

真由美も息子も「勿体無い」と口を揃えて言った。

私「隣のビルにヤ○ザの事務所が入っちゃって仕方なく辞めた」

真由美「それじゃ、仕方ないよね、で、これからどうするの?」

私「まだ決めてないんだけど、当面はゆっくりしようと思って」と。

真由美「それじゃ、うちの社員に成ったら?」

私「勘弁してくれよ、社員に成ったら真由美に毎晩生気を絞り取られちゃうから」

真由美「そんな事は無いわよ、私結婚するの」と。

私「えっ?もう一回言って」

真由美「結婚するの」

私「そうなんだ、それはおめでとう」

真由美「悔しくないの?」

私「何で悔しいの?、真由美が幸せになるんだったら嬉しいじゃない」

息子「まぁまぁ、お二人さん喧嘩は止めましょうね、仲良くして下さい」

真由美「貴方には関係ないんだから黙ってなさいよ!」と息子に言うと、

息子は「はいはい、僕は関係ないので退散します」と言って自分の部屋に行った。

真由美「私の事は愛してなかったの?」

私「愛していたけど、結婚するのは俺には関係ないじゃん」

真由美「そんな言い方ってある?」

私「はぁ?!どんな言い方をされたかったの」

真由美「もうイイワよ、帰ってよ」

私「わかった、帰るよ」と言ってそのまま帰京した。

自宅アパートに着いた頃に息子から電話があった。

息子「シェフ、ママはシェフの気を引こうと思って嘘を言ったんですよ」と。

私「あのさぁ、言って良い嘘と言ってはいけない嘘があると思うんだよね、真由美の嘘は言ってはいけない嘘だと思う。愛している人には絶対に幸せになってもらいたいでしょ?、自分が幸せに出来ないなら幸せにしてくれる人が居たならそれは有難い事だと思うんだよね、そんな人が現れたなら嬉しいと思うのはいけない事かなぁ?」と。

息子「今、ママはずっと泣いているんですよ」

私「そうは言われても、もう東京だし今更行けないからもう勘弁して」

息子「シェフとママはもう戻れないんですかね?」

私「戻る気は失せた、ゴメン、それと顧問の話しは辞退するから、これ以上関わりたくないからさ」

息子「大変に残念ですが、ママに話しておきます。もしかしたらこれでシェフと永久にお別れかもしれないので今まで大変にお世話になりました」と言って電話を切った。

(END)

いつもご協力ありがとうございます







にほんブログ村 大人の生活ブログへ




にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ 

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

PageTop

山梨 合宿所の女将 真由美 34話 開店祝い2

お互いに自分の身体を洗ってシャワーを浴びて身体を拭いてベッドに寝た。

69の体勢になって私は自分の頭の下に枕を敷いて彼女のクリを舐め膣口に舌を堅くして挿し込んだ。

「あぁ・・・、感じるぅ・・・」と言いながら陰部を私の口に押し付けた。

彼女は私の威きり立った肉棒を銜え舌で遊んだ。

私は彼女を仰向けにして彼女の右手をクリの上に置き、左手を乳房の上に置いて「自分で」と言って横でその姿を見ていた。

彼女「恥ずかしいから見ないで」

私「イイ眺めだ」

彼女「もう止める」

私「やってて」と言って直ぐに彼女の上に乗ってM字開脚させてペニスを膣に挿し込んで腰を振った。

15分ほど振っていると彼女は息が荒くなってきて「イッちゃう、イッちゃう、イクッ、あ、あぁ・・、ぅんグぅぅぅ・・・・、イグぅぅぅ・・・・」と言ってアクメに達し脚をピンと伸ばしてイッた。

その後彼女が静まるのを待って私はコンドームを付けて彼女の膝を立てさせてバックの体勢にさせ彼女のアヌスを舐め沢山の唾液を付けてペニスを挿し込んで腰をゆっくり動かした。

「痛ッ!」と言って腰を引こうとしたが逃がさないように腰を抑えた。

「あぁ・・・、久しぶりだから、最初痛かったけど、今はもう大丈夫」と言ったので更に腰を強く振ると「気持ちイイ・・・・、あぁ・・・・、あっ、あっ、あっ」と声を上げた。

私は「真由美、イクよ、イクッ、あぁ、あ、イクぅぅぅ・・・・・・」と言って果てた。

アヌスは久々なので滅茶苦茶締まって気持ち良かった。

彼女の尻から降りて仰向けに寝ると彼女はコンドームをペニスから外して口を縛って「こんなに沢山出て忙しくて浮気も出来なかったのね」と言って舌でペニスを綺麗に掃除してくれた。

そのままフェラをしだしたので私のペニスはまた堅く上を向いた。

彼女を仰向けに寝かせて片方の脚を上に上げさせてペニスを膣に突っ込んで腰を10分ほど休まず振った。

この体勢はペニスを膣の奥まで差し込めるのでお互いに気持ちが良くなるから好きな体勢だ。

彼女は「あぁ・・・、あん、イイ・・・・、イイ・・・・」と切ない声を上げて「またイッちゃいそう・・・・、イッちゃう・・・・、イクッ、あぁ、あ、ぅんグぅぅぅ・・・、イグぅぅぅ・・・・」と大きな声で叫んだ。

その直後、内線電話が鳴って彼女が出ると息子からの電話だった。

「ママ、隣に声は聞こえてるよ」と。

真っ赤な顔をして私に教えてくれた。

逆に私は萌えてもっと大きな声を出させようと思って彼女の脚を肩に担いで腰を思いっ切り回したり突いたりしながら10分ほど休まず振ると「奥が感じるの、またイッちゃう、イッちゃう、イクッ、ぅんぐぅぅぅ・・・・イグぅぅぅ・・・・」と大きな声で叫んだ。

私は彼女の身体から降りて横に仰向けで寝て「ゴメン、もう無理」と言って朝まで眠った。

朝、目覚めると私の下着は干してあって「顔洗ったら」と言われた。

彼女は既に洋服に着替えていて化粧がし終わっていた。

「コーヒー飲む?」と言われたので「うん」と答えて洗面所に行った。

帰ってきてコーヒーを飲んだ。

真由美は隣の息子たちに電話して私と朝食を食べにレストランに行くと伝えた。

レストランで朝食を済ませ真由美にさよならして店に出勤した。

つづく

いつもご協力ありがとうございます







にほんブログ村 大人の生活ブログへ




にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ  

PageTop

山梨 合宿所の女将 真由美 33話 開店祝い

レセプションに来る事は日程的に無理だったみたいで2週間後の平日に真由美は息子と息子の彼女と3人で店に来て祝ってくれた。

店に入るなり真由美は「おめでとうございます」と言って祝儀袋と胡蝶蘭を差し出してくれた。

私「ありがとうございます」と言ったが急に来たので席は全席埋まっていたので近所の喫茶店で待ってもらう事にした。

この喫茶店とは提携していて店に入れないお客様にはこの店で待ってもらってその料金はうちの店が月極めで支払うようにしていたのだった。

カウンターの奥の3席が空いたのでパートに呼びに行かせた。

真由美と息子と彼女は席に着くなり「シェフ、凄いですね」と口々に言った。

私「店が狭いから仕方ないんだ、それより先日は過分な報酬を頂いてすみません」と。

真由美「いえ、こちらこそ色々やって頂いて感謝しています」

息子「今度結婚しようと思っている加奈子です」と紹介した。

私「はじめまして、お二人には大変にお世話になっています」と言って頭を下げた。

加奈子「お母さんから色々聞いています、宜しくお願いします」

息子「シェフ、このお店は一日に何回転するんですか?」と聞いたので

私「昼は3回転で夜も3回転ぐらいかな、出張料理が週に最低2件入るんでこれが大変なんだよね」と言うと

息子「出張料理ですか、それは大変ですね」

私「でもそれが大きいんだ」と言うと

息子は「飲食店の強みですね」と言った。

私はメニューを二人に見せて「何にする、何でも言って」と。

二人はドリンクと料理を注文して食した。

食べ終わると真由美が私に宿泊先のホテル名と部屋番号を記した紙を渡した。

店が終わってから行った。

息子は隣の部屋を取って彼女と飲みに行ったと言う。

部屋に入ると真由美はキスを求めてきた。

「全然、連絡してくれないんだもの、心配になっちゃった」と彼女。

私「ゴメン、あんな調子がずっと続いていて精神的にいっぱいいっぱいだったんだ」と私。

彼女「あれじゃぁ、仕方ないわね」と納得してくれた。

服の上から乳房を揉むと「あぁ・・・」と悶える。

一枚一枚服のボタンを外してスカートを捲り上げてストッキングとガードルとパンティを剥ぎ取った。

立ったままでクリを指で弄ると「あぁ・・・、あん、あん」と言って脚をガクガク震わせて悶えた。

テーブルに手を置かせて後ろからペニスを挿し込んで腰を休まず15分ほど振った。

「イッちゃう、イッちゃう、イクッ、ぅんグぅぅぅ・・・・、イグぅぅぅ・・・・」と切ない声でアクメに達しイッた。

服を全部脱がして私も全裸になってシャワーを浴びにバスルームに向かった。

つづく

いつもご協力ありがとうございます







にほんブログ村 大人の生活ブログへ




にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ 

PageTop

山梨 合宿所の女将 真由美 32話 改装工事終了レセプションそして顧問報酬 

(エッチな描写はありませんので読み飛ばして下さい)

改装工事も無事終了して厨房と食堂が完成した。

以前よりずっと明るくなって働きやすいと思えた。

工事でお世話になった設計士や厨房屋そして銀行の支店長や担当者そしてこれから世話になる税理士や取引先などを呼んでレセプションを開く提案をした。

料理は息子が中心で作って私は手伝う程度にして宴会料理のレシピを教えた。

厨房以外は真由美が仕切ってアルバイトが数人入った。

レセプションの席で真由美が私を皆に紹介しようとしたが私は「その必要はない」と言って断った。

真由美は「これからも顧問として入って貰おうと息子と話したから」と言ったが私は頑なに断わり、「今後も友人として相談に乗るので皆に紹介するのは勘弁して」と言った。

彼女は不服そうだったが私の頑なな態度に負けて食堂に行った。

宴会が終わって片付けも終わったところで息子が「賄い作るから一緒に食べよう」と言い出した。

完成した食堂で3人で食事した。

食事中に息子が「シェフ、先ほどもママが顧問の話しをしましたが私からも是非、顧問として今後も応援して頂きたいのですが、もちろん報酬はお支払いしますから」と。

私は「さっきも言ったじゃない、友人としてこれからも応援して行くって」と言うと、

息子は「取締役顧問として名を連ねてもらいたいのです」

私は「俺自身がそんな器じゃないし今後は自分の店を開業させなくてはいけないから報酬を貰ってなんて出来ないよ」と言うと

息子「今日まで無報酬でやって頂いて何のお返しもしてなくて心苦しいとママと話していたんです」と。

私「大丈夫だよ、ママに毎晩Hしてもらったから」と言って苦笑いをした。

真由美「バカっ」と。

息子「いずれにしても当社の取締役会で決めた事なので従って頂きます。顧問報酬は申し訳ないのですが当面は1ヶ月5万円で如何でしょうか?売上が上がり次第順次増やしますので」と。

私「そこまで言うならお言葉に甘えるよ、たださっきも言ったけど全面的に応援する事は今後難しいからね、それに解任したくなったらいつでもOKだからね」

息子「快諾して下さってありがとうございます、後でシェフの銀行口座を教えて下さい」

真由美「これで貴方と今後も繋がっていられて安心したわ」と。

私「子種を上げられなくてゴメン」と言うと

真由美は「その事はここで言う話しじゃないでしょ!」と怒った。

息子「えっ?ママ、シェフから精子を入れてって頼んだの?」

真由美「子供はそんな事言ってはダメでしょ?」

息子「僕とシェフはそんなに歳が変わらないと思うんだけど、僕が子供だったらシェフはお兄さん程度なんだけど」

真由美「屁理屈言ってんじゃないわよ」と怒り出した。

私は「はい、この話しはお終い」と言って食器を片付け出した。

後ほど銀行口座を息子に渡した。

再オープンの日を早めにしてもらった。

オープンが早かろうと遅かろうと合宿所のかきいれ時期は何と言っても長期連休と週末だけなので体制にそうは影響がないからだ。

早めに自分の店の開業に力を入れたかった。

オープンして数日は見ていたが息子と真由美とアルバイトで上手く回せる事を確認して帰京させてもらった。

帰京して預金通帳を記帳しに行ったら山梨から55万円が振り込まれていた。

直ぐに山梨に電話して真由美にその事を話すと「息子と相談してその金額になったの、少なくてゴメンね」と言われた。

私は「多過ぎるよ、大丈夫なの?」と尋ねると「税理士さんとも相談したから気にしないで、それより自分の開業頑張ってね」と。

つづく

いつもご協力ありがとうございます







にほんブログ村 大人の生活ブログへ




にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ 

PageTop

山梨 合宿所の女将 真由美 31話 韓国旅行から帰って3日後 

山梨に行った。

韓国の土産を真由美と息子に渡した。

真由美のはルビーが付いているプラチナのネックレスで息子はコチジャンと韓国海苔でお土産の大きさと重さは息子だが中身の値段は真由美の方が遥かに高いので息子はヤキモチを妬いた。

彼女に包みを開けさせてネックレスを出して首に付けてあげた。

彼女は「こんな高価なお土産貰ってもイイのかなぁ?」と言うと、

息子が「お父さんにでさえこんな高価なプレゼントもらった事なかったもんね」と言って息子も嬉しそうだった。

私「韓国には渋谷の総料理長が前々から連れていってくれと言われていたので今回連れて行ったんだ」と言った。

真由美は「私は連れて行ってもらってない」と言うので

私は「これで我慢して」と言った。

工事の進み具合を見たら息子が「今日は友達と飲む約束があるから泊まってくるね」と言って出掛けて行った。

真由美は私の肩にもたれ掛かってきて甘えてきた。

ソファに寝かせてキスをして服の上から乳房を揉んだ。

ロングスカートを捲くり上げてパンティの上からクリを擦った。

既に彼女は息を荒くして身体をよじって悶えた。

「あぁん、あぁ・・・、あっ、あっ、あん」と。

私はわざと焦らすように服は脱がさなかった。

待ち切れなくなった真由美が自分で服を脱ごうとしたので手で遮った。

「意地悪しないで・・・」と切なそうに訴えた。

真由美のブラウスを一枚一枚ゆっくりとボタンを外していきキャミソールに手を掛けゆっくりと脱がした。

ブラジャーの上から乳房を揉んだ。

「あぁ・・・、もっと強く・・・激しく揉んで・・・」と言ったので私は両手で強く揉んだ。

「あぁ・・・、感じるぅ・・・」と言って自分でブラを外そうとしたのを手で遮った。

「意地悪しないで・・・」と切なそうに訴えたがシカトしてブラの上から乳房を揉んだ。

彼女は「もう我慢できない」と言って立ち上がって私をソファに押し倒してスラックスとトランクスを脱がしてフェラをし出した。

チュパチュパとわざと音を立てて吸い、玉袋を掌で転がして、竿を上から下まで舐め回した。

スカートとストッキングとパンティを自分で脱いで私を跨いで騎乗位でペニスを膣に導き腰を振った。

「欲しかったの」と言って息を荒くして前後に腰を振っていた。

私は「まだ一週間ぐらいで欲しくなっちゃうの?」と聞くと、

彼女は「居ないと余計に欲しくなるの」と。

私は「居ない間、オナニーを何回したの?」

彼女「毎晩したわ」と。

私「じゃぁ、やってみて」と言って彼女を放そうとしたら「嫌」と言ってしがみ付いた。

私は騎乗位は嫌いだったので彼女をテーブルに手を置かせて後ろからペニスを膣に入れて10分ほど腰を振った。

彼女は「イッちゃう、イッちゃう、イクッ、あぁ、あ、イク、ぅんグぅ・・・・・、イグぅ・・・・」と言って脚をガクガク震わせてアクメに達した。

つづく




いつもご協力ありがとうございます







にほんブログ村 大人の生活ブログへ




にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ 

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。