FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

定食屋のオバサン 26話 くじ引き当選・熱海温泉 8

オバサン「このまま、私をしておくつもりなの?」

私「そんな訳ないじゃない、これからが本番だよ」

オバサン「どうやって可愛がってくれるのかしら?」

私はオバサンの浴衣を全部脱がせて全裸にし電気をつけたままでのセックスです。

まず、この明るさでのセックスはオバサンを定食屋の厨房で犯した時以外はありませんからそれだけでオバサンは興奮していました。

持ってきたローターのスイッチをONにしてオバサンの大きな乳房の上に既に堅くなってツンと上を向いていた乳首の上に置きました。

オバサン「感じるぅ・・・、これ何?」

私「オモチャだよ、気持ちイイでしょう?」

オバサン「うん、とっても」

私はオバサンのクリに電動マッサージ器のスイッチをONにしてまずは膣口に軽く当てて愛液を付けてクリに触るか触らないかの程度で軽く当てました。

オバサン「イイイイ・・・・、アアアア・・・・」

私「イキたくなったらいつでもイッてよ」

オバサン「うん、分かったわ、でも、もうイキそうなんだけど・・・」

私「イッちゃってイイからね」

オバサン「イッちゃう、イッちゃう、イクッ、イクッ、ああああ・・・・、イクぅぅぅううう・・・・・」と身体をガクンガクンと波打たせてアクメに達し電マを離しました。

オバサンが静まるまで乳首のローターも外してそのまま寝かせておきました。

その後静まったのでオバサンにローターを持たせて乳首に当てさせて空いた掌で右の乳房を揉ませました。

オバサンの脚をM字に開かせてから私は電マにスイッチを入れて、電動バイブのスイッチをONにして電マをクリに軽く当ててから電動バイブをオバサンの膣の中に最初はゆっくり先っぽだけ入れては出し、入れては出しを繰り返しました。

それだけでオバサンは半狂乱になったような声で「イイイイ・・・・、アアアア・・・・、アッ、アッ、アッ」と大声で喘いでいました。

オバサン「またイッちゃいそう・・・、イク、イク、あぁ、イクイクイクイクイク、イクーーー!」と脚をピンと伸ばしてアクメに達し、ローターを手放してしまいました。

オバサンは大汗を掻いていて肩で大きく息をしていましたので静まるのを待っていました。

静まったのを確認してまた脚をM字に開かせてもう一回ローターを左手に持たせて右手では乳房を揉ませて私はクリに電マを軽く当てて電動バイブを今度は奥まで挿入しスピードはゆっくりですがピストン運動をしました。

バイブの先が奥に当たる度にオバサンは「アッ、アッ、アッ」と声を上げていました。

オバサン「奥に当たって気持ちイイ・・・、お願い依田さんので・・・」

私「まだダメだよ、これで沢山、アクメを感じてもらってからじゃないとね」

オバサン「依田さんの方が気持ちイイもの」

私「そうだろうけど、もう少し楽しませてよ、オバサンの膣から泡だった愛液がいっぱい出てきてるよ」

オバサン「恥ずかしいからそんな事言わないで!」

私は電マを少し強めにクリに近付けた上にバイブのうねりを強に切り替えました。

ウインウインウインと厭らしい音に変わりバイブが動いています。

オバサン「イッちゃいそう・・・、イク、イク、イク、アアアア、イクーーーー!」と脚をピンと伸ばしてアクメに達しました。

バイブを抜いて私のペニスを入れて腰を振りました。

オバサン「依田さんのオチンチンの方が太くて長いから気持ちイイ・・・」と。

私はイキたかったので腰を10分ほど高速で振りました。

オバサンは3分に一回ほど小さなアクメを感じ、最後の大きなアクメと同時に私も射精して果てました。

そのまま、朝までオバサンと眠り、明くる朝に朝食を取ってその足で帰京しました。

(つづく)

いつもご協力ありがとうございます







にほんブログ村 大人の生活ブログへ




にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ 

スポンサーサイト
[PR]

PageTop

定食屋のオバサン 25話 くじ引き当選・熱海温泉 7

一時間ほど寝かせたのですが、起こさなければ朝まで眠りそうな雰囲気だったのです。

浴衣の裾から無駄な肉付きの艶かしい白い太腿が顕わになっていたので、私はソローッと浴衣の裾を広げて生足を拝んでいたのですが、我慢の限界になって持って来ていた電動バイブと電動ローターを取り出して準備しました。

目覚めさせないように静かにオバサンを横にして帯の結び目を解いてソローッと帯を緩めていきます。

この行為がドキドキハラハラ感を生んで更に興奮を高めました。

段々に帯を緩めていきます。

完全に緩めたらソローッと帯を取って浴衣を肌蹴る事に挑戦です。

ま、肌蹴るのは簡単ですけど、ノーブラだったのでヘルメット大の大きさのバストの谷間が既に見えていてパンティーを脱がすのに挑戦です。

フリルの付いた可愛いピンクのパンティーです。

ゴムの部分をゆっくり上げて少しづつ少しづつ下ろしていくのですが、オバサンは何か感じるのでしょうね、動くのです。

でも途中まで下ろしてうつ伏せになってくれたので逆に脱がせ易くなり全部脱がす事に成功しました。

さて今度は仰向けになってもらいたいのです。

何故なら、いつもはオバサンの住まいでの暗い中でのセックスですから、実際にオバサンの花園がどうなっているのかは見た事が風呂場でしか無かったのでした。

「兎に角、細かい所まで見てみたい」その一心が私を痴漢まがいの行動を取らせていたのでした。

既に私のペニスは堅くなっていていつでも戦闘開始が出来るほど興奮していました。

オバサンは寝返りをしてくれて仰向けになったのです。

私は「やったー!」と心の中で叫びガッツポーズをしました。

オバサンの脚を片足づつ優しく持ってゆっくりM字に開かせて花園を観察しました。

恥丘に鬱蒼と茂った陰毛が生えていて肉厚な大陰唇こそ少々濃い色でしたが開いて見ると小陰唇も根元まで薄ピンクで綺麗でした。

尿道口も膣口も薄ピンク色で綺麗でした。

ご主人が若い頃から糖尿病でEDだったらしくクリ周辺を弄繰り回す事も無ければ膣の中を掻き回す事も無く、今の歳まできてしまったという感じだったのでしょうかね。

膣口にはまだ愛液が潤ってなかったので、クリ周辺を私自身の唾を指に付けました。

オバサンは起きて気が付いているけど寝ている振りをしているのかは未だこの時は分かりませんでした。

まずは私はオバサンのクリ周辺を指で触るか触らないかの微妙な力で弄っていて、どんな感じになったら膣が濡れてくるのかをこの目で確かめたかったのです。

オバサンは気が付いているのかあるいは気が付いていないのか分かりませんがM字に開いていた脚を左右に開けたり閉めたりして動かしたりしていました。

段々に私の指はクリの中心を弄り出すとオバサンは「あぁ・・・、あぁ・・・」と悶え始めたのでした。

声が出てくる辺りから膣から透明の液が薄っすらと出たのです。

オバサンは目を開けて「私の帯をソローッと解いて居た時から起きていたけど知らない振りしてあげていたのよ、で、女性の身体が解ったの?」

私「意外にオバサンのは綺麗で驚いたよ」

オバサン「何よ、その言い方は?」

私「歳の割には綺麗な色だって事」

オバサン「失礼ね~」

私「だから余り使われてなかったんだなってね」

オバサン「本当に失礼なんだから」と言いながらそれでも嬉しそうに笑っていて余程、指輪が嬉しかったのでしょう。

(つづく)

いつもご協力ありがとうございます







にほんブログ村 大人の生活ブログへ




にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ 

PageTop

定食屋のオバサン 24話 くじ引き当選・熱海温泉 6

食事を終えて部屋に戻ると布団が敷いてありました。

オバサンは部屋に戻ってくると直ぐに私の首に腕を回して「指輪、ありがとう」と言ってキスをねだりました。

私はおばさんの腰に腕を回して「どう致しまして」と言いながらキスをしました。

その後、私は内風呂に湯を溜めて二人で入って出てくるとオバサンは「喉が渇いたからビールを飲もおっと」と言って冷蔵庫から缶ビールを出してグラスを出したので取り返して開けてあげてグラスを持たせて注いであげました。

この旅行はオバサンを労う為に来たのですから徹底的に優しくして上げようと思っていたのです。

私「さっき、大浴場でマッサージ器に乗ったら眠っちゃって起きたら揉み返しが来て返って疲れたって言っていたよね?」と。

オバサン「うん、そうだけど」

私「ビールを飲んだら俺がマッサージしてあげるからね」

オバサン「良いわよ、貴方だって疲れているんでしょ?」

私「俺は若いから大丈夫だからマッサージさせてよ?」

オバサン「イイの?してくれるの?」

私「うん、任せておいて、俺は結構上手なんだよ」

オバサン「上手なのは前にもやって貰ったから知ってるけど、本当にイイの?」

私「今回の旅行は日頃の感謝と労いの旅なんだから甘えて?!」

オバサン「ありがとう、それじゃぁ、ビールを飲み終わったら甘えさせてもらうわね」

私「うん、ビールはゆっくり飲んでよ」

飲み終わったみたいだったのでオバサンを布団にうつ伏せにして足の裏を手の指で丁寧に揉み解しました。

心臓や脳から離れている部分から始め痛がる箇所は最初は優しく手で揉むのです。

片足で10分づつ両脚で20分掛けて段々に痛がる箇所にも力を入れていくと痛い箇所が無くなっていくから不思議なんです。

足の裏が終わったら膝を立てさせて足の甲にタオルを被せて私の掌全体を使って擦ります。

片方で5分づつ計10分継続します。

その後脚をそのまま状態でアキレス腱もタオルを被せて人差し指と親指で挟んで上下に擦ります。

片方の足で3分づつ計6分継続します。

その後脚を伸ばさせて脹脛を片方で5分づつ計10分継続して私の両手の親指を使って指圧します。

下から上に血流を心臓に戻すかのような気持ちでです。

それが終わると太腿の裏を両手の親指を使って片方で10分づつ計20分継続して指圧します。

これも下から上に向かって血流を心臓に戻してあげる気持ちでします。

その後お尻の肉を両掌に力を入れて10分程度揉み解します。

ここまでやってきますとオバサンの下半身の血行が良くなって来ていますので上半身には掛け布団を掛けておき冷やさないようにして下半身は剥き出しにします。

勿論、浴衣は着せたままです。

私は立って足の裏を使ってケンケンするようにしてオバサンの足の裏から脹脛、太腿そして尻まで指圧します。

ここまで丁寧に指圧してきましたので足の裏で強めに乗っても痛がる事はなく、返って強く乗って上げると「あぁ・・・、イイ・・・、気持ちイイわ・・・、段々身体が熱くなって来た・・・」と言うようになり時折「ジュルジュル」と涎を啜る音が聞こえます。

これは気持ち良さとビールを飲んだほろ酔いから来る涎です。

十分に足の裏で指圧したらオバサンの下半身に掛け布団を掛けます。

その後掛け布団を掛けている片方の腕を出して指の先から指の根元に掛けて私の親指と人差し指そして中指を使って5分ほど上下に一本一本丁寧に擦ります。

女性は足の先と手指に血が行かなくて夏でも冷えを感じてしまうものです。

なので徹底的に擦ってあげます。

それが終わったら手の平を私の両方の小指で引っ掛けて親指で5分ほど指圧し今度はオバサンの手の甲を掌で5分ほど擦ります。

その後は腕を手の指と掌を使って5分ほど手首から肩に掛けて指圧しもう一方の手指と腕を同様に指圧します。

その後片方づつの上で伸ばさせて私の足の裏でケンケンをしながら指圧するのです。

この頃には多少強めに乗っても返って、いや強くしてあげた方が「あぁ・・・、イイ・・・、気持ちイイ・・・、段々身体が熱くなって来たわよ・・・」と言って涎を垂らしてジュルジュルさせます。

その後、尻の上に体重を乗せずに跨って背中を両手で擦ります。

特にオバサンの腕を軽く上げさせて肩甲骨の中に指を入れてマッサージします。

オバサンは肉付きが良いので中々、骨の下に指先を入れるのが難しいのですがそれで「あぁ・・・、イイ・・・、気持ちイイ・・・、段々身体が熱くなって来たわよ・・・」と言わしめる技です。

これを片方づつ5分ほど続けます。

その後私が胡坐を掻いてオバサンの頭をその上に置きます。

肩と首を徹底的に指圧します。

これは10分ほどしましたでしょうか。

その後、顔の目と口の周りを指で2分づつ指圧します。

その後オバサンを座らせて肩に掛け布団を掛けて肩と首そして頭を15分ほど掛けて指圧して終了です。

終了するとオバサンを布団に寝かせて唇にキスをして「はい、終了」と言うとオバサンは軽い寝息を立てて眠りました。

私はそのまま寝かせてあげました。

つづく

いつもご協力ありがとうございます







にほんブログ村 大人の生活ブログへ




にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ 

PageTop

定食屋のオバサン 23話 くじ引き当選・熱海温泉 5

オバサンを座卓の縁に座らせて脚を広げさせて浴衣の裾から白い脚が出ていると艶かしかったです。

私はパンティーを脱がして右手の中指と薬指をUの字に曲げて膣の中のGスポットを刺激し出しました。

最初はゆっくり段々に早く動かしていくとオバサンは「あぁ・・・・」と声を上げた瞬間にジャバジャバと潮を吹いたのです。

私は大浴場から持って来ていたバスタオルで畳の上に潮を慌てて拭きました。

オバサン「ごめんなさいね」

私「謝る事なんか無いよ、俺がしたんだからさ」

私はオバサンを畳の上に寝かせて69の体勢で乗って花園を濡らしていた潮の残りをチュパチュパと音を立てて吸ってその後クリを舐めました。

勿論最初から中心部を舐めるのではなく中心部は避けて回りの部分を円を描くように舌を回して舐めるのです。

オバサンの声の反応を聞きながら段々に中心部分を舐めていきます。

オバサン「あぁ・・、あ・・、あん、あんあん」と段々に甲高い声に変わっていったので中心部分をチロチロと10分ほど舐めていると「イ・キ・そう・・・」と。

私は返事をせずに無言で兎に角、アクメを感じさせようと必死で舐め続けていました。

暫くするとオバサン「イッちゃう、イッちゃう、イク、あぁ、ああああ・・・・、イクぅぅぅううう・・・・・・」と脚をピンと伸ばしてアクメに達しました。

暫くして静まってからオバサンは「お願いだから、入れて!と。

私は「うん、入れるから窓を開けて外の手すりに手を付いてバックの体勢にしてくれるかな?」と言いオバサンの手を手すり付けさせてバックからいきり立っているペニスを膣の中に挿入しました。

既に潤っているのでツルッと太いペニスが入っていきました。

根元まで入った瞬間にオバサンは外に向かって「あぁ・・・・」と雄叫びに近いような声を上げていました。

私はオバサンの浴衣を捲くっただけの白くて大きな尻を抱えて腰を15分ほど休まず振り奥を突いていると、

5分毎に大きく身体をガクンガクンと動かしてアクメに達していたようです。

その後にオバサンは「気持ちイイよ・・・、奥に、奥に、当たって気持ちイイ・・・、あぁ・・・」と大きな声で外に向かって叫んでいます。

更に続けて「イ・キ・そう、イッてイイの?」

私「うん、イッてぇ!」

オバサンは最後に大きな声で「イクーーー!、イクイクイクイクイク、あぁ、イクぅぅぅううう・・・・・」と言いながら脚をガクガクさせてアクメに達しました。

私はこの切ないアクメ声を聞いたので「中にイクよ」と言うと、

オバサン「中でイッて!」

私「イクッ、イク、あぁ、イク、イク、イクぅぅぅ・・・・」と言ってオバサンの膣の中に思いっ切り射精しました。

暫くそのままの体勢でいたのですが、オバサンも疲れただろうと思ってペニスを抜くと膣から愛液と精液が混ざった泡だらけの白い液がオバサンの脚を伝わって流れ落ちてきたので先ほど潮を拭いたバスタオルで拭いてあげました。

そしてオバサンをギューッと抱き締めて「ありがとう、気持ち良かったよ」と言うと、

オバサンも「とても気持ち良かった、一緒に来てくれてありがとう」と言いながら私に抱き付いて来たのでした。

また長い長いキスと抱擁を繰り返しました。

内湯のシャワーに二人で入ってその後、夕食までには時間が有ったので旅館の周りを散策するべく浴衣を着て歩く事にしたのです。

オバサンの浴衣姿は美しくて上げている髪のうなじが色っぽかったです。

川辺を手を繋いで歩き木陰でオバサンの額に軽くキスをするとオバサンは可愛い女学生のような顔を赤らめ恥ずかしそうでそれでいて嬉しそうにした仕草が可愛かったです。

歩いていると夕食の時間近くになったので旅館に帰りました。

夕食はお食事処に行って懐石料理を頂きました。

オバサン「私はビールかな」と言ったので、お運びさんを呼び止めて「済みません、瓶ビールでグラス2個でお願いします。」
「はい、かしこまりました」

瓶ビールが運ばれてきて、オバサンにグラスを持たせて注いであげて私のもオバサンが注いでくれて同時に「乾杯!」と言って飲み干しました。

オバサンも美味しそうに飲み干しました。

その飲み方が色っぽくて美しかったです。

献立表が銘々の前に置いてありました。

懐石ですから一品づつお運びさんが持ってきて料理の説明をしてくれます。

最初の一品目はオバサンにだけ蓋付きの器が運ばれてきました。

それでお運びさんが「お連れの方からのプレゼントです」と言って下さったのです。

オバサンはハッ?と驚いた顔をしました。

その後に「開けてイイの?」と満面の笑みを浮かべて。

器の中には刺身のツマの上に大葉が一枚載せられてその上に指輪が置かれていて周りにはエディブルフラワーが飾られていました。

オバサンは若い女学生のような声で「何で?、何で?私に、こんな?」と。

私はオバサンの前からその器を貰って指輪を取り出してオバサンの薬指にはめてあげたのです。

オバサンは大粒の涙をボロボロと「こんな事、今までの人生で誰にもしてもらった事ないから驚いちゃった」

私「いつもオバサンには公私共々お世話になっているし、毎日の食事代は取ってくれないからこのぐらいしかできないけど今まで本当にありがとう、そしてこれからも宜しくね」と言うと本当に嬉しそうに掌を上げてクルクル回して指にはめた指輪を見詰めていました。

その後、お運びさんが指輪のケースと一緒に料理を運んでくださいました。

一品一品の盛り付けが美しくオバサンも一品を食す毎に驚嘆と笑みを浮かべていました。

つづく

いつもご協力ありがとうございます







にほんブログ村 大人の生活ブログへ




にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ 

PageTop

定食屋のオバサン 22話 くじ引き当選・熱海温泉 4

熱海駅のホームのベンチで少しの間、オバサンの興奮を静めてから改札を出て旅館の送迎バスに乗った。

バスから降りて旅館の玄関に入っていった。

帳場で記帳して館内の説明を受けました。

仲居さんの案内で客室に通されました。

オバサンがティッシュで包んだ千円札をチップとして仲居さんに渡していた。

露天風呂と内風呂の説明をされお食事処で頂きます。

記帳して夕食の時間を聞かれました。

私は早めに済ましてオバサンを抱きたかったので6時にお願いしました。

仲居さんは一礼して部屋を出て行きました。

私「大丈夫か?」

オバサン「うん、大丈夫、こんなに短い時間で何回もアクメを感じた事がなかったから身体が驚いているのよ、多分ね」

私「なら、大丈夫だね、じゃぁ、折角、熱海に来たのだからゆっくり温泉に浸かろうね」と言って洋服を浴衣に着替えて大浴場に行きました。

当然、男湯と女湯が分かれているので30分後に待ち合わせという事で別れました。

私はその足で部屋に戻ってバッグの中からオバサンに上げる為に持ってきた指輪と帳場に差し上げる菓子折りの包みを出しました。

そして帳場に行って女将さんに会わせて頂きたいと話しました。

女将さんが出て来られたので、

私「実は今回の旅行は日々大変にお世話になっている方とご一緒してこの旅館に宿泊させて
頂く事に成ったのです。それでその方に日頃のお礼をしたいと思っていまして、以前はネックレスを差し上げたので、今回は指輪を買ってきました、大変にお手数とは思いますがこの指輪を蓋付きの器に盛り付けて私達の席の女性の方に最初に出して頂けたらと思いまして」

女将さん「はい、分かりました。ご協力させて頂きます」と言って指輪と菓子折りを一緒に渡して「皆さんで」と言いました。

女将さんは菓子折りは「大丈夫ですから」と言ったのですが、その後快く受け取って下さいました。

私は基本的に烏の行水の方なので15分ほど入ってその後出てきて館内を散策して待ち合わせの時間にオバサンを待っていたのですが、待てど暮らせど出て来なかったので心配になっていました。

そうしたら約束の時間の20分後に今まで寝ていたかのような寝ぼけた顔で出てきて「待たせてごめんね」と言って出てきたのです。

私「どうしたの?、心配したよ」と言うと、

オバサン「身体を洗って湯船に入ってゆっくり温まって出てマッサージ機に座ってたら眠っちゃったみたいで」と。

私「で、疲れは取れたの?」

オバサン「返って疲れが出ちゃった感じなの、だってあんなにイカされた後なのよ」と。

普通の彼女との待ち合わせでしたら帰っていたのですが、オバサンと一緒に来た温泉ですし、ここで怒ったら雰囲気が壊れるので大きな心で不問にしました。

そのまま、旅館の敷地内の庭園を散策しました。

日常のシチュエーションと違い折角、来たのですから旅行気分を満喫させてあげたかったのです。

日頃、女手一つで一所懸命に朝から晩まで仕事をやっている女性なのですから、ゆっくりさせてあげたかったのです。

ある意味で母に対する労わりのような優しさみないな感情でしょうか。

木陰でオバサンを抱き寄せてキスをし唇の感触がプルンとして柔らかくてとても気持ちが良く、オバサンも応じてきて舌を絡め合い吸い甘噛みし合いました。

暫くすると他の宿泊客も外に出てきたので私達は部屋に戻りました。

既に先ほどの木陰でのキスでお互いに興奮していたので再度、キスをして5分ほど舌の交換をしながらしているとオバサンは手に触れた私の小さくなったペニスを手で握って「まぁ、可愛い事」と言って笑いながら「そうは言ってもこの時点でさえ亡くなった主人のより倍大きいから凄いわよね」と。

私「私の半分と言う事は相当に小さいですね、それでいて糖尿病でインポだったのですよね、それではオバサンが欲求不満になるのも仕方ないかもね」

私はオバサンが私のペニスを持って遊んでいる間に私はオバサンの大きな乳房を揉み出しました。

オバサン「あぁん、あん、あん」

ヘルメットを二つ合わせたような巨乳です。

興奮しているの紀州産梅干ほおどの大きさの乳首もピンと立っていています。

私は乳輪の際を舌でなぞりながら乳房全体を舌を大きく出して舐めています。

オバサンは「あぁ・・・、感じるぅ・・・」と言いながら私のペニスを扱き出したのです。

私のペニスも段々に力を漲らせてきて通常の大きさになってきました。

私は座卓の縁に座ってオバサンに「フェラをして」と言うと、待ってましたとばかりに私のペニスを左手で握って扱き出し口を大きく開けて亀頭をすっぽり咥えたのでした。

その後、ペニスを持って扱きながらカリ、カリ首、裏筋に舌の先を堅くしてチロチロと遊びました。

私は気持ち良くなって「あぁ・・・、イイ・・・、上手だよ・・・」と声を上げてしまいました。

その声を聞いたオバサンは更に淫乱モード全開になって玉袋を右手で優しく包んで揉み出して玉を一個づつ咥えて舌で優しく転がし左手はペニスを扱いたままです。

オバサン「さっきの外でオチンチンを舐めたかったの」

私「言ってくれれば舐めさせてあげたのに」

オバサン「そんな・・・、皆が見ていて恥ずかしいじゃない」

私「さっき電車の中で皆に見られていたから余計に感じたって言ったじゃない?」

オバサン「そうだけどフェラは・・・」

(つづく)

いつもご協力ありがとうございます







にほんブログ村 大人の生活ブログへ




にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ 


PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。