FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

独立開業そして撤退 22話 店の撤退

開店してから順調に業績を伸ばしてきました。

調子に乗って車は高級車に乗っていました。

丁度、開店して3年が経った頃に隣のビルに大手〇力団の事務所が入ったのです。

その事務所のいかにもという怖い人たちが頻繁に店に来店するようになり一般のお客様が来店しなくなってしまったのです。

見るからに目付きの悪い人たちでした。

こればかりは自分の力ではどうにもならないので税理士さんと相談して店を撤退する事に決めたのでした。

今までお世話になったお客様と取引先そして同業者の先輩方に閉店の案内を郵送しました。

毎日のように電話が掛かってきて「再オープンは必ず知らせて」と有難い言葉を頂いたが同業者には「放漫経営で好い加減な商売をしたから倒産した」と随分陰口を言われた。

またその陰口を言っているとわざわざ知らせに来てくれる輩まで現れ、人間のおぞましさを知る事にもなった。

取り合えずアルバイトとパートには一ヶ月分の給料を出し、社員には半年分つづの給料を出して撤退の旨を伝えた。

崇と茂には次にまた再オープンの際には必ず呼んで下さい」と言われました。

社員は全員次の職場を探して送り込んだのです。

その後の私はと言うと仕事上では燃え尽き症候群になって新たに仕事をする気が起きなかったので毎日ブラブラしていたのです。

朝昼晩と近所の定食屋のオバサンの店で食事していた。

オバサンの店の常連さんで大森駅でパブを経営している社長が「依田さん、ブラブラしているんだったらうちの店を手伝ってくれない?」と言われたのですがやる気が起きなかったので断っていました。

一ヶ月ほどブラブラしていてこれ以上ブラブラしていても仕方ないと思って山梨の真由美の所に遊びがてら行きました。

真由美も息子も元気でした。

息子は彼女と別れたみたいでした。

私「店を閉めたんだ」と言うと

真由美も息子も「勿体無い」と口を揃えて言いました。

私「隣のビルにヤ○ザの事務所が入っちゃって仕方なく辞めた」

真由美「それじゃ、仕方ないよね、で、これからどうするの?」

私「まだ決めてないんだけど、当面はゆっくりしようと思って」と。

真由美「それじゃ、うちの社員に成ったら?」

私「勘弁してくれよ、社員に成ったら真由美に毎晩生気を絞り取られちゃうから」

真由美「そんな事は無いわよ、私結婚するの」と。

私「えっ?何て言ったの?もう一回言って」

真由美「結婚するの」

私「そうなんだ、それはおめでとう」

真由美「悔しくないの?」

私「何で悔しいの?、真由美が幸せになるんだったら嬉しいじゃない」

息子「まぁまぁ、お二人さん喧嘩は止めましょうね、仲良くして下さい」

真由美「貴方には関係ないんだから黙ってなさいよ!」と言うと、

息子は「はいはい、僕は関係ないので退散します」と言って自分の部屋に行きました。

真由美「私の事は愛してなかったの?」

私「愛していたけど、結婚するのは俺には関係ないじゃん」

真由美「そんな言い方ってある?」

私「はぁ?!どんな言い方をされたかったの」

真由美「もうイイワよ、帰ってよ」

私「わかった、帰るよ」と言ってそのまま帰京しました。

自宅アパートに着いた頃に真由美の息子から電話がありました。

息子「シェフ、ママはシェフの気を引こうと思って嘘を言ったんですよ」と。

私「あのさぁ、言って良い嘘と言っちゃいけない嘘があると思うんだよね、真由美の嘘は言っちゃいけない嘘だと思うんだよね。愛した人には幸せになってもらいたいでしょ?、自分が幸せに出来ないなら幸せにしてくれる人が居たならそれは有難い事だと思うんだよね、そんな人が現れたなら嬉しいと思うのはいけない事かなぁ?」と。

息子「今、ママはずっと泣いているんですよ」

私「そうは言われても、もう東京だし今更行けないから勘弁して」

息子「シェフとママはもう戻れないんですか?」

私「戻る気は無いな、ゴメン、それと顧問の話しは撤回させてもらうね、これ以上関わりたくないからさ」

息子「大変に残念ですが、ママに話しておきます。もしかしたらこれでシェフと永久にお別れかもしれないので今まで大変にお世話になりありがとうございました」と電話を切りました。

(END)





スポンサーサイト
[PR]

PageTop

独立開業 21-9話 パートの恵美

片手で乳房を握りしめて、 乳輪が2mm程、肌より盛り上がり尖がった乳首を舌で転がして上げると、「あぁん、あん、あん」と可愛い呻き声を上げました。

その後も、ゆっくりと腰を動かしていると、

「社長!イッてイイ?」と。

私は「イキなさい」と優しく言うと、

恵美さんは脚を投げ出して「イッちゃう、イッちゃう、イクゥゥゥーーー!」と言って彼女の手が私の背中に爪を立てて食い込んで搔き毟りながらアクメに達し、全身が痙攣で弓なりになり、 硬直をしていきなりガクガクと震えて、最後には白目を剥いて失禁しました。

アソコからピューッと力なく小便を漏らしたので、先ほど使ったバスタオルでシーツを慌てて拭きました。

相当に深く感じたのでしょう、暫くはそのままで寝かせていました。

15分後に目を覚まして「私、寝ちゃったのかも?」と言いました。

私「失神していたみたいだよ、満足したのかな?」

恵美「うん、お蔭様で悶々としたのが無くなってスッキリしたわ」

私「それは良かった、じゃぁ、明日も早いからもう寝る?」

恵美「社長、もう一回したいんだけど」

私「じゃぁ、余り好きではないけど、上に乗ってくれる?」

恵美「うん、フェラして大きくしたら乗るね」と言ってフェラをしてくれました。

大きくなったので彼女は私の上に乗り騎乗位で腰を振り、暫くしたら「イイ、もう直ぐイキそう・・、イッてイイ?」と大声で私に訊いたので、

私は疲れていたので「イッて!」と言うと、彼女は私の両手に手を乗せて腰を狂ったように振って「イク、イク、イク、あぁ・・・、イグゥゥゥ・・・・」とアクメに達し、暫くそのままでいたのが、私の胸に身体を倒して肩で大きく息をして果てていました。

暫くはそのままにさせて、その後、彼女をベッドに寝かせて、洗面所に行ってタオル湯で揉み出して来て彼女の膣を拭いて上げて私のも拭いて朝まで寝ました。

朝、ホテルで朝食を取って彼女とは別れて私だけ出勤しました。

出勤途中に昨夜の事を考えていました。

人妻ですが淫乱でセックス好きの良い女です。

つづく



PageTop

独立開業 21-8話 パートの恵美

温まったのでそのまま出て身体を拭いてベッドに横たわり、そのまま69スタイルになってお互いの秘所を舐め合いましたが彼女は先ほどのアクメの余韻が残っているようで、参戦してきまっせんでした。

私は一度射精をしているので、元気モリモリなのですから、体を入れ替えて、彼女の股の中に身体を入れて彼女を徹底的に攻め捲くりました。

散々、指と舌で性器を掻き回しているので、 愛液がドロドロと流れ出しています。

肉襞をそっと開いて、ピクピクと震えるクリの皮を引ん剥いて小豆大のピンク色の中心部をチロチロとしゃぶりました。

「あぁ~ん、あん、気持ちがイイのぉ・・・」と彼女は眉間に皺を寄せながら、喘いでいました。

更に続けてクリを攻め捲くっていると、彼女は私の頭を押さえ付けて「またイッちゃう、イッちゃうの・・・」と甘えた声を出すのです。

そして私の髪の毛をギューッと掴んだと思ったら「イクゥゥゥーーー!」と脚をピンとVサインに持ち上げて、身体を小刻みに痙攣させながらアクメに達したのです。

そして直ぐに「社長~、お願い入れて~?!」と哀願するので、私は太い中指を彼女の膣の中に忍ばせてGスポットにゆっくりと指の腹で圧を掛けて押して、その後、スッと離し、これを何度も繰り返していると、彼女はシーツを握り締めて「社長、気持ちイイ・・・、ですぅ・・・」と言うと、ピュッ、ピュッと少なめではありましたが潮を噴いたので、私はシーツが濡れてしまうのを恐れて、慌てて口で受けました。

暫く鎮まらせてから私は正常位で大きくなったペニスをグイッと膣に少しずつ挿入をして膣の奥の子宮口の前まで押し込みペニスをベッドと平行に角度を変えて最初はゆっくり段々にスピードを増して腰を振りました。

「ああっ、イイ、イイ、凄い、気持ちイイの・・・」と。

私は腰を思いっ切り強く振り、子宮口に当るようにすると、

「ダメ、ダメ、奥が、奥が、壊れちゃう、壊れちゃうってば・・・」と叫んでいて、その後、プ~ッと放屁のような音が鳴ったら彼女は「私じゃないから」と言ったので、

私は「恵美さん勘弁して下さいよ」と言うと、

恵美さん「私じゃないもん」と可愛い声で言うので、

私「膣の中に溜まった空気が出場所を失って音がしたんだから気にしないで」と言いました。

つづく






PageTop

独立開業 21-7話 パートの恵美

暫く鎮めてから恵美さんを湯船から出そうとしたら、「社長、後ろから入れて」と。

私は恵美さんを湯船の中で縁に手を付かせてバックから尻を思いっ切り掴んで差し込んで一気に子宮口まで貫いてあげたのです。

恵美さんはそんな事をされると思っていなかったのか「ヒィーッ!」と声を上げました。

その後は「の」の字を描くように腰をグラインドさせて、その後は規則正しく腰を突き上げてあげると、

「社長、イイ、イイ、イイの・・・」と息を切らしながら褒めてくれます。

私のペニスを抜く度に白く泡立った愛液がペニスと膣の接した部分に纏わり付いているのが分かり、それがまた厭らしさを増幅させていました。

段々、腰を早く振っていって、奥を突き上げていると、

恵美さんは「イイ、イイ、もう直ぐ、イキそう・・・、お願い、もっと奥を、奥を・・・」と言うので、私の脚と恵美さんの尻の肉が合わさるとパンパンと音を立てていると、

恵美さん「イッちゃう、イッちゃう、イクイクイク、イグゥゥゥ・・・・・・」と言ってしゃがんで肩で息をしていました。

私は「恵美さん、気持ち良かったのかな?」と訊くと、

「気持ち良かったです」と答えてその後も息を切らせていました。

彼女を一回湯船に沈めてこちらを向かせて彼女にキスをしてその後、私は「イッてくれてありがとう」と言うと、

彼女は未だ息を切らせながら、「私こそ気持ち良くさせてもらって有りがたいです、お陰で毎日モヤモヤしていたのが吹っ切れたような気がします」と。

女性もモヤモヤするものなのですね。

つづく





PageTop

独立開業 21-6話 パートの恵美

その後、クリの周りを中心部は一切触れずに円を描くように舐め回していると、

恵美「お願い・・・、クリを舐めて・・・」と、甘ったるい声で腰を前後に揺らして哀願するのです。

私はそれでも焦らす意味で舐めませんでした。

恵美さんは段々怒り出して「舐めてって言ってるでしょ!?」と。

私はそれでも舐めないでいると、私の髪の毛をギュッと握り締めて強く引っ張るので、私は口を離して「痛いよーーー!」と大袈裟に言うと、

恵美「じゃぁ、舐めて!」と。

私はクリに触るか触らないかの微妙な周りを舌でクルクルと円を描いて舐め出したのです。

恵美さんは腰を自身で動かしてクリの一番感じる部分に舌が当るようにしていました。

私はそれでもクリには触らないように努めました。

恵美さんはまた怒り出して私の髪の毛をギューッと掴み上げて「これ以上焦らしたら髪の毛を全部抜いちゃうからねーーー!」と。

私は口を離して「ハイハイ、お姉様、クリを引ん剥いて舐め回してあげるから」と言って、唇を尖らせてクリを包んで、息を吸い込みながら引ん剥いて舌で豆粒を優しく舐め回したのです。

私のバイブルが正しければ、強く舐めれば痛がると思っていたので、私はクリの皮を引ん剥いた時はなるべく優しく舐めて上げることに徹しているのです。

首は疲れるのですが、折角クンニをしているのですから、一回は最低でもイッてもらわないと骨折り損になってしまうので、必死で頑張りチロチロの応酬をしました。

暫くやっていると、恵美さんは段々に身体を強張らせていき、身体中に力が入った瞬間に、「社長!イッちゃう、イッちゃう、イクイクイク、イグゥゥゥ・・・」と身体を痙攣させてアクメに達したのです。

私は多くの女性はクリイキをした後は触って欲しくない事は分かってはいたのですが、ふざけてその後もクリを舐めようとして舌で一瞬触ると、恵美さんは「社長、辞めて、お願いだから・・・」と可愛い声で懇願しました。

つづく







PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。