FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

みはる 15話 終了

蒲田に引っ越して女性関係は全くなく、ただただ毎日、渋谷のイタリアンレストランで朝から晩まで仕事に明け暮れていた。
朝は6時に家を出て帰宅は夜の11時過ぎ。

アパートに帰ると風呂に入って泥のように眠るのが日課だった。

それでも新しい仕事を覚える楽しさから苦痛ではなかったし辞める気はなかった。

ある日、長島から聞いたと言うみはるからの電話があった。

「3日後に荷物を取りに行くから」と。

私は「仕事の休みが取れないから必要な物は送る」と言うと、

「芸能プロダクションにも行くのでついでに行く」と言うのだ。

本当に勝手な女だと思ったがわざわざ九州から来るんだから店を休むことにした。

当日、彼女は一緒に暮らしていた時より大人びた服装でそしてとても明るい顔でやってきた。

「元気だった?」

「あぁ」

「九州の田舎に帰って今クラブのホステスをしているの」

「お客さんから色々な物をプレゼントしてもらって毎日仕事が楽しくて、お給料も毎月50万円ぐらい貰っているの」と。

私はこの時までよりを戻せるのではと淡い期待をしていたのだ。

そんな期待をしていた自分が悲しかった。

田舎に帰ったら楽しいことばかりが待っていたという話しを聞かされているだけだった。

私は彼女を受け止められる器量が無かったガキだったんだとその時に痛感し悔しさを噛み締めた。

初恋の人 みはると完全に終わった日でもあった。

彼女の氏名で検索するとみはるのページがあって彼女の今の写真が載っている。

随分と太って顔が変わったけど昔の面影が多少残っている。

日記を読むと日々幸せそうな暮らしが伝わってくる。

お子さんはいるみたいだけど付き合っていた頃の氏名そのままなので結婚しなかったのかそれとも離婚したのか、そんな想像をしている。

とにかく元気そうなので安心した。

ま、彼女は私との事を思い出す事はないだろうけど。

(END)

スポンサーサイト
[PR]

PageTop

みはる 14話 別れ

次の日に彼女のアパートに行き荷物を纏めて赤帽と引越しの予定日を決めた。

彼女の荷物を赤帽が運んでくれた。

この日から阿佐ヶ谷南のアパートで彼女との同棲が実際に始まった。

一緒に買い物に行くと「奥さんと店員さんに呼ばれると何だか嬉しい」と言った。

アパートの台所で彼女は一生懸命料理を作ってくれた。

料理は上手だった。

中学、高校時代、共稼ぎで帰りが遅い両親だったらしく彼女が弟や妹の為にご飯の支度をして食べさせていたという。

彼女はまた女優を辞めたいと言い出した。

これが今後の我が家の懸案事項となっていた。

社会人はどんな職業であれ厳しいと思っていたが、その一般社会より芸能界は遥かに厳しい世界だと思ったので折角、映画にも出れるようになったのだから勿体無いので辞めない方が良いと説得し続けた。

ある時にスポーツ新聞にみはるに男がいるという記事が出た。

スポーツ誌にみはるの記事が乗るなんて信じられなかった。

有名になってきたのかもと思った。

事務所は蜂の巣を突いたように大騒ぎになったと言う。

みはると私はこのアパートから毎日仕事に出掛けていた。

このまま生活を続けていたらその内、周知の事実になってしまうと思っていた。

そんな中、彼女は帰ってきては毎日のように仕事を辞めたいという話しばかりだった。

半年が経った頃に彼女は「誰がなんと言おうと仕事を辞める」と言い出した。

その頃には私も説得する力は残ってなく彼女に押し切られ「好きなようにしたら」と言うしかなかった。

そんなある日、みはるがプロダクションの女社長に「辞めたい」と言うと「貴女を売り出すのに今まで何千万円掛かったと思っているの、そのお金を返してから辞めて」と言われたと言う。

私は社会経験が無かったのでそれをどうやって切り抜けたら良いのかの術が無かった。

彼女も精神的に相当参っていた。

ある時に急に「私、九州の田舎に帰る」と言い出した。

私は彼女の田舎はてっきり静岡だと思っていたが、彼女が東京に出る時には家族が九州に引っ越したと言った。

彼女自身が「同棲したい」と言うから新居を見付けたのに勝手過ぎだと思った。

その話しが出た夜のその日のセックスは最後の射精の部分しか覚えていない。

みはると出会って初めてセックスした日からその日までに顔射はした事がなかったがこの日初めてした。

次の日にはアパートに置き手紙があって彼女は九州に逃げるように旅立った。

手紙の最後に「さようなら、荷物は後で取りに来ます。みはる」と。

この半年間は一体何だったのかと自分の力の無さを悔いた。

あの静岡の高1の夏に彼女と出会った事が、お互いの不幸の始まりで、

私の不徳の致すところで彼女を不幸にしてしまった罪悪感に苛まれ、

彼女の苦痛を取り除いてやれなかった反省で申し訳なく思ったし、

お互いに会ってはいけなかったんだと後悔した。

ただ同時に人間(女性)不信にもなっていた。

当分の間、女性と付き合う気が起きず仕事に没頭した。

その月末でアパートを引き払い、傷心のまま一人蒲田に引っ越した。     

つづく

PageTop

みはる 13話 同棲

一ヶ月の撮影が終わり彼女の事務所から連絡があったので急遽店の女社長には親戚が死んだという事で休ませて貰って京都に彼女を迎えに行った。

行きとは違い随分吹っ切れた明るい顔になっていた。

帰りの新幹線の中で撮影はどうだったのか?

他の出演者やスタッフと仲良く出来たか?

脱ぐ時は俺の顔が浮かんだか?

事務所に電話して報告したか?

そして二人で同棲するアパートを見付けて店の社長に保証人になってもらった事などを話した。

撮影中に共演者の俳優さんに何度も言い寄られたと嫌な顔をして言っていた。

ま、そりゃ、この美貌じゃ世の男たちはほっとかないだろうと思った。

東京駅に着き阿佐ヶ谷南のアパートに直接連れて行った。

彼女「ここが私たちの新居なの?、嬉しい」と。

荷物を置いて抱き合って唇を重ねた。

私は殆ど毎晩、店の女社長に求められていたのでしたくはなかったが彼女は一ヶ月ぶりなので興奮していた。

彼女は自から私のGパンを脱がしペニスを咥えて玉袋を揉んた。

その後、太腿の内側を舌で舐め回し自らショーツを脱ぎ捨て私の上に跨って腰を振った。

「あ・・・、入ってるのが分かる、久しぶりだから感じるぅ、気持ちイイ、あぁ・・・・・」

膣を締めて気が狂ったように腰を振っていた。

「イッてもイイ?」  「イッちゃう」  「イッちゃう」  「イクッ、イクッ、イクぅ・・・・・・」と言ってアクメに達し「あうぅ・・・・・・・」と唸った。

少し経つとまた腰を上下し続け、

「イッちゃう」  「イッちゃう」  「イクッ、イクッ、イクぅ・・・・・・」と言って連続で果てた。

つづく

PageTop

みはる 12話 決断

朝、起きたら彼女は既に化粧を終えていた。

私は部屋の電話でみはるに事務所に電話を入れると伝え事務員さんに電話を入れた。

事務員さんの横にはあの女社長が居たみたいで電話を替わった。

「今彼女は何処?」と言うので、

私は「渋谷のホテルです」と答えると

社長「悪いけど彼女と一緒に事務所に来てもらえる?」と。

私は「大丈夫ですよ」と言って彼女をタクシーに乗せ事務所へ

事務所に入ると社長も事務員さんも「心配してたのよ」と彼女に。

彼女は「ご心配をお掛けしてすみません」と言って謝った。

社長「撮影は京都の太秦なの、依田さん旅費と日当を出すからみはると一緒に京都に行ってくれない?」と言われた。

私「今日ですか?」と慌てて尋ねると

社長「3日後から1ヶ月」

私「仕事がありますから無理です」と言った。

私「彼女を説得したのでもう大丈夫だと思いますよ」と言うと

社長「彼女、情緒不安定になっているからお願い、行きと帰りだけ京都に行ってくれない?」と。

私「それなら大丈夫ですよ」と言って快諾した。

が、店の女社長と料理長にどう言い訳したら良いのか悩んだが幸いにも3日後は私の休みだった。

3日後に彼女と新幹線で京都に行きタクシーで太秦の撮影所に行った。

彼女を事務所に行かせプロデューサーに挨拶させて彼女には「しっかり演技するんだよ、後で映画見るから」と言うと、

彼女は「映画の題名は教えないもん」と言った。

私はその足で日帰りし、途中で彼女の事務所に連絡し今日の事を報告した。

PageTop

みはる 11話 説得

ある日、彼女から店に泣きながら電話があった。

理由を聞くと「今度映画の撮影があってオールヌードにならなくてはいけなくなった」と言うのだ。

で、今は事務所を出て行方を晦まして渋谷のホテルに隠れていると言う。

仕事が終わったら向かうからそこに居る様に伝えた。

彼女の事務員の山田さんに電話を入れてどんな状況なのか聞いた。

この仕事をキャンセルすると事務所が1億円以上の損害を被る事になり大変だと言って今、事務所は彼女を探すのに必死との事だった。

とりあえず私は彼女に会って説得してまた明日山田さんに電話すると約束をした。

仕事が終わるのを待って彼女のいるホテルに向かった。

部屋をノックすると泣き顔の彼女が出てきて私に抱き付いたてきた。

「他の人の前で全裸になるのは嫌」と言う。

私は「でも自分で選んだ女優の道だし、事務所も大いに関わっている事で、今回の仕事をキャンセルしたら多くの人に多大な迷惑が掛かるから我慢してやりな」と彼女を説得した。

彼女は幾ら話しても嫌だと言った。

事務員の山田さんが言っていた話しを伝えた。

「事務所に損害を与えて万が一、君に損害賠償の請求がきたらそれこそ大変なんじゃないの?」と言った。

その説得を聞いた彼女は段々と行く方向に傾いて行った。

今日は既に事務所も終わっているので明日、事務所に行く事にして「今晩は、ここに一緒に泊まるよ」と言うと「嬉しい、抱いて」と。

私は「その前にちょっと店の先輩に電話してくる」と言って部屋を出た。

店に電話するなら部屋の電話を使えば良いのにと不審がられないか心配した。

女社長のマンションに電話をして「今日は友人宅に泊まるから帰らないので待っていないで寝て」と。

女社長は怪訝そうな返事で電話を切った。

部屋に戻り、彼女に「待たせてごめん」と謝り、口付けをして服を脱がしてシャワーを浴びに浴槽に行った。

女社長とはほぼ毎晩なので、興奮の度合いは低かった。

でも彼女とは久々だったので一緒に浴槽でシャワーを浴びているとペニスは堅くなった。

彼女は久々なのでかなり興奮していた。

浴槽で体を洗ってあげているだけで「あっ、あっ、あん」とため息を漏らす。

店の女社長のように熟練者ではないので優しく優しく愛撫するように洗う。

私も自分で体をさっと洗いバスタオルで体を拭いて二人で全裸のままベッドへ潜り込んだ。

彼女の体に上半身を乗せてキスをして舌を吸い絡ませる。

それだけで彼女は「あっ、あっ、あん」とため息を漏らす。

右手で長い黒髪を掻き分けながら耳や耳の裏、そして首尾筋を愛撫。

口から舌を抜いて首筋、肩、脇の下、腕、手の指、乳房、乳輪まで舌を這わす。

乳房を両手で揉んで片方づつ乳首を舌で転がす。

「あん、あん、あん」と。

乳首を甘噛みすると、

「あっ」と。

更に腹、臍の穴そして恥丘のブッシュの生え際を舌で舐め回し、

大陰唇の際を舐め回すが、クリや小陰唇の中には触れずに、太腿の内側や脛、脹脛に舌を這わせ、足の甲、足の裏、各指を念入りに舐め回す。

「あん、あん、あん、くすぐったい」と言いながら息は荒くなる。

その後、クリの包皮を唇と舌で剥き、クリを吸う。

「あっ、そこは」と。

その後小陰唇を指で開き、尿道口を舐め回し、膣口に舌を這わす。

十分に愛液で濡れている膣の中に中指と薬指を差し込んでGスポットを刺激する。

暫く刺激し続けると、

「あぁ・・・おしっこが漏れちゃう、漏れちゃう・・・」と言って慌てて彼女はトイレに駆け込んだ。

帰ってきたのでクリ○リスを舌で舐め回す。

舌先でチロチロと。

「あ・・・感じる」

そのまま続けていると「イッちゃう、イッちゃう、イクッ、イクッ、イクぅ・・・」と言ってアクメに。

その後は体を入れ替えて69の体勢へ。

「舐めて」と言うと相変わらず不器用な舌使いでペニスや玉袋を舐め回す。

彼女は興奮の絶頂でハァハァと息が荒い。

その後、ペニスにコンドームを付け正上位になってペニスを膣に。

彼女の手をクリに導いて私は腰を思いっきり振った。

暫くピストン運動をしていると「またイッちゃう、イッちゃう、イクッ、イクぅ・・・」と腰を突き上げ足を伸ばしてアクメに達した。

私は殆ど毎晩女社長に射精していたので中々イケない。

更に腰を使おうとすると彼女は「おかしくなりそうだからもう少し待って」と。

少し待ってから腰を振ってイッた。

精液の量はさすがに少なかった。

そのまま全裸でベッドの中で彼女と朝まで眠った。

つづく

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。