FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

前妻 千春 107-2話 離婚

(エッチな描写はありませんのでご興味の無い方は読み飛ばして下さい)

最後の結審の日に本人と会い、一緒に家裁を出て途中で昼食を共にしました。

お互いに今後の事を話し、元妻が最後に思い出で洋服を買って欲しいと言われたので、一緒に買いに行きました。

全預金を取られたのに、まだ洋服をねだるのですから、大した人でした。

改札口でバイバイしてその後は一切会っていません。

風の噂では暫くは東京に居て、その後九州の地元に帰ったそうでした。

また隣の部屋で自殺した、あの忌まわしい、いわく付きの蒲田の部屋に戻っての生活が始まりました。

それからの私は一ヶ月ほど腑抜け状態になっていたのは間違いありません。

離婚は女性より男性の方がダメージが大きいと思います。

ま、これは私だけかもしれませんが。

犬のように直ぐに忘れて新たな道を歩むほど、私は精神が強くなかったのです。

別れた瞬間から不思議なのですが、彼女との夫婦生活の中での嫌だった事は思い出さないのですが、楽しかった事ばかりが走馬灯のように思い出してしまうのです。

この頃から私は自宅で酒を飲むようになったのです。

最初は舐めるようにしか飲めませんでしたが、飲んでいく内に段々と酒も強くなっていき濃く出来るようになり、最後にはウイスキーのボトルを一夜に1本空けられるほどにまで飲めるようになっていったのでした。

その頃には、酒が美味しく感じられるようになっていました。

そうなると、不思議なのですが、美味しいと思える味覚が変わってくるのです。

例えば春野菜のあのほろ苦さやホヤなどの微妙な味が、何とも言えない味になってくるから不思議でした。

また他の女性を抱いている時もあの吸い付くような締まりの良かった前妻のアソコの具合を思い出してしまうほどでした。

107-2話に上る拙い前妻との事やその間の女性関係を最後まで読んで下さった読者の皆様に御礼申し上げます。

(END)

いつもご協力ありがとうございます



スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

PageTop

前妻 千春 107-1話 離婚

(エッチな描写はありませんのでご興味の無い方は読み飛ばして下さい)

頼子との付き合いが、店のスタッフにバレ、その事を妻の千春の耳に入りました。

千春は自分の事は棚に置いて、鬼の首を取ったかのような勢いで私を責め立てました。

この時の事を書くのが本当に嫌になるほど、今思い出しても、胃が痛くなるような忌まわしい出来事でした。

妻は家庭裁判所に出向き、自分の事は一切話さず、私の不倫だけを話して調停して貰いました。

裁判所から呼び出されて、調停員から慰謝料はこのぐらい支払うのが良いと言われたのです。

その金額は私が次の店を開業する為に貯金をしていた、全預金の金額だったのです。

それでも浮気性(私自身も言えた義理はありませんが)の千春と離婚できるなら、良いと思って、全預金の印鑑と通帳を妻の千春に渡しました。

お蔭で残っていた、次の開業資金で貯金していた私の預金300万円も前妻に慰謝料として払う事になったのです。

それでも別れられてその時は本当に良かったと思いました。

自分善がりで正義感だけの不純な動機の結婚ほど意味がないと思いました。

また預金も0円いや、マイナスになり、前妻がローンで買ってしまった、物の返済もあり、出直し人生が始まった日でもありました。

勿論、全てが彼女の所為ではありません、

結婚生活の破綻は、どちらかが一方的に全て悪い訳ではないからです。

今回の結婚生活を総括すれば、50対50で若気の至りだと反省しました。

彼女が浮気や不倫に走る前に気付いて、もっと彼女に目を向けて優しくしてあげれな良かったとも反省しました。

(つづく)

いつもご協力ありがとうございます






PageTop

前妻 千春 106-3話 頼子とカーセックス

彼女は更に舌と唇を使い丁寧に愛撫し、口から一度抜いて、また咥え、今度は激しく愛撫・・・・
私の亀頭の先から、ヌラヌラと先走り液が出ているのを啜っていました。

私は「股を開いて脚をM字に開いて」と言うと、彼女は私の言う通りに、窮屈そうにしながら両足をM字に開き、私は彼女の股間に顔を埋めてクンニし始めました。

彼女は私の髪の毛をギューッと掴んで、一番感じる部分に押し付けようとしていました。

私は舌の先を尖らせて、クリをツンツンツンと刺激しました。

「あぁん、あん、あん」

尖った舌の先で円を描くようにクリの周りを数周させていました。

そして、またツンツンして、チロチロと舌先がクリに当たるか当たらないかの位置で舌を回転させて動かしていると、私の興奮した熱い息がクリと膣に当たるだけで彼女の身体は疼いたようで、腰をくねらせ、厭らしいアクメ声を出したのです。

「嫌っ、嫌っ、イイ、イイ、気持ちイイの・・・、またイッちゃう・・・」

次は大きく舌全体で、膣全体をベロンベロンと舐めました。

私は敢えて厭らしい言葉で「ハァッ、ハァッ、美味しいよ、頼子のマンコは、もっと感じてイイんだよ」と言いながら、片手でブラウスのボタンを全部外して、乳房を揉み、人差し指と親指で乳首をキュッキュッと摘みました。

そして余った手の親指と人差し指でクリを摘んで、膣の穴に舌を堅くして差し込み、出し入れしました。

頼子は「あぁ・・・、イッちゃう、イックゥゥゥーーー!」とアクメに達し、腰を上下に揺らせて痙攣してその後は一旦グッタリした後に「お願い、入れて~!」と大声で懇願したのです。

私たちは後部座席に移動しました。 座位になり、彼女は、私の上に座りました。

私の暴れん棒を掴んで先に彼女の膣を当て、ズズズッ~とカリ首まで入れ、上下にゆっくりと動かしたのです。

「あぁぁぁ~~、イイ~~」と彼女。

私は彼女の腰を持って下から突き上げてました。

「イイ、あぁ、イイ、イイ、気持ちイイの・・・、イイ、イイ、あぁ、イイ・・・」

私は目の前に居る彼女の乳首に吸い付き、下からガンガン突き上げながら、ペロペロと攻めました。

「あっ、あっ、イキそう、イッちゃう、気持ちイイのーーー!」

彼女がそう叫ぶと、私はそのまま正常位になり、激しく腰を動かしました。

「あぁん、あん、イイ、イイ、イックゥゥゥーーー!」と彼女はアクメに達したのです。

「俺も・・・ダメだ・・・、中でイッちゃって良いの?」

「今日は大丈夫だから中で出してーーー!」

私の熱い精液が彼女の奥にドクッ、ドクッ、ドクッと注ぎ込まれたのです。

彼女の身体が痺れて動けないまま、グッタリしていたので、私は彼女の膣をティッシュで拭いてその後、車内のランプの光で彼女のアソコ全体を眺めていました。

彼女はけだるそうに身体を起こして私のペニスに着いていた精液と愛液が混ざった白く泡立ったものを綺麗にお掃除フェラをしてくれながら「初めて中でイケてこんなに気持ち良いとは思わなかったです」と。

頼子が初めて中イキできた記念日でもありました。

その後の彼女はセックスがしたくてしたくて、仕事帰りには必ず、カーセックスを要求するようになったのでした。

(END)

いつもご協力ありがとうございます



PageTop

前妻 千春 106-2話 頼子とカーセックス

「ダメ、ダメよ、シェフ~、感じるの~」

「エッチな頼子だもん、分かってるよ」と私はそう言い、スカートを捲って手を彼女の股間に伸ばし、肉襞を上下にクチュクチュと弄ったのです。

私「やっぱり、凄く濡れてるけど」と笑い、パンティのレースの上からアソコを指で優しくなぞりました。

「あぁん、あん、あん」

私は、自分の指や舌の動きにあわせて彼女が喘ぐのを楽しんでいました。

執拗に布越しで胸を揉み、乳首を舐め、パンティの上から肉襞を上下になぞり、時にはクリを指で優しく摘んで刺激していました。

助手席の狭い空間で体をくねらせ、ビクビク感じて痙攣させている彼女です。

その内に、パンティをずらして私の指が膣の中に滑り込ませました。

「あはぁ~ん、あん、あん」 と声を上げ、ずっと直接触って欲しくてたまらなかったようで、腰を上げたり下げたりしながら溜め息のような、甘い声を出していました。

左手の親指と人差し指でクリの皮を引ん剥いて、濡れたクリを右手の中指と薬指で円を描くように手マンをしました。

中指は、割れ目に沿ってゆっくり動かせ膣の穴に入るか入らないかの所でまた上に上がって、ワナワナしているのを楽しんでいたのです。

私は手マンの手は止めずに額から首筋に掛けて、鎖骨から乳首、脇に至るまで柔らかい唇と舌で愛撫し続けながら彼女の汗を啜っていました。

彼女「シェフ・・・、イッちゃいそう・・・、イックゥゥゥーーー!」とアクメに達し身体に一気に力が入ってその後はグッタリとしてしまいました。

その後「シェフ、お願いです、入れて下さい」と。

私は「まだダメだよ、フェラしてその後は頼子にクンニしてからだよ」と言うと彼女は私のスラックスのベルトを緩め、トランクスを脱がして、威きり勃ち赤黒くなって青筋を立てた暴れん棒を握りながら、ニコニコして扱きました。

その後の彼女は私の暴れん棒の先にキスをし、舌でペロペロと優しく舐め舐めしました。

カリ首を舌でなぞり、裏筋に沿って舌を上下に動かし、玉を手で愛撫しながら、私の亀頭を口に咥えゆっくりと頭を動かすと、一旦口を離しした彼女は「ドクンドクンと脈打つのが舌に伝わってくるの」と言いました。

(つづく)
いつもご協力ありがとうございます





PageTop

前妻 千春 106-1話 頼子とカーセックス

頼子とは毎日毎晩の送迎は私の仕事となりました。

頼子はカーセックスが好きであの狭い空間が堪らなく興奮するみたいでした。

彼女は助手席で私が上になって私に乳首や首筋を舐められながらイクのが良いみたいでした。

後部座席では、シ-トに座った状態の格好で、クリをペロペロされたり、摘んだり皮を引ん剥いて挿入されると直ぐにアクメに達して身体を痙攣させて恍惚感に満たされた顔をしていました。
 
ドライブ中に左手を伸ばして彼女の乳首やパンティを脱がしてあらわになったアソコを弄っていました。

「声を出したらダメだし、感じた顔もしたらダメだよ」と言い、ローターにスイッチを入れてクリに当てていると彼女は「あっ、「あっ、イイ・・・、ハァ、ハァ」と息を荒くさせました。

彼女のアソコは既に、これでもかっというほど濡れ濡れで、パンティもグッショリになってしまうのです。

私は「声を出してはダメだって言ったのに」と意地悪く笑いながらハンドルを切り多摩川の土手伝いに入って行きました。

私は草が生い茂る場所に車を停車すると、「ビンビンになっちゃったから」と彼女のブラウスのボタンを外し、彼女にキスをし、手を入れて乳房を揉みました。

「あぁん、あん、あん」と助手席に座っている彼女は、あの狭い空間で身体を捩じらせ私はブラジャーだけを外すように要求し彼女もそれに応えました。

ブラウスだけになったバストは、乳首が薄っすらと透けて、乳首がビンビンに大きくなって立っている状態も分かってしまう程でした。

私はブラウスの布越しに乳首と乳房を優しく強く撫で回してきます。

彼女は「あぁん、あん、あん、シェフのエッチ・・・」と言いながらも私の掌の摩擦の微妙な感じと、手の動きに素直に彼女も感じているようでした。

「あっ、はぁんっ、あぁんっ、あぁんっ、あん、あん」 私は手を休めないまま、布の上から乳首を唇で捕まえたのです。

チロチロチロチロ・・・私の舌や唇や歯が、彼女の乳首を捉えて離しません。

ブラウスの乳首の部分だけが唾液で透け透けになってしまっていました。

(つづく)

いつもご協力ありがとうございます





PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。