FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

元住吉 16-3話 先輩夫妻の旅行に付き合って

暫くすると、奥さんはムクッと起き上がってトイレに行きました。

私も奥さんに付いていってトイレに入り、先に出てトイレの前で奥さんを待って奥さんが出てきた所で、奥さんの腕を引いて男子トイレの個室に連れ込んだのです。

奥さんの興奮は覚めてなくて、個室に入った途端に慌てて私のスラックスを下ろしてトランクスを脱がし、膝ま付いてフェラをし出したのです。

既に先輩の奥さんではなく、セックス狂いになった女、いやただの雌でした。

私は奥さんのスカートを捲り上げて、パンティを足首まで下ろして便座に手を置かしてそのまま暴れん棒を膣に突っ込んで立ちバックで腰を振りました。

奥さんは異常なシチュエーションでのセックスに興奮しながら半分パニックになっている耳元に「変態人妻だよね」という私の言葉に更に倒錯した興奮を感じたのか奥さんは「イキそう、イッちゃう、イッちゃう、イクイクイクイク、イクゥゥゥ・・・」とアクメに達し、脚をブルブルと震わせました。

私も先ほど生で射精したのでその後も中出しをさせてもらいました。

膣から流れ出す精液をトイレットぺーパ-で拭き取って上げてから旦那の寝ている部屋へ帰らせました。

激しいセックスをして二人共に強烈な性的刺激を感じた為か、グッタリしていつの間にか眠ってしまいました。

その後、島に着くアナウンスで目を覚ましました。

私は先輩が起きて奥さんと話しているのをニコニコしながら聞いていて、バレないようにこっそりと時々奥さんの尻を撫でていました。

その後、先輩がトイレに行った時に奥さんが「お尻を触られている時にさっきの事を思い出してアソコが痺れて疼いたわよ」と。

暫くして島に着き船から下りる為に立ち上がるとトイレで拭き取ったはずの膣内の精液が奥さんの脚を伝って垂れてきたそうで焦ったと後で聞かされました。

島内を観光し先輩は後輩の結婚式に出席している間に、私と奥さんは待っていたホテルの一室でまたセックスをしていました。

先ほど中出しした事への謝罪を言うと、奥さんは前にも中出しをしてもらったけど子供は出来なかったからまたと言ったのです。

それは長年、先輩と子作りに励んだけど、出来なかったので、先輩の代わりに先輩と同じ血液型の私の精液が欲しかったと言うのです。

私はその時に「先輩と私では顔が違うのでマズイんじゃないの?」と言うと、奥さんは「女の子だったら主人より美人になるし、男の子だったら私に似るから大丈夫」と言ったのです。

この言葉と同様の言葉を何処かで聞いた事があり、女性は怖いと思いました。

いずれにしても生まれたら大事に育ててくれる事を約束しました。

これ以上無理と言うほどセックスをして終わると二次会まで行ったと言う後輩の結婚式を終えて帰ってきました。

明くる朝はまたフェリーに乗って帰路に着きました。

帰りのフェリーの中では疲れ過ぎて私と奥さんは悪戯する元気は無く、ずっと爆睡していました。

後になって、先輩から子供を授かったと喜びの報告を受けました。

私は「男の子ですか?女の子ですか?」と訊くと、先輩は「男の子だよ」と、嬉しそうに言ったのでホッとしました。

その後は退社したので、奥さんとも会っていません。

その頃、師匠から次のヘルプ先を命令されていて、澄枝には内緒で店に退職届を出していて、既に1ヵ月後に退社が決まっていました。

澄枝の両親に会った際も、強圧的な口調でしたし、澄枝の姉夫婦と煩わしい関係になるのは御免でしたので、澄枝とはこのまま自然消滅をさせるようにしたのです。

退社日近辺の職場の休み時間に澄枝との同棲していたアパ-トに荷物を取りに行き、蒲田のアパ-トに運び入れ、退社した日からは澄枝との同棲したアパ-トには一切帰らず、蒲田のアパ-トの電話も番号を変えた事で澄枝との関係も自然消滅になりました。

(END)

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

PageTop

元住吉 16-2話 先輩夫妻の旅行に付き合って

毛布は肌蹴け突き出した奥さん尻に私が自分の毛布を掛けて周囲の視線を遮りつつ、剥き出しのペニスを奥さんの尻に押し付けて悪戯していました。

奥さんも熟睡しているとは言え、自身の旦那の横で私のモノを握っている手に私の手が添えられ、上下に刺激するように促しました。

奥さんの手は私の時々ヒクヒク動く大きなペニスに添えたままで暫く離す事も出来ないでいたのです。

その後は毛布の中で今度は私の手で奥さんの尻を触りはじめ・・・、スカートをたくし上げ、スカートの上から押し当てていた私のペニスを今度は下着の上から尻に押し付けたのです。

私はペニスを握って下着から出ている尻の肌や太腿の内側などをペニスの先端で撫でるようにしはじめ・・・暫くは奥さんの柔らかい肌の感触を楽しんだ後、ペニスの先端を下着の上から奥さんの中心にあてがって刺激し出しました。

奥さんの身体は、直接的な性器への刺激が始まる厭らしい事を旦那の横でされているという自覚とともに、経験した事の無いシチュエーションの中で激しい性的な刺激に一瞬に興奮が上り詰めていったようでした。

目の前には旦那も居て、他のお客様も寝ている中で奥さんのアソコを経験がないほどに濡らし、硬いペニスで下着の上から刺激しながら送り込まれる快感に奥さん自から私が動きやすい様に腰を反らせて尻を突き出してくれたのです。

奥さんのアソコにペニスの先っぽをあてがって刺激していました。

私は、奥さんが尻を突き出したのに合わせて下着の上から太腿と間に硬い暴れん棒をあてがって腰を使い始めました。

私の厭らしい腰の使い方で、下着の上からアソコに私のペニスの先がめり込んできます。

奥さんは小声で「下着の上から犯されてるみたい」と私に言い、異常な興奮を感じながら、「ダメッ、イッちゃう、ックぅぅぅううう・・・!」と昇り詰めてしまったのです。

他のお客さんなどに、どうにか気付かれないようにしようと思っても身体にビクビクと痙攣が止まらないでいたようでした。

奥さんの耳元で私は「相変わらずスケベだね」とささやき腰をグッと持ち上げ、次の瞬間下着を下ろしました。

そして「入れるよ」と、奥さんの耳元で囁き、膣にペニスを宛がい腰を抑えてズズズッと奥に一気に入れたのです。

腰を動かしていると奥さんも段々に感じてきて、小声で「イクぅ・・・」と何度もアクメに達していました。

私も射精感が高まって奥さんの耳元で「俺もイキたい」と言うと、奥さんは小声で「中でイッて!」と言ってきたのです。

今まではコンドームをしていたのですが、この時ばかりは装着する時間も無かったので中出しで、
奥までグッと深く突き入れられながら「イクよ、あぁ、ウッゥゥゥ・・・」と小声で、精液を大量に注ぎ込んだのです。

奥さんはその場でパンティを穿いて寝た振りをしました。

恐らくパンティの中は私の精液が溢れ出ていて気持ち悪かったと思います。

(つづく)


PageTop

元住吉 16-1話 先輩夫妻の旅行に付き合って

先輩夫妻から「八丈島に旅費は持ってあげるから一緒にに行かない?」と誘われました。

私は行った事のない場所だったので二つ返事で甘えさせて頂いたのです。

後で聞くと、奥さんは先輩と二人だけで行くのが嫌だったみたいで、私に白羽の矢を立てたようでした。

前日は先輩のお宅に泊めてもらって朝一番で出掛けました。

先輩は電車の中でも一人で酒を飲んでいてフェリー乗り場に着いた時には既に出来上がっている状態でした。

相変わらずセコイ先輩は2等の乗船券で雑魚寝でした。

人1人が横になるのに丁度くらいの広さに毛布を借りてきて、広い部屋に皆が横になって寝るのです。

先輩、奥さん、そして私と言う順番で川の字で横になりました。

その順番は私があまり酒が好きでないので先輩の酒臭い寝息が嫌だったからです。

先輩が軽く鼾を搔き始めた当たりで、全員が眠りに付いたのです。

実は昨夜は前日の旅の気持ちが盛り上がって寝不足だったからです。

ただ私は直ぐには眠れなく、奥さんも寝息を立てた時を見計らって奥さんの尻に威きり立ったペニスを沿わして上下に擦ったのです。

その時の奥さんは膝丈より少し短めのスカートを穿いていたのです。

奥さんも熟睡していたのではなかったみたいで、私からの攻撃を待っていたかのようでした。

奥さんは本の小さな声で「オチ〇チンが?」と、言い、私が押し付けている大きくなったモノの

感触を楽しんでいるかのようでした。

奥さんは毛布の中から後ろにした手を伸ばして、サワサワと指先で触り、その後思い切り握ってくれたのです。

奥さんは尻を突き出すようにした体勢で私のスペースへはみ出してくれていたので、やりやすかったのです。

(つづく)




PageTop

元住吉 15-4話 先輩の奥さんにせがまれて

段々にペニスのストロークを大きくしていくと、奥さんの右手の動きも早くなっていき、「イッちゃいそう・・」と。

私「イキなさい!」と言うと、

奥さん「イク、イク、イックーーーー!」と脚をピンと伸ばしてアクメに達しました。

私は奥さんを休ませずに四つん這いにさせてバックからペニスを宛がって腰をガンガン振っていると、奥さんは「もっと奥、奥を、お願い、貫いて・・・!!!」と言って腰を自身でも打ち付けてきました。

私もガンガンと打ち付けていると奥さん「奥に当たって気持ちイイのよ・・・、ああああ・・・、いいいい・・・、イッちゃう・・・」

私「イキなさい!」

奥さん「イッちゃう、イッちゃう、イク、イク、イクーーーー!」と脚を伸ばしてアクメに達し、尻をビクンビクンと跳ね上げていました。

私もイキたくなったので、寝バックの体勢で腰をバンバン突き上げていると、また奥さんが「ダメ、ダメ、当たるのよ、イキそう・・・」と。

私「一緒にイキましょう!」と言って更に腰を振っていると、

奥さん「ダメ、ダメ、ダメ、死んじゃう、死んじゃう、イックーーーー!」と切ない声を上げ、アクメに達しました。

私も「奥さん、俺も、イキそう、イク、イク、あぁ、イクーーーー!」と悲痛な声で叫び最後の一滴を尻の穴をキューッと締めて発射しました。

奥さんの身体から下りて仰向けに寝ると奥さんは私のコンドームを取って口を縛って、ティッシュに包み枕元に置いてお掃除フェラをしてくれ、濡れタオルを持ってきてペニスを綺麗に拭いてくれて私の横で添い寝しました。

奥さん「気持ち良かった、ありがとう」

私「俺も気持ち良かったし、何度もイッてくれてありがとう」と言うと、

奥さん「また抱いて下さる?」

私「うん、感度の良い奥さんだからいつでも抱いてあげるよ」と。

奥さんは「嬉しい!」と言って私に抱き付いてきました。

私「ところで先輩は気付いてないの?」

奥さん「気付く訳ないわよ、だって最初に依田さんに抱かれた日から一回もしてないもの」

私「そうなんだ、本当にセックスレスなんだね」

奥さん「だからお店に催促の電話をしてごめんなさい」

私「今度はダメだからね」

奥さん「わかったわ、二度としないから」

私「そうしてくれると助かるよ」と言って着替え出し、お茶をご馳走になって帰宅しました。

(つづく)

PageTop

元住吉 15-3話 先輩の奥さんにせがまれて

まだまだ焦らしますよ、舌を尖らせて膣の中に出し入れしました。

奥さんは半狂乱になって「あぁん、ああああ、イイ・・・」と呻いています。

肉ひだを上下に舌を這わせると、奥さんは私の頭を手で押さえて自身で腰を動かしてクリに口が行くように動かすのですが、中々上手くいかないのです。

奥さん「んもぅ・・・」と悔しがっています。

私は鼻先でクリ周辺を触るのですが、クリの先端には一切触れません。

この焦らしが良いのです。

クリ周辺を舌で円を描くように舐め回していると奥さんの声が一段と高くなっていき、「ああああ・・・・、いいいい・・・・、そこよ、その上よ・・・」と必死で伝えます。

その後は舌先でクリの先端をツンツンと刺激をすると、奥さんは「ダメぇ、そこよ・・・、イカせて・・・、イキたいの・・・、イキたい、イキたいの!お願い・・・だから・・・、もっと・・・」と、もう半狂乱です。

その手には乗らずにクリへの刺激はこの辺にして、膣の中に中指を入れて少し曲げて、腹側のGスポットを指の腹で引っ掻くように刺激していると、奥さんは「あっふ~ん」と甘い声を出して呻きました。

指の出し入れを素早くしていると奥さんは「ダメ、ダメ、ダメ」と言った後に身体を硬直させると私の掌に生温かい液体をピューッと出しました。

私は一旦指を抜いて枕元のティッシュを数枚とって拭いてその後、奥さんの膣周りの濡れた部分を舐めて乾かしました。

奥さんは「えっ!舐めてくれるの?」と驚いていたのですが、私は「当たり前でしょ」と言うと本当に驚いた顔で私を見詰め「ありがとう」と言いました。

そろそろイカしてあげないとと思って、クリに舌を這わせて、クリを唇で優しく挟んで皮を引ん剥いて舌先で触るか触らないかでチロチロと舐めるのです。

これを5分ほど続けていると奥さんは「あん、あん、あん」と何度も繰り返して呻き、身体を硬直させ始めます。

いよいよアクメ到来です。

舌を少し強めに押しながら舐め円を描くようにしていると「依田さん、イッちゃいそう」と叫んだので、

私はただ頭を振ると、

奥さん「イッちゃう、イッちゃう、イク、イク、イックーーーー!」と身体をガクンガクンと硬直させてアクメに達しました。

私は奥さんの上に乗って奥さんにキスをしながら首の後ろに手を回して抱き締めると奥さんも私の背中に手を回して抱き締めてきました。

奥さんは「お願い、依田さんので貫いて」と懇願してきたので、私は奥さんの脚をM字に開かせて亀頭部分だけど入れて出し入れした後に、奥さんの右手をクリの上に、左手を乳房の上に置いて「自分で」と言ってからゆっくりと円を描くように腰を回しました。

奥さん「いいいい・・・、凄い・・・、キツキツなのが分かるの・・・」と言って歓喜の声を上げながら膣をキュッ、キュッと締め付けています。

これが気持ちイイのです。

(つづく)

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。