FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

23話  「淑子の失踪」

3日間の有給を取った淑子の休み明けに崇から電話で、「遅刻などした事のない店長(淑子)が出勤していないのですが」と。

私は不吉な予感がして淑子の住まいのアパートに行くと、部屋には鍵が掛かっていたので、大家さんに淑子の会社の者だと伝え淑子の事を尋ねると、2日前にアパートを解約して山形の実家に帰ったと言われたのです。

不覚にも山形の実家の住所や電話番号は聞いてなかったので探しようがありませんでした。

仲良くしていた妻の弘子に訊いても、実家の住所や電話番号は訊いてなかったと言うのです。

急遽、妻に淑子の代わりをしてもらうよう頼み倅を義父母に預けて2店舗目に行ってもらいました。

その日の夜に自宅に帰ると疲れ切った妻が倅を抱いていました。

義父母は実家に帰ったそうです。

こういう時こそ助けてくれれば良いのになとも思ったのですが、最初から非協力的な義父母なので、期待する方が間違っています。

私は妻に明日も倅を義父母に預けて2店舗目の応援に入ってくれるように頼みました。

妻は二つ返事で了解してくれたのですが、「淑子さんの事は私もおおいに期待して大事にしていたんだけど残念だわ」と。

私「本当に良くやってくれたからね」と。

妻「私が貴方の面倒を見て上げられなかった時に淑子さんは貴方の面倒を見てくれていたんだもの、感謝しているのよ」

私はギクッとして「それは、どういう意味?」

妻「女の勘だから、気にしないでね、間違っているかもしれないけど、私はお父さんやお母さんが貴方にキツク当たって居る時にも貴方を一人虐めを見ているだけで助けて上げられなかったから、淑子さんに貴方を託していたの、その時はズルイ女だと思っていたのよ、でも私は養女だから、あの場面でもお父さんやお母さんに逆らう事が出来なかったの、結婚前に貴方のアパートに転がり込んだ事だけが唯一の親への反抗だったのかもしれないわね」

私「うん、お前の立場は分かっていたから仕方ないとは思っていたけど、一人虐めされるのは、切なかったし、辛かったけどね、でもお義父さんやお義母さんたちが生きている限り、私への罵倒は続くだろうからね」

妻「これからはなるべく貴方を一番に考えるから、他の女性のところには行かないでね」

私「・・・・・うん・・・・・」と返事をしたものの、約束はできないと思っていました。

まだまだ義父母は健在ですし、逃げ場が無ければ私自身の精神がおかしくなりますから、弱い人間なんです、私は。

(END)

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

PageTop

21-7話 淑子との性活

淑子は柔らかくなってきた暴れん棒を吸い込むように口の中全体で包み込み、そして例の舌の動きが敏感な部分を的確に捉え、カチカチになったのを確認して「もう一回、して!」と、そう言うと私の腰に跨り、暴れん棒の先を蜜口にあてがうと腰を沈めました。

そして、私の肩に手を置いて腰を前後に揺すり始め、またイク少し手前まで来ていた淑子は「あん、あん、あん」と甲高い呻き声を連発させて私も淑子の動きに合わせて腰を突き上げていました。

それから私は身体を起こして淑子を抱き起こすと、淑子は私にしがみ付き、私は片方の乳首を口に含み、もう一方の乳房を揉みしだきました。

「和夫さん、凄い、奥に、当たるの、強く、当たってるの、気持ちイイ~ッ、の~~!」

やがて淑子が「イッ、イッ、イックゥゥゥ~ッッ!!」と大声で叫んで身体をのけぞらせました。

この声は隣の部屋の住人に聞こえてるなと思いました。

「和夫さんもイッて!」

私は淑子の体をベッドに横たえ淑子の蜜壺はもうドロドロの状態でした。

私はひたすら腰を振り、淑子がまた「あはっ、あはっ」と呻き出した頃にようやくこの日の2回目の射精が近づいてきました。

スキンをしていないのでタイミングを計っていると淑子は「ダメ、ダメ、またイッちゃう、イッちゃうから~」と言いながら両脚で私の腰を挟み込むようにし、両腕でギュッと抱きついてきたのです。

ドビュッ、ドビュッと淑子の膣内が私の精液で満たされていき、全部出し終わってから「さっきもだけど、ごめん、中で出しちゃった」

「きっと大丈夫だと思うの、でも大丈夫じゃなかったらどうしてくれるの?」

「・・・・・・」

「うそ、嘘です、和夫さんに迷惑かけないから、最初に好きになったのも私だし、最初に誘ったのも私だから。」

淑子は目に涙を浮かべそう言うと私に抱き付いてきました。

(END)

PageTop

21-6話 淑子との性活

淑子は私が射精感が高まっているのを知ってか知らないのかは分かりませんが「和夫さんっ、もっと、もっとよ、もっと、奥に・・・」と叫んでいます。

私が腰を打ち付ける度に淑子は、自身のクリを私の暴れん棒に擦り付けるかのように腰を浮かせてしがみ付いてきていました。

淑子はクリが一番の急所で、だから私は意識してその角度を保って腰を前後させていたのです。

その間も両手で淑子の乳房を揉みしだき、舌先で乳首を転がしていました。

「あはっ、あはっ、イイ、イイ、もっと、もっと~~~!」

5分ほど腰を打ち付けていました。

淑子はそろそろ絶頂に近づいてきた頃、膣の感じに変化が出てきました。

それまで掴んでは放すような感じを繰り返していたのが、グニュグニュと揉み解すような動きに変わってきたのです。

これは初めての感触で、淑子の膣の壁が生き物のように私の暴れん棒を包み込んで愛撫してくれている感じでした。

この快感にもう射精感が高まって限界近くまでなってきました。

淑子も「イキそう、もっと早くして・・・」と言った後に「イックゥゥゥーーー!」とアクメに達しました。

「淑子、オレもダメッ、もう出そう!」と私も叫び、ドビュッ、ドビュッ、ドビュッ、ドビュッ、と中出し射精をしました。

少しの間、そのままの状態でいましたが、その後淑子は上半身だけ起こしてお掃除フェラをし、その後淑子は風呂に行ってシャワーで自身の蜜壺を洗い流しタオルで拭いてベッドに入ってきました。

私はそのまま体を下にずらしてクンニを始めました。

淑子は体の向きを変えると二人は横向きの69の体勢になったのです。

部屋中に「クチュ、クチュ」という厭らしい音が響き渡っていました。

(つづく)


PageTop

21-5話 淑子との性活

淑子はは両手で私のトランクスに手を掛けると膝まで下ろし、暴れん棒をしごき始めました。

慣れてきたのか力の入れ方とか、亀頭の摩り方とかが上手になってきました。

私も負けずに淑子のパンストのウエストゴムに手を掛けるとパンティごと膝まで下ろし、全裸になった淑子は段々と肉付きが良くなってきてはいたのですが、ウエストのくびれはそれなりにあって、肌もスベスベとしてて美しかったです。

茂みの部分は少し濃い目でその茂みの下にあの部分がトロトロと光っていました。

指をソッと入れてみるとヌルヌルしていて時々キュッと掴むような感触がありました。

入り口のクリに触れると膝をよじって「そ、そこはダメですぅ」と可愛い声を上げ、言葉とは裏腹に自分から押し付けてくるような動きをしていました。

その間も淑子が扱き続けた私の暴れん棒はそろそろ我慢ができなくなってきました。

何故なら連日のハードな仕事の所為で、射精感が早く高まったのです。

「淑子、入れてもいい?」

「はい、入れて下さい」

淑子の膝をM字に開いて膝を立てて左右に開くと、丸見えになったあの蜜壺に亀頭を宛がってゆっくり挿入すると、淑子は両腕で私を抱きしめてきました。

ぐっと腰を突き出すと、ズズズッという感じで淑子の中に入っていきました。

スキンを付けてないので中出しはできないのですが、淑子の中は締りがあって物凄く気持ちがいいのです。

子どもを産んだ事のない膣は生温かくて締まっているようで、何か奥の方に吸い込まれていくような感じさえしました。

私は夢中になって腰を振り、その度に淑子は「あはん、あは、あはっ」と善がり声を出していました。

(つづく)



PageTop

21-4話 淑子との性活

玄関に入ると淑子のアパートの部屋は何か良い匂いがしていました。

玄関からまっすぐ行くと茶の間で、右手のドアを開けるとベッドルームだった。

いつも綺麗に片付いていて、同じように仕事をしているので、いつ掃除しているんだろうと思っていました。

こういう働く女性は掃除がおろそかになるものなのですが、淑子はきちんと掃除も整理整頓もできる女性でした。

最近の淑子は新人担当のマネージャーなのでスーツ姿だった。

部屋に帰ると淑子はすぐにスーツを脱ぎ始め、スーツの上下を脱いだ姿、つまり上はブラウス、下はパンティーストッキングという何とも厭らしさを感じる格好でベッドに座るのです。

「和夫さんも服脱いで」

「そうだね」

私はさっさと服を脱いでトランクス一枚になり、淑子の肩を抱き、ベッドに押し倒しました。

淑子は私の胸に顔を埋めるように抱き付いてきました。

私の乳首のあたりに舌を這わせながら右手はパンティの中へ。

一度出してから1時間くらい経っていたので、もうビンビンになっていました。

淑子の豊かな胸が私の太股の辺りに当たっていました。

さっきはブラウスとブラジャーが遮っていたのですが、今度は直に触りたくなっていました。

身体を起こすようにして淑子を仰向けにすると、私はブラウスのボタンを素早く外し、薄い水色のブラのホックを外しました。

零れるように現れた二つの大きな乳房は大きいけどだらしなく垂れるのではなく、乳首がツンと上を向いてて、仰向けになっても形を崩さずにいました。

淑子は自分からブラウスを脱いでブラを外したので、下は茶色のパンストだけになりました。

私は両手で乳房を揉み始め、淑子はまた私の痛いほど堅くなった暴れん棒を握り、片方の乳首を口に含むと「アンッ」と声を出しました。

舌先で転がすようにすると「ハアッ、ハアッ」と息が荒くなるのです。

相当、感じているのでしょう、そう思った私は空いた手を下ろしていき、パンストのあの部分に指を2本差し込むようにして、下から上へ、上から下へと何度も往復させると淑子は身体をくねらせて「あっ、あっ、あん」と声を上げ喘ぎました。

(つづく)



PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。