FC2ブログ
 

官能私小説ノート

華道教室の母娘と親子丼 39話 マンネリ解消

ベッドに寝かせ荒々しくキスをしました。

先生も息を上げて応えてくれています。

首筋を吸ったり噛もうとしましたが目立ってしまったらまずいので肩を強めに噛みました。

「あぁ・・・・、感じるぅ・・・・、もっと強く噛んで・・・・」

乳房を両手で乱暴に強く揉みました。

「あぁ・・・・、あん、もっと乱暴にしてぇ・・・・」

乳首を指で摘んで引っ張ったり、歯で強めに噛んだりしました。

「あん、もっとイタブッテ・・・・」

でもどのくらい強くしたら良いのか分からなくて躊躇していたら先生は自分の乳房を荒々しく揉んでいました。

その姿が淫乱熟女の姿そのものだったので私を更に興奮させました。

愛撫しても意味がないと思ったので下に行ってクリを舐めて歯を立てて軽く噛んでみました。

「あ・・・・おかしくなりそう、感じるぅ、もっと強く噛んで・・・・」

私は半信半疑でもう少しだけ強く噛んでみました。

「あぁ・・・・、あん、あん」と言いながら悶えています。

先生にはこんな性癖があったとは正直驚いていました。

尻の周りは先ほどのビンタで桃色に手の痕が染まっていたのでこれ以上は叩けないと思っていました。

次回までに縄の縛り方を勉強しようと思った程です。

これ以上S的な技術は持ち合わせてないので取り合えず肉棒を膣に突っ込み腰を振りました。

ペニスの角度を変えたり円を描いたりしました。

先生は今まで見た事のないような半狂乱の悶え方をして感じているようでした。

自分でクリを弄りながら乳房を揉んで悶えていました。

私の腰の突き上げに合わせて「あぁ・・、あ、あ、あぁ・・、あ、あ、あぁ・・、気持ちイイ・・」と声を出して悶え腰を上下に振っていました。

私は更に腰の動きを早めると「あん、あん、あん、あぁ・・、感じるぅ・・・、イッちゃいそう・・・」と言いながら私の腰に白くて長い太目の脚を絡めてきました。

先生は「イッちゃう、イッちゃう、ぅんグぅぁぁぁ、イグぅ・・・・・」と叫んで白目をむいて口は半開きになり涎を垂らしてアクメに達して果てたのです。

私は構わず腰を振ると「ダメッ、お願い、止めて、おかしくなりそう」と逃げようとしたのですがSの精神を貫いて先生の腰を抑えて逃がさないようにして更に腰を振ったのです。

「ダメッ、本当にダメなんだから、ダメだってば・・・」と悲痛な声を上げ逃げようとしました。

私はそれでも構わず腰を振り続けました。

「出ちゃう、出ちゃう、出る・・・・」と言って少量の潮を噴きました。

私はそれでも構わず腰を振ると「ダメッ、本当にダメッ、あぁ・・・・、本当にダメぇ・・・・」と言って身体をビクンビクンと震わせた後に脚をピンと伸ばして一時気絶してしまいました。

少しの間、そのままにしていたら先生は我に返って「こんなに感じたの初めて」と言って私の背中に腕を回して白く長く太目の脚を腰に絡めて抱き付いてきました。

先生の胸と腹の肉が弾力があって気持ち良かったです。

先生は自分ばかりイッてしまっている事に気が付いて「貴方はいかないの?」と尋ねました。

私は意地悪く「俺もイッて良いんですか?」と尋ねました。

先生は「ゴメンなさい、私ばっかりイッて」

私は「じゃぁ、イッてもイイですか?」

先生「イッてぇ!お願いだから中で沢山出してぇ!」

つづく

いつもご協力ありがとうございます







にほんブログ村 大人の生活ブログへ




にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ

スポンサーサイト
[PR]

PageTop

華道教室の母娘と親子丼 38話 強姦の真似事

先生を脱衣場まで抱っこして行き、それぞれで着ている物を脱ぎました。

私の元気なペ〇スを見た先生は「若いって良いわよね、まだ上を向いてるんだから」と言ってフ〇ラをしてくれました。

その後、先生は先に入っていてと言って洗面所で化粧を落としていました。

私は先に入って身体を洗って湯船に入り、先生も後から入ってきて身体を洗って湯船に入りました。

先生の乳房を後ろから両手で揉むと「あぁ、あん」と声を漏らし「もっと強く、乱暴に・・・」と言ったので私はグリグリ強く揉むと「あぁ・・・、犯されているみたいで感じるぅ・・・」と、更に続けて「実は貴方が最初に華道教室に来たその夜に貴方に犯されているのを想像してオナニーしていたの」

私「言ってくれればいつでも襲ったのに」

先生「そんな事、初対面で言える訳ないでしょ」

私「じゃぁ、今日はママを私が襲うというシチュエーションで行きますか?」

先生「そうして」

ここまで関係が続いてくるとセックスがいつも同じパターンでマンネリになってきていたのかもしれないと思ったのです。

私の性格がSとは薄々気付いていましたが、先生は完全なMだったとは嬉しい限りでした。

でもSMの経験はなかったのでどうやったら良いのか分からなかったので適当に乱暴にすれば良いのかと思ってやっていました。

浴槽の中で縁に手を付かせてバックの体勢で先生の白くて大きな尻を平手で叩きました。

「あぁ・・・・、そんな強く叩くのは止めて・・・・」と口では言いつつも腰を振って悶えていました。 

尻には赤い引っぱたいた痕が無数に付きました。

前を向かせてフ〇ラをさせて髪の毛を乱暴に掴んでイラ○チオをしました。

ペ〇スを喉の奥に突っ込むと先生は「オエッ!オエッ!」と吐き気をもよおしていたが構わず何度もやりました。

つづく

いつもご協力ありがとうございます







にほんブログ村 大人の生活ブログへ




にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ

PageTop

華道教室の母娘と親子丼 37話 ホテルの部屋

久しぶりに大好きな先生との水入らずでした。

先ほどは定食屋のオバサンと一回戦交えてきたので持続力は半端じゃないです。

まずは先生をベッドに寝かせてキスを、綺麗に並んだ白い歯の間に舌を入れて歯の裏側を舌で舐めまわします。

その後、舌を絡めて先生が出してきた舌を吸ってネットリと絡めました。

先生は既に興奮状態で息を荒くしていました。

一気に下に行き着物の裾を捲り上げてパンティを下ろして白く綺麗な脚をM字に開かせて直接陰部に舌全体を使ってベロンと舐めます。

「あ・・・・、汚いからお風呂入ってから・・・」

私は構わず舐め続けました。

「あ・・・・・、あん、ダメだってば・・・」

ニオイは今付き合っている女性の中では一番少なく無臭に近いです。

そしてクリや小陰唇そして膣口の柔らかさは一番かもしれません。

それだけにクリ、小陰唇、尿道口、膣口の場所がつかみ難いのが難点でした。

愛液の量は多くもなく少なくもない中間的でした。

膣の締り具合は決して良い訳ではなかったのですが悪くてスポスポではなかったです。

乳房の形や垂れ具合は一人娘を生んだとしては崩れていなかく綺麗に形を保っていました。

乳首も上とまでは言えないですが下に垂れている訳でもなかったですし大きさは定食屋のオバサンの次に大きくて弾力がありました。

取り合えず、クンニを嫌というほどしたのでそのままペニスを膣に挿し込んで突き上げました。

「あぁ・・・・・、壊れちゃう・・・・、イイ・・・・・、欲しかったの、貴方の大きなオチ○チンが」と先生は叫びながら腰を突き上げてきました。

私は先生の口に舌を入れて絡め更に強く腰を振りました。

5分ぐらい振った時に「あぁ、あ、あ、あん、あ、あ、あん、イッちゃう、イクッ、あ、あぁ、ぅんグぅ・・・・、イグぅ・・・・」と言って足をピンと伸ばしてアクメに達しました。

その後、着物を着せたままベッドに手を付かせて大きな白い尻を手で押さえてバックからペニスを挿し込んで大きく突き上げ腰を10分ほど休まず振り続けました。

「あぁ・・・、イイ・・・・、あ、あ、あん、イイ・・・・、もっと突いてぇ、もっと奥に、あぁ・・・、イッちゃう
、またイッちゃう、イクッ、イク、ぅんグぅ・・・・・、イグぅぁぁぁ・・・」と言って足を伸ばしてアクメに達しました。

先生「依田さんはイカないの?」

私「ママと会えない間、山梨でずっとオナニーしていて昨日も出したからイケないんだと思うのです」

先生「今日、帰ってくるって言っていたんだから昨日ぐらいは我慢すれば良かったのに」

私「そうでしたよね」

先生「でもお蔭で私は2回もイッちゃって」

私「まだまだイカしますから覚悟していて下さいね」と言ってベッドの下に先生を下ろし床に脚を付けてベッドに手を付かせ着物の裾を捲り上げてバックからペニスを挿し込んで突き上げ、時には腰を回して10分ほど休まずに振りました。

「あぁ・・・、強いわ、強い・・・、イイ、イッちゃう、気持ちイイ、おかしくなっちゃう、奥に、奥に当たるぅ・・・、イッ、イクッ、あぁ、イクッ、ぅんグぅぅぅ・・・、イグぅぅぅぅ・・・・・」と脚をガクガクさせて座り込もうとしたので腰を持ち上げて更に腰を振ると「ちょっと、ちょっと、お願い、壊れちゃいそうだから、動かないで」と。

私は構わず腰を振り続けました。

「あ・・・・、出ちゃう、出ちゃう」と言ったのでペニスを抜いて先生の尿道口に口を開けるとビュッと一回だけ潮を噴いて、次の瞬間「ごめんなさい」と私の目を見て謝りました。

私は「先生のだったら飲めますから、この間も飲んだじゃないですか」と。

先生「でも汚いもの」

私「丁度喉が渇いていたから美味しかったですよ」

先生「嘘!バカなんだから」と言った先生の口にキスをして舌を出すと応じてきて舌を絡めて吸ってきました。

先生も私も極限の興奮状態だったと思います。

私「ママ、お風呂に入ろう」

先生「うん、そうね、そうしましょう」

つづく


いつもご協力ありがとうございます







にほんブログ村 大人の生活ブログへ




にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ

PageTop

熟年夫婦の営み日記 45話 妻を愛おしく思う時

2014年4月21日 PM10:05開始~11:10終了

手前味噌になりますが、私の妻は性格、頭脳、顔、スタイルとどれをとっても劣る事はありません。

性格は自身の芯は強いですが他人の前では控え目で大人しく振舞っています。

でも暗いかと言えばそうではなくTPOに合わせてですがどちらかと言えば明るい性格で女性の友人が多くいる訳ではありませんが悩みなどを良く聞かせに来ていて口は堅いので信頼は厚い方だと思います。

中学、高校と運動部をやっており、私立高校から特待生としてスカウトされ通っていたそうでした。

部活も超厳しくて何度も自★を考えたほどでしたが、何とか卒業まで耐えた事により根性や我慢強さは誰にも負けない感じです。

学生時代の勉強はどうだか知りませんが、家事、会社、子供関係を全て卒なくこなし切り盛りしていた時代がありますので私は優秀だと思っていました。

顔は私自身が妻に会って一目惚れしたほどなので女優で言うと片平なぎささん、安西マリアさん、鳳蘭さん、妃殿下の雅子様に似ていると良く言われています。

スタイルは毎朝晩に欠かさずストレッチをしており、百貨店やショッピングセンターなどの買い物に行く際には必ず徒歩で行き身体は気を付けていて20歳代の頃より痩せているようでいわゆるスレンダーな体型で、髪の毛も未だ染める事無く白髪が一本もありません。

そんな訳で私はついつい無いものねだりで多少無駄に肉付きの良い女性に目が行ってしまうのです(笑)

ここ20年で病院の通院は歯科と毎年のインフルエンザの予防接種だけです。

それと反対に私はその全てが妻より劣っており、妻と離婚したら間違いなく次ぎは無いと思っていますので婚外や不倫はしますが離婚は考えた事はありません。

妻はどうでしょう?

互いに店に出ていた時が20年近くありましたが、常にお客様からの誘いがありましたし、様々な方々からプレゼントを頂いていました。

それらのお返しは私のポケットマネーからだったので「何かおかしい」といつも思っていました。

身持ちは堅いのでその誘いに乗る事はありませんでしたが、妻はモテル方だと思います。

特に下は-10歳、上は+30歳までの男性から言い寄られていました。

今でも常々妻には「私がもし先に逝くような事になったら良い人が見付かったら息子と相談してその人とまた人生をやり直せよ」と言っています。

妻もその点では私にも同様の話しをしますが。

昨夜はそんな話しをしていた事もあり、妻を愛おしくなっていました。

男という動物は他の女性に目が行くこともありますが、傍にいる妻をも愛おしくなってしまうのは何なんだろうといつも思っています。

妻に「今日もするぞ」と言うと二つ返事でOKします。

今までの妻との夫婦生活で更年期障害の時期以外でセックスに対して拒否をされた事は一度もありません。

一般的な奥さんは子供が出来て育てている時は拒否する人が多いそうですが、妻はそんな時でさえ拒否する事なく応じていました。

昨夜は先に寝室の布団の中で待っていると妻は入ってきました。

私は妻にキスをしながら耳、耳たぶ、耳の裏に舌を這わせると、

「あ・・・、ダメよ、くすぐったい・・・、あん、あん」

その後首筋に舌を這わせると、

「あん、ダメだってば・・・、くすぐったい・・・」

肩を軽く噛むと、

「あん、あぁ、うっ」と。

乳房を両掌で揉んで乳輪に舌を這わせ乳首を吸い軽く噛みました。

「あぁん、あん、あん、感じるぅ・・・」

乳房を両掌でゆっくり揉み乳輪を舌の先で舐め乳首を軽く噛みました。

「あぁ・・・、感じるぅ・・・」

腹、脇腹、茂みの際を舌で舐め回し、

「あぁ・・・、あっ」と言って体をよじります。

両内腿を交互に舌を這わせ舐め回します。

「あぁん、くすぐったい・・・」

大陰唇を下から上へと舌を這わします。

「あぁん、ダメぇ・・・」

クリに舌を這わせチロチロと舐め回します。

「あっ、あっ、あっ、あぅん」と悶えながら腰を小刻みに揺らしました。

小陰唇を開いて尿道口を舐め膣口を舐め濡れ具合を見ると大量の愛液が滴っていたので舌をベロンと愛液を全てを掬い取って舐めました。

大陰唇を下から上へと舌を這わします。

「あぁん、ダメぇ・・・」

妻は「お願い、私もしたいから上に上がってきて」と言いました。

私はクンニを止めて身体を戻すと今度は妻が布団の中に潜ってフェラをし出したのです。

亀頭を銜えて口から出し入れをしてカリ首回りに舌を這わせて裏筋を舐めその後右手で掴んで扱きながら左手で玉袋を優しく包んで揉みながら玉を口に含んで舌で優しく転がしました。

その後竿を上下にとうもろこしを食べる時のように下から上へと舐め回したのです。

私はフェラが大好きです。

フェラが嫌いな男性も多くいるそうですが、何で嫌いなのかが良く分かりません。

その後、妻に仰向けに寝るように指示して正上位にして私の肩に脚を乗せて腰を10分ほど振りました。

妻「あぁ・・・・、イイ・・・、イッちゃう、イッちゃう、イクッ、イクッ、イグぅぅぅ・・・・・・」と腰を波打たせ脚をVの字にして上にピンと伸ばしててアクメに達しました。 

暫くして妻をバックの体勢にして後ろから膣へ肉棒を突き挿し15分ほど激しく腰を振りました。

妻「もっと奥を突いて~!」と。

妻「あっ、あっ、あっ、イイ・・・」と私が腰を突き上げる度に声を上げました。

そして妻「あぁ・・・、イイ、イッちゃう、イッちゃう、イクッ、イクッ、イグぅぅぅ・・・・」と腰を突き上げてアクメに達しました。

妻が静まるのを待ってまた上向きに寝かせ右足を上に伸ばし左足は真っ直ぐに伸ばさせて松葉崩しの体勢で腰を15分ほど休まず振りました。

妻「あぁ・・・、感じるぅ・・・、奥に当たるの、イイ・・・、あぁ、イッちゃう、イッちゃう、イクイクイクイクイク、イグぅぅぅ・・・・・・・・」と背中を弓のように反らしてアクメに達しました。

妻「貴方、今日はもうダメ、これ以上されたら壊れちゃう・・・」

私「じゃぁ、止めようか?」

妻「貴方はイカなくてイイの?」

私「うん、大丈夫だよ、お前がイッてくれればそれで」

妻「ありがとう」

私は妻の膣口をティッシュで拭いてやってから自分のペニスをティッシュで拭いて下着とパジャマを着て布団に寝ました。

30分ほど熟睡したでしょうか、隣を見ると妻は居なく、トイレに行く振りをして見るとキッチンでノートPCを開けて静かにキーボードを打っていました。

恐らくメル友に書いているのだと思いましたが私はそのまま寝て明くる朝もその件には触れませんでした。

(END)

いつもご協力ありがとうございます







にほんブログ村 大人の生活ブログへ




にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ

PageTop

熟年夫婦の営み日記 44話-3 妻の隠された性への趣味趣向

2014年4月18日 PM10:15開始~11:45終了

いやはや、本当に妻は昔の妻とは180℃変わり積極的になりました。

舌を絡めながら吸い、噛んでその後は私の首にキスをしながら舌を這わせて肩を甘噛みしてその後、腕から手首まで舐めようとした体勢の時に私は妻に「折角、風呂に入ったんだからそこまでしなくて良いよ」と言ってしまったのです。

妻はちょっと機嫌を悪くしたのかもしれません。

動きが止まってしまいました。

http://sphnote.blog.fc2.com/blog-entry-222.html

以下は昨日のブログの続きです。

でも私としては折角、風呂に入って身体もスッキリしたのに手まで舐められたらベタベタになるのか嫌だったのです。

機嫌が悪くなったので逆に私が妻に覆い被さってキスをして首筋から肩に掛けてキスをしながら「愛してるよ」と言いながら乳房を両手で揉んでいると、

妻「私も愛してるわ」と。

私「いつも家族の為に家事をありがとうな」

妻「私は好きでやっているんだから」

私「でも俺はお前に何もしてやってないから」

妻「こうやっていつも抱いてくれているじゃない」

私「俺はこんな事しか出来なくてごめんな」

妻「抱いてくれるだけで私は幸せなのよ」

私は心の中で「オイ、その気持ちは本当なのか?」と訊きたい気持ちは山々だけど飲み込んで、「そう思ってくれているんだ、ありがとうな」と言いながら機嫌が直ったようで安心しました。

更に乳房を揉みながら両手の指の間で乳首を挟んで揉みながらその後は乳輪に沿って舐め乳首をチロチロすると、

妻「あは~ん、あん、あん」と悶えます。

そして腹から茂みの丘に舌を這わせそのまま太腿の内側と表側に楕円を描くように舌を這わせて花園に舌を向けました。

膣口に溜まっていた愛液を舐めてクリに舌を這わせ妻が一番感じる先端から少し下をチロチロと舐め続けると私の頭を押さえ付けて妻は「イ・キ・ソ・ウ・・・・、イクイクイクイクイク、イグぅぅぅ・・・・・」とアクメに達し「貴方、入れてぇ!」と叫びました。

妻が静まるのを待ってから正上位で妻の腰部に厚手のバスタオルを敷いて薄い枕を置いて脚を腕で抑えてペニスを膣に入れて低い体勢で出し入れし出し15分ほどすると、

妻「ダメ、ダメ、あ、漏れそう、ダメだってば、漏れちゃう、漏れちゃうってば・・・・」と言ったと同時に潮を吹いたのでした。

暫くしてから妻「だから言ったじゃない!」とちょっと怒った感じで「お漏らししちゃうって」と続けて、

私「でも気持ち良かっただろ?」と言うと妻は「うん」と答えました。

そして私は妻の腰の下に置いた枕を取って同じく腰の下に敷いたバスタオルを取って丸めて足元に投げ妻をうつ伏せにして寝バックの体勢でペニスを差し込んで腰を10分ほど振ると、

妻「あ・・・、感じるぅ・・・、イッちゃう、イッちゃう、あぁ、イクイクイクイクイク、イグぅぅぅ・・・・・・」と言ってアクメに達したと同時に私も優子の膣の中で果てるのを想像しながら妻の膣の中でドクッ、ドクッ、ドクッ、ドクッ、ドクッと射精しました。

推測ですが妻もメル友の男性たちの誰かを想像してアクメに達していたのでは?と思っていました。

もしそうだとしたらお互いにそれの方が燃えますから良しとします。

私はティッシュを数枚取って妻の膣に蓋をしてペニスを抜いて仰向けに寝ると妻はそのティッシュで蓋にして私のペニスを舐めて掃除してくれました。

その後、妻はトイレに駆け込み処理してきて私の布団に入ってきて「今日も多かったわよ」と。

私「最近の俺、どうしたんだろう?まだ、子供を作りたいのかなぁ?」

妻「もしかして可愛い若い子でも見付かったんじゃないの?」

私「あのさ~、お前も知っているだろう?俺は熟女好みなんだから若い子はダメなんだよ」

妻「熟女じゃ子供作れないでしょ?」

私「お前が最近、積極的でスケベだから興奮しちゃうんじゃないのかなぁ?」

妻「だったら嬉しいけど」

私「お前こそ若いツバメでも出来たんじゃないの?」

妻「そんな事ある訳ないじゃない」

私「そうだよな、お前がそんな事する訳ないものな」と。

妻は疲れたのかそのまま寝入ってしまいました。

私は妻を起こさないようにしてそろ~っと起きて先ほど丸めて足元に投げたバスタオルを洗濯機に中に入れに行きがてら下着とパジャマを着てガウンを羽織、書斎に行き、妻の受信トレイを開くと直メのメル友さん全員からお休みメールが届いていました。

妻の明日は忙しいだろうな~?(笑)と思いながら私も寝室に戻って眠りに着きました。

(END)

いつもご協力ありがとうございます







にほんブログ村 大人の生活ブログへ




にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ 

PageTop