FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

横浜 オーナーの娘 30話 ホテルから空港そして自宅

ホテルに着くと荷物をヨンファの車から降ろして荷物をカジノの小部屋で預かってもらってヨンファをフロントに残して奥様たちの部屋に迎えに行きました。

奥様たちを連れてフロントのヨンファと一緒に日本料理店に入って朝食を頂いたのです。

奥様たちは今回の旅行がヨンファのお蔭で楽しかったと言って下さり、ヨンファも嬉しそうでした。

奥様たちがヨンファに「これ、受け取って」と言って何やらホテルの売店で買った物をプレゼントしていました。

ヨンファが頂くのを躊躇したので私が「奥様たちのお気持ちだから有り難く頂いときな」と言ったら

ヨンファは「ありがとうございます」と言って奥様方に頭を下げて受け取りました。

和やかな雰囲気で朝食を終え、ヨンファに別れを告げ帰しました。

飛行機までには時間があったので奥様たちとお茶飲みをしました。

私たちが座っていた場所から程遠い場所にまた社長が彼女を連れて現れたのです。

またまた社長の奥様の顔が歪んだのを見逃しませんでした。

社長は奥様がいる事を当然知る由もなく、彼女と「お前は中学生か」と思えるような態度でイチャイチャしていました。

社長の着ている服が帰る時の正装ではなかったので午後の便で帰るのかと思った。

後で担当者に聞いてみると午後の便だと言ったのです。

私たちは空港に行くためリムジンに乗り込みました。

空港に着いて開業医の奥様がトイレに行った時に社長の奥様が「彼女を帰したらどこかのホテルに行って抱かれたい」と言われました。

私は「今日は疲れているのでまた違う日にしましょう」と言うと

奥様「やっぱり」と言いました。

私「何がやっぱりなんですか?」と訊くと

奥様「どうもおかしいと思っていたのよ、ヨンファさん」と。

私「そういう勘繰りは止めてください」と。

奥様「勘繰られるのが嫌だったら行って私を抱いて」と。

私「分かりました、行きましょう」更に続けて「電車に乗って京浜東北線で私は蒲田、開業医の奥様は川崎、社長の奥様は横浜なんですけど、開業医の奥様には何て言えば良いんですか?」

奥様「もう分かったわよ、次回にしましょう」とぶっきら棒に怒ってしまいました。

旦那(社長)の不倫現場を目にしちゃったらそりゃぁ、疼くわなぁと思ったのです。

私はヨンファと濃厚なセックス三昧だったので、これで奥様とやったら死んじゃうと思ったので助かりました。

つづく

いつもご協力ありがとうございます







にほんブログ村 大人の生活ブログへ




にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ

PageTop

横浜 オーナーの娘 29話 ヨンファの部屋

部屋に戻るとヨンファは抱き付いて「明日帰っちゃうのよね」と寂しそうに言った。
私「また、近い内に来るから」
ヨンファ「約束よ」
私「うん、それよりシャワー浴びさせて」
ヨンファ「じゃぁ、一緒に」
バスルームに行き脱衣場で服を脱いだ。
ヨンファは「私が洗ってあげる」と言って私の体を洗い出しました。
私もヨンファの体を洗ってあげました。
一緒にシャワーを浴びて体を拭いて全裸でベッドに寝ました。
ヨンファは「抱いて」と言ってキスをしてきました。
私は疲れていたので「今日は止めよう」と言うと、「ダメッ、明日帰っちゃうんだから」と。
仕方ないので大きな乳房を揉み乳首を舐め吸っただけで彼女の膣の濡れ具合を確認してペニスを挿し込んだのです。
「あぁ・・・・、気持ちイイ、あぁ・・・・、あん」
思いっ切り腰を振ったら途中彼女は私の上に跨ってペニスを自分の中に導いて腰を前後に振り出しました。
「私の中でイッてぇ!」と言われたが眠くてイケル自信がなかったのです。
「イッてくれなくちゃ眠らせない」と言ったので、
また正上位に戻して激しく腰を10分ほど振りました。
彼女は「気持ちイイ、あぁ、イイ・・・」と言っていたが私の方が先にイキそうになって「ヨンファ、イク、イク、イクよ、あぁ、イクぅ・・・・」と言ってヨンファの腹の上に射精してヨンファの横に仰向けになって寝転んだのです。
ヨンファは「仕方ないわね」と言いながら私のペニスを舌で掃除して掛け布団を掛けてくれて寝ました。
朝になり「貴方、もう時間だから起きて」と言って私を起こしました。
起きたら既にヨンファは化粧して洋服に着替えていました。
洗顔して歯を磨いて着替えてヨンファの運転でホテルに向かいました。
つづく

いつもご協力ありがとうございます







にほんブログ村 大人の生活ブログへ




にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ

PageTop

横浜 オーナーの娘 28話 夕食 蟹料理専門店

夕食の時間になったので奥様たちの部屋にヨンファと一緒に迎えに行きました。

奥様たちはまた違う洋服に着替えていました。

さながらファッションショーのようでした。

一階ロビーに下りると担当者が待っていて車まで案内してくれました。

リムジンに乗り込んで蟹料理専門店まで行きました。

行くと既に席は用意されていて飲み物はビールを頼んで皆で乾杯しました。

ヨンファには温かいお茶を頼みました。

大皿に載った蟹がそれぞれの前に並び奥様一人一人に身を取ってあげて食べ方を教えました。

身を殆ど食べ終わって蟹味噌が残った時に人数分の温かいご飯と韓国海苔と山葵を頼んで私が見本を見せてご飯の上に蟹の身と味噌を乗せて海苔を振り掛け山葵を混ぜ合わせて醤油を回し掛けて「美味しいからやってみて下さい」と言ってかき込んで見せたのです。

奥様たちとヨンファは同じようにして食べました。

奥様たちは「珍しい食べ方ね」と言って真似して食べたら二人とも「意外に美味しいのね」と。

私はご飯のお代わりをして同じように具を載せて今度は熱湯をもらって掛けてお茶漬けにしました。

社長の奥様が「依田さんは本当に大食漢なこと」と言って笑っていました。

料理屋を出て車に乗る前に担当者に「ご馳走様でした」と言うとヨンファと奥様たちも「ご馳走様でした」と言ってくれました。

社長が担当者にお礼を言った事は一回も目にした事がなかったので私の時はちゃんと言おうと思っていたのです。

店にお客様が接待で来店した際も殆どの接待された側の客は最後に接待した側の人にお礼を言っている姿を目にした事がなかった。

その時に思った事はいくら接待であろうとも「ご馳走様」と言うのは礼儀だと思っていて自分がその立場になったら絶対にお礼を言おうと思っていました。

ホテルに着いて地下の劇場でショーを観劇しました。

その後はカジノをやる予定だったのですが予想通り奥様方は疲れたと言って早く休みたいと言い出したので「明日は7時にお迎えに行きます」と言って部屋へ帰ってもらいました。

ヨンファの車でヨンファの家に戻りました。

つづく

いつもご協力ありがとうございます







にほんブログ村 大人の生活ブログへ




にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ

PageTop

横浜 オーナーの娘 27話 朝食、市内観光、昼食、買い物

朝7時に奥様の部屋にヨンファと迎えに行きました。

奥様方は綺麗に化粧して着替えて待っていました。

昨日の洋服とは違っていました。

女性は歳をとってもお洒落には気を使うものだと感心したものです。

確かに彼女らにとっては日常の事ではなく一生に数回あるかどうかのハレの日なのですから当然の行動だと思いました。

何だか彼女らを見ていて資産や名声をご主人たちは欲しいままにしたとしても内助の功の奥様たちは釣った魚には餌をやらない、報酬なしの家政婦同然に扱われていて可愛そうだと思いました。

これじゃぁ、熟年離婚が多くなるのも仕方ないと思いましたし、不倫に走る奥様たちが後を絶たないのも致し方ないようにさえ思いました。

私が将来結婚したら奥さんにはちゃんとして上げようと思いました。

朝食はホテル内の日本料理店で食しました。

ヨンファも好きな物を注文させた。

社長の奥様「ヨンファさんって絶世の美女よね」

開業医の奥様も「昨夜からこの人と話していたけど本当に美しいお嬢さんだこと」

ヨンファは俯いて恥ずかしそうにしながら「そんな事ないです」と言った。

更に社長の奥様は「依田さんのタイプじゃないの?」と。

私「はい、私のタイプですけど彼女、列記としたご主人がいるんですよ」と。

社長の奥様は安心した様子で「ご結婚されていたの」

彼女「はい、私も結婚してなければ依田さんみたいに優しい人とお付き合いしたかったです」

私「私も彼女にご主人がいなければ彼女にしたかったんですけどね」と言った途端奥様が膝蹴りをしました。

私「痛っ!あれ?」と言うと一斉に皆私の顔を見た。

私「何でもないです」と言ってごまかしながら社長の奥様の顔を睨みました。

私「それではまたお部屋の方でくつろいでいて下さい、車が来たらお部屋に伺いますので」と。

まだ時間があったのでヨンファと喫茶室でお茶を飲みました。

ヨンファは誰が見ても美しいから奥様は嫉妬したんだろうけど、ご主人がいると言ったら信用したようでした。

老若男女関係なしにヤキモチは人間の性なんでしょうかね。

ヨンファは「明日帰っちゃうのよね、今日はゆっくりできないし、寂しいな」と

私「また近い内に来るから」と言いました。

そうこうしている内に個人タクシーの社長がワゴン車で迎えにきたのでヨンファを車の助手席に座らせて私は奥様たちを迎えに行きました。

奥様たちが見ている前で「ヨンファさんには昨日渡したのですが、これ今日の報酬です」と言って個人タクシーの社長に渡した。

社長は片言の日本語で「いつもありがとうございます」と礼を言ってくれました。

奥様方を真ん中の席に乗せて私は一番後ろの席に座りました。

「ヨンファさん、じゃぁ案内をお願いします」と言うと

ヨンファ「はい、分かりました」と。

先日の華道の先生とほぼ同じルートで回ってもらった。

午前中は観光して昼食、運転手さんも一緒に食べてもらいました。

その後、市場で買い物して軍事境界線近くまで行って蚕の醤油煮を買って皆に食べさせてホテルに帰ってきました。

奥様方は二人とも今回の旅行は最高だったと喜んでくれました。

やはり海外に限らず旅行は何と言っても現地の人が案内してくれるのが一番面白いものですし充実します。

ホテルに帰ると夕食まではまだ時間があったので奥様方を部屋に送ってヨンファの車でドライブしました。

ヨンファは「今晩は早く帰って来てね」と言いました。

私「たぶん奥様たちはさっきの観光で疲れたからカジノはやらないって言うと思うんだ、だからヨンファも夕食とショーを一緒にしてそのまま帰ろうよ、そうすればヨンファとの時間が少しでも長く取れるじゃない?」

ヨンファ「イイの?」

私「多分だけどね」

つづく

いつもご協力ありがとうございます







にほんブログ村 大人の生活ブログへ




にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ

PageTop

横浜 オーナーの娘 26話 ヨンファ宅

家に入ると彼女は私に抱き付いてキスを求めてきました。

さっき、交わったのにもう抱き付いてくるんだからと思ったのですがその仕草が愛おしかったです。

とりあえず2枚の封筒を用意して5万円づつ入れました。

その一つをヨンファに「明日の通訳と案内代」と言って渡すと「いらない」と言われました。

彼女「前にも言ったでしょ、お金は要らないって」と。

私は「泊めてもらってヨンファを抱く時はお金は払わないけど、明日の接待は仕事だから受け取ってその代わりにちゃんとやってね」と。

彼女「うん、分かった、じゃぁ有り難く頂くね」

もう一つは私のジャケットの内ポケットに入れました。

シャワーを浴びてまた彼女を抱きました。

「俺も好きだよな」と自分で感心しながら。

コンドームを付けて彼女をバックの体勢にして前戯無しでペニスを膣に突っ込みました。

彼女の膣は溢れるほどの愛液が滴っていたので彼女は苦痛を感じることなく入ったと思います。

ズンズンと奥まで突きました。

「あ゛ぁ゛・・・・気持ちイイ・・・・、もっと、もっと奥を突いてぇ・・・・」

私はもっと奥まで突けるように15分ほど腰を振り続けました。

「あぁ・・・、死んじゃう、死んじゃう、死んじゃう・・・・・」と言って彼女はアクメに達し脚を伸ばして果てました。

私はペニスを抜いてスキンの上に愛液を塗りたくって彼女のアナルに挿し込んで10分ほど腰を振りました。

彼女「あ゛ぁ゛・・・・、これして欲しかったのぉ・・・気持ちイイ・・・・」

膣よりも締まっていて気持ち良く5分ほどのピストン運動で

私「ヨンファ、イクよ、あぁ、あぁ、イクぅ・・・・」と言って果てました。

つづく

いつもご協力ありがとうございます







にほんブログ村 大人の生活ブログへ




にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。