FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

横浜 オーナーの母娘 35話 バスルーム②

奥様は浴槽の縁に座らされると私が何をするのか既に分かっていて脚を広げた。

私はクリを舌で舐めながら右手の中指と薬指を膣の中に入れて出し入れしGスポットを刺激した。

「あぁ・・・・、これ感じるのよ・・・・、おかしくなっちゃうの」と言いながらされるままになっていた。

3分ほど続けていると「出ちゃう、出ちゃう」と言い出したのでクリを舐めていた舌は避難させてもらった。

「恥ずかしい」と言いながらジャバジャバと潮を噴いた。

指は避難できずにビショビショになった。

華道の先生の時のようには興奮してなかったので飲めなかった。

華道の先生のは飲んでもイイかなという気になるのは何でなのかは分からなかった。

洗い場の床と奥様の下半身をシャワーで洗い流してもう一度二人で浴槽に身体を沈めた。

それにしても社長は何故この淫乱な古女房をほったらかしにしているのかが疑問だった。

あの韓国の若い姉ちゃんより遥かに良いように思った。

ま、この時は若い女性より熟女の方が好きだからかもしれないからか。

それとも私自身も歳を取ると若い女性の方が良くなるのか、この時には知る由もなかった。

浴槽の中で乳房を揉み乳首を引っ張ったり噛んだりした。

その度に「あぁ・・・ん、あん」と甘い声を出す奥様だった。

私は「出ましょうか?」と言って奥様と脱衣所でお互いの身体を拭き合って、全裸のままベッドに奥様を抱いて連れて行った。

添い寝をして右手の指でクリを弄った。

既に膣には愛液が溢れていたので奥様の脚をM字に開いて直ぐにペニスを挿し込んで腰を振った。

奥様は「気持ちイイ・・・、あぁ・・、あ、あ、あん」と私の腰のリズムに合わせて腰を振る気配を見せた。

私は韓国のヨンファともしなくてはいけないので射精は我慢しながら休み休み15分ほど腰を振った。

奥様は「またイッちゃう、イッちゃう、ぅんグぅ・・・・、イグぅ・・・」と叫んでアクメに達しイッた。

この奥様は定食屋のオバサンや華道の先生と同じ年代だったが後者の二人のように身体が開発されていなかった分、私の射精を気に掛ける余裕は持ち合わせていなかったのである意味で助かっていた。

ペニスを抜いてコンドームを着けて愛液と持っていったローションをペニスに塗りたくって奥様をバックの体勢にしてアナルにぶち込んだ。

「ギャッ!」と声を上げたのは一瞬でその後は「あぁ・・・、あぁ、あ、あ、あぁ」と腰を振る度に声を上げた。

「痛いの?」と尋ねると「最初だけ」と答えた。

暫く腰を動かして「ママ、イクよ、あぁ、イク、イクぅ・・・」と口だけでイッた振りをしてペニスを抜きコンドームを縛ってゴミ箱に捨てた。

奥様は立っているペニスを舌で舐め回して掃除してくれた。

奥様に腕枕をして寝て「食事に行きませんか?」と言うと

「そうよね、お腹減ったわね」と言った。

着替えて奥様は化粧を直してレストランで食事をしワインを飲んだ。

部屋に帰ってきて服を脱いでお互いに全裸でベッドに入って眠った。

朝起きて奥様は未だ寝ていたので起こさずに脚をM字に広げさせてペニスに唾を付けて濡れていない膣に差し込むと奥様はびっくりして目覚めた。

寝ぼけていて何をされているのが分からないようだったが我に返ったみたいで私の背中に腕を回して腰に足を絡めて私の腰のリズムに合わせて腰を振り出した。

クリが私の何かに当たっているのか、「クリが気持ちイイ」と言った。

「あぁ・・・・、イッちゃいそう、朝からイッちゃいそう、あぁ・・・・」と叫んで私の背中に爪を立てた。

私は「お願いだから掻き毟らないで」と願った。

勘の良いヨンファにバレるのが怖いからだった。

何とか傷にならないで済んだみたいだったが奥様は「イグぅ・・・・・・」と静かに言ってアクメに達した。

二人で全裸で歯磨きと洗顔をして服に着替え奥様は化粧をして朝食を取りにラウンジへ向かった。

チェックアウトして私は空港に向かった。

つづく



いつもご協力ありがとうございます







にほんブログ村 大人の生活ブログへ




にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

PageTop

横浜 オーナーの母娘 34話 バスルーム

私は奥様に「シャワーを浴びましょう」と言って抱っこしてバスルームに連れて行った。

奥様は今付き合っている女性の中では一番小さいので抱っこしても軽かった。

ただ幾ら小さくても出ている所はちゃんと出ているので揉み甲斐はあったし膣の中は一人子供を生んだ身体であってもシッカリと締まった。

先ほど下半身だけ脱いだので私の格好を見て奥様は爆笑した。

奥様はロングスカートを下げれば普通の格好だが私の格好たるや靴下は履いているが下半身は裸でだらしなく縮んだペニスが剥き出しで上半身にはシャツとジャケットを羽織っているのだから滑稽だった。

脱衣場で洋服を脱いで湯船に湯を張り、洗い場で奥様の身体を洗ってあげた。

奥様も私の身体を洗ってシャワーで泡を洗い流すとまたフェラをしだした。

私は「そんなにフェラがしたいのか?」と偉そうな口調で尋ねると、

奥様は「欲しかったのずっと」と愛おしそうな顔で言ったので、

私は「じゃぁ」と言って奥様の頭を手で押さえてイラ○チオをして奥様の喉の奥にペニスを突き刺した。

奥様は「オエッ!」と吐き気をもよおしていたが気にせず手で頭を押さえて腰を振ったがイカなかった。

そりゃそうだと思った、中1日開いていたと言っても定食屋のオバサンとお花の先生の2連戦の後だから幾ら若いからと言ってもそうは出ない。

湯船に湯がいっぱいになったので奥様と二人で入った。

湯が温かったので足し湯をして中で話した。

店も後任のシェフが頑張ってくれて上手くやっているみたいだった。

娘は未だ私を諦めていないみたいだったが奥様がそれなりに言い包めてくれているみたいだった。

私は辞めてしまえばこっちの勝ちだと思っていたのでその件については既に終わった事と思っていた。

奥様の息子になってセックス三昧できるのは嬉しいけど、あの釣った魚には餌をやらないスケベ禿オヤジ(オーナー)の義理の息子になるのは嫌だし、お嬢さん気質が直らない生意気な娘と結婚するのは最悪だと思っていた。

湯船の中で奥様の膣にペニスを入れて奥様に腰を振ってもらった。

ペニスが入った瞬間に奥様は「あぁ・・・・、イイ、イイわ・・・・、こんな気持ちイイ、オチ○チンを娘になんかやらない」と訳の分からないことを呟いて腰を動かしていた。

いまいち動きが悪かったので浴槽の縁に手を置かせて後ろからペニスを挿し込んで腰を突き上げ振った。

「あ・・・、こっちの方が感じるぅ・・・」と大きな声で叫んだので、

「隣の部屋の人に聞こえるよ」と言うと「あっ、そうよね」と言って小さな声になり笑った。

更に腰を10分ほど振っていると「またイッちゃうかも・・・」と言ったので

私は「イッて下さい」と言いながら更に腰を強く振ると、

奥様「もっと奥に、もっと強く、イイ、イッちゃう、あぁ、あ、イッちゃう、ぅんグぅぅぅ・・・、イグぅぅぅ・・・」と言って脚をガクガクと震わせてアクメに達し果てた。

風呂の湿度と熱気で程好い汗を掻いて気持ち良かった。

暫くそのままにしてその後、もう一度湯船に浸ってから洗い場に出て浴槽の縁に座らせた。

つづく

いつもご協力ありがとうございます







にほんブログ村 大人の生活ブログへ




にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ

PageTop

横浜 オーナーの母娘 33話 一時帰京で奥様と会う

山梨から帰ってきた3日後に会う約束をしていた。

定食屋のオバサンとお花の先生との2連戦の後なので最低でも中1日は開けないと身体が持たないと思ったからだった。

待ち合わせ場所は品川パシフィックホテルのロビーだった。

奥様が事前に予約を入れてくれていた。

明日の午後にはヨンファのいる韓国に行くので出来れば少しでも空港に近い方が有難かったからだった。

私の荷物を見て奥様は「そんなに持って何処に行くの?」と。

私「明日、旅行で香港に行くんですよ」と嘘を付いた。

ヨンファに頼まれていたお土産が入っていたからだった。

当時の韓国はまだ電気製品が少なかったので頼まれていた物を入れていた。

奥様は「仕事を辞めたんだからゆっくりすると良いわよ」と何の疑いも無かった。

既に奥様はチェックインを済ましていたのでそのまま部屋に上がった。

部屋に入ると奥様は私に抱き付きキスを迫った。

私も直ぐに応じて舌を絡めた。

定食屋のオバサンもお花の先生もそうだが50歳近い歳の女性は物凄く性欲が強いように思った。

でも40歳近い山梨の真由美も20歳代の韓国のヨンファも性欲は人一倍だから一概に歳の所為ではないのかもしれないが私が付き合った女性の殆どが性欲が強いという事かもしれないとこの時改めてそう感じた。

私のスラックスとトランクスを奥様は一気に下ろしてフェラをし出した。

奥様は「抱かれてなかったからずっと貴方が欲しかったの」と言って武者振り付いてきた。

右手でペニスを扱いて左手で優しく玉袋を揉み、亀頭を口に頬張って舌を使った。

昔より大分上手になってきた。

奥様は既に息を荒くして興奮していた。

「貴方の洗っていないペニスのこの匂いを嗅ぐと興奮するの」と。

私も洗っていない花園の匂いを嗅ぐと興奮するのと同じかもしれないと思った。

奥様はこんなスケベな事を言う女性ではなかったのだが、いつの間にか淫乱さを増したのかもしれない。

「私、飲むから口の中でイッてぇ・・・」と奥様。

私は「ママのマ○コの中でイキたいんだけど」と言うと、

奥様は「じゃぁ」と言って洋服を着たままベッドに横たわった。

私はロングスカートを腰まで捲り上げてストッキングとガードルとパンティーを片足だけ残して脱がしてクンニした。

奥様「あぁ・・・・、洗ってないから汚いわ・・・」と言って顔を押し退けようとしたが私は脚をガッチリ抑えて舐め続け、「俺もこの匂いを嗅ぐと興奮する」と言った。

「あん、ダメッてば・・・・、でも感じちゃう、あぁ・・・、気持ちイイ・・・・」と言いながら私の上に乗って69の体勢になって花園を私の口に押し付けてきた。

奥様の背が小さいので普通に69をやっていると首が痛くなるので私は枕を重ねて自分の頭の下に置いて膣を舐め易くした。

15分ほどやっていると奥様は「イキそう・・・、イッちゃうかも・・・、あ、あ、あぁ・・、イクッ、ぅんグぅ・・・、イグぅ・・・・・・・・・」とアクメに達しイッたと同時に「お願い、貴方のを入れてぇ!」と大きな声で叫んだ。

私「何処に?」と聞くと

奥様「私のマ○コに」と言った。

私は奥様をバックの体勢にして後ろから尻を掴んでペニスを挿し込み腰を思いっ切り突き上げて振った。

奥様「あぁ・・・・・」と叫んで「イイ、イイ、あ、あ、あぁ、イイ、気持ちイイ、奥に、もっと奥に・・・・」と叫びながら私のリズムに合わせて腰を振って「またイッちゃう、イッちゃう、イクッ、あぁ、イク、ぅんグぅ・・・・、イグぅぅぅ・・・・」と言って脚を伸ばそうとしたのをガッチリ抑えて私は更に腰を早く振って「ママ、イクよ、あぁ、イクぅ・・・・」と言って大量の精液を射精して果てた。

暫く奥様の背中に倒れ込んで乗っていてペニスを抜くと愛液と精液が混ざった大量の白い液体が奥様の脚を伝ってシーツの上に落ちていった。

私はティッシュを取って奥様の膣と脚そしてシーツを拭いた。

奥様は私のペニスを銜えて舌で掃除してくれた。

つづく

いつもご協力ありがとうございます







にほんブログ村 大人の生活ブログへ




にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ

PageTop

横浜 オーナーの母娘 32話 退社そして送別会

後任のシェフが入社して一ヶ月が過ぎてそのシェフから「もう大丈夫」と言われ、退社する事になった。

送別会がありオーナーご家族と社員全員が集まって渋谷の総料理長の店で催された。

皆で乾杯をして宴会が始まりそれぞれが送る言葉を述べてくれた。

宴会もお開きになると支配人から二次会はカラオケでと言われ皆で行った。

カラオケに行くとそれぞれが好きな席に座って我先にと歌い出した。

とりあえず付き合わなくてはいけない立場なので最後まで付き合った。

途中で酔っ払ったホールのバイトが急に「依田シェフと総支配人の婚約はいつなんですか?」と言い出した。

何を言い出すのかと思ったが支配人が彼を止めた。

何だかおかしな雰囲気になった。

娘の総支配人は急に泣き出した。

私はオイオイ勘弁してくれと思って下を向いていたらオーナーの奥様が「その話は無くなったの」と助け舟を出してくれた。

オーナーは「いつ無くなったんだ?えっ!」と大声で。

奥様が「今、話しをする事じゃないでしょ!」と強い口調で皆を窘めた。

一気に場の雰囲気が悪くなったので私は「今日は皆さん、お集まり頂き私の為に先ほどの場と言い、このカラオケと言い、大変に感謝しています。勤務中は大変にお世話になりありがとうございました。どうぞ皆様、お元気でお過ごしください、それでは私は失礼させて頂きます」と言ってオーナーご夫妻と娘に礼をして他の従業員たちにもそれぞれ礼をして握手してカラオケ店を出た。

帰宅して「数日後にこちらを出るのでまた連絡する」と山梨の真由美に電話した。

この数日間はアパートの大家さんと華道の先生、韓国のヨンファ、定食屋のオバサンにも一ヶ月のご無沙汰を報告しないといけないからだった。

真由美の電話を切った直ぐ後にオーナーの奥様から電話があって「あの帰り方は無いじゃない」と怒られた。

「でもあの帰り方をしなかったらあの場はもっと白けて最悪になったのでは?」と言った。

更に続けて「今後一ヶ月は他県に行くので電話されても出ないから」と言うと、

「何処に行くの?連絡先は?」と聞かれたが「後輩の店がオープンするのでヘルプに行くから」と言って電話を切った。

明くる朝、後輩の店がオープンするのでヘルプに行く事を伝え、華道の先生には華道の講習を一ヶ月休む旨と韓国のヨンファ、そして定食屋のオバサンに向こう一ヶ月は帰ってこないので心配しないでと電話で連絡した。

つづく

いつもご協力ありがとうございます







にほんブログ村 大人の生活ブログへ




にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ

PageTop

横浜 オーナーの母娘 31話 退職願

22才から23才に掛けて店の売上が一段と上がったのを機に1ヶ月55万円の月給になったお蔭で23才の誕生日を迎える頃に念願の1千万円の貯金が貯まったので渋谷の総料理長に相談に行った。

総料理長には南青山時代から貯金が1千万円貯まった時点で独立開業したい旨は話していた。

総料理長は第一声に「良いんじゃないか」と言って下さり、私の後任のシェフは総料理長の部下を回して下さると仰って下さいました。

私も「今のメニューの全てのレシピと原価率表は店の私の部屋に保存してありますので後任のシェフが来たら直ぐに出来ると思います」と伝えました。

店のオーナーには私の方から話しを入れると言って店を後にしました。

その日の内にオーナーの奥様から厨房に電話があったので独立したい旨を話すと「辞めたら私たちの関係は?」と一番に心配されたので「それは大丈夫ですよ」と言うと安心してくれて更に後任のシェフは渋谷の総料理長が探してくれると言っていた事を告げ、オーナーと総支配人の娘には私の方から話を入れると伝えました。

明朝に事務所に行き総支配人の娘に独立創業したい旨を話し、オーナーと会いたいと伝えました。

その日の夜、仕事が終わった時間にオーナーと奥様と娘と一緒に近所の店に行って話しをしました。

オーナー「独立創業するなら私が資金を出すからやってみないか?」と

私は「この世界に足を踏み入れた時に1千万円貯めたら自分自身で独立すると決めていたのです」と。

オーナー「娘と結婚すれば今の店も君の物になるんだし、それの方が遥かにリスクはないと思うけど」と。

私「本当に有難いお話ではあるのですが自分で決めた事ですし」と。

オーナーは奥様に助け舟を出して貰おうと奥様の顔を見て「君はどう思う?」と。

奥様は「シェフの夢と娘の結婚そして店の事は別々にして考えないとおかしくなると思うの、シェフがやりたいって言っているんだから気持ち良く送り出して上げるのが親心じゃない?」と。

私は「いよっ!さすが、奥様」と声を出して言ってあげたかった。

娘は「依田さんとの結婚が遠退きそう」と言って悲しそうに言いました。

私は「まだまだこれから私以上の人と巡り合いますよ」と言うと、娘は「私と一緒に仕事するより独立の方が楽しそうな感じ」と言い、

奥様が「男性って結婚より自分の仕事が一番なんじゃないの?パパも一緒でしょ?」と。

私は「後任のシェフは渋谷の総料理長が探して下さると言っておられましたし、後任が来て仕事を覚えるまでは私が責任を持って仕事しますから安心してください」と伝えた。

これでオーナーご家族は渋々ではあったが了承してくれた。

その夜、オーナーの奥様から電話があって、

奥様の第一声「どうだった?私の説得力は」

私「いよっ!奥様、流石!って言葉に出しそうでしたよ、お蔭で助かりました。本当にありがとうございました」

奥様「今まで貴方に公私共々色々良くして頂いたし独立開業したらお客様を沢山紹介するから大船に乗った気持ちで居てね」

私「ありがとうございます、期待していますから」

奥様「おやすみなさい」

私「おやすみなさい」

つづく


いつもご協力ありがとうございます







にほんブログ村 大人の生活ブログへ




にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。