FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

韓国 ヨンファ 37話 葉山店の山本料理長と-9

夕食のメニューも全部美味しく頂いた。

彼女は家事が得意と言っていたが本当だと思った。

食べ終えて私はヨンファに「ホテルに電話して総料理長(以下 総)の部屋に繋いでもらって」と言った。

総「依田、昨日からずっと内線していたんだけど出なかったな」

私「はい、ヨンファのアパートに居るんで」

総「依田が居なくて困ったんだよ、担当者に食事を頼んだんだけど自分たちで行って下さいって言われちゃって」

私「そうだったんですか」

総「ところで今日の夕食はどうするんだ?」

私「はい、もう既にヨンファに作ってもらって食べ終わりました」

総「そうか・・・、じゃ俺たちはホテルの中で食べるよ、昨日からずっとホテルの中なんだよ」

私「・・・・・・」

総「それで山本が持ってきた金を全部カジノで使っちゃったから彼女に払う金がないって言って金を貸してくれと言われたんだけど俺も100万しか持ってきてなかったから貸せなくて・・・・」

私「・・・・・・・」山本さんらしいし総らしい話しだなと思ったけど何も言わなかった。

私「明日は午前中の便で帰りますから9時にフロント前で集合という事でお願いします」

総「うん、分かった、山本の野郎が依田を怒らせるから今回の旅行はつまらなくなって散々だったよ、次は山本抜きで来ような」と。

私は返事をしなかった、何故なら今後一切、総関係の料理人は連れて来ないと決めたからだった。

電話を切った後にヨンファに「あの山本さんがカジノで持って行った金全部使っちゃったみたいで彼女に払う金がないって言っているらしいんで払っといて」と言うと「じゃぁ、これ」と言って彼女に支払う金だけ取って後の9万円を返してくれた。

ヨンファは夕食の片付けをした。

終わって「シャワー浴びませんか?」と言ったので二人で入った。

彼女の身体を洗ってあげて私の身体も洗ってくれた。

彼女を立たしたまま大きな乳房を揉んだ。

私は乳房フェチだと思っている。

付き合った殆どの女性は皆、巨乳だ。

セックスより乳房を揉んでいるのが好きだからだ。

揉みながら乳首を吸うと「あぁ・・・、あん」と声を上げる。

その声を聞くだけでペニスが大きくなった。

彼女を壁に手を付かせて後ろからペニスを挿し込んで腰を振った。

5分ほど振っていると「ダメッ、またイッちゃいそう、イク、イク、あっ、あぁ、あ、あぁあっ、あっ、あぁ」と言っていたかと思ったら「イッ、イッ、イッちゃう、イッちゃう、○×△■▽!?○×▽■!!!・・・・」と叫んでアクメに達しイッて腰をガクガクいわせて座り込んでしまった。

シャワーを浴びて身体を拭いてお互いに全裸のまま朝まで眠った。


朝起きるといつもの通り彼女は服に着替えて化粧を済ましていて私の下着は洗濯して干してあって畳んでバッグの上に置いてあった。

洗顔を済ませると食卓には朝食のおかゆと焼き魚が用意されていた。

食べ終わって彼女の車でホテルまで送ってもらった。

カジノの部屋に行くとお土産を貰ったのでまた彼女に上げて帰らせた。

皆が揃うまで喫茶室で待った。

皆が揃ったところでリムジンに乗って空港に行った。

車中、私は言われた事だけに答え山本が気を使って話し掛けてきたが私から話す事はなかった。

つづく

いつもご協力ありがとうございます







にほんブログ村 大人の生活ブログへ




にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ

PageTop

韓国 ヨンファ 36話 葉山店の山本料理長と-8

彼女は「私、3回もイッかせてもらったのに貴方はイッてないけど」と。

私「俺はヨンファのイク声が聞きたいから気にしなくてイイんだよ」

私の性癖なのかもしれないが自分が射精して気持ち良くなるより相手のイク時のあの切ないアクメの声を聞くのが好きだった。

着衣セックスだったから余計に興奮したのかもしれなかった。

もしかすると彼女もかと思って聞いてみると「誰かに犯されているような気持ちになった」と言った。

男女のセックスは長年やればやるほどマンネリ化は否めない。

たまにパターンを変えると新鮮な気持ちになるものだと思った。

彼女は洋服の乱れを直して台所に行って手を洗って夕食の準備に取り掛かった。

夕食は初めて食すプデチゲだ。

兵隊さんが作った鍋だそうだ。

また台所で準備している彼女の後ろから抱きしめた。

彼女は嫌がる気配もなく淡々と準備をしていた。

本当にイイ女だと思っていた。

またやりたくなったので彼女のスカートを捲くり上げるとストッキングとパンティは履いてなかったのでそのままペニスを挿し込んだ。

既に膣の中は愛液で潤っていた。

「履いてなかったんだね」と言うと「いつでも入れてもらえるように履かなかったの」と言った。

彼女の腰を掴んで腰を思いっ切り動かすと彼女は料理をしていた手で自分のクリを手で弄った。

「気持ちイイ・・・・、こんな台所でされると、犯されているみたいで興奮しちゃう・・・・」と。

5分ほど元気良く休まず腰を振っていると「イッちゃう、イッちゃう」と言って脚をガクガクと震わせて座り込もうとしたので私は腕を彼女の腹に回して立たせたまま腰を振った。

彼女は「あぁ・・・・・、あぁ、あぁ、イクッ、イク、あぁ、あ、イッちゃう、イク、イク、あぁ、○×△■▽!?○×▽■!!!・・・・」と言って腰を上下に小刻みに震わせてアクメに達しイッた。

「お願いだから貴方もイッてぇ!」と言われたので

彼女を台の上に寝かせて脚をM字に開かせて腰を振った。

台の高さが私の脚の長さと合っていて中腰にならなくても良かったので思いっ切り腰が触れた。

彼女は切ない声で「ダメッ、ダメ、またイッちゃいそう、あ、イッちゃう、イク、イク、あぁ、○×△■▽!?○■!!!・・・・」と言って脚をピンと横に上げてアクメに達しイッた。

私も「ヨンファ、イクよ、イク、イク、あぁ、あ、イクぅぅぅ・・・・・」と言って台所の流しの中に大量の精液を射精した。

彼女は「ごめんなさい、こんな所に射精させて」と言って台から降りて私のペニスを舌で掃除してくれて竿を絞って最後まで飲んでくれた。

彼女「前の夫にはイカさせてもらった事は一回もなかったの、だって入れたら直ぐにイッちゃって寝ちゃうんだもの」

私「前の旦那の話しは今後一切言わないように」と釘を刺した。

彼女「ごめんなさい、だって比べる対象がないんだもん」

私「誰とも比べる必要はないじゃない」

彼女「わかった、今が気持ち良ければイイのよね」と。

その後、また彼女は夕食の準備に取り掛かり私はまたベッドに転寝をした。

夕食が出来上がって「起きてぇ!」と揺り起こされた。

食卓に行ってビールで乾杯して私は直ぐに食べ出すと他の女性たちにも言われた言葉をヨンファも言った。

「子供みたい」と。

私の得意技で何処でも眠れて起きたら直ぐに食べられる事。

つづく

いつもご協力ありがとうございます







にほんブログ村 大人の生活ブログへ




にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ 

PageTop

韓国 ヨンファ 35話 葉山店の山本料理長と-7

目が覚めると既に夕方になっていた。

彼女は「起きたの」と声を掛けてきた。

夕飯の準備を終えた後からずっと私の横で添い寝していたそうだった。

「ゴメン、寝ちゃったみたい」と。

「全然、気にしないで、お店忙しいから寝てないんでしょ」と優しい言葉を掛けてくれる。

どこぞやのオーナー婦人や水産会社のご令嬢とは大きな違いだ。

こういう瞬間にその女性の懐の深さを感じて更に愛おしさが増し彼女の世界にのめり込んでしまう。

彼女を抱き寄せてキスをし舌を絡ませる。

着ている洋服を一枚一枚ボタンを外していきブラを上に捲くる。

スカートを捲くってストッキングは伝線しないように優しく脱がした。

乳房を両手で揉んで乳首を舌で転がす。

「あん、あん」と言って身体をよじって悶えた。

大きな白い乳房が艶かしくて好きだった。

前の旦那にあまり抱かれてなく子供も生んでいなかったから乳房は上を向いて良い形をしていいた。

彼女の横に身体を置いてパンティの布の上からクリを5分ほど弄った。

「あぁ・・・、あん、あぁ・・・、あ、あ、あん」と声を漏らす。

「お願い、中からやって」と切ない声で懇願する。

私はパンティを剥ぎ取って舌でクリを弄った。

5分もしない内に「イッてイイ?」と彼女。

私「イッて」と言った瞬間に「イクッ、イクッ、あ、あ、イク、あぁ、?○×▽■○×△■▽!?○×▽■!!!・・・・」と言って腰を上下に震わせてアクメに達しイッた。

「お願い、入れて・・・・」と切ない声で懇願する。

私は彼女の脚を一本上に突き上げて松葉崩しの体勢でペニスを突き刺して腰を振った。

10分ほど休まず腰を振っていると彼女は「またイッちゃう・・・・」と大きな雄叫びを上げた。

その直ぐ後に「イクッ、イクッ、あ、あ、イク、あぁ、○×△■▽!?○×▽■?○×▽■!!!・・・・」と言ってアクメに達しイッた。

私は彼女が静まるのを待って彼女を四つんばいにバックの体勢にして後ろからペニスを突っ込み彼女の括れた腰を持ってピストン運動を繰り返した。

15分ほど休まず腰を振ると「またイッちゃう、恥ずかしい・・・・」と言ったので

私は「恥ずかしいことなんか無いからイッて」と言って強く腰を振った。

「ダメッ、ダメ、イッちゃう、あ、イク、あぁ、○×△■▽!?○×▽■?○×▽■!!!・・・・」と言ってアクメに達しイッた。

つづく

いつもご協力ありがとうございます







にほんブログ村 大人の生活ブログへ




にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ

PageTop

韓国 ヨンファ 34話 葉山店の山本料理長と-6

「貴方はいかなくてイイの?」と彼女。

私「うん、さっきイッたから大丈夫だよ、寝ようか」と言って彼女に腕枕をして朝まで眠った。

朝起きると既に彼女は洋服に着替えて化粧を終えて朝食の準備をしていた。

またいつものように私の下着は洗濯して干してあった。

私が起き出すと「新しい歯ブラシとタオル置いてあるから」と彼女が言った。

「ありがとう」と言って洗面所に行った。

洗面して食卓に行くと既にスクランブルエッグと焼いたベーコンが添えられていてサラダが小さなボールに入っていた。

コーヒーの香りとパンが焼かれた匂いが相まって幸せな空間を彩っていた。

彼女は「さぁ、食べましょう」と言って勧めてくれた。

私は前のご主人ともこんな感じで食事していた幸せな時期もあったんだろうなと思いながら食べた。

ヨンファと付き合って今まで嫌な思いをした事が無かったので「何でこんな素敵な女性を捨てたんだろう」と疑問に思っていた。

ただ私には韓国の人に求婚する勇気はこの時にはなかったしあったとしても韓国の由緒正しきご令嬢を貰いに行く勇気もなかった。

男の我侭で彼女とこの関係が長く続くことを祈った。

食事を終えて近隣を散歩しようという事になった。

公園を腕を組んで歩いた。

彼女「こういうのがずっとしたかったの」

私「してあげられなくてごめんね」と言うと、

彼女「でも今はこうやって出来るからイイの、私も夫が居た時は気にして出来なかったもの」

私「お互いに丁度良い時期になったって事だよね」

彼女「そうね」

公園の木陰でお互いにキスを求め合った。

アパートに帰ってくると彼女はまた台所に立って昼食の準備に取り掛かった。

韓国料理は母親から徹底的に仕込まれたと言って本当にプロなんじゃないかと思う手際の良さで準備していた。

「お酒は冷蔵庫にあるから好きな物を飲んで」と言った。

私は「コーヒーが飲みたいなぁ」と言うと手を止めてドリップで作ってくれた。

このドリップは以前、ヨンファから頼まれて日本から持ってきてプレゼントした物だった。

その時に手動の小さなミルも上げた。

テレビを点けて見ていた。

韓国語なので意味は分からないが楽しい雰囲気だけは伝わった。

サムゲタンは鶏の煮込み料理なので煮込む時間があるので台所から私の横に座って一緒にコーヒーを飲んだ。

ホテルの総料理長をはじめ他の人たちの事が心配になったけど今日は電話するを止めた。

そんな気持ちが分かったのかヨンファが「ホテルの総料理長に電話しなくてイイの?」と言ったが「今日はしない」と言った。

総料理長や他の料理長だって大の大人なんだから自分で何とかするだろうと思ったし、人の気持ちが分からない人たちに良くしたところで何も残らないと思ったからだった。

人の事よりヨンファとの二人の時間を大事にしたかった。

昼食の時間になってサムゲタンに火が通ったらしく丼に分けた。

イカのチヂミも作ってくれていて4種類のキムチが食卓に並べられた。

昼間からビールで乾杯してその後、買ってきた焼酎のロックを飲んだ。

お腹いっぱいになって酔っ払ったので一人ベッドに入って眠った。

つづく

いつもご協力ありがとうございます







にほんブログ村 大人の生活ブログへ




にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ

PageTop

韓国 ヨンファ 33話 葉山店の山本料理長と-5

一緒に風呂に入った。

脱衣所で身体を拭いて彼女に手を取られて寝室に向かった。

寝室にはセミダブルのベッドがあってその横には鏡付きの化粧台があった。

ベッドに横たわると彼女は私に覆い被さってキスをしてきたので私も応じて舌を差し入れた。

彼女は私の舌を吸って軽く噛んだ。

私も彼女の綺麗に並んだ上の歯と下の歯の裏を舌を這わせて舌を絡めて吸い噛んだ。

彼女の肩を軽く噛むと「あぁ・・、あん」と声を出し悶えた。

腕を万歳させて両方の脇の下を執拗に舐めて愛撫すると「くすぐったい・・・」と言ってのけぞった。

肩から二の腕に掛けて舌を這わせ執拗に舐め回した。

彼女は身体をよじって感じていた。

更に手の甲、掌、五指の間に舌を這わせ舐め上げた。

「あぁ・・・、あん、あん、」

そして五指を一本一本舐め回して最後にはわざとチュパチュパと音を立てて吸った。

もう片方の腕も同じように時間を掛けて舐め吸った。

「あぁ・・ん」と言いながらハァ、ハァ、ハァと興奮して肩で大きく呼吸していた。

大きな乳房を両手で揉みながら乳輪に沿って舌で舐めた。

「あぁ・・・、あん」

乳房の膨らみを舌で舐め回して乳首だけは触らず焦らした。

「お願い、乳首も舐めて」と言って腰を振っていたが知らん振りをして腹に舌を這わせた。

「お願いだから乳首をね、ね!」と。

私はまた知らん振りをして腹に舌を這わし両乳房を揉んだ。

「お願いよ・・・、意地悪しないで乳首を吸って」と。

私は指で乳首を弄ってから乳首を舌で転がして舐めてその後チュパチュパとわざと音を立てて吸った。

「あぁ・・・・、感じるぅ、乳首が・・・」と大きな声で叫んで悶えた。

アパートの住人に聞こえはしないかと心配になった。

脇の下から脇腹まで舌を這わせて舐め回した。

「あぁ・・ん、くすぐったい・・・」と。

茂みの中を舌先で舐め回すと「あぁ・・・ん」と言って腰を上下に震わせた。

大陰唇の膨らみを舌で舐め回して両太腿の内側を片方づつ交互に念入りに舐めて膝、脛、甲まで舐め回す。

「あぁ・・・」

私は構わず足の五指とその間に舌を這わせて舐めた。

「あん、あん」

更に五指を一本一本丁寧に舐めてチュパチュパと音を立てて吸った。

「あぁ・・・、感じるぅ・・・、変な気持ちになっちゃう・・・」と言って腰をくねらせて悶えた。

脚を一本づつ上げさせて脹脛、膝裏、太腿、脚の付け根まで舐め回した。

「あぁ・・・」

両脚が終わったら脚を伸ばさせて尻を上げさせ私の腕でガッチリ押さえて尻の割れ目に舌を這わせてアヌスの穴を執拗に舌先に力を入れてチロチロと舐め回したり舌の全体を使って舐めた。

「あぁ・・・、気持ちイイ、お尻の穴気持ちイイ・・・・」と。

脚を楽にさせてM字に開かせてクリを舐めた。

「あぁ・・・・、ここ、イイ・・・・」と15分ほど舐めている間「あっ、あっ、あぁ、あん、あぁ、あっ、あぁ、あ、あぁあっ、あっ、あぁ」と言っていたかと思ったら「イッ、イッ、イッちゃう、イッちゃう、○×△■▽!?○×▽■!!!・・・・」と言ってアクメに達しイッた。

「お願い、入れて」と彼女。

私は膣口に舌を這わせ大洪水を確認して彼女の脚を肩に担いでペニスを挿し込み奥まで一気に突いた。

「あぁ・・・」と叫んで私の腰に脚を絡めてきた。

私は高速で5分ほど腰を振ると「またイッちゃいそう、あぁ、あ、イッちゃう、イク、イク、あぁ、○×△■▽!?○×▽■!!!・・・・」と言って腰を上下に震わせてアクメに達しイッた。

彼女が静まるのを待って彼女の右手をクリの上に左手を大きな乳房の上に置いて「自分で」と言って私は高速で5分ほど腰を振ると「またイッちゃいそう、あぁ、あ、イク、イク、あぁ、○×△■▽!?○×▽■!!!・・・・」と言って腰を上下に震わせてアクメに達しイッた。

つづく

いつもご協力ありがとうございます







にほんブログ村 大人の生活ブログへ




にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。