FC2ブログ
 

官能私小説ノート

韓国 ヨンファ 32話 葉山店の山本料理長と-4

帰路の途中に彼女の両親と兄弟が住む実家の前を通って「ここが私の実家」と言って指した。

門の脇にはそれぞれ50mはあろうか高く長い塀に囲まれた大きな家だった。

本当に凄い家系のご令嬢なんだと思った。

ヨンファのアパートに着いて食材を冷蔵庫にしまうと彼女は仕込みを開始した。

仕込みと言っても野菜を切ったりするぐらいだったがその姿が板に付いていたし手際が良かった。

さすが×1の元人妻だったんだと思った。

作業をする彼女の後ろから彼女を抱き締めると「ダ~メ、危ないから」と言いながらも腕を解こうとはしなかった。

私はこの時はまだ結婚してなかったが結婚したらこんな感じの甘い生活が待っているんだろうなと想像していた。

彼女は「果実酒でも飲む?」と。

私「そんなのあるんだ」

彼女「この間、貴方が来て帰る時にカジノからのお土産で貰ったのをくれたじゃない、その時のお酒」

私「あれがこれなんだ」

彼女「ロックで飲むと美味しいのよ」と言って作ってくれた。

私「そう言えば個人タクシーの社長にキャンセルしたじゃない?」

彼女「うん」

私「だからヨンファから彼にキャンセル料を払いたいってちょっと電話してもらえないかなぁ?」

彼女「良いわよ、今しちゃうね」と言って電話をしてくれた。

個人タクシーの社長は「いつも多くの謝礼を頂いているから気にしないで下さいとそしてまた機会があったら指名して下さい」と言っていたそうだった。

私「ヨンファ、ありがとう、君が居てくれて本当に助かっているよ」と言うと

彼女「そう思ってくれているの、それだけで嬉しい」と。

日本のこの若さの女性でこんな謙虚で奥ゆかしい子は居ないと思った。

彼女は作業を終えて果実酒を作って私の隣に座ってキスを求めてきた。

私も応じて長い長いキスをした。

つづく

いつもご協力ありがとうございます







にほんブログ村 大人の生活ブログへ




にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ

PageTop

韓国 ヨンファ 31話 葉山店の山本料理長と-3

彼女にキスをしながら洋服の上から大きな乳房を揉んだ。

「あぁ・・ん」と彼女。

上着を捲り上げてブラも捲くり上げて乳首を吸った。

「あぁ・・・、あん、あん」

彼女のロングスカートを捲り上げてストッキングとパンティを下ろして台所の流しに手を置かせて後ろからペニスを突っ込んで腰を振った。

「あぁ・・・・、イイ・・・、あぁ、あ、あ、あぁ」と彼女。

私「ヨンファ、俺イキタイ」

「私の口の中にイッてぇ・・・」と言って彼女は私の前にひざま付いてペニスを銜えた。

私は彼女の頭を抑えて腰を振って「ヨンファ、イクよ、イク、あ、あぁ、イクぅぅぅ・・・・・」と言って果てた。

ヨンファは上目使いで私を見て口を大きく開けて大量の白い液体を見せてからゴックン、ゴックン、ゴックンと三回に分けて飲み込んだ。

そして私のペニスをもう一度銜えて舌で綺麗に掃除してくれた。

彼女「明日は私が手料理を作るから朝から買い物に行こうね」と。

私「うん、いいね、それ今晩から作るのはどうなの?」と言った。

彼女「でも今晩は一緒に行きたいレストランがあるの」と。

私「だったら今から明日の材料を買いに行きがてらそのレストランに行くのどうかな?」

彼女「そうね、良いかも」

私「行こう」と言って買い物に出掛けた。

彼女は「明日の朝は、トーストと卵料理でコーヒーにして昼は貴方の好きなサムゲタンにして夜はプデチゲにしよう」と言って肉、卵、野菜、豆腐、ソーセージ、インスタントラーメンなどの材料を次々に籠に入れ「お酒も無いんだけど買ってイイ?」と聞いたので、

私は「気にしないで買っちゃって」と言うと「ありがとう」と言った。

買った食材を車の後ろに積んでレストランに向かった。

そのレストランはソウルの中心を流れる大きな川、漢江の直ぐ側にあって漢江が見渡せる若い男女が集うレストランだった。

「このお店、最近出来て貴方と絶対に来たいって思ってたの」と彼女。

「イイお店じゃない」と私。

「そうでしょ、気に入ってくれた?」彼女。

「うん」

当時としては珍しい洋食とコチジャンが入った料理の折衷料理を出していた。

食事を終えて駐車場に車を停めたまま車の中で色々な会話をした。

そしてヨンファは唇を求めてきたので私も応じた。

キスを終えると「私、貴方と普通の彼氏彼女のようにデートから始めたいの」と彼女は言った。

考えてみればヨンファとは最初から不純な関係でオーナーの彼女の紹介で情婦として私の部屋に来た。

彼女の性格がただの情婦と同じでお金だけの付き合いを望んでいたならここまでの関係にはなっていなかった。

彼女は私から情婦としての金は受け取った事が一度も無かった。

色々話しを聞いて行くと祖父が国会議員で父親は国家公務員で兄弟も皆、公務員という由緒正しきお嬢さんだった。

前のご主人も国家公務員で長期の出張が多かったせいで浮気が生じたと言っていた。

私と最初に会った時に彼女を情婦としてではなく一人の女性として扱ってくれた事が嬉しかったしこの人となら良い関係が築けると思ったと言った。

それから彼女が紹介した子は皆、私の関係者が来たら是非呼んでと言っているそうで、今回も皆、「依田さんの関係の人」と言うと二つ返事で集まってくれたと言い、前回の私の従業員と佐藤水産の社長そしてそのご友人は彼女らにとても評判が良かったと言った。

国は違えど相手を尊敬するのは最低条件でさらに誠心誠意で対処すると必ず伝わるものだと思った。

つづく

いつもご協力ありがとうございます







にほんブログ村 大人の生活ブログへ




にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ 

PageTop

韓国 ヨンファ 30話 葉山店の山本料理長と-2

金浦空港に着くとリムジンが待っていて乗り込んだ。

山本「さっきのビジネスもそうだけどリムジンも初めてだよ」と。

私「喜んで頂けて嬉しいです」と。

ホテルに着くとフロントの横の部屋に通され持参金の申告が行われ部屋のキーを渡された。

総料理長、以下(総)の部屋のランクを尋ねると下だと言われたので私のキーと取り替えた。

私は「(総)はまだランクが下なのか」と思った。

部屋を出るとヨンファとその他女性が待っていた。

皆、美人揃いだった。

ヨンファが選ぶ子達は前回も美しかった。

ヨンファが彼女らを紹介してくれたので私は(総)に「どの子がイイですか?」と尋ねると良く見定めて「この子」と言って腕を取った。

その他の先輩に「ジャンケンして下さい」と言ってジャンケンさせた。

勝った順で好きな子を選んでもらった。

一番ビリだった山本がヨンファの腕を取ったので「先輩、彼女はダメです」と言うと、山本は「俺の好みなんだよ」と言った。

私はムカついたが黙ってると(総)が「お前それは連れて来てもらった依田に対して失礼極まりないだろう、依田の彼女だぞ」と言ってくれた。

私は一気に山本に失望した。

ジャンケンで負けて最後に残った彼女に対してだって失礼極まりない事をしたし連れて来てくれたヨンファに対しても失礼だと思った。

今、考えてみればジャンケンで決めさせた私も悪かったと反省するが。

状況が分かってて先輩風を吹かせるのは最低だと思って二度と連れて来ないと決めた。

嫌な空気が流れた。

私は最後に残った子とヨンファをホテルの外へ連れて行って「ゴメン、彼女に失礼な事をしてしまったので今日の所は帰らせて」とヨンファに通訳してと言って「今日のお代ね」と言って3万円を渡してヨンファに私の部屋の番号を教えて彼女を送らせた。

皆の所に帰ってきて「山本さん、彼女に対して失礼な行為をされたので彼女は帰しました」と言った。

山本は「冗談だよ、あの彼女で良かったのに」と言った。

私は「知るか、お前ふざけてんじゃねぇぞ!黙ってれば好い気になりやがって」と心の中で呟いたがその後は一切山本さんと口を利かなかった。

夕食を外でと思っていたが止めて勝手に行ってもらう事にした。

私は皆に「夕食はそれぞれで行って下さい、そしてカジノは総料理長にやり方を教わってください」と言った。

(総)が「前回の夕食は外で食べたじゃないか」と、

私「担当者に言えば連れて行ってくれるんじゃないですかね、(総)もメンバーなんですから」と言うと

(総)「そうだな、言ってみるよ」と。

部屋に行ってヨンファを待っていると1時間ほどで帰ってきた。

私「ヨンファ、君と君のお友達に失礼な事をしちゃって、嫌な思いさせちゃったよね、本当にゴメンね」と謝罪した。

ヨンファ「彼女が貴方にヨロシクって言っていたわよ、またの機会に呼んでって、それにしてもあの山本さんって酷い人ね」と。

私「先輩も色々だから」と。

彼女「また(総)の部屋と変えてあげたの?」と。

私「うん、別に良い部屋じゃなくても良いし、今からヨンファの家に行こうと思っているんだ。この部屋に居たら一々あの人らに利用されちゃうから」と言うと

彼女「うん、それが良いわよ」と。

ヨンファに「万が一、あの中の人間が彼女らに払わなかったらヨンファから渡してやって」と12万円渡して言った。

雇われの料理人は意外とお金に汚くセコイ人が多かったからだった。

料理界は華やかに見える世界ではあるが料理長と言えど給料は世間の人が思うほどの金額ではなく意外と少ないものだった。

彼女は「うん、分かったわ」と言って受け取った。


明日の昼をソウル市内の観光を予定していたけど急遽、こんな奴らにしてやる必要はないと思ったのでヨンファに言って電話してもらいキャンセルした。

フロントに部屋のキーを渡して「出掛けてきます」と言って荷物を持ってヨンファの車で家に向かった。

以前の家ではなくアパートに引っ越していた。

部屋に入ると私との写真が貼ってあった。

何だか嬉しかった。

今日、この部屋に急遽来ることになったのでいつも貼ってある事が分かったからだった。

両親からは実家に戻って来なさいと言われていたけど私との事があるからアパートに引っ越したと言い、実家に戻ったら私と連絡が取りづらくなるのが嫌だったと言った。

生活費の心配をしたら親からも毎月貰っているし前の旦那から慰謝料を貰ったので全然心配ないとの事だった。

座る前にヨンファが私の首に腕を回してキスをして来た。

私も応えてキスをして「愛してる」と言うとヨンファも「愛してる」と言った。

私は彼女を抱き締めた。

彼女「こんなに早く来てくれるとは思っていなかった」

私「会いたかったから」と言うと「嬉しい」と言って彼女も私を抱き締めた。

長い長いキスをした。

つづく

いつもご協力ありがとうございます







にほんブログ村 大人の生活ブログへ




にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ

PageTop

韓国 ヨンファ 29話 葉山店の山本料理長と他4名

ヨンファに会いたくなって葉山店の山本料理長が美緒を連れて行った時に「韓国に俺も連れて行って」と言われた言葉を思い出したので山本さんに電話をして「韓国にはいつ行きますか?」と言うと「後で連絡する」と言われ電話を切った。

山本さんから電話があって「来月の2日、3日、4日はどうか?」と言われた。

私は予約帳を見て「イイですよ」と言うと山本さんは「実は」と言ったので、

私「何ですか?」と尋ねると

山本「銀座、赤坂、渋谷店と依田の前の店の料理長にも言っちゃったんだよ」と。

私「だから私を入れて6人で良いのですか?」と。

山本「イイの?」

私「別にイイですけど、皆さんに言っておいて下さいよ」

山本「何を?」

私「最低でも〇00万円は持ってきて下さいね」と。

山本「えっ!金がいるの?」

私「渋谷の総料理長から聞いていないんですか?」

山本「聞いてなかった」

私「〇00万円用意できない人はダメですから言っておいて下さいね、最終の人数を折り返し電話下さい」と。

山本「分かった」

折り返し電話があって「全員OK」と。

ヨンファに国際電話して行く日時と人数を言って料理長の彼女だけは抜かしてと言い、個人タクシーの社長にもヨンファの方から2泊目にソウル市内観光だと伝えてと言った。

当日、空港で待ち合わせをしてラウンジに行った。

山本「依田、今回は無理言って悪かったな」

私「全然大丈夫ですよ」

渋谷の総料理長(以下、(総)「今回はビジネスかい?」と偉そうに、皆弟子だから威張りたくも無理ないかと思いやりを持って。

私「はい、今回は日本航空なので」と。

山本「他だとファーストなの?」

私「そうとは限りません」

山本「どういう事?」

私「会員でもランクがあるんですよ」

山本「そうなんだ、それはどうやって決まるの?」

私「まずはカジノでどれだけお金を使ったか、それとどれだけの人を紹介できたか、それとスペシャル会員が推薦してくれる事ですかね」と。

山本「と、言う事は我々のような庶民は難しいという事かもな」

私「そんな事はないですよ、自分の知っているお金持ちを沢山紹介しちゃえばイイんですから」と。

山本「そっかぁ!依田もその口か?」

私「当たりです」と言って笑った。

つづく

いつもご協力ありがとうございます







にほんブログ村 大人の生活ブログへ




にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ

PageTop

韓国 ヨンファ 28話 社員旅行-6

独立開業・撤退 34話 美緒(取引先・33才)⑫と同じ文章

食事から帰ってきたら佐藤社長から内線が「カジノに行くから彼女をまた預かって欲しい」と。

私はハッキリと「ダメです」と答えた。

社長は「何故?」と。

私「私もヨンファとの時間が欲しいので」と。

社長「それでは彼女はどうしたらイイの?」

私「ご自分で考えて頂けないですか?」

社長「どうしたら良いんだろう、教えてよ?」と

私は65歳にもなる水産会社の社長がこんな事を24歳の私に教えを請うのが滑稽に思えた。

私「社長がカジノをやろうと予定している時間まで何処かに行くか部屋にいるかを聞いて何処かに行くと言うなら1万円ぐらい渡してお茶でも飲んで来てと言ったら良いんじゃないですか?」と。

社長「そうか、そうすれば良いんだね」と。

私はガクッと脱力感にさいなまれた。

私の話しを聞いていたヨンファも笑っていた。

そう言えば佐藤社長は3代目と言っていた。

会社は3代目になると倒産するという格言がある。

社長は今までも先代の言う通りの路線を歩いてきた人だから自分で考えるという事を当たり前として生きて来なかったのかもしれないと勝手に推測した。

付かず離れずの関係を保とうと思った。

二人でガウンに着替えてベッドに入った。

ヨンファ「あんな高いバッグ買って貰っちゃったけどイイの?」

私「うん、大丈夫だよ、それより旦那さんにバレちゃうんじゃないの?」

ヨンファ「私たち離婚するから関係ないの、だから依田さん結婚して」

私「嘘だろ?」

ヨンファ「本当よ。旦那はずっと浮気していたのがバレちゃって」

私「ヨンファこそバレてないの?」

ヨンファ「実は貴方と付き合った直ぐ後から別居しているから大丈夫なの、だから今は貴方だけ」

私「そんな事があったんだ」

頭の中が真っ白になり、「オイオイ勘弁してくれよ」と思った。

でもヨンファは控え目な子だから危ない行動は起こさないと思っていた。

私「ま、そんな事は置いといて今日は楽しもうね」と言ってキスをした。

彼女も応じてきて鼻息が荒くなっていた。

両手で乳房を揉んで乳首を舌で転がした。

「あん、あん」と切ない声。

横に寝てパンティの上からクリを擦る。

「あぁ・・・、あん、あ、あん」

パンティを脱がして膣口を触ると既に大洪水だったので彼女の左手を乳房の上に置いて右手をクリの上に置き「自分で」と言って私はペニスを膣に突っ込んで腰を5分ほど振った。

「またイキそう、イッちゃう、イク、あぁ、あぁ、イク、イク・・・・・、○×△■!▼■○×?・・・・・」と言ってアクメに達しイッた。

彼女が静まるのを待ってから脚を一本上に上げて松葉崩しの体勢で腰を思いっ切り振った。

5分ほど振るとイキたくなって「ヨンファ口の中でイキタイ」と言って、

彼女を座らせてイラ○チオで「イクよ、イク、あ、あぁ、イクぅぅぅ・・・・・」と言って彼女の口の中で果てた。

膣の中や腹に出すと掃除が面倒臭かったからだった。

彼女は上目使いで私を見て口の中の白い液体を見せてゴクンと飲んだ。

その後、舌でペニスを掃除してくれた。

その後、全裸のまま彼女に腕枕をして朝まで眠った。

朝起きると私の下着は干してあって彼女は既に化粧を終えて服に着替えていた。

ヨンファ「コーヒー飲む?」と。

「うん、歯を磨いたらね」と。

8時に従業員が彼女を連れて来た。

皆で朝食に行き9時にフロント前に集合と言った。

フロント横の小部屋に通されお土産を貰った。

そのお土産を従業員に見られないようにしてヨンファに上げた、彼女はいつも喜んでくれた。

ヨンファに「また連絡するから」と言ってさよならした。

ホテル前からリムジンに乗って空港に行った。

空港に着いて従業員に今回のヨンファの話しは店では絶対に他言してはダメだと伝えた。

皆「分かってますから」と言った。

店に着いてお土産を開くと既に韓国の社員旅行の事はアルバイトやパートに伝わっていた。

私は「お喋りなんだから」と思った。

それでもヨンファの事は誰も言わなかった。

つづく

いつもご協力ありがとうございます







にほんブログ村 大人の生活ブログへ




にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ

PageTop