FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

韓国 ヨンファ 42話 思いがけない訪韓-5

その夜、ヨンファのアパートに帰ってきてから彼女が提案した。

「明日の朝早くここを出て済州島に行って次の日は釜山そしてここに戻るの、私が案内してあげるから」と彼女。

「それは、イイねぇ」と私。 

彼女はそれから済州島と釜山の友人に電話して車を借りるのと宿泊先の確保をした。

明くる朝、起きると彼女は既に着替えていて化粧もシッカリして朝食の準備をしていた。

朝食を食べていざ出発。

金浦空港までヨンファの車で行き飛行機に乗って約1時間ちょっとで済州島に着いた。

飛行機代は彼女が出してくれた。

私が払うと言っても聞かなかった。

彼女の友人が待っていて車を借りてそのまま海岸線を走った。

海岸が火山岩や溶岩でできていて柱状態になって断面は六角形で柱状節理帯という場所に行った。

自然が織り成す風景は圧巻そのものでした。

天地淵の滝に連れて行かれました。

滝までは自然豊かな道を歩いて行った。

滝は岩場から落ちる雄大な滝だった。

正房の滝なども回って早めに彼女の友人の親戚が営むという民宿に泊まった。

民宿での食事が圧巻だった。

魚介類は当たり前で肉あり野菜ありでお腹がパンパンになった。

明くる日は島の北側を観光して空港に行くと彼女の友人が待っていて車を返した。

空港から釜山まで飛行機に乗って行った。

釜山の空港に着くとまた彼女の友人と言う女性が待っていて車を貸してくれた。

その足で直ぐに彼女の友人の親が経営するホテルに向かって荷物を置き、その日と明くる日で国際市場 チャガルチ市場 梵魚寺 金井山城 仏国寺を順番は忘れたが回って明くる日の夕方に釜山を出て金浦空港に着いた。

ヨンファの部屋に着いたのは夜になっていた。

今回の旅行費用は全てヨンファが払ってくれたので彼女にお礼を言うと「今まで色々お金を使わせちゃっていつも感謝しているから」と言った。

何て良い子と巡り会えたんだろうと感動した。

社長の部屋に電話すると社長と彼女は持ってきた200万円を全てカジノで溶かしてしまったと嘆いて夕食代もないと言ったのでヨンファに頼んで一緒にホテルに行ってもらった。

社長の部屋に行くと昨日から社長と彼女は食事も取らずに部屋に居たと言って、何回も私の部屋に内線をしたのに出なかったと言った。

ヨンファと済州島と釜山観光に行っていたと伝えた。

私「社長、ご飯食べに行きますか?」と言うと

社長は「悪いね」と言って彼女と二人でベッドルームで着替えて来た。

私は社長の彼女に「何が食べたいですか?」と尋ねると「和食」と言ったのでホテル内の日本料理店に行った。

メニューを広げて「どうぞ、好きな物を頼んでください」と言うと二人とも欠食児童のように食べ切れないんじゃないかと思うほど頼んだ。

ヨンファにも好きな物を頼みなと言って私も注文して食べた。

社長と彼女は明日まで部屋で寝ていると言ったので明日の朝の朝食時間を8時に決めて「また迎えに来ますから一緒に朝食を食べましょう」と言ってホテルを後にした。

私は前回も今回もカジノで一銭も落としていないが一緒に来た人が落としてくれたので私は使わなくても良いだろうと思った。

ヨンファのアパートに戻ってシャワーを浴びてその後は旅の疲れで朝まで眠ってしまった。

明くる朝、ホテルに向かい社長と彼女そしてヨンファと朝食を取り、ヨンファとは別れた。

飛行機の時間まで喫茶室にいてお土産をもらって帰国した。

つづく

いつもご協力ありがとうございます







にほんブログ村 大人の生活ブログへ




にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ 

スポンサーサイト
[PR]

PageTop

韓国 ヨンファ 41話 思いがけない訪韓-4

(エッチな描写はありませんので読み飛ばして下さい)

6時になっても社長と彼女は現れなかった。

フロントから内線で社長の部屋に掛けて貰うと今、降りてくるとの事だった。

社長「ゴメン、寝ちゃったみたいで」と言って言い訳をしていた。

私「日頃の仕事でお疲れなんでしょう」と言った。

ヨンファの車で海鮮料理中心の韓国の家庭料理屋へ行った。

店内に通されて席に座ると社長が店員に「ビール!」と威張った口調で言った。

その注文の仕方を見て社長はこういう人なんだと思った。

私は基本的には人にご馳走になるのは好きではなかった。

何故なら自分の好きな物を頼み難いからだった。

社長は「好きな物頼んで」と言われたが私もヨンファも躊躇した。

とりあえず私は「トウモロコシのお茶で」と言うとヨンファも「同じで」と言ってヨンファが店員さんに伝えてくれた。

メニューを見ても韓国語だったので社長も彼女もそして私も分からなかった。

社長が「ヨンファさん、悪いけど適当に海鮮料理を頼んでくれない?」と言った。

ヨンファは私に「良いの?」と聞いて私が「良いんじゃない」と言うと数品頼んだ。

韓国のお店はどこも10皿ほどのキムチがテーブルに並ぶ。

社長は「後3品ぐらい食べられるでしょ?だから頼んで」と言ってヨンファが選んで頼んだ。

料理が運ばれてくる間に社長は何度も店員に「ビール!」と偉そうな態度で注文していた。

私とヨンファそして社長の彼女もその度に嫌な顔をした。

私もヨンファも店員に注文する時はそんな偉そうな注文はしない。

一気にその場の空気が重苦しくなるしスマートじゃないからだ。

早く食べて帰りたかった。

食べ終わって社長に「ご馳走様でした」と言って店を出ると社長は「もっと高い店に連れて行ってくれれば良かったのに」と言った。

私はヨンファが気にすると嫌だったので「すみません、私が彼女に地元の人が集まる安くて美味しい店と指定しちゃったから」と言うと、

社長は「気にしなくて良かったのに」と言った。

料理は全て綺麗に食べてその度の「美味しい、美味しい」と言っていたのだから、社長からヨンファに「美味しくて良いお店に連れて来て貰ってありがとう」ぐらい言って欲しかったが、社長はそういう人なんだと思って割り切った。

社長たちをホテル送って私たちはヨンファのアパートに帰った。

車中でヨンファに「社長があんな事言ってゴメンね」と謝ると

ヨンファは「気にしていないから大丈夫」と言った。

つづく

いつもご協力ありがとうございます







にほんブログ村 大人の生活ブログへ




にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ

PageTop

韓国 ヨンファ 40話 思いがけない訪韓-3

彼女の横に寝て膣口に指を入れると既に大洪水の愛液が流れていたので指で掬い取ってクリを擦った。

「あぁ・・・・」と言いながら腰を上下して悶えた。

10分ほど続けていると「イッちゃう、イッちゃう、イクッ、あ、あん、イクッ、○×▽■!?▲■○×!・・・・」とアクメに達しイッた。

彼女「お願い、入れて」と言ったので私は彼女の片方の脚を抱えて上に上げて松葉崩しの体勢でペニスを入れて15分ほど腰を動かした。

「あぁ、奥に、奥に入る、イイ、イッちゃう、イクッ、あ、あん、イクッ、○×▽■!?▲■○×!・・・・」とアクメに達しイッた。

彼女が静まるのを待って私は「シャワー浴びよう」と言った。

彼女は先にバスルームに行って私のバスタオルと歯ブラシを出してくれた。

一緒に歯を磨いて一緒に身体を洗ってシャワーを浴びて身体を拭いて二人でベッドに寝た。

彼女にキスをして69の体勢になってお互いの陰部を舐め合った。

彼女をベッドの脇の壁に手を付かせて後ろから膣にペニスを挿し込んで15分ほど腰を振っていると彼女は「イッちゃう、イクッ、あ、あ、イク、○×▽■!?▲■○×!・・・・」とアクメに達しイッた。

彼女をベッドの上に仰向けに寝かせて脚を私の肩に担いでペニスを膣に入れて腰を10分ほど休まず振ると「イッちゃう、イクッ、あ、あん、イクッ、○×▽■?▲■○×!・・・・」とアクメに達しイッた。

彼女の興奮が静まったのを確認して私もイキたくなったので彼女を起こして座らせて彼女の口にペニスを突っ込んで頭を抑えてイラ○チオをして腰を振った。

私「ヨンファ、イクよ、イク、あぁ、イクッ、イクぅぅぅ・・・・」と言って彼女の口の中に大量のザーメンを射精した。

彼女は4回に分けてゴクン、ゴクン、ゴクン、ゴクンと飲み込んでくれ、ペニスを舌で綺麗に掃除してくれた。

またシャワーを二人で浴びてホテルのフロントに行って社長たちを待った。

つづく

いつもご協力ありがとうございます







にほんブログ村 大人の生活ブログへ




にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ

PageTop

韓国 ヨンファ 39話 思いがけない訪韓-2

社長がノックして彼女と入ってきた。

私は「どうしたんですか?」と言うと、

社長「電話じゃ悪いと思ったので」と言ってヨンファと私に向かって「部屋まで代えてもらってゴメンね、だから夕飯は私がご馳走したいと思って」と言った。

私「気にしないで下さい、私はこれから彼女のアパートに行きますから」と言った。

社長「私の気が済まないから夕食だけは出させてよ」

私「そこまで仰るならご馳走になります」と。

社長「じゃぁ、6時にフロント前で」

私「車はどうします?」

社長「タクシーがあるじゃない」

私「カジノで送迎してもらいますか?」

社長「そこまでしてもらったら私の立場がないから」

私「じゃぁ、ヨンファの車で」

社長「甘えてもイイのかなぁ?」

ヨンファ「全然大丈夫ですよ、気になさらないで下さい」と。

社長「じゃあ、6時ね」と言って彼女と帰って行った。

また暫くすると内線があって社長「そう言えば店を決めてなかったけど」

私「社長と彼女の好き嫌いを教えてください」

社長「彼女は肉がダメ」

私「じゃぁ、海鮮関係だったら大丈夫ですか?」

社長「それで探してくれるかなぁ?」

私「ヨンファに頼みますから大丈夫ですよ」

社長「何から何まで悪いね、彼女に宜しく伝えて」と

私「はい」

ヨンファに頼んで海鮮料理で地元の人が集まる安くて美味しいお店に予約するよう頼んだ。

夕方の5時半までヨンファのアパートで過ごした。

私が来るのが分かっていたからかもしれないが綺麗に整理整頓されていて私との写真が何枚も貼り付けられていた。

店を閉めた話しをしたら彼女は「勿体無かったね」と言ったがそれ以上は言わなかった。

彼女も「今、日本語学校に通っていて真剣に日本語を勉強しているの」と言った。

彼女にキスをしてギュッと抱き締めた。

彼女も私の首に腕を回してきてキスに応じた。

長い長いキスをした。

彼女の上着を捲り上げてブラ越しから乳房を揉んだ。

「あぁ・・ん」

ブラを外してたわわに実った乳房を直に揉んで乳首を指先で弄った。

「あん・・・・あん」

乳輪の回りを舌でなぞり乳首を吸って軽く噛んだ。

「あん、あん、あん」

スカートのジッパーを外して脱がしストッキングとガードルそしてパンティを脱がして全裸にさせた。

彼女を床に寝かせて私も全裸になって69に体勢になってお互いの陰部を舐め合った。

つづく

いつもご協力ありがとうございます







にほんブログ村 大人の生活ブログへ




にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ 

PageTop

韓国 ヨンファ 38話 思いがけない訪韓

店を撤退してから燃え尽き症候群に襲われ、預金も底を着いて、今まで住んでいた風呂付のアパートの家賃も払えなくなって、隣の部屋で自殺したと言われているアパートの部屋を借り、引っ越しました。

もうこの時は背に腹は変えられないほどの酷い有様でした。

何をやるのも億劫で兎に角、アパートの部屋と定食屋のオバサンの店の往復が私の日課になっていました。

山梨の真由美の合宿所に行く少し前に定食屋の常連さんだった大森駅東口でパブを営む社長から手伝って欲しいとの依頼があったが断って山梨に行ったが、真由美と喧嘩になってとんぼ返りしたその日の夜にまたその社長から依頼された。

その時に定食屋のオバサンからも頼まれたので断り切れずに次のコックさんが入るんまでとの約束でお手伝いする事になった。

店は夜だけの営業で店内は6席の小さな半円のカウンターが5卓ほどありカウンターの中には男好きするようなそこそこ美人系の女性が居てその周りにお客さんが座って女性の接待で酒を飲むというスタイルの店だった。

お客さんは全員当然のごとく男性でそのカウンターの中の女性の事が気に入っている人が集まる。

そのカウンター嬢の気を引きたいからボトルも一番高い物を入れて料理もカウンター嬢が食べたいと言えばドンドン注文が入った。

更にお客さんが美味しいと言えばカウンター嬢も休み時間に自分で自腹で注文して食べてそれが美味しいと分かればまたお客さんに勧めて注文が入るという好循環が繰り返された。

この店は夕方6時から12時までの店だったので身体的には楽だった。

折角請け負ったんだから売上を上げてあげたいと思って全メニューを手作りにして、メニューは全て任されていたので全メニューを変えレシピと原価計算書を作って社長に差し上げた。

通常は夕方の5時に出勤すれば良かったらしいが暇だったので昼食をオバサンの店で食事してから直ぐに出勤して仕込みした。

2ヶ月後には料理の売上が今までの2倍になり3ヶ月目には3倍になり売上が鰻登りで上がって行った。

料理の売上が5倍になった時にオバサンが社長と約束して提示した1ヶ月50万円の給料にしてくれた。

定食屋のオバサンは社長から聞いたのか「流石だね、依田さんは」と褒めてくれた。

私「オバサンの紹介だし給料もオバサンが提示してくれた金額になったのでオバサンに何かプレゼントするよ」と言うと

オバサン「依田さんのその気持ちだけで十分よ、それよりも・・・・・」

私「分かったよ、その内ね」と言った。

社長にも可愛がってもらって連休には旅行にも連れてってもらい、5月の連休前に「依田くん、韓国に行った事ある?」と聞かれた。

私「ありますよ」と言うと「また行きたくない?」と言われたので「行きたいですね」と答えると「じゃぁ、パスポート用意しておいて」と言われた。

行く日時と泊まるホテルはいつもと同じなんで直ぐにヨンファに電話して伝えた。

当日、空港に着くと社長は店の女性と一緒に来ていた。

私「社長、おはようございます」と挨拶すると社長は「うちの(小指)と店の子たちには内緒だよ」と言って彼女を指差した。

私「子供じゃないですから分かってますよ」と言い、「私も向こうに彼女がいますから定食屋のオバサンやお客さんそして店の子には内緒にしてくださいね」

航空券を渡されるとビジネスクラスだった。

社長「あれ?いつもエコノミーなのに」と言った。

彼女も「いつもそうよね」と。

私「え、そうなんですか」と言うと

社長は「おかしいなぁ」と言った。

私「じゃぁ、ラウンジに行って待ちませんか?」と言うと

社長は「ラウンジなんかあるんだ」と。

私「航空会社毎にファースト、ビジネスクラス専用のラウンジがあるんですよ」と言うと

社長「へぇ~、知らなかった、依田くんは入ったことあるんだ」と驚いた。

私「行く時はいつもですよ、行きましょう」と言って連れて行った。

恐らく気を使ってくれたんだろうと思って向こうに着いたら担当者にお礼を言おうと思った。

放送があってエコノミークラスの人が並んでいる横を私たちは素通りして飛行機内に乗った。

社長も彼女も何だかウキウキしていた。

シートに座ると社長と彼女は「これがビジネスのシートだね」と言ってはしゃいでいた。

金浦空港に着くと担当者が来て「お待ちしておりました、お車はこちらです」と言って案内されると、

社長と彼女は「バスじゃないの?」と言った。

担当者は「リムジンですが」と怪訝そうに答えた。

車に乗ると社長が「いつもと違うんだよな・・・・」と怪訝そうに言うと担当者が「依田社長とご一緒とお聞きしたので」と言った。

社長は「依田くん、君はいったい何者なの?」と。

私「はい、ただの料理人ですよ」と答えた。

ホテルに着くとフロント脇の小部屋に通され持って来た金の申請をした。

社長は彼女と合わせて200万円と私は100万円と言った。

事実、100万を掻き集めるのもの時期は苦しかった。

部屋のキーを渡されたので社長の部屋を聞くと普通だと言われたので私の部屋のキーと社長と彼女に分かるように交換した。

フロントの前にはヨンファが待っていた。

とりあえずヨンファと部屋に行って内線で社長の部屋に電話を入れた。

社長は「今電話しようと思ったんだけど部屋もいつもとは違うんだよ」と言った。

私は「良くなったのですか?」と聞くと

社長は「滅茶苦茶グレードが上がって彼女も大喜びなんだよ」と。

私「それは良かったじゃないですか?」

社長「依田くん、悪いな」と言ったので

私は「いつもお世話になっていますから」と言った。

社長は「依田くん、一人で寂しくないかい?」と言われたので

私「彼女が来ていますから大丈夫ですよ」

社長「今から君の部屋に彼女と行ってイイかい?」と。

私「構いませんけど狭い部屋ですよ」

社長「今から行くね」と。

つづく

いつもご協力ありがとうございます







にほんブログ村 大人の生活ブログへ




にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。