FC2ブログ
 

官能私小説ノート

山梨 合宿所の女将 真由美 26話 精液の要求

乱暴に腰を突き上げると「あぁ・・・・、もっと・・・・、強くぅ・・・・、壊れちゃいそう・・・・」

「イッちゃう、イッちゃう、イクッ、イク、あぁ、イクぅ・・・・・」と真由美は腰を上下に波打たせアクメに達しイッた。

暫くそのまま彼女の上に乗ったままにして彼女の息が静まった頃合を見て「身体を洗おう」と言って彼女を抱きかかえて起こし洗い場に行った。

彼女は私の身体を洗ってくれた。

私は脱力感が残っていたのでそのまま湯船に浸かった。

彼女は自分の身体を洗ってから一緒に湯船に浸かった。

彼女の大きな乳房を後ろから揉んだ。

子を産んでいない身体なのに乳首は黒くサクランボ程の大きさでグロテスクだった。

それがまた艶かしくて興奮を助長させた。

こちらに向かせて乳首をチューチューと吸った。

「あん、ダメッだってば・・・」と身体をよじる。

「ダメなんだ、そうなんだ」と言って唇を離すと「意地悪なんだから」と言った。

浴槽の縁に両腕を掛けて腰を持ち上げて彼女にフェラをさせた。

フェラをしながら私の目を見た彼女は「エッチ」と言って目を反らせた。

私は笑いながら「スケベ」と彼女に言い返した。

亀頭を銜えて口を萎めて上下に振ってカリ首を舌の先で舐め回してまた亀頭を銜え軽く歯を立てる。

私は「うっ」と声を上げる。

舌の先でペニスの先から根元まで舐め上から下まで何度も繰り返す。

私は「うっ、あ、うっ」気持ち良さで声を上げる。

彼女は私の腰を更に上げさせて玉袋を手で軽く揉んで玉袋を頬張って口の中に入れ舌を転がした。

「あぁ・・、うっ、あぁ、あ」と声を出してしまった。

彼女は私の腰を湯船に沈めて私を跨いで肉棒を自分の膣に導いて腰を前後に振り出した。

「あ・・・、気持ちイイの・・・、ずっと欲しかったの・・・」と言いながら髪を振り乱して腰を振った。

「奥に当たる・・・、奥に・・・、イイ、イイ、おかしくなりそう、イッ、イッ、イッちゃう、ぅんグぅ・・・、イグぅ・・・・」と言ってアクメに達した。

上に乗っていてもイケるもんなんだと思った。

暫くそのままにして今度が彼女を浴槽の縁に手を付かせてバックでペニスを挿入して腰を振った。

5分ほど振り腰で円を描くようにしていると「ダメッ、またイッちゃいそう、もっと奥に、奥に突っ込んで・・・イッちゃう、イグぅ、イグぅぅぅぅぅ・・・・・」と叫んで脚をガクガクさせてアクメに達した。

私も彼女の尻を掴んで「真由美、イクよ、あぁ、あ、イクッ、イクぅ・・・・・」と言ってペニスを抜いて湯の上に射精した。

真由美はその光景を見て「何で私の中でイッてくれなかったの?」と。

私「そんなのダメに決まっているじゃん」

真由美「貴方の赤ちゃんが欲しいの」

私「結婚もしていないのに、何言ってるの?」

真由美「でも子宮がそう言っているのよ」

私「これから改装して商売を始めようとしているのに子供なんて出来たら大変になっちゃうよ」と。

真由美「じゃぁ」と言い出した時を遮って私は「風呂の中で話す話しじゃないから出よう」と言って洗い場に出て彼女にシャワーを浴びさせて自分も浴び風呂の栓を抜いて脱衣場で身体を拭いた。

拭き終わって彼女を抱っこしてベッドに寝かした。

真由美「商売が落ち着いたら貴方の精子をくれる?」

私「まだそんな事言っているの?その話しは止めて今日はただ楽しもう」

真由美「これを解決しないと私は楽しめないの」

私「わかったから」

つづく

いつもご協力ありがとうございます







にほんブログ村 大人の生活ブログへ




にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ 


PageTop

山梨 合宿所の女将 真由美 25話 退社数日後に山梨へ

私自身の独立開業で必要になると思ったので中古の軽ワゴンを買った。

その車で山梨に向かった。

真由美「待っていたわ」

私「お待たせいたしました、あれ、息子さんは?」

真由美「今日、依田さんが来るって言ったから気を使って友達の家に泊まりに行ったの」

私「何で?」

真由美「シェフは退職したばかりで疲れているだろうから今日はママとゆっくりしてもらいたいから僕は友達の家に泊まるって言って行っちゃったの」

私「そうなんだ、気を使ってもらって申し訳ないね」

真由美「これからどうする?」

私「まずは腹が減っているから何か食べたいんだけど」

真由美「息子が試作で作ったトマトソースがあるんだけどスパゲティーでも作ろうか?」

私「サラダの野菜と冷ご飯とピザのチーズある?」

真由美「あるわよ」

私「じゃぁ、自分で作るから出して?」

サラダの野菜は千切って水に晒して笊にのせて水を切ってボールに入れて塩、荒引きブラックペッパーを振り撒いてオリーブオイルとレモンを絞ってサラダの出来上がり。

冷ご飯を電子レンジに入れて温めて、フライパンにオリーブオイルをたらしてニンニク、玉ねぎ、にんじん、ベーコンを刻んだモノを炒めてご飯を入れて炒めてトマトソースを絡めてチーズを入れて塩コショウして出来上がり。

皿に盛り付けてバジルの葉を千切って乗せて完成。

真由美「美味しそうだから私も食べたい」

私「イイよ、一緒に食べよう、真由美ワインある?」

真由美「あるわよ、白と赤どっちがイイ?」

私「白かな」

二人で再会を祝して乾杯をした。

食卓に向かい合って座って食べた。

真由美は「美味しいね、こんなに簡単に作れちゃうんだね」

私「腹が減り過ぎていたから早くできる物がイイじゃない、食べ終わったら風呂に入りたいな」

真由美「じゃあ、今沸かしてくるね、食べてて」

私「悪いね」

食事が終わって二人で脱衣場へ

服を脱ぐ前に彼女にキスをした。

彼女に会うのさえ久しぶりだったので服の上から乳房を揉んだ。

彼女の手は私のスラックスの上から半立ちになっていたペニスを握った。

彼女は私の前に膝ま付いてスラックスとトランクスを下ろしてフェラをしだした。

「欲しかったの」と言ってペニスを掴んで亀頭を銜え扱いた。

私は彼女の頭を手で押さえてイラ○チオをして射精は我慢して彼女のパンティを下ろしてクンニした。

小便と裾腋臭が混ざったエロいニオイがして私の興奮を更に増幅させた。

彼女の上に身体を乗せてそのニオイが付いた口で彼女にキスをして舌を絡めて服の上から乳房を弄った。

彼女は強姦されているかのような錯覚になって「犯して、もっと乱暴に、犯して・・・・・」と叫んだ。

私は彼女の脚の間に身体を入れて一気に膣へペニスを挿し込んで腰を振った。

「もっと乱暴にして・・・・あっ、あっ、あ、あ、あ、あっ」と言いながら私の腰のリズムに合わせて彼女も腰を振った。

つづく

いつもご協力ありがとうございます







にほんブログ村 大人の生活ブログへ




にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ 

PageTop

山梨 合宿所の女将 真由美 24話 その後の報告

(エッチな文章がないので読み飛ばして下さい)

厨房屋から依頼していた最終の見積書が2通送られてきた。

同じ物を山梨の真由美の所にも送ったと言った。

やはり仕事が出来る会社は何事も早くて正確だ。

真由美から電話があり、設計士から電気、ガス、水道の施工業者を3社づつ紹介して頂き、見積書を上げてくれると言っていたと言う。

段々に改装工事の全容が着実に明らかになって見えてきたと嬉しそうに言い「依田シェフのお蔭」と言ったので「そんな事ないよ、まだまだこれからだよ」と言った。

私の退職に関しても次のシェフが既に店に入社していて今、仕事を引き継いでいる途中だと告げた。

彼女は「じゃぁ、もう直ぐこっちに来て頂けるのね」と。

私「後、1~2週間もあれば」と。

彼女「依田さんがこっちに来てくれれば頼りになるし色々な心配事も無くなるから嬉しいわ」

私「後は運転資金も計算しなくちゃいけないし、全業者から見積が上がってきたら銀行に提出する事業計画書などの書類も作らないといけないし、過去二年分の決算書も用意してから事前に取引銀行に行って相談だけしてみてよ」

彼女「えぇ・・・、依田さんが来てからじゃダメかなぁ?」

私「俺が借りるんじゃないんだから息子と二人で行ってきなよ、別に銀行に行ったからって虐められる訳じゃないし、銀行は貸して何ぼの会社なんだから親切に教えてくれるよ。そして出来れば2行に行くとイイね。そしてもう1行は国民金融公庫もね。少しでも金利が低くて出来れば長期で借りられる所がイイね」

彼女「依田さんが来れるの後、1~2週間後でしょう?その時に行くから今は依田さんを待ってる」

私「じゃぁ、息子に代わって」

彼女「うん、今代わるね」

私は息子に今、真由美に話した事をそのまま伝え、将来は二人で経営するのだから真由美の手を引いて君が銀行2行と国金に行って相談してくる事を伝えると、

息子は「分かりました、行ってきて報告します」と頼もしい言葉が返ってきた。

後日、息子から連絡が入って電気、ガス、水道の業者から見積書が上がってきたので郵送すると言われたがもう直ぐそちらに行けそうなのでその時に相談しようという事になった。

融資関係は銀行2行より国金の方が金利が低いが返済期限が5年で取引銀行は金利がやや高く返済期限が7年だったそうだった。

私は息子にもう一回、取引銀行じゃない銀行に行って金利を下げてもらう交渉をして下がった時点で再度、取引銀行に行って金利を下げてもらう交渉をした方が良いと伝えた。

また設備資金と運転資金を借りなくてはいけないので出来れば同じ金融機関で借りた方が良いとも伝えた。

息子は「もう一度行って交渉してみる」と言った。

息子さんは段々、逞しくなってきて嬉しかった。

つづく

いつもご協力ありがとうございます







にほんブログ村 大人の生活ブログへ




にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ 


PageTop

山梨 合宿所の女将 真由美 23話 設計士と打ち合わせ

私の想像した通りの展開で打ち合わせが始まって終了した。

(紙面) 打ち合わせの流れ

1.名刺交換

2.設計士さんが描いた図面と見積金額の説明をする。

3.真由美が設計士さんが書いた見積書と2度目の見積書と3度目の見積書をテーブルの上に置く。

4.2枚目の見積書は設計士さんの図面を元にこちらの依田さん(私)が東京の厨房屋さんに依頼して書いて頂いた見積書ですと説明し設計士に見せる。(同じ図面なのにこんなに金額が違うとは絶対に言わない)

設計士の顔色が大きく変わった。

5.3枚目の見積書は2枚目の見積書では新品の機材を入れる予定の見積金額でしたが製造3年未満の中古の機材を入れた場合の見積書ですと言って設計士さんに見せる。

設計士の顔色が更に変わった。

6.設計士さんに図面と管理料を支払うので完成まで管理してほしいので、新たにそれらの見積書を提出して頂きたい。

設計士は「はい、分かりました、近日中にお持ちします」

7.電気工事、ガス工事、水道工事は地元の業者さんにお願いしたいので設計士さんがお付き合いのある信頼できる3社づつご紹介を頂きたい。

設計士は「見積と一緒に名簿を提出いたします」

8.ガス工事はこの辺はプロパンなので設備はガス屋がやってくれると思うけど、設備の減価償却期間を見積書に記して頂きたい旨は設計士さんから伝えてほしい。

設計士「はい、私の方からガス屋には伝えます」

9.その他、現存の厨房機材で使える物は全て使うのでその旨はご理解頂きたい。

設計士「はい、厨房屋さんと相談させて頂きます」

10.「それでは宜しくお願い致します」とお互いに握手して終わった。

設計士が帰ってから真由美と息子は「緊張したね」と言っていたが初めての難関を難なく越えられてほっとしていた。

真由美「2冊目の見積書を見た設計士さんの顔ったら凄かったよね」と言って笑うと、

息子「何じゃこれ?嘘だろ!ってな顔をして赤くなって上気していたよね」と言って笑った。

私は「今回の事は設計士のプライドをズタズタにされたから今後はズルはしないと思うよ、ズルすると格好悪いもんね」と。

私「後は厨房屋に再度俺の方から説明して見積書を貰って送らせるから」

真由美「色々、すみません」

息子「シェフ、ありがとうございます、じゃぁ僕は友達の所にでも行くかなぁ?」

私「あのさ・・・、今日はここで一緒に過ごそうよ、俺もママとそんなにセックスしたら死んじゃうからさ」って言ったら真由美は「バカ」と言って息子は「そうかもね」と言って爆笑した。

3人で夕食の買い物に行って3人で食べて寝て朝を迎えて朝食を食べて帰京し電話で厨房屋に連絡し説明し見積書を再提出してもらった。

つづく

いつもご協力ありがとうございます







にほんブログ村 大人の生活ブログへ




にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ 


PageTop

山梨 合宿所の女将 真由美 22話 設計士と打ち合わせ当日の朝

朝方息子は友人宅から帰宅した。

朝食を3人で食べた。

真由美「設計士さんとの交渉は全てシェフにお任せするのでお願いするわ」

息子「お願いします」

私「ダメですよ、自分たちの店なんですからまずは自分たちでやらないと」

真由美と息子は自信がないと言った。

私「資料は揃えたんですから後はコレ」と言ってバッグから紙面を出して説明した。

私「これには打ち合わせでこちらが主導権を握る方法を書いてあるから良く目を通しておいてね」

(紙面) 打ち合わせの流れ

1.名刺交換

2.設計士さんが描いた図面と見積金額の説明をする。

3.真由美が設計士さんが書いた見積書と2度目の見積書と3度目の見積書をテーブルの上に置く。

4.2枚目の見積書は設計士さんの図面を元にこちらの依田さん(私)が東京の厨房屋さんに依頼して書いて頂いた見積書ですと説明し設計士に見せる。(同じ図面なのにこんなに金額が違うとは絶対に言わない)

5.3枚目の見積書は2枚目の見積書では新品の機材を入れる予定の見積金額でしたが製造3年未満の中古の機材を入れた場合の見積書ですと言って設計士さんに見せる。

6.設計士さんに図面と管理料を支払うので完成まで管理してほしいので、新たにそれらの見積書を提出して頂きたい。

7.電気工事、ガス工事、水道工事は地元の業者さんにお願いしたいので設計士さんがお付き合いのある信頼できる3社づつご紹介を頂きたい。

8.ガス工事はこの辺はプロパンなので設備はガス屋がやってくれると思うけど、設備の減価償却期間を見積書に記して頂きたい旨は設計士さんから伝えてほしい。

9.その他、現存の厨房機材で使える物は全て使うのでその旨はご理解頂きたい。

10.それでは宜しくお願い致します。以上

私「この紙面と図面そして3冊の見積書、そしてメモ用紙とペンを用意しておき、実際の打ち合わせの際には真由美も息子さんも堂々としている事ぐらいかな、そうすれば設計士さんはグーの音も出ずにこちらのペースに飲まれて上手く行くと思うよ」と。

つづく

いつもご協力ありがとうございます







にほんブログ村 大人の生活ブログへ




にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ 

PageTop