FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

独立開業 15-16話 美緒(取引先・33才)

(エッチな表現がないので読み飛ばして下さい)

飛行機の中に入ると二階席にCAから案内された。

黒いシートが横たわっていて崇がまた「凄いですね・・・」とはしゃいだ。

私は「お前なぁ、あの場面で社長に言ったら失礼だろ!」と言うと、

崇「すみませんでした」と。

空港に着く前に持参金や旅の目的の用紙を渡されたんので皆に「俺の見本通り書いて」と言って書かせた。

金浦空港に着くと担当者が待っていてリムジンに乗ろうとしたら佐藤社長とご友人が走ってきたので「一緒に」と言って一番良い席に座って頂いた。

息を切らせた社長は「私とはランクが違ったんですね」と。

私「私も知らなかったんです、ランクがあるなんて、ただ私と私を紹介して下さったオーナーとはかなりの格差があるのは知っていましたが」と。

私「いずれにしても折角の休みですから楽しみましょう、それで2日目の昼はソウル市内の観光を予定しているのですが、社長さんたちも如何ですか?」と言うと、

社長「ご一緒させて頂けるなら是非、お願いします」と。

私「それと・・・言い難いのですが(小指を立てて)はどうしましたか?」と尋ねると

社長「向こうに行ってから調達しようかと思っていたんです」

私「じゃぁ、私が調達してあげますから任せておいて下さい」と言うと

社長「良いんですか?そこまでお世話になっちゃって」

私「日本では私がお世話になるので大丈夫ですよ」と言うと社長とご友人は嬉しそうだった。

ホテルに着くとフロント横の小部屋に通された。

所持金の報告をするとキーが渡された。

ロビーでヨンファと3人の女性が待っていた。

ヨンファにキーを渡して「後2人頼んで、一人は総料理長の彼女」と言うと「うん、分かった」と言って電話を掛けに行った。

佐藤社長とご友人の部屋番号を聞いてメモした。

佐藤社長とご友人には「後で女性を向かわせますから」と言うと「ヨロシク」と言ってベルボーイと部屋に行った。

ヨンファが帰ってきて「頼んだから部屋に来るみたい」と言った。

3人の女性をヨンファが紹介してくれたので3人の従業員に「はいジャンケンして勝った人から好きな子を選んで」と言った。

一番に勝ったのが支配人でその次が崇で順番に選んだ。

私は「夕方6時まで自由時間でその後夕食は外に行くからここに集まるように」と言って別れた。

つづく

出会い系サイトはこちらからどうぞ!

チャット系サイトはこちらからどうぞ!

チャットレディ・その他求人サイトはこちらからどうぞ!

●いつもご協力ありがとうございます



スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

PageTop

独立開業 15-15話 美緒(取引先・33才)

(エッチな表現がないので読み飛ばして下さい)

従業員全員に「社員旅行で韓国に行きたいか?」と尋ねると全員行きたいと二つ返事だった。

「ただ条件がある」と言うと崇が「条件って何ですか?」と聞いてきたので「使わなくて良いから100万円持って来れる人のみ」と言うと「大丈夫です」と全員、答えた。

事前に私はカジノの事務所に電話を入れて「佐藤水産の社長も行く事になっていると思いますが」と言うと「はい、2名様で承っています」と、「うちは4名で行くので航空券と部屋をお願いします」と言った。

ヨンファと地元の友人に電話してヨンファには行く日にちを伝え友達を3人用意して欲しいと頼み、地元の友人に電話して二日目にソウル市内の観光をしたいから個人タクシーを貸し切りたい旨を伝えた。

3連休は店を休んで店頭に「勝手ながら社員旅行の為、3日4日5日を連休致します。またのご来店をお待ちしております」と張り紙を出した。

当日、私を入れて厨房3名と支配人とで4名で空港に向かった。

空港に着いてラウンジに行くと崇が「もしかしてビジネスクラスですか?」と聞いてきたので

私「いや、ファーストクラスだよ」と言うと

崇「え・・・、初めてです、社長ありがとうございます」と言ったので、

私「俺じゃないんだよ、100万円持って来ただろ?カジノがしてくれたから向こうに行ったら担当者の方にちゃんとお礼を言ってね」と。

崇「いずれにしても初体験なので嬉しいです」

ラウンジで佐藤水産の社長を待っていたが来なかった。

ファースト、ビジネスクラスの案内が放送されたので搭乗口に行くとエコノミークラスの人たちの中に佐藤水産の社長とご友人がいらした。

私「社長はこちらにいらしたんですね、待っててもいらっしゃらないので」と言うと、

社長「エコノミーじゃなかったんですか?」

崇「ファーストです」と言ったので

私は「余計な事口出すな!」と叱った。

私、もうこうなったら仕方ないので「ではお先に」と言って搭乗した。

私は最初からビジネスだったのでカジノのメンバーでもエコノミーがあることを知らなかった。

またあの社長は私の事を「生意気な奴」だと思っただろうなと心配した。

先に教えてくれれば同じクラスの旅券を取って上げたのにと思った。

つづく

出会い系サイトはこちらからどうぞ!

チャット系サイトはこちらからどうぞ!

チャットレディ・その他求人サイトはこちらからどうぞ!

●いつもご協力ありがとうございます




PageTop

独立開業 15-14話 美緒(取引先・33才)

(エッチな表現がないので読み飛ばして下さい)

明くる日に河岸に行って美緒の店に行くと既に彼女が待っていて「コーヒーをどうぞ」と言ってウインクして手渡してくれ崇にも手渡した。

崇「ね、僕の言った通りでしょ?、毎回コーヒーが出てくるって」と言って笑った。

私「ホントだね」と言った。

社長が飛んで来て「昨日はうちの娘がお世話になりました」と。

私は社長に何処まで言ったのか心配になったけどマサカねぇと思っていた。

社長「依田社長も韓国のメンバーだったんですね」

私「はい、独立する前の会社のオーナーに連れられて」

社長「今度ご一緒させて下さい」

私「はい、それは構いませんが」

社長「じゃぁ、来月の連休当たりはどうですか?」

私「店の予約の状況を見てご連絡します」

美緒「じゃあ、私も」

社長「女の行く所じゃないから」

美緒「ママに言っちゃおうっと」

社長「依田社長に連れてってもらえば」

私「社長、何をバカな事言うんですか?勘弁してくださいよ」

社長「美緒は出戻りだし子供じゃないから」

私「この話しはダメですよ、うちの従業員もいるんですから」

崇「何の話しですか?、韓国行った事ないな・・・、社長連れて行って下さいよ・・・」

私「じゃぁ、社員旅行がてら店休んで行っちゃおうか?」と。

私は店に戻って社長に電話した。

私「向こうに彼女がいるので美緒さんは連れていけませんので社長が連れて行って下さい」と言うと「今回は美緒は止めておこう」と言ってくれたので事無きを得た。

つづく

出会い系サイトはこちらからどうぞ!

チャット系サイトはこちらからどうぞ!

チャットレディ・その他求人サイトはこちらからどうぞ!

●いつもご協力ありがとうございます



PageTop

独立開業 15-13話 美緒(取引先・33才)

シャワーを浴びて身体を拭いてテーブルに手を付かせて後ろから膣にペニスを挿し込んで腰を振った。

「あん、あ、あ、あぁ・・、あ、あ、あぁ・・」と私の腰のリズムに合わせて声を上げた。

乳房を後ろから揉むと「あぁ・・・、感じるぅ・・・」と言いながら悶えた。

彼女は自分のクリに右手を置いて擦っていた。

5分ほど休まず腰を振っていると「イッてイイ?」と。

私「うん、イッてぇ」

「またイッちゃいそう、あぁ、あ、イッちゃう、イク、イク、あぁ、ぅんグぅぅぅ・・・、イグぅぅぅ・・・・・・」と彼女は切ない声を上げて脚をガクガクと上下に震わせてアクメに達しイッた。

暫くそのままの体勢でいて彼女が静まるのを待って私の前にひざま付かしてペニスを銜えさせてフェラをさせた。

一生懸命に舌を使って舐めてその後、ペニスを高速で扱いて玉袋を手で優しく揉んでいる時の真剣な顔が愛おしかった。

10分ほどされていると「美緒、俺、イキそうなんだけど」と言うと、

「私の口の中でイッてぇ・・・」と言いながら銜えて扱いた。

「美緒、イクッ、あ、あぁ、イクぅ・・・・・・」と言って彼女の頭を抑えて腰を振って射精した。

先ほどよりは量が少なかったが彼女は上目使いで私を見上げて口を開いて白い液体を見せた。

そこそこの量があった。

彼女はゴクンと一気に飲み込んで口を開いて見せた。

私は「ありがとう」と言うと彼女も「ありがとう」と言った。

抱き上げてキスをすると彼女も舌を絡めてきた。

服を着て帰りに横浜に寄ってグランドホテルでお茶をした。

車中で「社長は30歳より上だよね?」と聞かれた。

私は「もう直ぐ24歳」と答えると彼女は「えっ!嘘だぁ」と。

彼女「30歳過ぎだと思ってた」

私「どうして?」

彼女「だって身のこなしもスムーズだしセックスも上手だし」と。

私「皆に30過ぎてるって言われるんだけどそんなに老けて見えるのかなぁ?」

彼女「落ち着いてるからじゃやないの、それよりまた会ってくれるの?」

私「美緒が嫌じゃなければ」

彼女「私の部屋の電話番号」と言って手帳に書いて破って渡してくれ「家の電話、教えて」と言われた。

私「03724○○○○」

その後彼女を築地まで送って行き車を返して友人宅に土産と借り賃を渡しに行った。


つづく

出会い系サイトはこちらからどうぞ!

チャット系サイトはこちらからどうぞ!

チャットレディ・その他求人サイトはこちらからどうぞ!

●いつもご協力ありがとうございます



PageTop

独立開業 15-12話 美緒(取引先・33才)

暫くすると「お願い、入れてぇ!」と言われたので私は「何を?」と尋ねると、

「意地悪言わないで入れてぇ!」と彼女、

私は「何を何処に?」と言うと

意を決して「社長の・・オチ〇チンを・・私の・・オマ○コに・・入れてください」と。

私は大洪水の膣口に手をやり確認して最初に亀頭部分だけどを挿し込みその後、ゆっくりと5mmづつ、ゆっくりと奥まで挿し込んだ。

穴は最大限に開いていた。

「あぁ・・・・・、凄い・・・・・・」と言って私の腰に脚を絡めてきた。

私は最初はゆっくりのの字で円を描くように膣内を掻き回して、その後、段々にスピードを早くさせて最後には高速で5分ほど休まず腰を振ると「凄い・・・、またイッちゃいそう、あぁ、あ、イッちゃう、イク、イク、あぁ、ぅんグぅぅぅ・・・、イグぅぅぅ・・・・・・」と彼女は切ない声を上げて腰を上下に震わせてアクメに達しイッた。

私は更に高速でピストン運動をして「俺もイク、イクッ、あ、あぁ、イク、イクぅ・・・・・・・」と言って彼女の大量の精液を射精した。

彼女は自分の腹の上の精液をティッシュで拭こうとしたが量が多過ぎて何回もティッシュを取って拭いていたが拭き切れずにタオルで拭いた。

その後、私のペニスを頬張って舌で掃除してくれた。

彼女「こんなに精液って出るもんなのね、こんなだったら私飲めないかも?」と続けて、中でイッたの初めてなの」と。

私「前のご主人にはイカしてもらえなかったの?」

彼女「だって社長のように奥まで届かなかったからかな?」

私「私とした女性は皆、イクから、皆イクものだと思っていたけど」

彼女「奥の肉に当たってそこが挟まれて捩れるような感じで、それが気持ち良くてイッちゃったの」

私「女性になった事がないからその感覚が分からないんだよね」

彼女「後は、前戯にあんなに時間を掛けられたからかな?、脚の指まで舐められた事も初めてだし」

私「最初の名刺代わりの愛撫だからね、他の男性の前戯を見た事ないから、あれが普通だと思っていたけど」

その後、私は「シャワー浴びよう」と言って彼女を抱っこしてバスルームに運んだ。

つづく

出会い系サイトはこちらからどうぞ!

チャット系サイトはこちらからどうぞ!

チャットレディ・その他求人サイトはこちらからどうぞ!

●いつもご協力ありがとうございます



PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。