FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

独立開業 18-1話 薫子は33歳で夫と二人暮らし

いつも明るく振舞っていた遅番のパートの薫子が顔に痣を作って出勤して来た。

私は事務室で「その顔どうしたの?」と尋ねると「実は昨夜主人に殴られたの」と言った。

「その顔でホールに出たらまずいから今日の所は帰って」と私。

「怖くて帰れない」と彼女。

彼女の旦那は今日も家にいると言うのだ。

困った私は「お友達の家に行く事はできないの?」と尋ねると、

彼女の夫は彼女の友達全員の家と電話を知っていると答えた。

私は本当に困ったので「取り合えず今晩は厨房を手伝ってその後俺のアパートに来る?」と尋ねると、

彼女「社長が迷惑じゃなければ」と言うので「取り合えずは今日は家で」と言った。

仕事が終わって彼女を連れてアパートに帰って風呂を沸かした。

「こんなむさ苦しい部屋でゴメンね」と言うと「押しかけたのは私なんですから気にしないで下さい」と言われた。

「何か飲む?」と聞くと「何でも」と言って遠慮していたので「ビールは?」と聞くと「うん」と首を縦に振った。

冷蔵庫から缶ビールを出して渡すと一気に彼女は飲んだ。

「喉が渇いていたんだね、気が付かなくてごめんね」と言うと

彼女は「社長、そんなに私に優しくしないで」と涙を溜めて言った。

私は「何があったか知らないけど旦那さんと仲良くしないと」と言うと、

彼女「仲良くしようと10年も努力してきたけどダメなの」と。

私「10年も?」

彼女「そうよ結婚して11年になるけど良かったのは1年だけで後はずっと暴力を振るわれていたの」と。

私「10年もかぁ・・・、それは頑張り過ぎじゃないの?」


彼女「私の親が世間体が悪いから絶対に離婚しちゃダメって言っているから我慢していたんだけど」と言って服を脱ぎ出した。

私は「急に何し出すの?」と慌てて言うと

彼女は服を全部脱いで体の痣を見せた。

そこら中に青い痣があって私は本当に驚いた。

ご主人はサラリーマンで一応は働いてはいるが職場で嫌な事があると帰って来て酒を飲んで彼女に当たって暴力を振るうと言った。

店での彼女は明るくて気丈で皆から信頼を得ていたので驚いた。

取り合えず全裸になったので風呂が沸いたから入ってもらった。

彼女が風呂に入っている間にもし私が彼女と同じ立場だったら10年も我慢しないで離婚するなとか、親にもあの身体の青痣を見せたのかとかビールを飲みながら考えた。

彼女が出て来て「良いお風呂でした」と言って着てきた洋服を着ていたので私のジャージのズボンとティーシャツを貸して「これに着替えて」と言った。

冷蔵庫から缶ビールを出して「飲んでて」と言って「じゃぁ、俺も」と言って風呂に入った。

彼女はジャージのズボンとTシャツに着替えていた。

彼女にあの身体の青痣を親に見せた事があるのかと尋ねると一回も見せた事がないと言った。

私はとりあえず一回見せてみたらと言うと「明日は社長のアパートに泊まる訳に行かないから実家に行くので見せてみる」と言った。

私は「うちに泊まるのは気にはならないけど、それよりもこれ以上旦那さんに暴力を振るわれるのは良くないから離婚の方向を考えた方がイイんじゃない?」と話すと彼女は「そうする」と答えた。

ビールを飲み終えたので彼女を私のベッドに寝かせ私はベッドの下で寝た。

彼女は「社長も一緒にベッドで寝ようよ」と言ったので私は「イイの?」と尋ねると「うん」と首を縦に振った。

私は彼女が上に上げた掛け布団の中に滑り込んで背中を向けて寝た。

幾ら女好きの私でも流石に体中の青痣を見せられた女性を抱く気にはならなかった。

しかし彼女の気持ちは違っていた。

背を向けた私の背中に彼女は自分の胸を押し付けてきた。

私は「何してるの?」と訊ねると

彼女は「社長、私以前から社長の事が好きだったの、だから抱いてお願い」

私「ダメだよ、そんな事する為に泊まらせたんじゃないんだから」

彼女「私はそのつもりで来たの、それに主人とはもう5年以上その関係はないから疼いちゃって」

私「そこまで言うなら、本当にイイの?」

彼女「はい、社長お願いです、抱いて下さい、私、イキたいの、嫌な事を忘れる為に、だからイカシテ・・・」

私は背を向けていた身体を彼女の方に向けて彼女の唇に唇を合わせて舌をこじ入れました。

彼女も応じてきて舌を差し入れて絡め互いに吸い、軽く噛み合ったのでした。

私は彼女の大きな乳房は面接の時から一回揉んでみたいと思っていたのでTシャツを捲り上げて
形の良いEカップはあろう乳房を両手で優しく揉みました。

彼女は身体をくねらせて感じていたようです。

両手で揉んでいた乳房の乳首を舌で交互に転がすと「あぁ、あん、あん」と彼女は声を漏らしました。

部屋は灯りを消したままですのであの青痣は全く見えなくて良かったです。

ジャージのズボンとパンティを剥ぎ取り彼女の花園にダイレクトで舌を這わせました。

彼女は「あぁ、あん、あん、社長・・・、感じるぅ・・・」と言って脚をバタバタさせました。

私は彼女の膣口の中に舌を堅くして忍ばせました。

彼女「あぁ・・・、社長、気持ちイイ・・・」

私はもう一度舌をクリに戻しチロチロと10分ほどクンニをしていると彼女は「社長・・・、イッてもイイですか?、イッちゃう、あぁ、イッちゃう、イク、イク、イクぅぅぅ・・・・」と言って足を天高くVの字にしてアクメに達しました。

その後彼女は「社長、お願い、入れてください」と。

つづく

いつもご協力ありがとうございます



スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

PageTop

独立開業 17-9話 典子(百貨店勤務・38才)

その後、彼女は自身のパンストと下着を脱ぎ捨て、私をベッドに押し倒して「あぁ、もう我慢できないわ、貴方を私の中に埋め尽くしたいの」と言い、私の上に跨がり腰を浮かせて奮い立ったぺニスを握り、先端を自身のクリに擦り付け興奮していた。

彼女の唾液と私の自ら滲ませた我慢汁が混ざって、ヌルヌルになったぺニスを彼女自身が興奮し切ったコリコリに硬く膨れ上がったクリに擦り付けるのは相当に気持ちが良さそうで、更なる興奮を呼んでいるようでした。

そして、私のギンギンのぺニスを握って擦っている典子自身が自分のいやらしさにも酔っているかのようでした。

「イッちゃいそう、イッちゃうわ、イッちゃう、イク、イク、イク、イグぅぅぅ・・・・」と呻いてアクメに達したようでした。

その後、彼女は、暫く私の上でまどろみそのご、腰を上げてペニスを掴んでズブリと自身の中に私を挿し込んで腰を一気に下ろすと、彼女は「あぁ・・・・」と声を出し、私の胸に両手を置きました。

私も「うっ!」と唸って顔を顰めました。

典子「私が気持ちいいのね?」

彼女は生のままで激しく腰を振り、時折膣壁をキュッ、キュッと締め付けてペニスに刺激を与えました。

私は堪らない顔をして「典子、イキそうだからスキンを付けさせて?!」と言うと、

彼女は「今日は大丈夫だから中で思いっ切り出して!」と言いながら腰をクネクネと動かしていたのです。

私「典子の中で何かが動いているかのような感じがするんだけど」と言うと、

典子は腰を振りながら締め付けたりしながら、自身の中のポイントに自分で私を擦り付けて、恍惚感に浸っていました。

感じてイキそうになるのを、我慢しているのか、イカないで余韻を楽しんでいるのか、そんな感じで

私に覆い被さると、目の前にきた彼女の乳房を乱暴に掴み引っ張って乳首にむしゃしゃぶりつきました。

音をたて彼女の乳首を吸い上げ、軽く歯を立てます。

彼女は一瞬の痛みに「あっ!」と声を上げて膣中にキュッと力が入ります。

私のぺニスを締め上げるので私も乳首を咥えたまま気持ち良さから口を開いて呻き声を上げます。

「うっ、イイよ・・・」

私は反対の手でもう片方の乳首もひねり上げます。

「あっ、あっ!イイのぉっ!」と彼女も声を上げた。

乳首を甘噛みしたり、捻られるのが好きな女性が多いです。

ぺニスで膣中を思いっ切り突きながら同時にされると、快感で身悶えする女性が多いです。

「あぁん!イイ、イイのぉっ!」と悶えます。

快楽を貪る雌獣のようになって一心不乱に激しく腰を振り、「ダメ、ダメ、イッちゃいそう・・・、イッちゃう、イクイクイク、あぁ・・・・、イグぅぅぅううう・・・・」と私の上でアクメに達した。

私も「ダメだ、イッちゃいそう・・・」と言って、私は彼女を倒して上に乗り正上位で腰を振った。

私「イク、うっ、うぅぅぅううう・・・・」と言って、ドクッ、ドクッ、ドクッと彼女の中で生発射した。

この日は仕事で疲れていたので、風呂も入らずに朝まで眠ってしまったようでした。

つづく

いつもご協力ありがとうございます



PageTop

独立開業 17-8話 典子(百貨店勤務・38才)

また典子から店の予約が入った。

売り場の女性ばかり5人の予約だった。

予約の電話中にその晩にまた抱いて欲しいとの事だった。

私も彼女を抱きたかったので二つ返事でOKした。

予約の時間に来て早いスピードで食事を終えて皆を帰してカウンターの隅の席に一人で座って、グラスワインを注文して飲んでいた。

私もスタッフたちに任せられるようにシフトを事前に組んでいたので、早上がりする事が出来た。

店から出て直ぐにラブホに行くのは芸が無いので、居酒屋で少し飲んでからラブホへと向かった。

部屋に入って直ぐに私はトイレに入りました。

トイレから出てくるとベッドに座って待っていた典子は既に興奮していて、私に抱き付き、キスを求め舌を絡ませた。

その後、風呂に入っていないのに私のベルトを外してスラックスとトランクスを下ろしてフェラをし出した。

ぺニスは既に天を向いていた。

典子は私のペニスを掴んで、亀頭にむしゃぶり付いた。

小便をした直後だというのに、勃起したぺニスを最初は私を見て、その後は目を閉じて、美味しそうに舐めしゃぶります。

唾液でジュブジュブにして、音を立てて扱きながらです。

私も興奮して硬くカチカチになっていた。

玉袋を左手の掌に乗せて優しく揉んで舌を這わせ玉を口に含んで舌で優しく転がす。

手で竿を扱きながらカリに指の腹を滑らせて、気持ち良さで私の声が「うっ、うっ」と漏れるのを聴いているのです。

典子も段々に積極的になってきて、「私のフェラが好き?」と訊いてきたので、私は「うん」と返事をして頷いた。

典子は「他の女性に行きたくなくなるほど、貴方を独り占めにしたいの」と。

玉袋の皮が小さく縮んでいて、玉がキュッと上に上がってくると、典子は頬擦りしながら「あぁ、溜まっているのね」と嬉しそうに。

「遠慮なく私の口でも、マ○コにでも思いっ切りぶちまけて!」と、今まではこんなはしたない言葉は使った事がないのに、今日はやけに淫乱でした。

相当、興奮していたのでしょう。

私は腕を伸ばし典子の上着の胸の隙間から手を入れて乳首を指の腹で優しく撫でると典子の声が激しさを増して乳首がピンと立ったのです。

つづく

いつもご協力ありがとうございます



独立開業 17-7話 典子(百貨店勤務・38才)

「急にどうしたの?」と彼女。

「いつも立ち仕事でお疲れでしょう?」と私。

「そうだけど・・・」と彼女。

「今日は泊まると決まったので少しだけマッサージをしようと思って」と私。

「えっ!イイんですか?」と彼女。

私はアキレス腱を指で擦ってその後、アキレス腱のすぐ上から脚の付け根まで片方づつ丹念に両手の親指で片方の脚を10分づつ掛けて指圧した。

「痛いけど気持ちイイ」と彼女。

その後私はベッドの上に立って彼女のアキレス腱の直ぐ上から脚の付け根まで片方づつ足の裏を使って指圧した。

その後、彼女の太腿辺りに体重を掛けずに腰を下ろして尻の肉を掌で揉んだ。

「お尻も意外と凝っているのね」と彼女。

私「気持ちイイでしょ?」と。

彼女「はい、気持ちイイです」

彼女の背中も掌と指で揉み特に肩甲骨に沿って指で指圧した。

更に彼女の腕を片方づつ足の裏を使って指圧していき掌と甲そして手の指は手を使って指圧した。

彼女を仰向けにして胡坐を掻いた私の足の上に彼女の頭を置いて首と肩を念入りに指圧して口の周り目の周りを指圧して頭を指圧した。

その後ベッドの上に座らせて肩と首を徹底的に15分ほど揉んであげた。

「はい、おしまい」と言うと彼女は私に抱き付いてきて「気持ち良かったー!、素人の人にこんなにマッサージしてもらった事がないわ」と、更に続けて「本当に上手でプロ以上かも?」と。

私は彼女を寝かせてキスをすると応じてきて右手でクリを弄っていると「お願い、入れて」と言ったので私は彼女の右手をクリお上に置いて「自分で」と言って彼女の上に乗り脚を肩に掛けて腰を振った。

10分ほど振っていると「イッちゃう、イッちゃう」と切ない声を上げてその後直ぐに「イク、イク、ぅんグぅぅぅ・・・、イグぅぅぅ・・・・・」と言ってアクメに達しイッた。

彼女が静まるのを待ってティッシュで彼女の陰部を拭いて上げてそのまま全裸のままベッドで朝まで眠った。

朝、起きると既に彼女は洋服を着ていて化粧を済ませていた。

私も歯を磨き洗顔して服を着てホテルを出て喫茶店でモーニングを食して店に出勤した。

彼女は自宅へと帰って行った。

つづく

いつもご協力ありがとうございます



PageTop

独立開業 17-6話 典子(百貨店勤務・38才)

膣口を指で触ると大洪水のヌルヌルの愛液だったので彼女の脚をM字に開かせてペニスを勢い良く挿し込んだ。

「あぁ・・・・、凄い・・・・、大きい・・・・」

私は彼女の左手を乳房の上に置いて右手をクリの上に置いて「自分で」と言ってその後10分ほど休まずピストン運動をした。

「あぁ・・・・、イイ・・・・、イッてもいいの?」と彼女。

私「イッて下さい」

「イクッ、イッちゃう、イク、あ、あぁ、イク、ぅんグぅぅぅ・・・・・、イグぅぅぅ・・・・・・」と脚をピンと伸ばしてアクメに達してイッた。

彼女が静まるのを待って今度は四つんばいにしてバックからペニスを突き上げ5分ほど休まず振った。

「あぁ・・・、角度が・・・、イイ、あぁ、これもイイ、イッちゃう、イッちゃう、イク、ぅんグぅぅぅ・・・・・、イグぅぅぅ・・・・・・」と叫んでアクメに達した。

彼女が静まるのを待ってまた仰向けにして片方の脚を上に上げてその脚を舐めながら掴みペニスを膣に挿し込んで5分ほど腰を振ると、

「あぁ・・・、奥に、奥に、当たるぅ・・・、イイ、イッちゃう、イッちゃう、イク、ぅんグぅぅぅ・・・・・、イグぅぅぅ・・・・・・」と叫んでアクメに達した。

彼女が静まるのを待ってペニスを抜いて脚を下ろして私も彼女の横に仰向けになって寝た。

私「今日は泊まりますか?」

彼女「はい、泊まります」

泊まる事になったので休憩をキャンセルして泊まりにすると内線をした。

彼女の乳房を両手で揉み乳首を吸った。

38歳で子供一人を産んだ身体にしては乳輪も乳首も黒く大きかった。

その大きさがエロさを醸し出していた。

乳首から腹、茂みと舌を這わせて太腿の内側、膝、甲そして五指の指の間を舐め、五指を一本づつ音を立てて吸った。

「あ・・・ん、感じるぅ・・・・」と言って腰をくねらせた。

彼女をうつ伏せにして足の裏から踵、アキレス腱を歯を立てて噛むと

「あん、あん」と

足の裏を私の手の指と膝を使ってマッサージしだした。

つづく

いつもご協力ありがとうございます



PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。