FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

大森駅東口のパブ 5-2話 観光から帰ってきて社長に電話

(エッチな描写はありませんので読み飛ばして下さい)

社長の部屋に電話すると社長と彼女は持ってきた200万円を全てカジノで溶かしてしまったと嘆いて、夕食代も無くなったと言ったのでヨンファに頼んで一緒にホテルに行ってもらいました。

社長の部屋に行くと昨日から社長と彼女は食事も取らずに部屋に居たと言って、何回も私の部屋に内線をしたのに出なかったと少々怒りぎみで言ったのです。

ヨンファと済州島と釜山観光に行っていたと伝えました。

私「社長、ご飯、食べに行きますか?」と言うと

社長は「悪いね」と言って彼女と二人でベッドルームで着替えて来ました。

私は社長の彼女に「何が食べたいですか?」と尋ねると「和食」と言ったのでホテル内の日本料理店に行きました。

メニューを広げて「どうぞ、好きな物を頼んでください」と言うと二人とも欠食児童のように食べ切れないんじゃないかと思うほどの数のメニュー数を頼んだのでした。

ヨンファにも「好きな物を頼みな」と言って私も注文して食べました。

私のサインがあればカジノで全額出してくれるのです。

社長と彼女は命拾いしたのか私に何度もお礼を言っていました。

別に私がご馳走した訳ではないので、社長と彼女には「私がご馳走した訳ではないので、担当者に会った時にでもお礼を言って下さい」と言っておきました。

本来はそんな事を言えば、社長や彼女の気持ちを逆撫でするようなものなのですが、私も言われているばかりで気分が悪かったので、失礼とは思いましたが、お灸の意味でそう言いました。

社長と彼女は「分かった、会ったらお礼を言っておくね」と悲しそうに言いました。

恐らく、この時に社長は相当の屈辱感を味わったのだと思います。

それでもその悔しい気持ちなど直ぐに忘れてしまうのでしょう。

(つづく)





PageTop

大森駅東口のパブ 5-1話 ヨンファと済州島・釜山観光 

(エッチな描写はありませんので読み飛ばして下さい)

その夜、ヨンファのアパートに帰ってきてから彼女が提案した。

「明日の朝早くここを出て済州島に行って、次の日は釜山、そしてここに戻るの、私が案内してあげるから」と彼女。

「それは、イイねぇ」と私。 

彼女はそれから済州島と釜山の友人に電話して車を借りるのと宿泊先の確保をしました。

明くる朝、起きると彼女は既に着替えていて化粧もシッカリして朝食の準備をしていました。

朝食を食べていざ出発。

金浦空港までヨンファの車で行き、飛行機に乗って約1時間ちょっとで済州島に着きました。

飛行機代は彼女が出してくれました。

私が払うと言っても「いつも私ばかりがご馳走になっているのは嫌だったの」と言って聞かなかったのです。

彼女の友人が空港で待っていて車を借りてそのまま海岸線を走りました。

海岸が火山岩や溶岩でできていて柱状態になって断面は六角形で柱状節理帯という場所に連れて行ってくれました。

自然が織り成す風景は圧巻そのものでした。

天地淵の滝に連れて行かれました。

滝までは自然豊かな道を歩いて行きました。

滝は岩場から落ちる雄大な滝で、正房の滝なども回って早めに彼女の友人の親戚が営むという民宿に泊まりました。

民宿での食事が圧巻でした。

魚介類は当たり前で肉あり野菜ありでお腹がパンパンになりました。

明日は島の北側を観光して空港に行くと彼女の友人が待っていてお礼を言って車を返したのです。

空港から釜山まで飛行機に乗って行きました。

釜山の空港に着くと、また彼女の友人と言う女性が待っていて車を貸して下さいました。

その足で直ぐに彼女の友人の親が経営するホテルに行き荷物を預かって頂いて、その日と明くる日で国際市場 チャガルチ市場 梵魚寺 金井山城 仏国寺を順番は忘れましたが回って明くる日の夕方に釜山を出て金浦空港に着いたのです。

ヨンファの部屋に着いたのは夜になっていました。

今回の旅行費用は全てヨンファが払ってくれたので、彼女にお礼を言うと「今まで色々お金を使わせちゃっていつも感謝しているから」と言ってくれたのです。

何て良い子と巡り会えたんだろうと感動しました。

(つづく)





PageTop

大森駅東口のパブ 4-2話 社長と海鮮料理屋へ

(エッチな描写はありませんので読み飛ばして下さい)

韓国のお店は、どこも最初に10皿ほどのキムチがテーブルに並びます。

そしてヨンファが頼んでくれた料理が運ばれて、シェアして食べ終わると、

社長は「後3品ぐらい食べられるでしょ?だから頼んでよ」と言ってヨンファが選んで頼んだのです。

料理が運ばれてくる間に社長は何度も店員に「ビール!!!」と偉そうな態度で注文していました。

私とヨンファそして社長の彼女もその度に嫌な顔をして見ていました。

その場の雰囲気が壊れて、食欲が無くなるので、こういう人と一緒に食事をするのも嫌なのです。

私もヨンファも店員さんに注文する時はそんな偉そうな注文はしないで、優しく、その場の雰囲気を壊さないように自然に注文します。

社長が注文すると一気にその場の空気が重苦しくなってスマートじゃなくなるのです。

早く食べて帰りたかったです。

食べ終わって社長に「ご馳走様でした」と言って店を出ると、社長は「もっと高い店に連れて行ってくれれば良かったのに」と言ったのでした。

私はヨンファが気にすると嫌だったので「すみません、私が彼女に地元の人が集まる安くて美味しい店と指定しちゃったからです」と言うと、

社長は「気にしなくて良かったのに・・・」と言いました。

料理は全て綺麗に食べて、その度の「美味しい!、美味しい!」と言っていたのですから、社長からヨンファに「美味しくて安くて良いお店に連れて来て貰ってありがとう」ぐらい言って欲しかったのですが、社長はそういう人じゃないんだと思って割り切りました。

社長自身が困ってヨンファにお願いしたのですから、同じ事を言うのであっても、言い方如何では、相手を傷付けるのですから、気を付けたいものだと思っていました。

社長たちをホテル送って私たちはヨンファのアパートに帰りました。

車中でヨンファに「社長があんな事言ってゴメンね」と謝ると

ヨンファは「気にしていないから大丈夫だよ」と言ってくれました。

(つづく)



PageTop

大森駅東口のパブ 4-1話 社長たちと海鮮料理屋へ

(エッチな描写はありませんので読み飛ばして下さい)

6時になっても社長と彼女は現れなかったのです。

フロントから内線で社長の部屋に掛けて貰うと今、着替えているとの事でした。

社長「ゴメン、寝ちゃったみたいで」と言って言い訳をしていました。

私は気を使って「日頃のお仕事でお疲れなんでしょう」と言いました。

ヨンファの車で地元客に人気の海鮮料理中心の韓国の家庭料理屋へ行きました。

店内に通されて席に座ると社長が店員に「ビール!」と威張った口調で注文したのです。

その注文の仕方を見て社長はこういう人なんだと思いました。

私は自分でも接客業の端くれですので、店員さんに、客だからと偉そうにするのは大嫌いだったのです。

威張るお客様を見ていて、「お洒落じゃないなぁ?」と思って見ていましたから。

私は基本的には人にご馳走になるのは好きではなかったのです。

何故なら自分の好きな物を頼み難いからですし、気を使って食べたい量も食べられないからです。

当時の私は大食漢ですし、大酒飲みになっていたので、余計にそう思っていたのかもしれません。

社長は「好きな物頼んで」と言われたのですが私もヨンファも躊躇していました。

とりあえずヨンファが「トウモロコシのお茶があるよ」と言ったので私が「とうもろこしのお茶で」と言うとヨンファが店員さんに「二つ」と伝えてくれました。

メニューを見ても韓国語だったので社長も彼女もそして私も分かりませんでした。

社長が「ヨンファさん、悪いけど適当に海鮮料理を頼んでくれない?」と言ったのです。

ヨンファは私に「良いの?」と聞いて、私が「社長が頼んでいるんだからお願いね」と言うと数品注文してくれました。

(つづく)



大森駅東口のパブ 3話 ヨンファと久々のウフフ

彼女の横に寝て膣口に指を入れると既に大洪水の愛液が流れていたので指で掬い取ってクリを擦った。

「あぁ・・・・」と言いながら腰を上下に小刻みにして痙攣させて悶えました。

10分ほど続けていると「イッちゃう、イッちゃう、イクッ、あ、あん、イクッ、○×▽■!?▲■○×!・・・・」とアクメに達しイキました。

彼女「お願い、入れて」と言ったので、私は彼女の片方の脚を抱えて上げて松葉崩しの体勢でペニスを入れて10分ほど腰を動かしました。

「あぁ、奥に、奥に当たるの、イイ、イッちゃう、イクッ、あ、あん、イクッ、○×▽■!?▲■○×!・・・・」とアクメに達しました。

彼女が静まるのを待って私は「シャワー浴びよう」と言いました。

彼女は先にバスルームに行って私のバスタオルと歯ブラシを用意してくれました。

一緒に歯を磨いて身体を洗ってシャワーを浴びて身体を拭いて二人でベッドに寝たのです。

彼女にキスをして69の体勢になってお互いの淫部を舐め合いました。

彼女をベッドの脇の壁に手を付かせて後ろから膣にペニスを挿し込んで10分ほど腰を振っていると彼女は「イッちゃう、イクッ、あ、あ、イク、○×▽■!?▲■○×!・・・・」とアクメに達し身体を震わせて脚をガクガクとさせてアクメに達し座り込んでしまいました。

彼女をベッドの上に仰向けに寝かせて脚を私の肩に担いでペニスを膣に入れて腰を10分ほど休まず振ると「、欲しかったの、貴方が・・・、イイ・・、気持ちイイ・・・、イッちゃう、イクッ、あ、あん、イクッ、○×▽■?▲■○×!・・・・」とアクメに達しイッたのです。

いつもイッた時の最後のイキ声の言葉が何を言っているのかが分からないのですが、恐らく韓国語で気持ちがイイと言う意味なのだと思っていました。

彼女の興奮が静まったのを確認して私もイキたくなったので彼女を起こして座らせて彼女の口にペニスを突っ込んで頭を抑えてイラ○チオをして腰と彼女の頭を同時に振りました。

私「ヨンファ、イクよ、イク、あぁ、出る、出るぅぅぅ・・・・」と言って彼女の口の中に大量のザーメンをドクッ、ドクッ、ドクッ、ドクッ、ドクッとペニスを波打たせて発射したのです。

彼女は4回に分けてゴクン、ゴクン、ゴクン、ゴクンと飲み込んでくれ、ペニスを舌で綺麗にお掃除フェラしてくれたのです。

またシャワーを二人で浴びてホテルのフロントに行って社長たちを待ちました。

(つづく)



PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。