FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

前妻 千春 73話 妻の親友の友子を愛した不倫男性の死

店のフロアーマネージャーがバイク事故で死んだという知らせがあり葬儀に参列してきたと友子から聞かされました。

私はこれで友子の心の中の忌まわしい思い出は消されたと思いたかったのです。

私は妻の千春がいる身でありながら、独身でフリーの友子が誰と付き合おうと、また誰と不倫しようとも勝手なのに、それを咎めている自分の心理の異常さに気付いてはいたのですが男の性で我慢ができなかったのです。

それでも彼の死である程度の区切りが付いたと思って安心しました。

「お兄ちゃん、今日は泊まっていってくれるんでしょう?」

「うん、泊まっていくよ」

「お風呂沸かしたから入ろう」

「うん」と言って抱っこして風呂に連れて行き洗面所に手を付かせ、小さな胸を揉み、後ろから膣にペニスを挿し込みました。

「お兄ちゃん、ここでは、ダメッ」と言いながらも

挿し込んだペニスを抜こうとはせずに、私の腰使いに合わせて腰を突き返し応えてくれました。

友子は甘えた声で「お兄ちゃんのオチンチンが大好きなの、凄く、感じるよ、友子、イッちゃう、イッちゃう、イクッ、イクぅ・・・・」

友子「久しぶりだから直ぐにイッちゃった、恥ずかしい」

私「友子はクリイキしなくても中イキできるようになったんだね」

友子「そうなの?」

私「多くの女性はクリでイクだけなんだけど経験が豊富だと膣でイケるんだよ」

友子「と言う事はお兄ちゃんが上手って事だね」と言って笑いました。

友子から抜いて洗い場で洗いっこして浴槽に浸かりました。

「お兄ちゃん、千春とはしてるの?」と訊いてきました。

私は「いいや、あれからは全然」と答えると

友子は「そうだったんだ、千春は相変わらずなの?」


私「うん、パチンコ屋の社長と上手くいっているみたいだよ」

友子「お兄ちゃんはそんなの嫌じゃないの?」

私「俺も友子を愛してるから仕方ないと思ってるんだ」と答えました。

友子「でも私もこの関係を続けていけたらっていつも思ってるし、もし千春とお兄ちゃんが離婚したら私をお嫁さんにもらってもらいたいって思ってるから」

私「そんな事まで考えてくれているんだ、嬉しいよ、ありがとう」

友子「いいえ、どう致しまして、現実になると良いけどね」

私「そうだね」

(つづく)

いつもご協力ありがとうございます



スポンサーサイト
[PR]

PageTop

前妻 千春 72話 妻の親友の友子と洗面所でエッチ

友子は朝食を食べ終えたら「お兄ちゃん、虫歯になるから口を濯いだ方がイイよ」と洗面所に。

二人で口を濯いでその場で唇を重ねると友子の方から舌を絡ませてきて吸ってきました。

その後、私は友子の服の上から乳房を揉んだ後、ショーツを下ろしてクリを弄りました。

暫くそうしていると友子の足はガクガクと痙攣して「お兄ちゃん、イキそう、イクッ、イッちゃう、イクぅ・・あん・・・あぁ・・・ダメ・・・イイ・・・、イックぅーーー!」

私は後ろから友子の股を広げ、硬く大きくなった肉棒を差し入れて腰を振り続けていると。

友子「お兄ちゃんの大きい、入っているのが分かるよ、お兄ちゃんに入れられた次の日まで、ここにオチンチンが入っている錯覚になるの」

私「そんな感覚になるんだね」

友子「多分、お兄ちゃんのが大きいからだと思うんだけど」

私「他の人のは小さいんだ」

友子「また、お兄ちゃんたら朝からエッチなんだから、んもぅ・・・」

暫く腰を振り続けているとまた「お兄ちゃん、イキそう、イクッ、イクッ、イグぅ・・・」とイッて力なくしゃがみ込みそうになった友子の腰を持ち上げ尻を両手で支え腰を思いっ切り振りました。

私「友子、イクよ、イクッ、イクう・・・」と言いながらドクッ、ドクッ、と搾り出すように友子の尻に上に射精しました。

友子から離れてトイレットペーパーを巻き取り友子の膣の愛液を拭いて便器に捨てて、またトイレットペーパーを巻き取って、友子の尻の上に出した精液を拭き取っては便器に捨てて、その後もまたトイレットぺーパーを巻き取って私の肉棒に付いた愛液を拭き取ろうとしたら友子は私の肉棒を口に含み舌で掃除をしてくれました。

掃除をしながら悪戯っ子のような目を私に向け「お兄ちゃん、大好き、また泊まりに来て友子を愛してくれるでしょ?」と。

私は「うん、また友子のエッチなオ○ンコに入れにくるよ」と言うと

友子は「うれしい、お兄ちゃん、約束だよ、来なかったら千春に今までのエッチな事全部言い付けちゃうから」と。

もしかしたら友子は千春の存在をも認め、ヤキモチを妬かない心の広い女性なのかも?と勝手な推測をしました。

キスをしてアパートを出て職場に向かいました。

(つづく)

いつもご協力ありがとうございます



PageTop

前妻 千春 71話 妻の親友の友子と朝の会話

朝目覚めると友子は既に布団にはおらず台所で朝食の準備をしていました。

友子 は高校時代家政科だったそうで朝食はご飯と味噌汁と手作りの糠漬けに出汁巻き玉子そして納豆が食卓に用意されていました。

友子は家庭的なんだなと感じました。

服を着て洗顔して台所に立っている 友子の腰を抱きキスをしました。

友子は「お兄ちゃん、朝は忙しいからダメだよぉ、私自分のお昼のお弁当も作らなくていけないんだから」と言って唇を離しました。

「お兄ちゃん、先に食べてて」と言って小さな弁当箱に手際良く料理とご飯を詰めていました。

私が半分ぐらい食べた頃に 友子も食卓に座り食べ始めました。

私「友子 の高校時代は家政科だったんだってね、だから家庭的なんだね」と言うと、

友子「実は家の母は料理が苦手で私の小さい頃はお姉ちゃんたちがご飯の準備をしてくれたんだけど、結婚して家を出て行ったら私がその役目をやらされるようになったので仕方なく家政科に入ったの」と。

私「そうだったんだ」

続けて「高校時代はバトミントン部だったんだってね」

友子「千春から聞いたの?そう、千春は帰宅部だったけどバトミントン部の顧問は鬼のように怖くて大変だったんだ」

私「だからかぁ!」と納得した顔で

友子「どういう事?」

私「昨日、俺が 友子の上に乗って腰を動かしていたら 友子も一緒になって腰を動かして俺よりも持続力があったもんね」と言うと。

友子「お兄ちゃんたら、朝からエッチなんだから」と苦笑いしました。

私「友子のマ○コの中がまた洪水になっちゃってんじゃないの?」

友子「嫌だぁ、そんな事ないと思うよ~」

私「どれどれ?」と言って友子の後ろに立ってスカートを捲くろうとしたら、

友子「本当に朝は忙しいんだから、ダメだよ」

私「チェッ、つまらないの」

友子「ご飯食べたらコーヒー飲むでしょ?」と。

私「ご飯食べ終わったらもう一回したいんだけど」

友子「しょうがないなぁ、食べ終わるまで待っててね」 

(つづく)

いつもご協力ありがとうございます



PageTop

前妻 千春 70話 妻の親友の友子の精飲

ティッシュで友子の腹に飛んだ精液を拭き取り舌で舐め回してていると、

友子「お兄ちゃん、くすぐったいよ~」と言われながらも拭き終え友子の首の下に腕枕をして二人で仰向けになって話し始めました。

私「この間、マネージャーがこの部屋に居て前夜から友子の身体を弄んだ事が想像できて物凄く悔しかったんだ」

更に続けて「マネージャーのアソコを友子の中に入れて、その余韻が友子の身体に残っているんじゃないかと思って悔しくて今日は3回も続けて友子を抱いたんだよ」

友子「マネージャーとはキスして直ぐにスキンを着けて入れてきて直ぐに果てちゃったからお兄ちゃんのようにいっぱい愛撫してくれた訳じゃないし、口でもしてくれなかったし、私はイカなかったし、生で入れなかったし・・・」まだ続けて言い訳をしようとした友子の口を手で塞ぎ、

「もう分かったよ、、友子を寂しがらせてしまったからあんな事になったんだろうね、ごめんね、俺が悪かったんだよね、これでお終いにしよう、つまらない事言わせてごめんね」と優しく言いました。

そして続けて「あのマネ-ジャーのように妻子がいるような不倫相手にされるのではなくて、独身の相手だったら、何も言わなかったと思うんだよね、だって友子が幸せになってくれるんだったらそれで良いから、でもあれは嫌だったから、自分の事は棚に上げて、ついついね」

友子はこちらに向いて抱き付き、キスをしてきました。

私はまた友子の唇に重ね舌を差し入れました。

友子は「あぁ・・・、私はお兄ちゃんに愛されているんだよね、嬉しい」と言って硬くなった肉棒を手で握り布団の中で潜ってフェラをし出しました。

カリの周りや裏筋も舐め回し、肉棒を喉の奥まで入れて出し入れし、チュパチュパと音を出して吸い、甘噛みしたのです。

私は「友子、一気に上手になったよね」と言うと「お兄ちゃんのバカ~、本当にエッチなんだから」と言って顔を出して笑いました。

私は「もっとしてくれよ、友子の口の中に出したい」と言うと、

友子「うん、イイよ、飲んで上げるから出して」と言って、肉棒を咥え頭を上下に振り続けて、肉棒を指で扱きながらカリを舐め回してくれたのです。

気持ち良くなってイキそうになったので「友子、イキそうだけど大丈夫?」と訊くと、

友子は「大丈夫だからいっぱい出してぇ!」と何だか嬉しそうに。

「友子、イクよ、イクッ、イクよぉ!あぁ、イクぅ・・・」

4回も立て続けにイったので量は少なかったと思うのですが、友子は美味しそうにそして嬉しそうに飲み込んでくれました。

飲み込んで直ぐに友子は「お兄ちゃん、明日何時に起こしたらイイの?」と聞かれたので、私は「7時」と答えました。

その後、二人は抱き合ったまま眠りに付いたのです。

(つづく)

いつもご協力ありがとうございます



PageTop

前妻 千春 69話 友子の度重なるアクメ

二人で部屋に戻り布団に潜り込み、抱き締め合い唇を重ね舌と舌を絡め互いの唾液を吸い合い、唾液の交換をしたのです。

歯を磨いた時の歯磨き粉の匂いがしました。

当然、私の大きくなった肉棒は友子の腹に当たり友子は恥ずかしがる事も無く掌で包み扱き続けたのです。

69の体勢に入れ替え友子を上にして身体を重ねました。

私は友子の肉ひだを上下に舌を這わせた後にクリを舌で剥き舌先で転がしました。

友子は「あっ、お兄ちゃん、ダメ」と言って腰を上げようとしたのですが私はその腰を抱き更に舐め回し膣の中に舌を入れました。

膣の中の愛液は滴り落ちるほどに溢れ返っていました。

その愛液をわざと音を立ててチュパチュパと啜ったのです。

友子は「お兄ちゃん、エッチ、おかしくなりそう・・・」と言って私の肉棒を握り咥えました。

私は「舌をペロペロ動かして先っぽを舐め回して」と。

友子「こうでイイの?」と。

私は「上手だよ、気持ちイイよ」と言って友子を褒めました。

私は友子の愛液を吸いながらアナルを指で触りその後、穴の周りの括約筋を揉み柔らかくした後に舌を這わしチロチロと舐め回しました。

友子は尻を突き上げて「お兄ちゃん、そこはダメ、汚いから」と言ったのですが、私は構わずに舌先でチロチロと舐め回すと、

「あぁ、感じるぅ、気持ちイイよぉ」と。

友子も私の肉棒を左手で扱きながら玉袋に右手を潜らせて優しく包み舌を這わして玉を引き寄せ口に含んで舐め回しました。

私も「友子、上手だよ、気持ちイイよ」と。

体位を変え友子の左側に身体を起こして寝て、右手で乳房を包み指で乳首を転がしました。

友子「アッ、感じるぅ・・・」更に舌で甘噛みすると「おかしくなっちゃう、あぁ・・・、お兄ちゃん友子の中に入れて・・・」

私は焦らしてクリを指で弄り回し続けその後にアナルの中に中指の第一関節を入れると、

友子「あぁ・・・感じる、感じちゃう、あぁ・・・気持ちイイ・・・、こんなの初めてだよ~」

続けて友子は「またイキそう、お兄ちゃん、イッちゃうよ、イッちゃう、ダメだよ、ダメッ、イクぅ・・・・・・、お兄ちゃん、直ぐ入れて!」

私は友子の上に正上位で重なり肉棒を花芯にあてがいズブズブと入れ腰を10分ほど掛けて休まず振ると、

2分おきに身体が硬直して小さなアクメに達して「ックゥゥゥ」と声を漏らし、

最後に友子は「うわぁ・・・、またイッちゃうよ・・・、イキそう、イクッ、イクッ、あ、あぁ、イクぅ・・・」とアクメに達しました。

私も「友子、イクよ!イクッ、あぁ、イクぅ・・・」と唸って友子の腹の上にドクッ、ドクッ、ドクッ、と射精し、最後の一滴を絞り出しました。

(つづく)

いつもご協力ありがとうございます



PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。