FC2ブログ
 

官能私小説ノート

前妻 千春 99-5話 恵子さん(48才)とホテルで密会

私「はい、恵子さんが私を飽きるまではずっと」

恵子「飽きる訳ないじゃない、だって凄いんだもの」

私「ご主人とは?」

恵子「最近、レスなの」

私「じゃぁ、セックスは久々ですか?」

恵子「もう3年はしてなかったかも」

私「そうだったのですか」

恵子「うぅむ、離婚も考えているんだけど、この歳になると中々ねぇ・・・」

私「じゃぁ、今日は気持ち良かったんじゃないですか?」

恵子「身体の芯から、満足しちゃったわよ、だからまた抱いてね、良いでしょ?」

私「今度はママのお宅で抱いて上げますよ」

恵子「その時もマッサージしてもらえるの?」

私「うん、マッサージでもセックスでも何でもしてあげますよ」

恵子「嬉しい、じゃぁ、主人が出張の時にね」

私「良いですよ、連絡、待ってますから」

恵子「じゃぁ、その晩は家に泊まってくれるの?」

私「はい、泊まって朝まで愛してあげますよ」

恵子「嬉しい」

その後、眠って朝を迎えた。

朝食をホテルで取って別れた。

それからの恵子は店に連日連夜お客様を連れて来て下さり紹介して下さりジャ〇ーズのGさんまでお連れになって下さいました。

Gさんの事は以前からママの話しの中に出てきて、真面目で礼儀正しく誠実な方もようでした。

ママがGさんの話しをする時は、私とは違うので、恥ずかしい気持ちで聞いていたものでした。

店の社長夫妻やお嬢さんたちは、私が様々な所で営業している事を大変に喜んでいて、Gさんがいらした時は社長ご家族全員が勢揃いして握手を求め、サインまで頂いていました。

(END)

いつもご協力ありがとうございます




PageTop

前妻 千春 99-4話 恵子さん(48才)とホテルで密会

「今度は私が」と言って彼女は私の上に上半身を乗せて乳首を舐め吸いました。

ペニスを咥えて亀頭を舐め吸って、玉袋を手で優しく揉んでくれて玉を口に含んで舐め回しました。

両脚を上げさせて尻の割れ目に舌を入れてアナルの回りを舐めたのです。

気持ち良くて「うっ!」と声が出てしまいました。

その後は恵子を四つんばいにして後ろからペニスを突っ込み腰を思いっ切り振りながらアナルの周りの括約筋を優しく揉み解しました。

そして指に私のペニスが入っている膣の入り口の愛液を指で掬い取って塗りたくってアナルの中にゆっくりと入れたのです。

私は彼女に「自分でクリを擦って!」と言って指示をすると、右肩をベッドに押し付けてクリを擦り出しました。

10分もすると「あぁ・・・、奥に当たるの・・・、気持ちイイ・・・、イイ・・・」と泣き叫ぶような切ない声を出して悶えていました。

私も汗ビッショリでしたし、息が上がっていました。

「あぁ・・・、凄い・・・、感じるぅ・・・、またイッちゃいそう、イクッ、あぁ、あ、イク、ッグぅぅぅ・・・・、イクイクイク、イグぅぅぅ・・・・」と言って脚を伸ばしてアクメに達しました。

私のペニスは膣に突き刺さったままだったので「ママ、俺もイキたい」と言うと、

恵子は「ママの中で沢山、イッて!」と

私は「ママ・・・、イクよ、イクッ、あぁ、あ、ウッウ・・・・・」と言って大量の精をドクッ、ドクッ、ドクッ、ドクッ、ドクッと射精し、最後の一滴は尻の穴をキューッと締め付けて出しました。

暫くそのままでいてその後、ペニスを抜くと慌ててティッシュで恵子は自分の膣を拭いた後に私のペニスを舌で舐めてお掃除フェラをしてくれました。

そして、二人で仰向けになり彼女に腕枕をすると彼女「また、抱いてくれる?」と。

(つづく)

いつもご協力ありがとうございます





PageTop

前妻 千春 99-3話 恵子さん(48才)とホテルで密会

私は先に洗い場に入って身体を洗いました。

後から入ってきた恵子の身体を私が洗ってあげて、その後湯船に一緒に浸かったのです。

浴槽から出て縁に座らせて大きな乳房を揉んで脚を広げさせて下半身に顔を埋めてクリを舐めながら中指の腹でGスポットを優しく圧を掛けては離しを繰り返し、指の腹で引っ掛けるようにして優しく刺激してから、指を膣の中で出し入れを繰り返していると「ダメッ、おかしくなっちゃうから・・・、お願い、指を抜いて・・・」と腰を捩ったのです。

私は構わず指を動かしていると身体を波打たせて痙攣させ「出ちゃう・・・・、変な感じ・・・・、あぁ・・・・・」と言ってプッューと潮を噴いてくれました。

手に付いた潮の汁を開いて見せると「恥ずかしい」と言って顔を掌で覆った姿が可愛く見えました。

シャワーで彼女の下半身と床を流して再度湯船に二人で浸かって脱衣所で身体を拭いて、また彼女をお姫様抱っこをしてベッドに運んだのです。

彼女の身体をうつ伏せにしてバスタオルを掛けて足の裏からマッサージをしだしました。

彼女は「えっ?マッサージをしてくれるの?」

私うん、大好きな恵子ママへの特別な大サービスですよ」と、少し恩着せがましく言うと

彼女は「嬉しい、ありがとう」と言い目を瞑りました。

足の裏から指そしてアキレス腱、脹脛、膝裏、太腿を手でマッサージしてその後足の裏で体重を掛けて指圧しました。

その後、尻を手で最初は優しく段々に力を込めて揉み解し背中を指圧しました。

更に片方づつの腕と手の甲、掌を足の裏で揉んで五指は指で揉んでいきます。

仰向けにして首と肩を念入りに揉んで顔の口回り、目の周りそして頭を指で指圧して椅子に座らせて肩と首を徹底的に1時間ほど揉んであげ「本当はベッドの上じゃなくて畳の上で揉むと効くんですけどね」と言うと、

恵子「家でまたやってくれると嬉しいんだけど」と言いました。

私「はい、分かりました、またお宅に伺いますね」と言い、

その後、キスをして舌を絡めると応じてきて舌を絡め吸いました。

(つづく)

いつもご協力ありがとうございます



PageTop

前妻 千春 99-2話 恵子さん(48才)とホテルで密会

「あぁ・・・ん、ダメッ、汚いから・・・」

構わずクリを舐めると「お願い、後でね、後で、後にして」と。

膣口を指で触ると大洪水の愛液だったので恵子の脚をM字に開かせてペニスを挿し込みました。

「あぁ・・・・、イイ・・・・、大きくて太いの・・・・、息が出来なくなっちゃう・・・・」

私は彼女の左手を乳房の上に置いて右手をクリの上に置いて「自分で」と言って、最初は膣口付近の指の腹で圧を掛けたり外したりして、段々に出し入れしてGスポットを刺激しました。

そして、段々に円を描くように中をかき回して、その後10分ほど休まずピストン運動をしたのです。

「あっ、あぁ、あっ、凄い、感じる、イイ、イイ」と息絶え絶えで、「あぁ・・・・、イイ・・・・、イッてもいいの?」と眉間に皺を寄せて今にも絶頂を迎えそうな顔をした彼女。

私「イッて下さい」

「イッちゃうの、イッちゃう、イク、あ、あん、イク、イックぅぅぅ・・・・!」と身体を硬直させて脚をピンと伸ばしてアクメに達してイッてくれました。

大抵の女性は身体を重ねてアクメを感じさせてあげると、その後は可愛い少女の様になって私の言いなりになるので、その達成感が快感でもありました。

まてや倍ほどの歳上の熟女を征服した喜びは何ものにも変えられないほどでした。

彼女が静まるのを確認して「お風呂に入りましょう」と言って、お姫様だっこして脱衣所に。

恵子「文恵が言っていたコレね」と言って嬉しそうだったので、

私「ご主人はしてくれないのですか?」

恵子「ダメよ、あの人は太っているだけだから」と汚い物を見て吐き捨てるかのような言い方でした。

歯ブラシを渡してお互いに歯を磨いていたのですが、彼女は化粧は落とさずそのままでした。

「歯を磨くなんて」と彼女が言ったので「恵子さんは綺麗好きだと文恵さんから聞いていたので」と言って笑うと「あの子、そんな事言っていたのね」と言ってクスッと笑いました。

その優しい微笑みがまた私を興奮させました。

(つづく)

いつもご協力ありがとうございます



PageTop

前妻 千春 99-1話 恵子さん(48才)とホテルで密会

約束の時間にホテルのロビーで待っていると恵子さんが来ました。

そのままエレベーターに乗って部屋へ。

部屋に入って直ぐに浴槽に湯を張って恵子を抱き寄せてキスをして舌を差し入れた。

恵子も応じて舌を絡ませてきて舌を出してきたので絡ませ軽く噛みました。

口臭はブランデーを既に飲まれていたのか良い香りがしました。

洋服の上から大きそうな乳房を揉むと「あぁ、あん」と声を漏らし服を一枚一枚ゆっくり脱がしていきました。

上はブラジャーだけになったのでスカートを脱がしてストッキングを伝線しないように丁寧に脱がしてショーツだけにして優しく丁寧にベッドに寝かしました。

私も全ての洋服を脱いで恵子の隣に横になってもう一度キスをし、ブラジャーの上から乳房を揉みました。

「あぁ・・・、あっ、あっ、あぁん」と歳には似合わない可愛い甲高い声で悶えてくれました。

その後、髪の毛を掻き分けて耳の後ろから耳の穴に舌先を硬くさせてチロチロと動かしながら舐め最後に耳たぶを咥えて舌先で舐めると、

「あっ、あっ、あぁん」と呻き、身体を捩らせました。

そのまま肩を軽く噛むと、「うっ、うぅぅ・・・」と呻き、ブラを外して彼女の上に乗り両手で乳房を揉んで乳輪の際に舌を這わせると

「あっ、あっ、あぁ、あぁ、あ、あ、あぁん」と可愛い声で悶えてくれたのです。

乳首を舌で転がし吸い軽く噛むと

「ダメッ、感じちゃう・・・」と言って身体を捩った。

早めに既成事実を作ろうとショーツに手を掛けて脱がし茂みの際に舌を這わせると、

「あん、あぁ・・・」と

大陰唇の膨らみに口を付けて肉襞に沿って上下に舌を動かし舐めて、その後、クリを舐めました。

(つづく)

いつもご協力ありがとうございます



PageTop