FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

前妻 千春 101-3話 恵子さんとエッチの後に文恵さんの店

「恵子、下の口は何て言うんだっけ?」

「オマ〇コよ。オマ〇コ。恵子のオマ〇コに入れてください」そう言うと恵子は、自分で蜜壺を指で広げて、パックリと開いた穴を見せると「ここよ、ここ、恵子のここにおちんちん突っ込んでー」と言いました。

なんてスケベな人妻なんでしょう。

まさしくド淫乱です。

「よし上に乗って俺を満足させるんだ」とSっ気を出してそう命令すると恵子は嬉しそうに「騎乗位大好き、いっぱい感じちゃうんからー」そう言ってズブリと肉棒を蜜壺に挿し込みました。

「あっ、あっ、あぁ~っ、オマ〇コ、気持ちいいのー、おちんちん入ってる、幸せよー」そう言うと腰を上下に激しく振り続けました。

一分もしない内に恵子は「イクー、イクーっ、奥が気持ちいいの~。あん、あっ、あん、あぁん、あんっ、オマ〇コ最高っ!イクゥゥゥーーー!」と言ってアクメに達し私の胸に倒れて果てました。

そして「もっとしてー。もっとオマ〇コにガンガン突いて欲しいのー」と言うので、恵子を大股開きにさせ奥まで嵌め込みました。

今度はゆっくりと動かしましたが、ここでも恵子は直ぐにアクメに達し「イッちゃう、イッちゃう、イックゥゥゥーーー!」と言ってイキました。

「何回イケば満足するんだよー。恵子は本当にオマ〇コが好きだな」

「そうよ。オマ〇コ大好きよっ。もっと激しく貫いて~!」と恵子は言いました。

私は恵子を引っ張り上げて起こすと座位の体位で攻めました。

ここでも恵子は自分から腰を振り大きな善がり声をあげます。

「あんっ、うっ、気持ちイイっ、おちんちんが奥に当たるのー」そう言った後に「イッちゃう、イックゥゥゥーーー!」と叫んでアクメに達しました。

私は再度、正常位にすると、チンボを奥深くぶち込み腰を振りました。

(つづく)

いつもご協力ありがとうございます





スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

PageTop

前妻 千春 101-2話 恵子さんとエッチの後に文恵さんの店

「流石に凄いテクですね。こんなフェラ初めてですよ」と私は嘘を言いました。

恵子は「フェラにはちょっと自信あるのよ。今度はパイズリしてあげようか?」そういうと巨乳にペニスを挟んでユッサユッサと揺らしてくれました。

恵子は「あぁん、あぁん、感じちゃう・・・、太くて硬いおちんちんが大好きよ」と言うと、上目づかいで私の事を見ました。

美しくてスケベで大柄な身体つきなので堪りません。

私は恵子の顎を指で持ち上げキスしました。

恵子はちょっと恥ずかしそうにするので「ほら舌出して!」と言ってお互いの舌を舐め合いました。

そして今度は恵子の脚を思い切り開かせ花園を舐めます。

「恵子さん、おま○こも厭らしいね。ドドメ色だよ、オマ〇コが広く開いてるよ、厭らしいなあ。熟女のオマ〇コだから真っ黒だ」そう言うと、興奮しているのか「恵子さん、じゃなくて恵子って呼び捨てで呼んで。恵子のオマ〇コ凄くスケベだって言ってよ~」と言いました。

私は「恵子のオマ〇コ、凄くスケベだなあ。ヒクヒクしてチンボを欲しがってるよ。入れて欲しいのかな?」と訊くと

「和くん~、お願い~、入れてー、私のオマ〇コに早く入れて~!」と息切れをしているような、途切れ途切れの声で興奮の絶頂に昇りつめているかのように叫びました。

私は、「まだダメだよ。そうだ69しよう」と焦らしました。

恵子は私の上に乗り肉棒を頬張ってしゃぶり始めました。

「凄く上手だよ。恵子。チンボがどんどん硬くなってるよ。」と言い、負けずに恵子のクリや蜜壺を舐めて上げました。

恵子は「あーあーあー。だめーイクーっ」と言ってクンニで昇天してしまいました。

「恵子は淫乱だから、すぐイッちゃうんだな。よし、仕方ないからチンボを入れてやろう。どこにチンボを入れるんだ?上の口か?それとも下の口か?」

「あんっ、勿論、下のお口に決まってるでしょ!?」

(つづく)

いつもご協力ありがとうございます



PageTop

前妻 千春 101-1話 恵子さんとエッチの後に文恵さんの店

恵子さんから電話があり、今度の水曜日に恵子さんのご主人は朝から出張だと言われて来て欲しいと、その後は夕食に文恵さんのお店へと言われました。

そして、恵子さんのマンションに行き、その後は文恵さんの店へ行きました。

最初はリビングでお茶を頂いていると、恵子は「ちょっと寝室に来てほしいの」と言うので、着いて行くと寝室に入ってベッドに座るように勧められました。

言われた通りに座ると恵子は自身のシャツを捲くり上げて巨乳をボロンと出しました。

先日は寝ていたので、分からなかったのですが、おっぱいは歳の所為か少し垂れ気味で、乳輪は茶色っぽく肥大していましたが、その厭らしい感じが、熟女好きの私にとっては堪らないのです。

既に肉棒は勃起していました。

「お願い、おっぱい吸ってよ」と言うので、私は吸い付きチューチューと吸ったり、甘噛みをしたりしました。

そして両手で揉みながらまたチューチューと吸ったり舌でレロレロしました。

恵子「あっ、あんっ、久しぶりだから気持ちいいわ」

「ご主人にはおっぱい吸って貰わないのですか?」

「前にも言ったと思うけど、あの人とはレスだから、いつも自分でオナニーしてるんだけど、それだけじゃ、やっぱり物足りなくて。それで和くんと出会って凄く幸せなの」

「文恵さんと私がしていた事を知ってそれで、ああやって私を誘ったのですね?」

「そうよ」

「確かにこんな熟れ熟れの身体では持て余しちゃいますよね。それにしても勿体ないなあ。こんなに色っぽくてスケベな身体をご主人は、堪能しないなんて」と言うと、

「そうでしょ。ずっと不倫相手を探していたんだけど主人に申し訳ないかなと思っていたんだけど。妹から和くんとのセックスを聞いたら疼いちゃって我慢が出来なくなったの」恵子はそう言うと、私のスラックスとトランクスを下ろして、フェラを始めました。

喉の奥まで咥え込み竿を扱きながらのフェラは堪りません。

(つづく)

いつもご協力ありがとうございます



PageTop

前妻 千春 100-7話 美容室のひかるの店へ

ひかるの指先は生き物の様に見出した自身の弱点へと更に過酷な攻めを続けていくかのようで、クリを押し潰し、軽く捻り回し、時折、爪先を押し当てると、その瞬間に涎を垂らしながら「イイ、イイ、その指が、イイの・・・」と喘いでいました。

自身で毎晩の寂しさを紛らわしているのか、自身で慣れた手付きの指圧を加えるだけで、悦びの神経を揺さぶり出して指の腹で押し潰し捻り上げる度に、その快感が込み上げてくるようで、整えられた爪先で押し当てながら押し潰した時に「・・・・・」声も無く、3度目の絶頂へと押し上げられ、ひかるはその後、両手をパタリとベッドへと投げ出し連続の痴漢の指先から解放されたかのような安堵と訳の分からない状況に陥った事への戸惑いが交錯した顔で私の目を見詰めたのでした。

私はその雌化したひかるの一人で快感を上り詰めていった光景を見て、白けてしまったのでした。

ひかる「私、今何をしていたの?」と。

私は「お風呂から出たら直ぐに眠ってたよ、疲れていたんじゃないの、飲めないお酒なんか飲むからだよ」と嘘を付きました。

ひかる「そうだったんの、ごめんなさい」

私「疲れているみたいだから今日は帰ろう」

ひかる「良いの何もしないで」

私「うん、大丈夫だから気にしないで」

そう言って、服を着て、無言で自由が丘の駅に向かい、切符を買って渡して「じゃぁ、またね」と言って反対方向のホ-ムへと歩いたのでした。

(END)

いつもご協力ありがとうございます



PageTop

前妻 千春 100-6話 美容室のひかるの店へ

そして次の瞬間にひかるの身体に身を乗せて、敏感な乳首を、口に含み、舌で強く強く押し潰してしまう程に力を込めて、もう片方の乳首は右手の指先で摘み上げ続け、先端を押し潰しを繰り返していました。

「あんんっ、んん、んっんん~」切なげな甘い声がひかるの喉の奥から響き続け、反射的に顔を左右に揺らし、異様なほどの官能と興奮を感じているかのようでした。

ひかるは急に「いやっ、いやっ、いやん」と甘い呻き声を上げたのです。

夢の中で痴漢に抱かれてでもいるかのように、私の存在は無いような感じで、ひかる自身の身体の奥底からトロリとした甘い快感が湧き上がり続け「ぷっ・・・、くぷっ」と濡れそぼった蜜壺から小さな蜜の吹き出る音が聞こえ始めたのでした。

更に腰は小刻みに震え続け私の胸の刺激とひかる自身の指先のオナで淫らにも身体が昇りつめていくのが分かりました。

ひかるは再度、頭を左右に振り出して、「ダメ、ダメ、お願い止めて!」と叫んだので、私は胸に置いた手と口を離すと、ひかるの身体はグングンと高みを目指して昇りつめて、「イックゥゥゥーーー!」とアクメに達したのです。

このアクメには私の存在は無かったと思いました。

恐らくひかるはあの痴漢の指先の技を思い出してのアクメだったと思えたのでした。

私はこの時に電車の中の痴漢に嫉妬し、また自分のセックスに対しての技術の無さを恥じ、私は自身の心の中で(ひかるとは今日で終わりにしよう)と決めたのでした。

ひかるはそんな私の気持ちなど分かる筈もなく、その後も自身で自慰を始めたのです。

私はスッカリ、やる気が失せ、隣で寝ていながら、ひかるの自慰を見ていただけでした。

その後もひかるは自身の両手の指先で、大陰唇を摘み上げ解放する事無く、更に押し潰すように刺激し続けて、小陰唇のビラビラを引き伸ばすような動きさえ加え始めたのです。

ひかるの指先が、花園の中でも更に敏感な場所の硬くなったであろう、先端部分へと押し潰す力をズラシた瞬間に下腹部に力が込めて「キューゥ」っと脚を閉じて、泣き声を上げながら、「あぁぁ、イイ・・・、イックゥゥゥーーー!」と2度目の絶頂へと突入していったのでした。

ひかるは更に酔いが回ってきたのか、本当に私の存在を忘れているかのように、自身の世界に浸っているかのようでした。

(つづく)

いつもご協力ありがとうございます



PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。