FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

シカゴ出張 8 本格インドカレー屋さんで

アメリカ・シカゴに仕事で行った時の失敗談とそれによるカルチャーショックです。

当時の日本ではインド人が経営しているカレー専門店やインド料理店は少なくて、行った経験もありませんでした。

ダウンタウンのインド人経営のインド料理店があって美味しいと評判だったので行ってみたのです。

この頃の私は(今ではスッカリ忘れてしまいましたが)全く英語を話せない状態でしたが持ち前の根性と行動力で手振り身振りで何とか話しは通じました。

・・・と言うより通じていたと錯覚していたのかもしれません。

店内に入って案内され椅子に腰掛けメニューを広げて見ると『Beef curry』の文字は直ぐに理解できたので注文しました。

周りを見渡すとカレーを食しているお客様は誰一人おらず皆、肉料理を食べていました。

注文した料理が運ばれてきた時にスプーンやフォークが一緒に持って来なかったので私は「ここは本格的な店なんだな」と思ってテレビで良く見てた右手の親指と人差し指と中指を使って食べたのです。

左手は大便をした時にトイレットペーパー代わりに使うと確かテレビで見ていたのを思い出しました。
一緒に出てきたサラダは食べやすかったのですがカレーは流石に食べ難かったのです。

熱いので指をフーフーしながらそして「アチッ、チチチチ・・・・」と言いながら食していました。

周りの肉料理を食べていたお客様が皆私の行動を見てニヤニヤ笑っていたのは分かっていたのです。

ただ何で笑っているのかはその時は分かりませんでした。

半分まで食べ終わるまで指は火傷状態で赤く腫れ上がっていたのです。

その時はその理由が分かってなかったのですが周りで食していた他のお客様が私の食す姿を笑いながら中には爆笑しながら見ていたのです。

後少しで皿の中のカレーが無くなる寸前の時にインド人の経営者が厨房から顔を出して凄く済まなそうな顔をしてスプーンを持って振っていました。

だから他のお客様が私を見て笑っていた事がこの時初めて理解したのでした。

私は恥ずかしさで目から血を出すほどでした。

トイレに行って手を洗ってきがてら手を冷水で冷やし戻ってくるとフルーツジュースみたいなドリンクをテーブルに置いてくれて「This is with service・・・」と言って手で押す(飲んでって言うような)ジェスチャーをしていたと思うんですが、早口で良く聞き取れなかったので、「Please・・・・・talk・・・・・slowly・・・・・slowly・・・・・slowly」と言うと、
インド人経営者も「This・・・・・is・・・・・with・・・・・service・・・・・」余計に分からなかったので笑って誤魔化して頭を下げて頂きました。

お会計をしたらカレーの代金しか取られてなかったのでやっぱりサービスだったと思った話しです。

結論としまして本格的なインド人が経営する店でも他国で営業している以上スプーンやフォークは使うものなんだと知った日でもあり、若き日の経験とは言えかなりのカルチャーショックを受けた日でもありました。

(END)

いつもご協力ありがとうございます



スポンサーサイト
[PR]

PageTop

シカゴ出張 7 メアリーとの濃厚sex 3

15分ほど私は腰を振っていると彼女は「シィィィ・・・・、ハァァァ・・・・、アッ、アッ、イヤ~・・、イヤ~・・、シ~・・ハ~・・シ~・・ハー~・・カム~カム~カム~、オゥァ・・・」と腰を波打たせて私の腰の動きに合わせて最後に身体を硬直させてアクメに達したようでした。
  
彼女の息が落ち着き暫くしてバックの体勢にして後ろから膣へ肉棒を突き挿し激しく腰を振りました。

彼女は「アッ、アッ、イヤ~・・、イヤ~・・、」と私が腰を突き上げる度に声を上げました。

そして「シ~・・ハ~・・シ~・・ハー~・・カム~カム~カム~オゥァ・・・」と腰を突き上げてアクメに達しました。

私もイキたかったので、更に腰を振ってドクッ、ドクッ、ドクッ、ドクッ、ドクッと彼女の膣の中に射精し、彼女の横に仰向けになって寝ました。

彼女は私のコンドームを取り去って口を結んで縛り、お掃除フェラをしてくれました。

その後、また彼女の身体の上に乗ってキスを交わして起き、洋服を着てキッチンに行って料理を完成させました。

ダイニングテーブルに料理を乗せて二人で食べてました。

メニューはサーモンのムニエル、サラダ添え、ビーフシチュー、パン、ガトーショコラ、ビールでした。

濃厚なsexの後の濃厚なビーフシチューは最高の味でした。

アメリカ人は甘い物が好きです、ガトーショコラを彼女一人で殆ど食べてしまいました。

食後にゆっくりしてからオーナーのお宅に送ってもらいました。

明くる朝、メアリーに電話するとまた迎えに来てくれました。

朝から晩までメアリーのベッドで過ごし、ペニスが痛くなるほど、身体を重ねました。

メアリーはセックスに飢えていたみたいで、兎に角私の身体を求めてきました。

セックスは世界共通ですね、一回身体を重ねると、昔からの彼女かと思うほど仲が良くなり、女性はどんなに年上であっても従順になりますので、これだけは本当に不思議だと思いました。

その後は、店の方が忙しくなって中々会えなく、帰国する数日前に2回身体を重ねて終わりました。

白人女性を抱いたという良い思い出ができました。

でも私は日本人や韓国人のヨンファの方が好きだと分かりました。

それは?ご想像にお任せします。

(END)

いつもご協力ありがとうございます



PageTop

シカゴ出張 6 メアリーとの濃厚sex 2

体を裏返しにして足の裏から踵を舐め回し、

「スゥ~・・、イヤ~・・・」

両方のアキレス腱を甘噛みし

「スゥ~・・、イヤ~・・・、スゥ~」

脹脛全体を舐め、腿の裏を舐め回しました。

「スゥ~・・、イヤ~・・・」

尻を舐め回し割れ目に舌を這わしアナルに舌を這わせて舐め回します。

「シ~・・、ハ~・・、イヤ~・・、イヤ~・・」

彼女の体を表にして大陰唇に舌を這わせます。

「イヤ~・・、イヤ~・・」

クリ○リスに舌を這わせチロチロと舐め回します。

「アッ、アッ、シ~・・、ハ~・・、イヤ~・・」

小陰唇を開いて尿道口を舐め膣口を舐め濡れ具合を見ました。

大量の愛液が滴っていました。

彼女の体を下にして69の体勢になり私は彼女の上に乗ったと同時に彼女は(待ってました!)という感じで私の肉棒を咥え扱きました。

私はクリをチロチロと舐め続けました。

「アッ、アッ、シ~・・、ハ~・・、イヤ~・・、イヤ~・・」

15分ほどその状態で愛撫を続けました。

その後、彼女を下にして正上位になって彼女の脚をM字に開かせて右手をクリの上に置き、左手を乳房の上に乗せ「自分で」と言って私は膣にペニスを挿し込んで腰を思いっ切り15分ほど振りました。

(つづく)

いつもご協力ありがとうございます



PageTop

シカゴ出張 5 メアリーとの濃厚sex

メアリーはキッチンから私の手を引いてベッドルームに連れて行かれました。

先ほどキッチンで乳房を触った時に思ったのですが、肉に密度がある重量感の乳房でした。

ベッドの上に倒されて私の身体の上に身体を重ね合わせてキスを求めてきました。

私も興奮状態はマックスになっていて、この機会ですから日本男児のセックスを見せ付けてあげなくてはいけないので、身体を入れ替えて私が上に重なってキスをしリードしました。

着ている洋服を一枚一枚脱がしていくと、着痩せしていたのか、白人のAVに出てきそうな大柄で身長170cm、体重70キロくらいはありそうな堂々たるボディーで胸や尻や太股はかなり立派ですが腰の括れ方は半端じゃなく膝から下は細い感じのいわゆる白人女性そのものの体型でした。

私も洋服を自分で全部脱いで身体を重ねると「シャワー、シャワー」と言うので起き上がるとまた私の手を引いてバスルームに向いました。

二人でシャワーを浴びて全身を洗い流して、バスタオルで拭いてまたベッドに入りました。

私は自身のペニスにコンドームを着けて彼女に覆い被さってキスをして舌を絡め、吸い、

キスをしながら耳、耳たぶ、耳の裏に舌を這わせると、「フゥー・・、ウッフゥ~・・」と呻きました。

日本の女性とは呻き声も違うんだとこの時に初めて知りましたし、日本式のねちっこい愛撫をしてあげようと思いました。

乳房を両掌で揉ん乳輪に舌を這わせ乳首を吸い軽く噛みました。

「ウッスゥ~・・、イヤ~、イヤ~、スゥ~・・」(yeahと言っていたのだと思うのですが私の耳には「イヤ~」と聞こえてしまっていて、何だか気持ちが乗らなかったことを今でも思いだされます。

首筋から肩、手を上げさせて脇の下に舌を這わせました。

「イヤ~、イヤ~・・・」と嫌がっているのかと思うような悶え声でした。

手を下ろさせて二の腕、掌、甲、全てを舌を這わせて五指は1本1本わざと音を立ててチュパチュパと吸いました。

「イヤ~、イヤ~・・・」

もう一方の腕も同様に愛撫しながら乳房を両掌でゆっくり揉み乳輪を舌の先で舐め乳首を軽く噛みました。

「イヤ~、イヤ~・・・、イヤ~、イヤ~・・・スゥ・・」

腹、脇腹、茂みの際を舌で舐め回し、

「ウッ・・スゥ~・・、イヤ~」と言って体をよじります。

両内腿を交互に舌を這わせ舐め回します。

「スゥ~・・、イヤ~・・・」

膝、脛の内側、足の甲、五指の間、指を咥えて1本1本チュパチュパとわざと音を立てて吸いました。

「ウッ・・スゥ~・・、イヤ~」

(つづく)

いつもご協力ありがとうございます





PageTop

シカゴ出張 4 シカゴ見物そしてメアリーの家に訪問

メニューやレシピ作成は1週間もしない内に全て完了しました。

それらをオーナーに渡して全て英語にしてもらいました。

後はスタッフが揃った段階で教えれば私の任務は終了です。

オーナーにそれまでは自由時間と言われたのでまず最初にメアリーのお宅に訪問してフランス料理を作ってあげる約束を果たしに行きました。

朝、電話するとメアリーが出てオーナーのお宅に迎えに来てくれる事になりました。

オーナーからは「依田君は凄いな、来たばかりなのに人妻の彼女がいるんだから」と冷やかされました。

私は「別に彼女ではないですから」と言いましたが、この時には既にメアリーを抱く気持ちにはなっていました。

何故なら、空港からの車内でご主人が長年、闘病生活をしていて寂しかったと聞いた時に「もしかして?」という思いがしましたし、お子さんはいらっしゃらなかったので、メアリーの家では二人きりになるので期待していました。

メアリーは車で迎えに来てくれて、その後シカゴのダウンタウンやミシガン湖などの見物そしてリンカーン・パーク、シアーズ・タワー、科学産業博物館、ネイビー・ピア などに連れて行ってくれて、当時のシカゴの印象は建物や電車そして駅などを見る限りでは日本より古い感じに思え、帰り際にスーパーに寄って、食材を買って自宅に行きました。

手際良く、仕込んでいると、メアリーはビールを出してくれて一緒に飲みながら仕込みをし、メアリーも手伝ってくれていて、韓国女性の片言の日本語も良いのですが、白人女性の片言の日本語はまた違った意味で可愛いかったです。

洗い物をしながら流しに向っていたメアリーを後ろから抱き締め彼女をこちらに向けてキスをすると、応じてきて私の首に腕を回してきました。

彼女自身も既に抱かれる気持ちがあったのだと思いました。

何の抵抗もせずに舌を差し込んできて既に息が荒くなっていました。

私はこんな簡単に白人女性とセックスが出来るなんて夢のようでした。

前妻と別れてからは定食屋のオバサンしか抱いていなかったので、オバサンより若い外国人でましてやバスト、ウエスト、ヒップがボンキュッボンの白人女性で大興奮でしたし、こんな事もあると思っていたので日本から持参したコンドームの箱は3箱でスラックスのポケットには5袋を小分けして入れていました。

仕込んでいた鍋の火を消して、キスをを再開し舌を絡め、吸い、重ね、甘噛みしました。

キスをしながら洋服の上から乳房を揉み、口を離すと「ウッ、フゥー、 ウッ、フゥー」と声を出していました。

(日本の女性とは喘ぎ声が違うんだな)と思ったものでした。

何せ全てが初だったので、感動的でした。

彼女のご主人が5年も闘病生活をされていたのですから、当然5年はセックスレスだったので、機会さえあればしたかったのだと思いました。

車中で私を見る目が何となくエッチっぽかったのもあの時から欲していたのかもしれません。

(つづく)

いつもご協力ありがとうございます



 

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。