FC2ブログ
 

官能私小説ノート

元住吉 10-1話 休日に先輩の奥さんと

この頃には澄枝と同じ日に休みが取れなくなっていました。

休みの日の2日前の休憩時間に先輩の奥さんに電話をすると、「来てくれるのね、嬉しい!」と。

先輩が絶対に店を離れられない時間、それはランチタイムなので「11時に行くから、その前に風呂に入って綺麗にしておいてくれるかな?」と。

奥さんは既に私に一回抱かれているので従順になっていて「はい、分かりました、当日は宜しくお願いします」と言って電話を切りました。

女性は余程の変な人で無い限り、身体の芯から気持ち良くして上げると従順になるものですし、この聡明な奥さんが私のセフレになってくれた事が何よりも嬉しかったです。

当日、先輩の自宅に行き、インターフォンを鳴らすと奥さんは全裸でバスタオルを巻いて玄関の扉を開けてくれました。

先日は奥さんの身体を見てなかったので肩口の白さと肉付きの良さが淫乱さを醸し出していました。

ましてや毎日顔を合わせているイヤミな先輩の奥さんだと思うと、より一層興奮しました。

玄関に入るなり、奥さんを抱き寄せてキスをすると奥さんも応えて舌を差し込んできてディープキスをしました。

私は奥さんが巻いていたバスタオルを取ると想像していた通りのナイスバディで私の大好きな肉付きの良い大柄でかつポッチャリ体型でした。

奥さんの事は流石にお姫様抱っこが出来る体型ではなかったのですが、力試しで、お姫様抱っこしてみると、持ち上がりました。

そのまま寝室に連れて行き、私も洋服を自身で脱いで奥さんの上に覆い被さりました。

奥さん「お姫様だっこしてもらったの初めてなのでビックリしちゃった」

私「出来ないかと思ったけど、出来るもんだね、女性にお姫様抱っこしたの初めてだから」と嘘を付きました。

奥さん「本当?嬉しい~」と言ってキスをせがんできました。

互いにキスをして、「家でシャワーを浴びて来たから」と伝えました。

奥さん「シャワーなんか浴びなくても良かったのに、汚れている方が好きで、その臭いを嗅ぐと興奮するの」と言いました。

私「じゃぁ、次はそのままで来るから」と言うと、

奥さん「そうしてくれると嬉しい」と言いました。

(そういう女性も世の中には居るんだな)と思いました。

(つづく)

PageTop

元住吉 9-5話 先輩宅に呼ばれ奥さんと 5

私「奥さんの口の中でイキたいんだけど」と言うと

奥さんは「飲むから大丈夫」と言ったので、奥さんを座らせて仁王立ちになって奥さんにフェラをさせて奥さんの頭を持って激しくイラマチオをして揺らし私も腰を振りました。

暫く振っていると射精感が出て来て「奥さん、イクよ、イク、イク、あぁ、うぅーーーー!」と言ってドクッ、ドクッ、ドクッ、ドクッ、ドクッと口内で発射し最後の一滴は尻の穴を絞り切って射精しました。

奥さんは私の白く泡立った精液を口を開けて見せてゴク、ゴク、ゴクと飲み干して笑いました。

その後、もう一回私のペニスを舐め回してお掃除フェラをし、奥さんは「精液を飲んだのは初めてなの」と言いました。

私「ありがとう、気持ち良かったよ」と言うと、

奥さん「私も気持ち良かった、初めて中でイケたし」と。

もう一度、ダイニングテーブルに座って冷蔵庫からビールを出してきて二人で乾杯しました。

奥さん「こんな気持ち良いセックスは主人はしてくれなかったの」

私「先輩はどんな感じなの?」

奥さん「前戯も無くて直ぐに入れてイッたら寝ちゃうの」

私「それじゃぁ、欲求不満になるよね」

奥さん「だからいつも主人が仕事に出掛けたらエロ本を見ながらオナニーしていたの、でもイク寸前になるとイケなかった」

私「そうだったんだ、だったら先輩とは休みの日が違うから、俺の休みの日にしてあげようか?」

奥さん「本当?」

私「うん、1ヶ月に2回ぐらいしか来れないけど」

奥さん「嬉しい、来れる日の前には電話くれる?」

私「うん、昼休みにでも電話するから」

奥さん「ありがとう、じゃぁ寝ようか?」

私「うん、寝よう、おやすみ」と言って奥さんにキスをして先輩の横の布団に寝ました。

朝起きて先輩と奥さんにお礼を言うと、先輩は相変わらず偉そうな態度で接してきました。

私は笑いそうになるのを堪えていました。

その後朝食を食べて先輩と一緒に出勤しました。

奥さんはニコニコ笑顔で何も無かったかのように送り出してくれました。

(つづく)

PageTop

元住吉 9-4話 先輩宅に呼ばれ奥さんと 4

私は奥さんの右手を奥さんのクリに導き「自分で」と言うと、奥さんは最初は躊躇っていたみたいでしたが、その後はスリスリと指を動かして私のピストン運動に合わせて腰を振っていました。

私は奥さんの耳元で極小さな声で「イキたくなったらイッてね」と言うと、

奥さん「はい・・・」と恥ずかしそうに。

私は奥さんの大きな尻を手で掴んでガンガンと腰を振ったり、奥さんの大きな乳房を後ろから揉んだりしていると、

奥さんは切なく消え入りそうな声で「イ・キ・そう・・です・・ぅ」と。

私「イッて!」と言うと、

奥さんは極小さな声で「イッちゃう、イッちゃう、イク、イク、イクーーーー!」と言って腰を震わせてアクメに達しその後、脚をガクガクさせて座り込みそうになったのですが、私は腰を抑えて「俺もイキたいから我慢して」と言って腰を更に振り奥を刺激しました。

暫く突き上げていると奥さんがまた極小さな声で「こんなの初めて・・・、ダメ、ダメ、死んじゃう、またイッちゃいそう、イッちゃう、イッちゃう、イクーーーー!」と言って脚をガクガクさせてアクメに達しました。

私「中イキできたのかな?」

奥さんは恥ずかしそうな小さな声で「中でイッたのは初めてですぅ・・・」と。

私「気持ち良かったでしょ?」

奥さん「はい・・・」とまた極小さな声で。

私は奥さんの子宮口をペニスで思いっ切り突き上げていると、

奥さんは「ダメッ、またイッちゃうから・・・」と言いながら膝をガクガクとさせていました。

私は奥さんの尻を掴んで更に腰を強く打ち付けていると、

奥さん「イックゥゥゥ・・・」とアクメに達しました。

私も「奥さん、イキそう・・・」と言うと、

奥さん「お願い、中でイカないで」と懇願されました。

(つづく)



PageTop

元住吉 9-3話 先輩宅に呼ばれ奥さんと 3

奥さんのブラウス上から胸を触り揉みながら互いに舌を絡ませたディープキスをしました。

胸は想像通りの軟式テニスボールのような柔らかさと掌に収まらないほどの大きさでした。

そして胸から尻へと手を滑らせながら触っていると、既に奥さんは興奮し出して「あぁん、あん、あん」と小さな可愛い声で悶えました。

奥さんも私の尻を触り、手を前にずらしてパジャマのズボンの上から私の大きくなったペニスを擦って「主人のより全然大きい!」と驚きの声を上げていました。

私が奥さんのブラウスのボタンを外そうと手を伸ばすと奥さんは「うちの人が起きてきたら拙いからこのままで」と言いました。

確かに仰る通りだと思って頷き、そのままブラウスの上から乳房を揉んでいると、奥さんは我慢できなくなったのだと思います。

私の座っている椅子を開かせて私の前に膝ま付いて私のパジャマのズボンとトランクスを下ろして既に青筋を立てて赤黒く威きり立っていたペニスを見て「凄い・・・」と言って掴んで尿道口の先走り汁を舌先で舐め啜りました。

奥さんは相当、飢えていたのだと思います、鼻息を荒くして武者振り付くといった感じでした。

右手では竿を扱きながら左手では玉袋を優しく揉みながら「うわぁ!大きい、こんなの初めて・・・」と言いながらフェラをし出したのです。

先輩がいる同じ家の中での展開ですから余計に興奮を助長させました。

この展開は私は予想しませんでしたが、あの脱衣所での奥さんの目は尋常ではなかったように思いました。

最初はただ亀頭を口に含んで舐め回しているだけでしたが、段々に厭らしい目付きになって私を上目使いで見て「貴方のを見た時から欲しいと思っていたの」と。

私「先輩とどのくらいしていないの?」と訊くと

奥さん「1年以上かな・・」と。

私「それじゃ、欲求不満にもなるよね」と言うと、

奥さん「だから抱いて欲しいの」と。

私「イッた事はあるの?」

奥さん「主人にイカしてもらった事はないけど、オナではイク寸前でイケないの」

私「じゃぁ、俺がイカしてあげるし、これで貫いてあげるよ」と言うと、

奥さん「本当!嬉しい」と声を震わせていました。

私は仁王立ちになって奥さんのフェラをさせていました。

その後、一回、既成事実を作っちゃった方が良いと判断して、先輩が寝ている寝室のドアを本の少し開けて先輩の様子を覗ってから、その隣の壁に奥さんを手を付けさせてスカートを捲り上げてパンティを下ろして膣口の濡れ具合を確認すると、大洪水だったので、そのままバックから亀頭部分だけを突っ込むと奥さんは「うっ!」と声を上げたのですが、その後は声を出しませんでした。

私はその後、ゆっくりとペニスを沈めていきました。

奥さんは極小さな声で「ああああ・・・、凄い・・・、イイ・・・、久々・・・」と。

(つづく)

PageTop

元住吉 9-2話 先輩宅に呼ばれ奥さんと 2

(エッチな描写はありませんので、ご興味のない方は読み飛ばして下さい)

食事が終わってお礼を言うと先輩はお酒が入ったのか上機嫌になって「これからは仲良くやろうな」と言ってくれました。

奥様は食べた食器を片付けてダイニングテーブルの椅子に一緒に座りお酒を飲み出しました。

一緒に歓談して、私の事を見て「依田さんは女の子にモテルでしょ?」としつこく訊いてくるのですが、答えに困っていると、先輩が「店の女の子が結構噂しているのは聞いているよ」と言うと、奥様は「そうよね、だってモテそうだものね」と。

私は「そんな事ないですよ、フラレてばかりですから」と言いました。

先輩は煽る様にお酒を飲んで真っ赤な顔になって「ダメだ、眠い、悪いけど先に寝てもイイかな?」と言うと、奥さんが「そうやっていつもお客様より先に寝ちゃうんだから・・・」と言って先輩を寝室に連れて行き寝かせてきました。

奥さんは帰って来ると「依田さん、ごめんなさいね、うちの人いつもああなのよ」と言ってまた椅子に座りお酒をグラスに注いでくれて、自身のグラスにも注ごうとしたので、取り返して私が注ぎました。

それから奥様と和気藹々で一緒に飲みました。

奥様はお酒が入ると段々にエッチな話しをし出したので、私も嫌いじゃないので合わせて話していると奥様の目がトロンとし出してきて脚をモゾモゾと動かし、私の脚に絡めたりしてきたのです。

私も段々にエッチな気持ちになってきて私の脚を奥さんの脚に絡め出したのです。

男だったら人妻から誘われて断ったら失礼ですし、「据え膳食わぬは男の恥」と言いますし、いくところまでいこうと思ったのでした。

それと先輩への落とし前ですかね(笑)

奥さんは先輩とセックスレスですし、先輩にアクメに導いてもらった事がないなどと、赤裸々な話をしてきて、私の隣の席に座り直して私の首に腕を回してキスをしてきました。

その積極的な行動に私は驚きを隠せませんでしたが、あのイヤミな先輩も爆睡している事ですし、奥さんがモーションを掛けてきたのですから頂く事にしました。

先輩も仲直りの印とは言っていたのですが、あの性格ですからこれからも色々イヤミは言ってくるでしょうし、奥さんを私のセフレにしちゃえば何を言われてもニコニコ聞いてあげられると思ったからです

ある意味での先取りお駄賃です。

(つづく)

PageTop