FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

元住吉 11-2話 澄枝の姉夫婦と

(エッチな描写はありませんので、ご興味の無い方は読み飛ばして下さい)

その時にお兄さんたちの料理が運ばれてきました。

鉄板に載せられていたハンバーグステーキとライスでした。

ご夫妻は何の断りも無く話を止めて食べ出したのです。

私は彼女の手前、我慢してその姿を見ていたのですが、我慢の限界に達して「澄枝、俺、こういう人たちと兄弟になるのが嫌だから帰るね」と言って席を立とうとしたら、お兄さんが立ち上がって「お前なぁ!」と凄みを利かせて言い出したのです。

私は流石に堪忍袋の緒が切れて「澄枝が可哀想だと思ったから黙って聞いていれば、随分となめた真似をしてくれるよね」と言ってしまったのです。

兄「お前の方がなめてるんだぞ!」と。

私「お義兄さんのその意味が分からないです」

兄「お前、俺を誰だと思ってるんだ!」と言って私の胸倉を掴んで言いました。

私「こんな公衆の面前で勘弁して下さいよ」

兄「俺は〇〇組の・・・」と言い出した時に、私は遮って「本当に勘弁して下さい、そういう話は止めませんか?、兎に角、お義兄さんがそんなに感情的になっていては話にもならないので、今日の所は失礼させて頂きます」と言って私一人で帰ってきました。

アパートに帰ってきて、荷物を纏めてバッグに入れて澄枝に置手紙に蒲田のアパートの電話番号を書いて蒲田のアパートに帰りました。

良かったですよ、蒲田のアパートを残しておいて、こうなった時に行く所を失わずに済んで。

兎に角、冷静になって考えたかったからでした。

その夜に澄枝から電話が来て「ごめんなさい、お義兄さんは直ぐに感情的になって話す癖があるの、ところでそこは何処なの?」と。

私「あんな話し方では喧嘩になるだけだと思うけど、ここは元々住んでいた蒲田のアパートだけど」

澄枝「同棲する時に返さなかったんだ」

私「そうだよ、だって荷物を全部持って行くのも嫌だったからさ」

澄枝「別れるかも知れないと思ってたんだ」

私「そんな事は思ってなかったけど(思ってたけど)それにしてもお義兄さんのあの言葉と態度は無いと思うけどね」

澄枝「ごめんなさい、お義兄さんの事を止められなくて」

私「あんなヤ〇ザのお義兄さんが居るんじゃ、結婚するのは勘弁してもらいたいんだけど」

澄枝「お義兄さんはヤ〇ザでも何でもないよ、それって、別れたいって事?」

私「ヤ〇ザでも何でも無い人が組の名前を出すなんて(と言って笑って)ま、澄枝がそれで良いと思うならそれでも良いけど」

澄枝「私は絶対に別れないから」

私「暫くはお互い別々に住んで今後の事を考えようよ」

澄枝「今日はこれで終わりにするけど、私は絶対に別れないから、おやすみなさい」

私「ごめん、おやすみ」

私は暫く、蒲田から出勤しました。

(つづく)

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

PageTop

元住吉 11-1話 澄枝の姉夫婦と

(エッチな描写はありませんので、ご興味の無い方は読み飛ばして下さい)

同棲して一年が過ぎようとしていた時に澄枝は両親に私との事を話したそうです。

私は結婚を一回失敗していたので、澄枝とも直ぐに結婚をする気はなかったのが本音でした。

でも女性はそうは行かないのは分かってはいましたが、私に相談無しで両親と姉夫婦に私の事を話してしまったようです。

両親は直ぐに私を連れて来なさいと言われたのですが、私はまだ結婚しようという気が無かったので拒みました。

澄枝は姉夫婦に相談をして姉夫婦と先に会う事になって食事をする事になったのです。

約束をした店には私たちが先に着いて待っていました。

約束の時間より30分ほど遅れて入って来た姉夫婦でしたが、謝る事も無くそのまま話しが始まりました。

私は店の店員さんが注文を取りにきたので姉夫婦にメニューを開いて渡しました。

無言で受け取った姉夫婦は店員さんに注文をしました。

その後、無言でメニューを渡された私たちは店員さんに悪いので「決まったらお呼びしますから」と言うとお兄さんが「食べに来た訳じゃないんだから直ぐに決めれば良いだろう?!」と強圧に言われたのです。

私は驚いてその後の言葉がありませんでした。

彼女もそんなお兄さんの言葉を驚いて固まってしまったのです。

私は澄枝に「お兄さんがそういうからソフトドリンクで良いかな?」と訊くと、

澄枝「うん、そうしよう」と言いました。

私は店員さんを呼ぼうとするとお姉さんが「私たちだけ食べるんじゃ悪いわ」と言うのですが、私自身がこんな人たちと食事する気が失せてしまったので、顔ではにこやかに微笑んで頑なにドリンクの注文をしました。

当然、私たちのドリンクの方が先に来たのですが、一切口を付けずに待っていると、お姉さんが「どうぞ!」と言うのですが、私はにこやかに「はい・・・」と答えただけで、そのままでいると、お兄さんが話し掛けてきました。

開口一番で「君は澄枝をどう思っているんだよ?!」と。

私「はい、可愛いと思っていますが」

兄「そういう事じゃなくて、結婚だろよ」と。

私「はい、未だ結婚しようという気持ちにはなっていませんが」と。

兄「で、同棲しているんだ、おかしいと思わないのか?」と。

私「全然、おかしいとは思いませんが」

兄「お前、バカか?!」と強圧的で喧嘩腰の言い方でした。

私「はぁ?それはどういう意味ですか?」

兄「普通は結婚を前提に同棲ってするんじゃないのか?!」

私「え、同棲ってそういうものなんですか?」

兄「当たり前だろ!」

私「意味が分からないです、好きだから一緒に生活しているのが同棲ではないですか、で、このまま結婚しても上手くやっていけそうだと思った時点で結婚するのが同棲なのではないですか?」

兄「お前、男はそれで良いかもしれないけど、女は婚期って言うのがあるんだぞ!」と。

私は最初から自身の立場を利用して上から目線で話してくる人は苦手なので、心の中の思いを出す事が出来ず、兎に角、この時間が早く過ぎる事だけを祈っていました。

(つづく)



PageTop

元住吉 10-4話 休日に先輩の奥さんと

私もイキたくなって「奥さん、イッてもイイかな?」と息を切らせながら

奥さん「イッてぇ!」

私は思いっ切り腰を振って「奥さん、イク、あぁ、イク、うぅ・・・・」と言って奥様の腹の上にドクッ、ドクッ、ドクッと大量のザーメンを発射しました。

暫くはそのままの体勢にして休んでその後、ペニスを膣から抜いて奥さんの横に仰向けになって寝ました。

奥さん「若いから大量ね」と言って私のペニスを咥えて舌で掃除してくれた後にティッシュを取って奥さんの腹に付いた大量の精液を拭いてあげました。

私「奥さんとはそんなに歳は変わらないじゃないですか?」と言うと、

奥さん「6歳も違えば随分違うわよ」と言いました。

私はこの話しを続けるのは面倒臭かったので話を変えました。

私「こんな事になって奥さんは大丈夫ですか?」

奥さん「私は大丈夫だけど依田さんは?」

私は「先輩にバレないようにして奥さんさえ良ければこの関係を続けたいんですが」

奥さん「主人とはセックスレスだから依田さんにイカしてもらえたら嬉しいわ、それに主人は短小で早漏だから」

ま、先輩は短小で早漏みたいで、更にレスの期間が長ければ長い程、私にとっては好都合なので良かったと思いました。

私は奥さんに「初めて会った日に目測したんだけど、身長は170cmぐらいかな?バストは95cmぐらいで、ウエストは65cmぐらいで、ヒップは95cmぐらいかな?」と訊くと、

奥さんは「身長は171cmでBは93cmでWは67cmでHは99cmかな、大柄なのよね、でも依田さんの方が大きいから抱かれてて嬉しいわ」と。

初めて会った日の私の目測とほぼ同じようでした。

私「先輩は小さいですものね」と言うと、

奥さん「アソコも気持ちも小さいからね」と言って舌を出して苦笑しました。

この日はこれで帰りました。

あの仲直りをした日からも先輩は相変らずチクチクとイヤミを言うのですが、先輩の奥さんを頂いたので私は一向に気にならなく返ってヘラヘラと笑っていました。

今まで気になっていたイヤミも奥さんを自分の女にした事で全然気にならなくなって、逆に先輩が哀れに思うようになっていました。

心の中でいつも「アンタの女房は私のコレの前に平伏して、いつも快楽の涙を流し、アクメ声を上げているんだよ、アンタには出来ない芸当だけど」と。

(つづく)

PageTop

元住吉 10-3話 休日に先輩の奥さんと

「ダメッ、ダメだってば・・・」と言って尻を退けようとしたのをガッチリ押さえてアナルの穴を舌先を硬くさせてチロチロと舐め回したのです。

「気持ちイイ・・・、こんな事されるの初めて・・・、恥ずかしい・・・、イイ・・・」

その後、奥さんを仰向けにしてもう一度淫毛の生え際を舐め回し、脚の付け根の骨を強めに噛みました。

「あん、ビックリした、でも感じるわ、こんな事されたのも初めてよ」

私の枕にクッションを乗せて奥さんの尻の下に置いて脚を広げさせてクリ○リス包皮を指で剥いて観察しながらクリを20分ほど時間を掛けて舐め回しました。

「あん、恥ずかしい、こんな格好させられたら、あん、あん、あん、こんなの初めて、主人は汚いって言ってクンニしてくれないから、あっ、気持ちイイ、イイわ・・・、イッちゃう、イッちゃう、イクッ、イクぅ、、イクーーーー!」と言ってシーツを鷲掴みして腰を波打たせてアクメに達しました。

その後、奥さんは私の股の間に身体を入れてフェラをし出しました。

奥さん「貴方が欲しかったの、大きくて太いのが欲しかったの」と言いながら竿を扱きながら、尿道口に溜まっていた先走り液を舌先を使って舐め回して口を窄めて啜り、その後亀頭をパクッと咥えながら竿を扱いてくれました。

奥さん「こうやって扱きながら亀頭を咥える事が出来るなんて、夢にも思わなかったの」と息を切らしながら言うのです。

私「えっ、どういう事?」と訊くと、

奥さん「裏ビデオでは見た事があるんだけど、主人のは竿を握ると亀頭は出てこないから」と言ったので、

私「先輩のはそんなに小さいのですか?」

奥さん「そうなの、こんなじゃないし、タマタマだってもっと小さいから」と言いながら愛おしそうに竿を下から上へとソフトクリームを舐めるように舌を大きく出して舐めていました。

その後、私は奥さん脚をM字に開かせて、膣にペニスを差し込んでゆっくり腰を動かして、段々に早めにピストン運動を10分ほど休まずにしたのです。

奥さんは波が押し寄せてきたのでしょうか、「依田さん、イキそう、イッてイイ?」と。

私「イッて下さい」と言うと、

奥さん「イイの・・・、イッちゃう、イッちゃう、イク、イク、イクーーーー!」と言ってアクメに達しました。

(つづく)



PageTop

元住吉 10-2話 休日に先輩の奥さんと

その後、奥さんの舌を絡めて吸い、甘噛みしました。

奥さんの大きい乳房を掌で揉んで乳輪に沿って舌を這わせ乳首を優しく甘噛みしました。

「あぁん、感じるぅ・・・」と全身を震わせて感じまくっていました。

耳、耳の後ろに舌を這わせ、耳たぶを軽く噛みました。

「あん、あん、感じるぅ・・・」

首筋から肩に掛けて執拗に舐め回します。

「あっ、あっ、あん、くすぐったい・・・」

腕を上げさせて脇の下を丁寧に舐め上げました。

「あっ、くすぐったい・・・」

二の腕、手の平、甲まで丁寧に舐め上げました。

「あぁ・・・、こんなに長く愛撫された事ないのよ・・・」

手の指をチュパチュパとわざと大きな音を立てて一本一本丁寧に舐め吸いました。

「あぁん、こんな事初めて・・・感じるぅ・・・主人もしたことない、こんなこと・・・」

もう片方の腕から五指に至るまで執拗に愛撫しました。

また乳房を揉んで乳首を甘噛みしたら「ひっ!、ダメぇ・・・」と悲鳴に近い声を上げました。

お腹から脇腹そして淫毛の生え際に舌を這わせました。

「あん、あん、ダメぇ・・・」

両内腿を交互に舐め上げ膝から脛の内側、足の甲を舐め回しました。

「足は汚いからダメぇ、でも・・あぁ、感じるぅ・・・」

五指を手の指同様に一本一本わざとチュパチュパと音を立てて吸い舐め足の指の間に舌を入れて舐め回した。

「あぁ・・・・こんな事されたの初めて・・・・私、私、あん、あん、おかしくなっちゃう・・・」と。

私は「先輩にもされた事ないの?」と聞くと、

奥さん「誰にもされた事ないわ・・・・感じるぅ・・・・・・」

片方づつ脚を上げさせて足の裏、踵を舐め上げアキレス腱を軽く噛むと、

「ダメよ・・・、足は汚いから・・・、ああああ・・・」

脹脛から膝の裏を舐め上げそして尻のホッペに舌を這わせて割れ目にも舌を這わせたら

「ダメ、ここも汚いんだから・・・」

私は構わずにアナルに舌を這わせました。

(つづく)

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。