FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

11-4話 ホテルの客室清掃スタッフの千尋

その後は、バイブで膣を犯して、アナルに挿入したり、同時に二カ所攻めたりしました。

彼女は「ヒーヒー」と嬉しい悲鳴を上げていたのです。

先ほどの中出しで、私は「お前のマンコが精液で、滑りが良過ぎるからイケないんだよ。もう一つの穴でイカせてもらうから」と言って、身体を起こして、彼女の身体を裏返して四つんばいにさせました。

この時に彼女は足腰がフラフラしていたので「入れられないだろ!!!」と、強めに言って尻を平手でピシャッと叩くと、彼女は「あっ~あ~~」と呻きました。

M女なので感じるのでしょう。

白い尻に手の痕がクッキリと赤く染まっていて、私は基本、Sなので、更に欲情が高まりました。

彼女の腰を持ち上げて四つん這いさせて、そのスキにローション取って、片手の指に塗りました。

私は「尻まで愛液が垂れて、泡立ってるよ。これならアナルに入れても大丈夫だよな」と言うと、

彼女は「そんな、そんな・・・嘘ぉ・・・、ダメよ、ダメに決まってるでしょ?!」

私「大丈夫だよ、散々揉んで広げたし、こんなにネチョネチョだしさ」と言いながら再度、ローションを多めに取って塗りたくりました。
膣に暴れん棒を入れたままでローション付けた指でアナルの周りの括約筋を揉みながら、親指を挿し込み、グリグリ動かしていると、

彼女は「クリ触って良いですか?」と。

私は「ケツを上げていられるならイイよ」と言いながら親指はアナルに入れてグリグリしながら腰を振っていると、

彼女「変な感じだけど、オマンコの中が何だか気持ちイイの~、イキそう・・・」。

私は「イケるならイキなさい」と言うと、

彼女は身体を硬直させて「ダメ~、イッちゃう・・・、イッちゃうの・・・、イックゥゥゥーーー!」とアクメに達し尻を突き上げて痙攣させていました。

(つづく)

いつもご協力ありがとうございます





PageTop

11-3話 ホテルの客室清掃スタッフの千尋

彼女は演技で「ダメです、ダメッ、止めて、お願いだから」と首を振りながら抵抗しましたが、何の役にも立たず、すっぽりと入ったのです。

まず最初は膣の入り口のGスポットをカリで引っ掛けるように小刻みに出し入れしていると、彼女は「イイ・・・、ココがイイの・・・」と大声で言ったので、私は「奥さんはレ〇プされているのを忘れちゃっているのかな?」と言うと彼女は「そうだったよね」と言って笑いました。

更にそのピストン運動を繰り返していると、彼女のアソコから私の下腹部にプッシューと潮を吹きかけたのです。

私は「奥さん、潮まで吹いて感じたらダメじゃん」と言うと彼女は「だって気持ち良かったんだもん」と言いました。

私はまた「レ〇プされているの忘れたらダメだよ」と言うと、彼女は「気持ち良くなるとツイツイ声が勝手に出ちゃうんだもん」と言ったのです。

その後は大きい亀頭の先が子宮口にズンズンと当たるように腰を振り続けました。

彼女にとってのセックスは一ヶ月振りだったらしく、快感が直ぐにやってきて「イイ・・・、イイ・・・」と喘いでいました。

私は彼女の「あぁん・・」との声に合わせ、リズミカルにジュポジュポと暴れん棒の出し入れを繰り返しました。

彼女は私の反り返った暴れん棒が膣の天井を引っ掛ける度に「あは~ん、はふぅん~」と喘ぎ声を上げていました。

やがて私の腰に自然と足を絡めた彼女は深く深く挿入されて絶頂を迎えて「イッちゃう、イッちゃう、イクイクイク、イクゥゥゥーーー!」とアクメに達したのです。

休む事無く彼女は自分から腰を振って次の絶頂を迎えようとしていました。

突然、私は腰の動きを止め、「中出しするからな!」と言って、彼女の腰を しっかり押さえて、凄い勢いでピストン運動を始めました。

彼女は「それだけはダメです、主人に悪いので、止めて下さい」と、演技で言いましたが、きつく押さえ逃げる事が出来ないようにして、彼女の上で痙攣して中に射精しました。

私の精液は、暴れん棒が引き抜くと直ぐにドロンッと彼女の割れ目から溢れ出てきました。

(つづく)

いつもご協力ありがとうございます



PageTop

11-2話 ホテルの客室清掃スタッフの千尋

私が演技で凝視しているので、彼女はとっさに胸を手で隠しましたが、私は「奥さんは俺に見せたくてそんな格好で出て来たんだろ?もっとゆっくり見せてくれよ」と隠した胸を鷲掴みにして、乳首を捏ねくり回したのです。

彼女は演技で大きな声を出して「止めて下さい!」と何度も言いましたが、私も演技で止めずに更にエスカレートして
やがて彼女を抱きかかえて玄関先で直に乳房や乳首を弄ったのです。

私「あらあら、奥さんは感じてるんだね。乳首立ってるよ」と言い、玄関先で彼女を押し倒して覆いかぶさり、腕を強く掴み抵抗できないようにして、既に硬くピンと立っている乳首をしゃぶりました。

彼女は、演技で何度も、何度も「いや!止めてよ」と言いましたが、むしろその言葉に興奮して、
更に体中を弄り、しゃぶりました。

彼女は「大きな声出しますよ!」と言うので、私もレ〇プ魔として「大きな声を出せよ!こんな格好をご近所さんに見られても良いっていうなら」と言うと、彼女は観念した奥さんのように静かになりました。

Tシャツとミニスカートは剥ぎ取らずにそのまま着せていてパンティだけ剥ぎ取って彼女の腰を手でガッチリと固定してクンニを始めました。

やがて私はどんどんエスカレートしてアナルの当たりも舐め上げました。

彼女は感じてきたのでしょう「あっ、あっ、あん」と甲高い声を出して呻いています。

その声を聞いて私はレ〇プ魔ですから「奥さん、すげー感じているんじゃん。マンコも洪水だよ」と指を入れて、彼女の膣を搔きまわして、 わざとクチュクチュと音を立てて掻き回して見せたのです。

私「ほらこんなに・・・」と、そしてぴちゃぴちゃとスケベな音を立て彼女に「もう、こんなになってるよ」 と言い濡れて糸を引いている指を開いて見せ付けると、彼女は「いやん」と一言言って顔を掌で覆いました。

彼女の脚を大きく開かし、執拗に舌と指で犯し続け、彼女も我慢できずに声が出て感じてしまい、
太ももの付け根やアナルまで厭らしい愛液が溢れ出てきていました。

私も我慢できなくなったので、スラックストランクスを下ろして彼女の手を暴れん棒に導き、扱くように促しました。

私の暴れん棒は彼女のご主人の半包茎の極小のペニスとは違ってカリの発達も大きく、私の言う通りに扱いていると、どんどん大きくなり反り返り熱くなって行ったのです。

私 「上手だよ、奥さん」と言い「じゃそろそろマンコに入れるよ!」と彼女の足首を掴んで開き、ゆっくりと入れました。

(つづく)

いつもご協力ありがとうございます





PageTop

11-1話 ホテルの客室清掃スタッフの千尋

千尋の今のホテルの仕事は最初、パ-トで入ったのですが、上司から仕事振りを認められて正社員に抜擢されたそうです。

そして彼女のご主人は出張が多かったので、彼女は子供もいないので家に一人でいるのも嫌だったので、仕事をし出したとの事でした。

昨日、電話があり、ご主人は今日から3日間の出張だから自宅に来てと言われたのです。

私の仕事も一段落していたので、一日休みを取り、千尋の家で1泊する事にし、「浣腸で綺麗に洗っておけよ」と言っておいたのです。

襲われて犯されるのが好きな千尋でしたので、この頃からアナルの開発も始まったのです。

既にこの頃には千尋も私とのセックスにも慣れ、またご主人とは子作りの為に定期的にはセックスをしていましたが、未だに出来ない事を悩んでいるのです。

だからと言って夫婦共々、産婦人科に行って、それなりの治療を受ける気にはなっていないとの事でした。

なので、彼女は私に以前も書きましたが、私に中出しを要求して、私の子種が欲しいと言うのでした。

私もそんなに欲しいというなら、万が一、私の子供が出来たとしても大事に育てるという確約の元で中出しする事にしたのです。

彼女のアパートに行くと、キチンと整理整頓された部屋で寝室とリビングそしてキッチンと風呂に分かれていて比較的に新しいアパートでした。

昨日の電話の時点で、玄関のベルを鳴らした段階からレ〇プのシナリオを伝えていました。

彼女は犯される事で興奮するタイプの女性なので、嬉々として喜びました。

突然玄関のベルを鳴らしインターホンに彼女が出ると私は「荷物のお届け物です」と言いました。

彼女は緩いTシャツでノーブラ、ミニスカートといった格好で、玄関を開けたのです。

Tシャツが古かったの胸元が緩くて大きなバストや乳首が丸見えでした。

こんな格好はホテルの仕事中には無いシチュエーションだったので私自身も宅配便のスタッフの気持ちになったようで興奮してしまいました。

(つづく)

いつもご協力ありがとうございます



PageTop

10-1話 ヘルプ先の旅館の奥様の良子さんとセックス

師匠からホテルの傍で開業している旅館の件で電話があり、板前さんが全員総上がりしたので、ホテルの和食の板前を一人ヘルプに行かして欲しいとの事でした。

ホテルも調理人の人数はギリギリで回していたので、そんなに簡単に二つ返事はできませんでしたので、私が行く事になったのです。

旅館の奥さん(良子さん45歳)とは、3ヶ月ほど前から深い関係になりました。

良子さんは板場の料理人は信用していないのか、河岸に毎朝仕入れに行くのですが、買った品物が多くて持って帰れないので、私も一緒に車で行って持って帰って来てあげていました。

前々からホテルの宴会などにお客様としていらしては気さくに話して下さっていた良子さんの事が気になっていたので、ダメ元で告白したのです。

そうするとあっさりOKで、後から聞いたのですが、良子さんも私の大きくて逞しい身体に抱かれたいと思っていたそうです。

それからは、月に2回ぐらい会ってセックスをしています。

セックスをする日には合図があって、「一緒に河岸に行って」とその日は良子さんのご主人が留守をする日だったのです。

私が行くといつも良子さんは、オナニーをしながら待っていて、私の暴れん棒をスラックスの上から触るのです。

私のスラックスとトランクスを一気に下ろしてフェラをし出します。

良子さんのフェラは最高で、舌使いは勿論ですが、唇の使い方と、下から見上げて来る眼がとても刺激的で興奮を誘うのです。

いつも最初はフェラで、その後は良子さんの頭を持ってイラマチオで射精させてもらうと、良子さんは口に大量に出した精液を「若い人のザーメンは美味しいの」と言って飲んでくれます。

そして直ぐに2回戦が始まり、今度は着物の裾を捲くって尻を突き出させると「早く入れて~!?」と、良子さんは言い尻を振り出すのです。

キッチンの流しに両手を付き尻を突き出している良子さんの濡れた淫部に後ろから暴れん棒を挿入して思いっ切り腰を振ります。

「あぁ~、イイの~、イイ、イイ、あぁ、イイ~!」と、良子さんは大声で叫びます。

良子さんの一番好きな体位はバックみたいです。

私が軽々と持ち上げベッドに寝かした良子さんは、更に大声になって「早く入れて、奥まで突いて!ダメ、もう、イッちゃう、イッちゃう、イック~!」とアクメに達します。

そして「私の中に沢山熱いのを出して~!」と言いながら、再度アクメに達するのです。

私が良子さんの膣の中で射精すると必ず、お掃除フェラをしてくれます。

(終了)

いつもご協力ありがとうございます



PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。