FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

歯科医 純子 38話  蛭川の勘繰りと誘いの電話と純子との温泉旅行

明くる日のランチタイムに蛭川からケータイに電話が。

蛭川「お前昨日、佐東先生の奥様に治療してもらったんだろ?どうだった?」

蛭川は他人の事が異常に気になるタイプの男ですが、それだけ気にしてくれている証でもあります。

私「どうだったって、至って普通の歯科だったよ」

蛭川「日曜だというのにスタッフもいたの?」

私「うん、ただ奥様が言うには休日出勤手当てが大変だから歯科衛生士さんと奥様だけ」

蛭川「奥様と何かあった訳じゃないよな」

私「馬鹿言うなよ、そんな事をある訳ないじゃない」

蛭川「まさかなぁ、俺もそれを信じるよ」

私「お前、どうかしてるよ」

蛭川「だってこの間、佐東先生ご夫妻の生活習慣を耳にすれば、奥様は相当の欲求不満だと誰だって想像が付くからな」

私「それはそう想像しても不思議じゃないよな、じゃぁ今後奥様とそうなったら正直に報告するよ」

蛭川「絶対だぞ!、ところで先生とディズニーランドに行く日なんだけど一泊泊まる事になってさ」

私「そりゃ、ご苦労さんだね」

蛭川「それがさぁ、この間も話したと思うけど先生は彼女を連れて行くって言っていただろ、そしたらさ俺の為に彼女の同僚看護士も連れてきてくれるんだって、イイだろう、だからお前を誘ったのに、本当に勿体無いよな」

私「お前も彼女を連れて行くんじゃなかったの?」

蛭川「新たな方が楽しいじゃない、多分先生の口止め料代わりなんじゃないのかな?」

私「そうなんだ、でも俺は若いお姉ちゃんには全く興味ないから」

蛭川「お前は昔からデブ専の熟女好きだもんな、だから先生の奥様と何かあったんじゃないかと思った訳よ」

私「あの奥様は俺より年下だぞ、くだらない妄想は止めて ま、おおいに楽しんできてくれよ」

と言って電話を切りました。

蛭川との電話を切ったあと直ぐに純子からのメールが。

純子「昨日は楽しかったです。思い出すとまた身体の奥深くが疼きます。来月の土日に先日お会いした蛭川さんと病院のスタッフ数名とでディズニーランドに泊まりで行くと主人から今朝聞いたので私たちも何処か泊りで行きませんか?希望は温泉で。良い返事をお待ちしてます(キスマーク)」

私「OK、ただ車ではなく電車で行きませんか?理由は万が一交通事故に遭遇したらお互いに面倒なので。私が全て計画するから任せて下さい。詳細は今度の日曜日の診察台にて(OKマーク)」

つづく

スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

PageTop

歯科医 純子 37話 診察

コーヒーを飲み干した時に純子は「さぁ!診察しましょうか?」と言いながら部屋にあった白衣を着て歯科医らしく毅然とした態度で診察台に私を促しました。

診察台に座ると照明を点け背もたれを自動で倒して純子は丸椅子に腰掛け私の口中を見ました。

第一声「これは時間が掛かりそうよ」と少々意味有り気にそして嬉しそうに。

確かに暫く歯科には行っていなかったのでそう言われるとは思っていたのです。

純子「折角だから全部治しちゃいましょうね」と。

今日は左下の奥歯の治療から始まりました。

治療を終えると歯垢と歯石を取ってくれました。

これは本当に気持ち良いです。

純子の歯科では振動のある電動の器具で歯垢や歯石を取ってくれていますが、私が行っていた歯科では、先生がステンレスのヘラ(専門用語が分からない)で力づくで取ってくれました。

どちらが良いのかは私には分かりませんでした。

純子「今日の治療はこれで終了です、また来週の日曜日の夕方4時に来てください」と。

続けて「4時以降には院長の患者さんも居ないし貴方だけだから」と意味有り気に。

私「治療費は?」と尋ねると「そんなの頂けないわ」と。

診察台から立ち上がって純子を抱き寄せキスをして「ありがとう」と言いました。

相変わらず淫乱になり大胆になった純子は舌を差し込んで来たので、そのまま待合室に連れ出した。

純子は白衣を着せたまま、女医を犯す、一般男性にとっては最高の夢であり最上級のシチュエーションです。

長椅子に寝かせ唇を合わせ白衣の上から乳房を揉み白衣のボタンを外し、上着のボタン、ブラウスのボタン、ブラジャーのフロントホックを外して豊満な乳房を揉んで乳首に舌を這わすと純子は「あっ」と声を上げ悶えました。

スカートをたくし上げストッキングとショーツの上から花芯を弄ります。

スカートのタグには前回と同じくイタリアの高級ブランド「MISS〇NI」と。

純子「あぁ・・・」と声を上げました。

しばらくしてストッキングとショーツを脱がしてクリを弄り、膣口の愛液を確認してスラックスとトランクスを脱ぎ去り純子の脚をM字にさせて肉棒を濡れ濡れの膣に突き刺し激しく腰を振ります。

純子「あっ、あっ、あっ」とリズム良く声を上げ「感じる、和夫さんの大きなオチ〇チンを」

純子「ダメ、ダメ、ダメ、イッちゃう、イキそう、イクッ、イクッ、イグぅ・・・・」と叫んで果てました。

純子は不倫相手としては申し分ないです。

他の独身女性のように「奥さんと離婚して私と結婚して」とか泣きつかれなくて済むし、どこかに遊びや食事に連れて行く必要は全く無くただただ歯科に受診してエッチをするだけ。

婚外には最高の女、純子。

「佐東先生!純子をほったらかしにしてくれてありがとうございます。これからも私が責任を持って純子を絶頂の世界にエスコートしますから先生は他の子と楽しんで下さい」と心の中で呟きました。

つづく

PageTop

歯科医 純子 36-3話 診察前にH

ブラウスそしてブラジャーのボタンとホックを外しスカートを腹の辺りまで捲り上げていたセレブの歯科医院副院長の姿はより一層スケベさが滲み出て興奮させました。

純子「ダメ、ダメ、死んじゃう、イッちゃう、イクッ、イクッ、イクぅ・・・・・・・・・・」と近所に聞こえるかと心配になるほどの大きな声でアクメに達し暴れん棒をキュッキュッと締め付けいました。

私も同時に絶頂を迎えようと思ったが純子の大きな声に怯み中々発射できないでいたのです。

暫く暴れん棒を純子の蜜壺に挿し込んだままで余韻を楽しませていました。

純子は大きく呼吸をして我に返って「和夫さんはイッたの?」と聞いてきたので「まだだよ」と答えると、「私がして上げる」と言ってデスクから降りて仁王立ちしている私をソファに座らせ、純子はひざまづき玉袋を優しく揉みながら肉棒を手で強目に握り締め上下運動を始めました。

肉棒の鈴口を啜りカリと裏筋を舌先で舐め回しながら、上目使いで私の目を見ながら「和夫さんの精液を飲むから!」と言い、上下に肉棒を摩ったのです。

私はフィニッシュの寸前に「純子、イキそう、イクッ、うううぅぅぅ・・・・」と言いながら純子の喉の奥に大量のザーメンをドクドクドクッと発射しました。

純子は私の暴れん棒の中に残っているザーメンを搾り出すかのように扱きながら、最後の一滴まで口中に溜め、口を開いて白い液体を私に見せ飲み込んでくれたのです。

その後、舌で暴れん棒の隅々までを綺麗に掃除してくれました。

私はこれだけでは満足できず純子をデスクに手を置かせてバックから肉棒を挿し込み高速のピストン運動をし出しました。

純子は「あぁ・・・、感じる、子宮に当たるの・・・、またイキそう・・・、イッちゃう、イクゥゥゥーーー!」とアクメに達しました。

二度目の射精を純子の白い大きな尻の上に噴射して果てたのです。

お互いに洋服を着てからソファに座り、純子が出掛けに買ってきてくれた缶コーヒーを飲みました。

(つづく)

PageTop

歯科医 純子 36-2話 診察前にH

スーツの上着とブラウスのボタンを外しブラジャーのフロントフックを外して脱がせず、豊満な乳房を露わにしました。

先日の着衣と違う前開きの服を着ていたのは脱がしやすく抱かれたいという純子の欲望を表しているかのように思えた。

両方の乳房を揉みしだきながら右手に包まれた堅く尖った乳首を吸い甘噛みすると純子は「あっ、感じる・・・、気持ちイイ・・・」と身体をよじらせ悶えました。

何度も乳首を甘噛みしたり舐め回したりしていたら純子は我慢できなくなり「下も触って」と懇願。

純子を立たせてスカートを捲くり上げデスクの上に寝かせ足をM字に開かせて愛液が溢れる膣に一気に舌を這わせてわざとブチャッ!ブチャッ!と大きな音を立てて愛液を啜りました。

純子「汚いから、イヤ・・・」と驚いて逃げようとしたのですが脚を腕でロックして逃がさずに執拗に膣の周りを舐め膣の中に舌を刺し込み動かしたのです。

純子「あぁ・・・感じるぅ・・・」と。

その後、舌でクリをレロレロと舐め回し執拗に愛撫しました。

純子「ダメぇ、そんな事をしたら、イッちゃうから、イキそう、イクッ、イクッ、イクぅ・・・・・・」と腰を上下にくねらせました。

暫く余韻を楽しんだ純子は「お願い、入れて!」

私「えっ、何処に?」

純子「私の」

私「私の何処に?」

純子「純子のオマ〇コに入れて下さい」

私は履いていたスラックスとトランクスを脱ぎ捨て純子の尻と腹のくびれを両手で押さえて暴れん棒を蜜壺にカリの部分の先っぽだけ入れて静止しました。

純子「いじわる・・・なんだから・・・」と切なそうな声で自ら腰を動かし肉棒を奥へと導こうとしました。

純子「純子のオマ〇コの奥を、、、、、奥を、強く突いて!お願いだからぁ・・」

純子の右手をクリに導き私は一心不乱に腰を突き立て振ったのです。

純子「あっ、あっ、あっ」と声を上げながら暴れん棒の先が子宮に届くようにリズムに合わせて腰を突き出していました。

(つづく)



PageTop

歯科医 純子 36-1話 診察前にH

明くる朝、純子のケータイにメールしました。

「今から家を出ます」

純子から直ぐに「お待ちしてます」と返信。

車に乗り20分ほど掛けて歯科医院に着く。

10台ほど停められそうな大きな医院専用駐車場の中の屋根付きの車庫に純子は自分の赤い小さなドイツ車を停め車内で待っていました。

彼女の車の隣に私も停め降りました。

彼女も降りてきて嬉しそうに笑って歯科医院の裏口を開け、警備会社のセンサーにキーを差し入れドアの鍵を掛けてスリッパを揃えて私を招き入れてくれました。

裏口から治療室までは10mほどの長い廊下を通る。

廊下の右側は全てガラス窓が張りめぐらせてあり、左側は直ぐの所に二階に上がる階段がありその先にはボイラー室、純子は中に入って空調のスイッチを入れ、その先に給湯室と技工室があって治療台が5台並ぶ大きな治療室になっていて、その先には受付と待合室と表玄関になっていました。

治療室の治療台の前の一面のガラス窓には針葉樹の木が外部から見えないように施されていて、その手前は手洗い場がありその裏には院長室と副院長室の扉がありました。

治療の前に純子が待ち切れないのか私の手を引き整理整頓されたとは言い難い副院長室に招き入れドアを閉めて唇を重ねソファに導きました。

副院長室の窓の前には大きな針葉樹の木があって外からは覗けなくなっているので純子は既に大胆になっていました。

ソファに座って純子の唇を重ね舌を吸い絡めると純子は「あぁ・・・」と声を上げ、欲求不満が募っているのか既に荒い息を吐き、喘ぎ出していました。

先日会った時とは違うセンスの良いブランド物のツーピースのスーツの中にブラウスを着ていました。

上着の間に手を差し込みブラウスとブラジャーの上から、たわわに実った豊満な乳房を揉みしだき、その後スカートの中のストッキングとパンティの上から花芯部分を弄りました。

純子は「あぁ・・・、ショーツの中から触って」と懇願したので、ソファに座らせたまま、パンティとストッキングを脱がせました。

膣の中に指を入れるとまた純子のエロい吐息が漏れ、純子は腰を上げて触りやすいようにしました。

「あぁ・・・」

相変わらずの大洪水の愛液を右手中指と薬指で掻き取り、クリ包皮を指で剥き、中心部の敏感な部分を優しくそして段々に素早く掻き回したのです。

純子は「あっ、あぁ・・・・、感じる、気持ちイイ・・・」と大きな声で悶えています。

一回、指を出して私の口の中に含み愛液を拭っていると、その行為を見た純子は「汚いよぉ」と言うので「美味しいよ」と言うと「恥ずかしい」と処女のような恥じらいを見せたのです。

(つづく)



PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。