FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

歯科医 純子 50-2話 媚薬の効き目

彼女を仰向けに寝かせ「風呂に入ろう」と促すと

純子は私にしがみ付き「もう一回正上位で入れて」と気が狂ったように懇願されたのです。

まだ媚薬の効き目が残っていたのでしょう。

私「じゃぁ、これでやって上げるよ」と言って二つの電動マシンのスイッチを入れると、

純子「あ、あっ、あ・・・、貴方のでお願い」と。

純子に覆い被さり暴れん棒を花芯に挿し込むと

「あ・・・気持ちイイ、もっと奥を、奥を突いてぇ!子宮に当たって気持ちイイの・・・」と大きな声で懇願です。

私の身体に爪を立て「もっともっと」と奥に導いていました。

私自身も心臓がバクバク言って今にも爆発しそうなくらい息が大変な事になっていました。

純子「イイ、イイ、イクッ、イグぅ・・・・・・・」と痙攣しながらの昇天。

何回イッたか分からないほどアクメに達していました。

少しの間そのまま寝かしておきました。

私は露天風呂に浸かりにテラスへ。

10分程経ったのに来ないのでバスタオルを巻いて純子を迎えに行ったら微かな鼾を搔いて眠っていました。

でも起こして露天風呂に連れて行ったのです。

虚ろな目で付いて来たので湯船に引き入れて座らせました。

純子「こんなに興奮したの生まれて初めてで、こんな淫らな自分が居たことを思い知らされたの」

私「本当にスケベだったよ、何回イッたか分からないくらいイッたんじゃない?」

純子「中は未だ疼いているもの」

私「今までの男たちが自己中だったから開発途上だっただけだよ」

純子「実は中でイッたのは和夫さんが初めてなの」

私「それも自己中が相手だから仕方ないと思うよ、だって自己中のセックスって自分が射精すればそれで良いんだろうしね」

純子「そうみたいね」

私「俺は相手が満足してくれないとつまらないもんな」

純子「大満足だけど怖い、和夫さんと別れる事を考えると」

私「未だ付き合ったばかりなのに、もう別れる事を考えちゃうんだ」

純子「だって・・・」

私「まだまだこれからも純子を楽しみたいから別れるなんて考えられないよ」

純子「そうだと良いんだけど」

私「のぼせちゃうから出よう」と言って彼女の肩を抱いて湯船から上がりました。

つづく






PageTop

歯科医 純子 50-1話 媚薬の効き目

純子の背中に重なって寝ていると、

純子「何だか体中が、特にアソコの中が熱くなってきて変な気持ちなの、貴方のを入れて、掻き回して!お願い、早く、早くぅ・・・!」

今頃、媚薬が本腰入れて効き出したのかもしれないと思ったので

精液が溜まってるコンドームを取り去り口を結んでティッシュに包み捨て、露天風呂に行き下半身だけ洗ってきて下半身をタオルで拭き純子が横たわるベッドに潜り込みました。

私も疲れてきたので純子の後ろから腰を動かしました。

蜜壺に入った暴れん棒が浅く感じたのか純子は「私、上になってイイ?」と訊いて返事をする前に直ぐに体位を入れ替え、

寝転ぶと私の上に乗って暴れん棒を純子自身が掴んで膣に挿し込み豊満なバストをユサユサと揺らし、体を上下させていました。

純子の長い黒髪と豊満なバストが大きく乱れ揺れ、顔は早く絶頂に達したいという必死さが伝わり艶かしさを増幅させていました。

繋がったまま私も起き上がり舌を吸い絡ませました。

彼女は目を細めて、私の暴れん棒を蜜壺に咥えたまま無心に腰を振っています。

いよいよ媚薬が最高潮に効いてきたのでしょう。

今まで見たことの無い彼女自身も41年間知らないでいた一皮も二皮も向けた淫乱さです。

純子の声が1オクターブ高くなって「あぁ・・・・・・・、イイ、イイ、イイの・・・、イッちゃうぅ・・・、イクッ、イクッ、イッちゃう、イッちゃう、イグぅ・・・・」とアクメに達しました。

と、少ししたらまた繋がったまま上下運動を開始したのです。

2分ほど動いたら「あぁ・・・イクッ、イクッ、イッちゃう、イッちゃう、イグぅ・・・・」と身体を前後に痙攣させて昇天しました。

と、少ししたらまた繋がったまま更に激しく上下運動を、

1分ほどしたら「あぁ・・・気が狂いそう、気持ち良過ぎて、イッちゃう、イクッ、イクッ、イグぅ・・・・」とアクメに達しました。

と、また少ししたらまた繋がったまま更に激しく上下運動をして、

「死んじゃう、死んじゃう、オマ〇コが本当に気持ちイイの・・・、イキたい、イキたい、イグぅ・・・・・・・・」と同時に

「俺もイクッ、うううぅぅぅ・・・・」と言って果てました。

つづく



PageTop

歯科医 純子 49話

暴れん棒を抜くと

純子「こんなの生まれて初めて、でも痛いと思ったのは最初だけで後は変な感じはしたけど最後には気持ち良くなっちゃた」

私「今度はまたバックの体勢でこれ(電動ローター)を純子の右手で持ってクリに、そしてこれを(電動バイブ)純子の左手で支えてこの穴に入れて(指を膣に入れて指示)、俺のチ○ボはアナルに入れるから」

純子「そんな恥ずかしい事できないわ」

私「あ、そう、できないんだ、じゃぁ、これで寝ようね」と言って掛け布団をかけて寝た振りをしました。

純子「やってみるから怒らないで」

純子は自らバックの体勢になったので私は先にコンドームを着けた暴れん棒に潤滑ローションを塗りたくり純子の尻を抑え菊穴に差し込んだのです。

純子は二つの電動マシンを私が教えた所定の位置に据えてスイッチを入れました。

しばらくすると、

純子「あ・・・こんな恥ずかしい格好で・・・」 「あぁ・・・でも感じるぅ・・・」

私は腰を振り続けました。

二つの電動マシンは異様な音と振動を繰り返し純子を攻め立てていました。

純子「イキそう、イッちゃう」

私「俺もイキそう、イクッ」

純子「一緒にイってぇ!イクッ、イクぅ・・・、イグぅ・・・・・・・」

私「イクよ!、イクっ、うううぅぅぅ・・・・」とほぼ同時に果てました。

純子はローターだけを頭の上に戻し、電動バイブからは手を離しただけで自然に膣から抜け落ち開いていた脚は力なく伸ばしてうつ伏せになったのです。

私はそのまま純子の中に入れたままで純子の背中に覆い被さりました。

つづく

PageTop

歯科医 純子 48-4話 アナルセックス

純子は「あぁっ、入ったぁ・・!」と大声を上げた。

私「ゆっくり本当に数ミリづつ中にゆっくり入れていくから力を抜いて息を吐いて」

純子「ふっ、ふっ、はぁっ」 

「ふっ、ふっ、はぁっ」 

「ふっ、ふっ、はぁっ」  

「変な感じ」  

「入ってる」 
 
「入ってる」  

「あ・・・」

肉棒の3分の1まで入れると「何だか変な気持ちだけど良くなってきたかも・・・」

また数ミリづつ中へ入れていくと「ふっ、ふっ、はぁ」と息を吐いて協力してくれました。

肉棒が全て収まって少しそのままにしてから少しづつゆっくりピストン運動をし出すと、

純子「感じる、こんなの初めて」 

「あっ、あっ、あっ、あん・・・変になりそう」

「何だかさっきとは違って気持ち良くなってきたかも・・・」

暫く腰を振りました。

膣とは違い絞まり具合がイイので私もイキそうになって「純子、イってもイイ?」と聞くと

純子は「イってぇ!」と

私は純子の尻を抱えて腰を振りアナルの中で「イクッ、イクッ、うううぅ・・・・」と言って発射し果てました。

暫く抜かないでいると純子は私の陰茎に淀んでいる液を搾り出すかのように穴を何度も締め付けました。

つづく

PageTop

歯科医 純子 48-3話 アナルセックス

(済みません、仕事が忙しくて更新を忘れてしまいました)

暫くして一瞬抜くと、純子「えっ、何で抜くの?」

黙ってそのままにして焦らしていると、

純子「お願いだから入れて下さい」と。

私「さっき怖いって言ってたじゃない」

純子「怖くない、気持ちイイの、意地悪ぅ・・」

私「何処に入れて欲しいの?」

純子「純子のオ○ンコに」

また挿入してスイッチを入れ上下に動かし、ローターで乳房と乳首を攻め続けていると、

純子「あ・・・ん、気持ちイイ、またイッちゃう、イッちゃう、イクッ、イクぅ・・・・・」とアクメに達し口を開けて涎を垂れ流し白目をむいてハァハァと肩で息をしました。

電動機器のスイッチを止めて彼女の身体を起こしバックの体勢にさせ、後ろから尻を持ち上げ菊穴を舌で執拗に舐め上げたのです。

純子は「こんな事された事ないし、そこはダメッ、そこは恥ずかしいから、お願い止めて!」と懇願したのですが、その言葉とは裏腹に純子は菊門を私の顔に押し付けてきたのです。

純子は尻をくねらせ「あん、あん、イイ・・・、気持ちイイの・・・、こんなの初めてよ・・・」と。

私は右手中指に潤滑クリームを塗り菊穴の周りをその指で優しく揉み解し、何度も何度も優しく揉み解して刺激した後に「入れるよ」と言ってアナルに指をゆっくり差し入れたのです。

純子はのけぞり逃げようとしましたが、ガッチリ尻を抑えて指を中に入れ、最初は第一関節だけその後は第二間接、そして最後は根元までと段階的に入れ最後にはゆっくり出し入れし、奥に入った時に指を曲げて刺激を与えました。

「何だか変、ちょっと痛い気もするけど、感じるかも」と意味不明の言葉を並べる純子です。

私「少し我慢して、息を吐いて」

純子「うん、やってみる」

指の出し入れのリズムに合わせて「はっ、はっ、はっ」と声を上げて徐々に感じてきたようでした。

私は既にコンドームを装着していた肉棒にも潤滑クリームをたっぷり塗り付けて「純子、入れるよ」と言うと

純子は「イヤッ、そんな太いの入れたら壊れちゃう、イヤッ、イヤッ、イヤんん」と甘い声で哀願。

私は「大丈夫だから」と言って純子の尻を抱え亀頭部分だけ挿入しました。

つづく




PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。