FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

歯科医 純子 53-2話 行為中に女医である事を

2回目は挿入。

1回目のアクメから数分後、私は息が整った純子の蜜壺に指を入れました。

まだ、十分に濡れているので挿入はスムーズで、潤んだ膣壁は私の指を迎えて、待ち焦がれていた感触に思いっきり吸い付いてきました。

「膣が嬉しそうで、ワナワナしているよ!」と私。

そのまま指入れのままで2回目のアクメでも良かったが、いよいよ気持ちが高ぶってきたところで、「入れるね!」と言った私は暴れん棒を挿入しました。

腰を持ち上げてピストン運動すると、あまり深くは入らない代わりに前壁のGスポットへ刺激になり、それに私は親指を純子のクリの所に宛がったので、中と外との快感が連動して、それが慢性的に繰り返されるその先に、徐々に、盛り上がり、快感がこみ上げがっているのが純子の顔を見ていると分かりました。

「あっ、あっ!、イイ、イッちゃう、イクっ!、あ、あ・・・っ! ダメ!イクぅ・・・」

2回目は久しぶりの中での気持ち良さからか、純子は涙を流して喜びをあらわにしていました。

一息ついたところで、私は 純子を抱きながら「純子先生、何で最近は医院でするのは嫌になったの?」と訊きました。

純子は、「恥ずかしいし、歯医者である自分とこういうところの自分は違う存在と考えたいから・・・」と説明しました。

「でも、白衣を着て、知的な純子先生は凄く魅力的だし、そんな女性だからエッチしたくなるんだけど」と私。

「いや!、そんな想像は止めて!、やっぱり、私、貴方とは続けられないわ」、たった今さっき、2回イカせてもらった私に弱々しく訴える 純子でした。

「いいじゃない。キリッとした女医の純子先生と燃え上がるベッドの純子、ギャップがあって好きだよ!」の私の言葉に火が付いたのか、

純子は「イヤよ!、ダメ、ダメだってば!、そんな考えはお願いだから捨てて!、白衣姿の純子の事は忘れて、二度とそんな事、言わないで!」と声を荒げて懇願する純子でした。

「解った、解ったよ」と笑いながら言う私、純子の腰から尻に手を這わせ、次のラウンドに向ったのです。

「純子!」と言って私は口づけをして、豊満な胸を揉みしだき、頚から背中へと舌先と唇で愛撫を始めました。

純子はもうエッチモードへと突入し、私の暴れん棒を右手で扱き、硬さを確かめていました。

私の方も早めに 純子の下半身へと移り行く感じで、私の指が触れた膣口はもう愛液が溢れていて、「おっ!純子先生、早いね!」と言って、そのままクリへの愛撫へと移り、そこで 純子は「あっ、あん」と高い声を上げたのです。

徐々にクリが勃起してきて、はち切れんばかりになっていました。

(つづく)



スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

PageTop

歯科医 純子 53-1話 行為中に女医である事を

家人が寝静まった夜中に自分で欲求不満をトイレで処理をした純子でした。

その後に「今、トイレで日光で和夫さんに抱かれた事を思い出してオナニーしたの、土曜日の夜、久しぶりに会いたいの」と純子からメールが来て当日会いました。

不倫の私とのホテルでの行為は、純子にとっては心が熱くなるものとなっていたそうです。

私は純子の身体にタッチをしながら、唇を合わせたその内側では舌をたくみに絡めてきて、その合間に次々と服を脱がしていきました。

数分の内には 純子は一糸まとわぬ姿になりました。

ベッドに横たえて、首筋から肩、脇、そして乳房へと指と舌が走り、乳輪周りに円を描いて、徐々に乳首へと近付き、乳首へは手の甲を使った微妙なフェザータッチで始まり、徐々に強弱を付けたところに、唇が乳首を捉えて、いよいよ強い愛撫へと移ったのです。

舌先で優しく転がし、歯を立てて、唇で引っぱり、強く吸ったり。

左右交互に責めが入って、仰け反り、「ううっ!」と、呻き声を上げる純子の下半身へも既に手が及びました。

私の片手と片足で純子の脚を拡げ、踝から足首、膝、内股へと手指を滑らせました。

反対の脚にも同じような動作、臍の下では左右の腰骨からパンティーラインに指を滑らせて、後ろでは背中から尻の割れ目にも手を挿入して、徐々に 純子の花園へのアプローチが近付かせたのです。

私の手が 純子の膣口に触れ、「十分に濡れてるね!」と言い、純子の愛液で手指を湿らせて、それを塗り込むようにクリに触れます。

純子は私の首に手を回して、伝わる快感を腕を絞める事で私に告げました。

私は左手、人先指と薬指をクリと左右の小陰唇の間に忍ばせて、上下運動することでクリを左右から挟んでその側壁を擦らせたのです。

徐々に膨隆して堅くなるクリに対して、中指が愛撫に加わると、純子のいきり立つクリは左右と真ん中から包まれるような形となり、言いようのない快感が下半身に広がっていくのが見て取れました。

右の乳首に唇、左の乳房を右手、クリには左手と身体全体も三点での責めに、盛り上がる純子は、「イッ、イク、イッちゃう、イクぅぅぅ・・・」とシーツを掴み、ガクンガクンと、腰と背中に痙攣が走らせ、クリだけで一回目のアクメに達したのでした。

(つづく)


PageTop

歯科医 純子 52-2話

純子「今回の旅は最高だった、また機会があったら何処かに連れてって下さる?」と。

私「うん、良いよ、今度は近場の外国でも行こうか?」

純子「えっ、結婚してから一回も行った事がなかったの」

純子「いや結婚前も主人とは一回も無くて学生時代に美奈子たちとハワイや香港くらいかな」

私「じゃぁ、韓国か台湾あたりだったら2泊3日ぐらいで行けるね」

純子「そんな時が来たら楽しいだろうな」

私「韓国だったら詳しいよ、以前は年に一回は社員たちとその他数回は友人たちと行っていたから」

純子「何それ?」

私「韓国のカ〇ノで年に何度行っても航空券や宿泊料金そして食事全てがタダになるメンバーになっているんだよ、ま、最近は仕事があるからそうは行けないんだけどね」

私「航空会社によってなんだけどファーストクラスだったりビジネスクラスだったりするんだけどエコノミーに乗せられた事は一回もなかったかな」

私「俺の場合は同伴者まで無料なんだ、だから純子が行く時もタダだよ」

純子「そんな話し初めて聞いたわ」

私「ご主人は知っているんじゃないかな?」

私「メンバーさんにはロータリーやライオンズクラブに入っているような経営者や開業医が多いかな」

私「事務所に電話すると、航空券を送ってくれて金浦空港からリムジンでホテルまで送迎してくれるんだよ、勿論夕食に出掛ける時もリムジンで送迎してくれて夕食代も営業の人が支払ってくれるけど、営業さんにご馳走になるのはあまり好きじゃないんだけどね」

私「最近は私自身はカジノを殆どやらないんだけど、20数人の人を紹介したからなんだろうけど、今でもそうやって接待があるんだけど、最近は余り受けないようにはしているんだ、ま、私の紹介者の力もあるんだろうけどね」

純子「紹介者って、昔独立創業する前に働いていた会社の社長さんなの?」

純子「和夫さんの知らない部分を今聞かされた気がする、そう言えば今回の旅は私ばかり話していたものね」

私「仕方ないよ、ストレスが溜まっている人は良く喋った方が良いって言うじゃない」

私「のぼせそうだから出よう」と言って純子の手を引いた。

身体を拭いて服を着て部屋からフロントに電話しタクシーを呼んでもらってチェックアウトした。

純子は私に「今回の旅行代」と言って封筒を渡されたが、受け取らなかった。

つづく

PageTop

歯科医 純子 52-1話

お互いにベッドに上向きに寝て窓を見ると外は明るくなってきていました。

「少し眠ろう」と言って掛け布を掛け眠りました。

朝食の時間前だと言って純子に起こされたのです。

純子は既に化粧を終え洋服に着替えていました。

昨日の服装とは違ってエレガントなロングスカートでした。

その裾から伸びる脹脛が白く艶かしく、模様や手触りはあのMISS〇NIだと直ぐに分かりました。

この人は何着このブランドの服を持っているんだろうと思っていました。

私も歯を磨き洗顔して服に着替え、食堂に行き朝食を取りました。

純子は寝不足からか食欲が無いと言ってコーヒーとミルクだけを飲んでいました。

私は寝不足であろうが、高熱が出ようが、下痢をしようが、寝起きだろうが直ぐに大盛りの食事が出来る欠食児童並みの特異体質なのです。

朝から香菜をたっぷり載せた大盛りのサラダ、違う種類の自家製パンを5個、スクランブルエッグ、焼きベーコン、ハムエッグ、ソーセージ3本、和牛ローストビーフ3枚、そしてお粥に生のりと納豆をのせて、そしてコーヒーとオレンジジュースで終了。

その姿を見た純子は「凄いなぁ・・・」と驚き笑っていて、「うちの息子より食べるかも?」そして小さな声で「だからセックスが強いのね」と。

私は「旦那はどうなの?」と訊くと、言いたくは無さそうでしたが、「小食よ」とつまらなさそうに。

食事を終え、部屋に帰り、着替えてもう一回、露天風呂へ。

「純子、折角だから入ろうよ」と言うと「そうね」と言って服を脱いで入ってきました。

一緒に並んで外を見ながら入っても、さすがの暴れん棒も負傷気味だったので元気がありませんでした。

純子は化粧をしていたのでキスもせずにただただ湯船に浸かっただけでした。

つづく



PageTop

歯科医 純子 51話

風呂から上がり身体を拭いて二人とも全裸のままベッドに。

掛け布を掛けて「もう寝ようか」と言うと、

純子は「未だ中が疼いているのお願い、もう一回」と。

私は「フェラしてくれなくちゃ嫌だ」と言うと

掛け布の中に潜って玉袋を舐め、右手で暴れん棒を扱いていました。

純子「これだって和夫さんが初めてなんだから」と。

私「俺が教えた事をご主人にやって上げたら喜ぶよ」と言うと

純子「うちはレスだからやらないもん」と。

私「でも今更やったら『何処で覚えた?』って不審がられるかもね」

純子「だからレスだって言ったでしょ!」と怒ったのです。

そして顔を上げ「入れて!」と。

私は正上位の体勢になり、ローターにスイッチを入れて純子に持たせてクリに押し付け電動バイブのスイッチを入れて蜜壺に差し入れたのです。

純子「和夫さんので」と言われたのですが、そんなに何回も持たないので、そのままバイブを出し入れしながらスイッチを強にしたのです。

バイブの太さや長さはほぼ私と同じです。

5分もしない内に純子は「あ・・・・、感じる、凄い、凄い、ダメッ、イッちゃう、イクッ、イクぅ・・・・」とアクメに達し、身体全体を痙攣させていました。

バイブのスイッチを止めて、しかしバイブは膣の中に入れたままして少し待ちました。

純子の息が静まったのでまたバイブのスイッチを強にしたまま出し入れし出しました。

5分ぐらいやっていると「イッちゃう、イッちゃう、イクッ、イクッ、イクぅ・・・・」と言ってアクメに昇り詰めました。

今度はバイブを抜いて私の暴れん棒を入れたのです。

蜜壺の中の愛液はまだまだ大洪水のままでしたので一回、抜いてティッシュで拭き取り、膣もティッシュで拭いてから再度挿入し腰を動かしました。

純子は「あぁ・・・・、貴方の方が気持ちイイ」と叫び、子宮口に亀頭が当たる様に私のピストン運動のリズムに合わせ彼女も狂ったように腰を振りました。

暫くすると「イクッ、イクッ、イグぅ・・・・」と言ってアクメに達しました。  

さすがに私の精液は残っていなかった。と言うより出し入れのし過ぎで亀頭に痛みを感じていたので彼女がイッたのを機にピストン運動をストップし彼女の身体に覆い被さりました。

こんなにしたのは高校時代以来でした。

つづく



PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。