FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

熟年夫婦の営み日記 20話 急がば回れの精神


2014年2月6日PM11:00~AM1:00

昨夜は妻と二人でテレビを見ていて就寝する時間がいつもより遅くなってしまいました。

私が先に寝床に入り妻を待っていました。

妻は歯を磨き5分ほど遅れて寝床に入って来ました。

妻は直ぐにはエンジンが掛からず10分程キスをしたりくすぐったりとふざけているのです。

私も昨夜は妻の乳房をパジャマの上から揉んだり、捲り上げてから口いっぱいに乳房を吸い込んだりして遊びました。

妻も段々その気になってきたのですが「今日はフェラはしないで俺がクンニだけするから」と言って掛け布団の中に潜っていき妻のパジャマのズボンとパンティを脱がしクンニを始めた。

10分ぐらいしていたでしょうか、妻は「イッてイイ?」と聞きました。

私は「うん、イッて」と言った瞬間に「イッちゃう、イクッ、イク、あぁ、イクッ、イグぅぅぅ・・・・」と脚をバタバタさせてアクメに達していきました。

その後、直ぐに妻はいつものように「入れて」と懇願。

私は「入れるよ」と言って妻をM字開脚させてペニスを挿入し腰を振りました。

15分ほど振ったでしょうか、妻は「ダメッ、イッちゃいそう、イクッ、イク、イグぅぅぅ・・・・・」と言って果てました。

私もイキたかったのですが、妻をイカせたという達成感からでしょうかいつの間にかペニスが小さくなっていき妻の膣から抜け落ちてしまったのでした。

私は焦り、「あれ?、小さくなっちゃった」と声を出してしまいました。

妻は「私ばかりイッちゃってごめんなさい」と。

私「お前が悪い訳じゃないから気にしないで」と言って自分のペニスを扱いて大きくさせようとしたのですが大きくなりませんでした。

仕方なく妻の横に仰向けになって寝ながら妻の膣の中に指を入れて遊んでいたのです。

妻も私のペニスを触っているとまた私のペニスは大きくなり始め妻は「大きくなってきたわよ、入れる?」と嬉しそうに声を上げました。

私はまた小さくなっちゃうのではと思って焦って妻の上に乗りペニスを挿入したのです。

10分ほど腰を動かしていると妻は「いやっ、いやっ、いやっ」と言いながら脚をバタバタしだしました。

私が「痛いの?」と聞くと「変な気持ちなの、イッちゃう、イッちゃう、イクッ、あ、あぁ、イグぅぅぅ・・・・・」と大きな声でアクメに達しました。

その後、また私のペニスは一気に元気を無くし萎んでいき妻の膣から抜け落ちてしまったのでした。

私はまた妻に「ゴメン、また小さくなっちゃった」と言って妻の横に仰向けに寝て妻の膣の中に中指を入れて遊び、妻は私のペニスを触っていました。

また私のペニスは元気を取り戻し大きくなっていきました。

妻は「また大きくなって堅くなったわよ、入れて」と言ったので私もまた慌てて妻を四つん這いにさせてバックで15分ほど腰を振りました。

途中、妻の胸の下に枕を二個重ねて置いてそこの上に妻の身体を置かせ腕を楽にさせました。

妻は右手をクリに伸ばして擦っていました。

弘子「貴方、ダメッ、私、また、イッちゃいそう、イッてもイイ?」と。

私「イッて!」と。

妻「イイ・・・、イイ・・・、イッちゃう、イッちゃう、イク、あ、あぁ、イグぅぅぅ・・・・・・」と言って尻を振りながらアクメに達しました。

私もイキたかったのでその後も腰を振ったのですが妻が「ダメぇ、動かさないで・・・・、変になっちゃうから・・・・」と言ったので動きを止めると案の定私のペニスは力なく萎んでいきました。

その後、妻は「ごめんなさい、私ばっかりイッて・・・」と。

私「謝る事なんかないよ、イッてくれて俺は嬉しいんだから、ただ昔みたいに俺が元気が無いだけだから、俺の方が謝らないとゴメンね」と言って妻を枕から下ろして一緒に仰向けになって寝ました。

妻は「私がイカせて上げる」と言って下に潜ってフェラをしだしました。

私の萎えたペニスを口に含んで舌で転がしたり音を立てて吸ったりしました。

見る見る内にペニスは大きくなって元気を取り戻しました。

私「弘子、正上位」と言って妻を寝かせ脚を広げさせ妻の足を私の肩に掛けて10分ほど休まず腰を振り何度も突き上げました。

妻「またイッちゃいそう、イッちゃう、イクッ、イク、イク、イク、イグぅぅぅ・・・・・、貴方もイッてぇ!」と。

私「弘子、イクよ、イク、あ、あぁ、イクぅぅぅ・・・・・・・」とドビュッ、ドビュッ、ドビュッ、ドビュッ、ドビュッ、と妻の膣の中に大量のザーメンを放出したのでした。

妻「嬉しい、イッてくれて」と言ってティッシュで膣を押さえてトイレに行き掃除してきました。

帰って来て私の小さくなったペニスを舌で舐め回して掃除してくれました。

時計を見るとAM1:00を回っていました。

朝まで二人で抱き合って眠り目覚まし時計のけたたましい音が8時に鳴って二人とも目が覚めました。

昨夜の反省としては互いにフェラとクンニをしてのフルコースで臨まないないと最高のフィニッシュは迎えられないのではと思い、今後は前戯を端折る事無く急がば回れの精神で臨もうと思いました。

(END)

励みになりますのでクリックお願いします

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。