FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

27-2話 「実父の他界」

その後の末弟と叔母(父の次姉)の報告に寄れば、父は叔母から500万円の借金をして2坪ほどの店舗を借りて携帯屋を経営したのです。

その際に叔母が私に電話をして来て、「和ちゃん、お父さんに500万円貸したから保証人になってほしいんだけど」と言われたのですが、私は「叔母さん、親父は商売を舐めてますから、金を貸しても溝に捨てるようなものですよ」と言いました。

父は次弟の会社に資金を出していた頃に、大手出版社の社員でありながら副業で携帯屋をやっていた時期があり、店に出勤する前に酒を飲んで行った事が何度も有ったと末弟から聞いていました。

そんな人間が身内から金を借りて商売をしたって成功する訳がないからです。

ましてや次弟の会社の借金の返済も出来ず、破産宣告をして社会的信用が全く無く、銀行から金を借りられない人間が身内から借りて、返せる訳がないからです。

案の定、半年も経たない内に倒産して、叔母が父に貸した500万円を返してほしいとの電話を貰いました。

私は叔母に「叔母さん、だから言ったでしょ?」と。

昔から祖母も含め叔母もそして父も、父の弟の叔父も金に甘い人種でした。

返せなければ身内の誰かが助けてくれると思っていたのでしょう。

父も20歳代の頃に砂利屋を経営して、客に売っても料金をもらえなくて、倒産させ、祖母に借金を肩代わりしてもらった事があったそうです。

叔父は何度も飲食業をやっては潰し、祖母に肩代わりしてもらっていました。

私も子供の頃に叔父が経営したそれぞれ時期は違いましたが数軒の喫茶店に行った事がありました。

父は他界するまで、金に甘い人間で、借金を返済しない内に飲酒運転でバイクに乗って自損事故を起こして寝たきりを3年続けその後、他界しました。

父の他界後、母は年金を毎月20万円貰い末弟夫婦と一緒に住み、悠々自適に過ごしています。

今の母の年金が毎月20万円入ってくるという事は父が生きていれば、もっと貰えたとすると、叔母に500万円を借りて携帯屋をやる必要がどこにあったのか?

大人しく余生を年金で暮らせば、贅沢をしなければ、趣味を謳歌して、悠々自適な老後生活ができたであろうに。

それが未だに疑問です。

悲しいかな父は会社員時代、仕事人間で無趣味だったから、商売をせざるおえなかったのかもしれません。

(END)

スポンサーサイト
[PR]

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。