FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

店のウエイトレス 久恵 3話 潮噴き

部屋に入ると私は湯船に湯を張りました。

我慢できないという感じで久恵はキスを求めてきました。

私も応じて舌を差し入れ絡めました。

彼女を立たせたまま服を一枚一枚脱がし全裸にさせベッドに寝かせました。

私も服を脱いで全裸になりベッドに横たわりキスをし舌を絡ませました。

久恵は既に「ハァハァハァ」と息を荒くしてこれからの事を想像してか悶えていました。

その後は耳の中、耳たぶ、耳の後ろに舌を這わせ、首筋を舐め、肩、脇の下、腕、二の腕と舌を這わせ舐め上げ五指とその間を舐め吸いました。

久恵は体をくねらせ興奮していました。

「あぁ、あ・・、あん」

もう片方の腕も同様に愛撫しました。

程良い大きさの乳房を両手で揉んで乳輪を舐め回し、乳首を舐めて歯を軽く当てます。

「あん、あっ、ダメッ、ダメッ、感じる」と久恵。

浴槽に湯が張れたような感じがしたので久恵を抱き起こして「お風呂に入ろう」と言って風呂場に連れて行きました。

風呂場の洗い場で手にボディーシャンプーを付けて久恵の体を掌で洗いました。

その後自分の体を自分で洗いお互いの体をシャワーで流し立ったままでキスをして乳房を揉んで下に手を下げて行き、クリ○リスを弄ったのです。

既に膣口は愛液で濡れ濡れ状態だったので浴槽の縁に座らせて中指を膣の中に入れて出し入れしGスポットを刺激しました。

「あっ、あん」と言って脚を締めようとしましたが、「力を抜いて!」と言うと素直に応じ脚を開きました。

脚を開いたので更に指の出し入れを早めGスポットを刺激し続けました。

「あぁ・・・、変な感じ、おかしくなりそう、あぁ・・・・・」と言って脚をガクンガクンと震わせジャバジャバジャバと大量の潮を吹きました。

「恥ずかしい・・・」と言って赤くなった顔を掌で隠しました。

私は「そんなことないよ」と言いながら彼女の下半身と床をシャワーで洗い流し彼女を湯船の中に入れ私も一緒に入りました。

久恵「こんな事されるの初めて」と。

私「気持ち良かった?」

久恵「はい、体が変になりそうで、怖かったです」

私は彼女の程好い大きさの乳房を揉みながら「もっと気持ち良くしてあげるからね」と言って彼女の肩を抱いて風呂から上がりました。

脱衣場で体を拭いてから彼女をお姫様抱っこをしてベッドに行き寝かしました。

つづく

いつもご協力ありがとうございます




にほんブログ村 大人の生活ブログへ


にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。