FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

店のウエイトレス 久恵 5話 男性経験は2人

私はイッてなかったので久恵をバックの体勢にして後ろから突っ込み腰を振りました。

久恵「あ・・・・・、あっ、あっ、あっ」と私の腰のリズムに合わせて声を出します。

10分ほど腰を振っていると「こんなの初めて・・・・またイッちゃいそう・・・・私ばかり恥ずかしい・・・・」と。

私は「イッちゃいな」と優しく言うと、

久恵「イクッ、イクッ、イクッ、イクぅ・・・・」と言って腰を震わせてアクメに達し果て、尻をシーツに下ろして脚を伸ばしました。

私はそのまま挿入したままで10分ほど腰を振り続けました。

久恵はまた「イッちゃう、イッちゃう、私おかしくなっちゃう、イクッ、イクッ、イクぅ・・・・」

私も「イクよ、あっ、イクぅ・・・・」と言って果ててそのままで余韻を楽しみました。

久恵は膣をキュッキュッと締めて私の肉棒を刺激していました。

肉棒を膣から抜いてコンドームを取って口を結び、ティッシュに包んでゴミ箱に捨てました。

精液まみれで露わになったペニスを「久恵、掃除して」と言うと、

久恵は「やった事ないので分からない」と。

私は「付いている精液を全部舐めて飲み込めば良いんだよ」と言うと久恵は舌でペニスを舐めて最後には咥えて綺麗に掃除してくれました。

私も久恵の膣を舌で綺麗に掃除してあげました。

「こんなにセックスが感じた事もなかったしこんな事した事もされた事もなかった」と久恵。

私は「今まで何人と経験したの?」と聞くと、

久恵「依田さんは?」と聞いて来たので

私「俺が言ったら言う?」と、

久恵「はい」と可愛く返事。

私「久恵入れて11人」と答えると

久恵は「私は依田さん入れて2人」と。

私「どんなセックスしていたの?」想像は出来ていたけど聞いてみた。

久恵「キスされて胸揉まれてオチ○チンにコンドーム被せて自分の唾を大量に付けて挿入されて直ぐ射精したの、それの繰り返し」

私「そうだと思ったよ、そんなんじゃ女性は気持ち良くならないよね」

つづけて「個人差はあるけど女性は男よりその気になるのが遅いから前戯を長くして心を込めて愛撫してその気にさせないと膣も濡れないんだよ濡れないとタダ痛いだけだものね」

久恵「そう、タダ痛いだけで苦痛だったの」

そんな話しをしていたら放送がなり夕食の呼び出しでした。

服に着替えて二人で宴会場に向かいました。

つづく

いつもご協力ありがとうございます




にほんブログ村 大人の生活ブログへ


にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ

スポンサーサイト
[PR]

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。