FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

店のウエイトレス 久恵 9話 フェ○チオで射精そして精飲

夜に電話がありました。

毎週水曜日に休みを貰ったと言います。

私も水曜日に休みを取る事にしました。

ただ1ヶ月に二回、華道の稽古に行っているのでその日は午後からしか会えないと言いました。

久恵「依田さん、華道習っていたのですか?」

私「うん、総料理長から盛り付けのセンスが良くなるから習っといた方が良いよと言われて半年前から習っているんだ」

久恵「楽しいの?私もやろうかな」

私「でも同じ教室はダメだよ、気が散るから」(実は先生(娘)が若くて綺麗でそして更に美しく色っぽい熟女の師範先生(母親)を狙っていたので久恵がやったら出来なくなるのを恐れた、後に親子丼を経験する事になりました)

久恵「それじゃぁ、やらない」

私「じゃぁ、今度の水曜日に久恵のアパートに行くよ」

久恵「待ってます」

私「おやすみ」

久恵「おやすみなさい」

水曜日当日。

朝起きて洗顔して着替えて久恵に「今から出る」と電話してアパートへ向かいました。

ドアを「俺」と言ってノックしたら開けてくれて直ぐに久恵が抱き付いてきてキスをしました。

女は一回体を重ねると直ぐにこうなる人が多いです。

玄関先の板の間に彼女を寝かせ、キスをしながら服の上から乳房を揉みました。

「あん、あっ、あん、お願い、ここじゃダメッ、ベッドで」と久恵は言いました。

お姫様抱っこしてベッドに寝かせキスをしました。

久恵「あっ」と声を上げその後ハァ、ハァ、ハァ、と息が荒くなり興奮するのが伺えました。

久恵の服を一枚一枚脱がして全裸にしました。

ハァ、ハァ、ハァ、と息が荒くなって久恵は私の上に跨りシャツのボタンを外し脱がしTシャツを脱がして上半身を裸にして、

久恵「依田さん、愛してる、大好き!」と言いながら、

久恵は積極的になり息遣いを荒くしながら私の首筋から肩、脇の下に舌を這わせ二の腕、掌、五指を舐め吸い、もう一方の肩から五指に至るまで舌を這わせ舐め吸いました。

その後Gパンを脱がしてトランクスを脱がすと腹、わき腹、臍の中を舐め回して、興奮の絶頂なのかハァハァハァと肩で息をしながら、陰毛の際を舐め両太腿の内側を舐め回し膝、脛の内側から足の甲、五指を丁寧に舐め回してきました。

私も思わず声を上げてしまいました、「うっ、気持ちイイ、久恵上手だよ」と。

その後久恵は私のペニスを扱きながら亀頭を咥えました。

亀頭からカリ首を舐め回し裏筋を舌の先で舐めたのです。

私「久恵、気持ちイイよ、イッちゃいそうだから止めて!」と言うと

久恵「イッって、お願い、依田さんの精液を飲みたいの」と言って更に亀頭を口で咥え舌を動かしより早くペニスを扱いてきました。

私「久恵、イッちゃうよ、イクッ、あぁ、イクぅ・・・・・」とドクッ、ドクッ、ドクッと久恵の口中に発射しました。

久恵は口の中の精液を私に見せゴックンと飲み干してくれました。

久恵を横に寝かせ首の下に手をやり抱き寄せ「気持ち良かったよ、ありがとう」と言いました。

久恵の最初の男はただ自分さえイケばそれで良いような男でした。

つまり久恵の身体は未開発同然でした。

そんな彼女が私と数回寝ただけでここまで大胆な行為をするようになり、そしてアクメを感じるまでになる事は私自身想像していませんでした。

つづく

いつもご協力ありがとうございます




にほんブログ村 大人の生活ブログへ


にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ

スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。