FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

熟年夫婦の営み日記 23話 狼少年ならぬ狼妻 

2014年2月14日 PM10:30開始

羽生結弦くん金メダルおめでとうございますhttp://dailynews.yahoo.co.jp/fc/sports/hanyu_yuzuru/?id=6107242そして感動をありがとう今朝のニュースを見て目頭が熱くなりました。

そして高橋大輔さん、惜しくもメダルは取れなかったですが有終の美の滑りに感動しました。

長い間、日本のフィギュア界を引っ張ってくれてありがとうございました。

そしてお疲れ様でした。

昨日はバレンタインデーでした。

昨夜は沢山のご家庭でバレンタインデーのパーティーを楽しまれたと思います。

私の家は子供が小さい頃はイベントはやりましたが成人してからはイベントは一切していません。

妻が欲しい物がある時に買ってあげるというだけで世間一般が祝っている時に合わせて何かをやるという事はありません。

ただ家族の誕生日だけは互いに朝、「おはよう」の代わりに「誕生日おめでとう」と言うだけです。

何故なら会社経営をしていましたしその頃のメインはお客様でしたからその方々に気が行っていて家族の方まで気が回らなかったのが事実おところでした。

でも昨日は妻の高校時代の同級生の5人と以前経営していた会社の各店の責任者や従業員の女性陣5人が来訪してバレンタインデーの義理チョコを頂きました。

各店の5人は仕事があるので直ぐに帰ったのですが妻の旧友5人は暇なので半日喋っていました。

だいたい50歳代のご婦人5人が集まれば旦那の悪口から始まり性生活の話しになるものです。

余りにもドギツイ話しになって聞いてられなくなって途中で退散したのですが、その触りの話しと言えば妻を除いた四人は旦那とセックスレスだと言っていました。

その中の一人は19年前に子供を出産した際に産後の体調が悪くて旦那の求めを拒否し続けてセックスレスになり、一人は15年ほど、そして二人は10年ほどだと言っていて

これだけ多くの夫婦がセックスレスで悩んでいるのですから熟年離婚が多いのも理解できます。

妻は「更年期障害が9年前からあって9年前からずっとセックスレスよ、ねぇ、貴方」って私に振ったので私も「そうそう」と話しを合わせましたが内心は「うちは今年からバンバンやっているんだもんねーーーー!」と心で叫んでいました。

女性に限らず人間同士の特にリアルの世界での付き合いは難しいと思います。

誰かが他と少し良かったりしただけで妬みが生じて関係が崩れてしまうことが多々あるものです。

何も黙っていれば分からない事は正直に言う必要はないと思っていますしこれが人間社会で上手に生きる術だとも思っています。

昨夜は朝から「今日はやるよ」と言い続け10時20分には寝床に入り妻も応じました。

寒かったのですがキスをし合うと妻は掛け布団の中に潜って私のパジャマのズボンとトランクスを脱がしてフェラをしだします。

10分ほど丁寧に舐めると上に上がってきて私にキスを求めます。

互いに舌を絡ませ吸い噛みます。

私は妻のパジャマの上着を捲り上げて乳房を揉み舌を使って乳輪そして乳首に這わせました。

「あん、あぁ、あん、あぁ、あん」と悶えます。

舌を腹から茂みに這わせ茂みの中で遊ばせます。

「あぁ、あん、あぁ、あ、あん」と妻は切なく悶えます。

両太腿の内側から膝そして甲、五指を舐め回すと

「ダメッ・・・・」と言って仰け反り足を引っ込めました。

私は構わず五指を一本一本舐めチュパチュパ音を立てて吸いました。

「あぁ・・・、興奮しちゃう・・・・」と妻。

そして舌をクリに這わせて10分ほどチロチロ舐め回すと

妻「イッちゃいそう・・・・」と。

そして直ぐに「イクッ、あぁ、イクッ、イクぅぅぅ・・・・、イグぅぅぅ・・・・」と言って腰を上下に揺らしてアクメに達しました。

その後直ぐに「お願い、入れて」と。

私のペニスは珍しく大きくなったままでしたので慌てて妻の膣に挿し込み静かに腰を振ったのです。

特にここ数回でペニスの先つまり亀頭部分を挿し込んだり出したりする時の何とも言えない気持ち良い感覚が堪らなくその余韻を楽しんでいたのです。

それを繰り返していると妻は「どうしたの?」と怪訝そうな声で聞きました。

私は「ここ最近、この部分が感じるんだよ」と言うと

妻は「それは後にしていつものようにやって、お願いだから」と懇願してきました。

私は「わかったよ」と言って腰を円を描くように回転させたり奥に突き上げたりしながら10分ほど休まずピストン運動をしていると

妻「ダメ・・・・、イッちゃう、イッちゃう、あぁ、イクぅぅぅ・・・・、イグぅぅぅ・・・・」と言ってアクメに達し果てました。

そして静まって直ぐにまた妻は「お願い、もっと、もっと、奥まで突っ込んで」と妻。

私は腰を何度も何度も角度を変えたりして強く突き上げながら15分ほど休まず振っていると

妻「あぁ・・・・、感じるぅ・・・・、またイッちゃう、イッちゃう、あぁ、イクぅぅぅ・・・・、イグぅぅぅ・・・・・」と言って私の腰に脚を絡ませてアクメに達しました。

妻「貴方もイッて!」と言ったので

私「イカナくてもイイからさっきのをやってもイイかな?」と聞くと

妻「貴方が気持ち良いなら好きにして」と言うので

膣から浅く亀頭をゆっくり出し入れしていると何とも言えない気持ち良さがありました。

そして最後にもう一度妻の脚を私の肩に掛けて10分ほど掛けて腰を振ると妻は「ダメぇ・・・・だってば・・・、またイッちゃうわよ、イッちゃう、あぁ、あ、イク、イク、イグぅぅぅ・・・・」と言ってアクメに達しました。

私もイキたくなったので「俺もイクよ」と言って更に腰を振って「イク、イク、あぁ、あ、イクぅぅぅ・・・・」と言って何度も腰を突き上げて妻の中で果てました。

互いに静まってからペニスを抜いて膣にティッシュで蓋をすると妻はそのまま私のペニスを舌で舐めて掃除してその後トイレに駆け込み処理をして帰ってきました。

その後、私の隣で妻は朝まで寝息を立てて寝ました。

(END)

いつもご協力ありがとうございます




にほんブログ村 大人の生活ブログへ


にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ

スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。