FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

横浜 オーナーの娘 2話 瑞江との初デート


入社してからオーナーと総支配人の瑞江同席でスタッフ会議を開かれました。

今までの厨房が一番偉いみたいな慣習は一切辞めて全員平等の店作りを提案しました。

オーナーと総支配人は経営者なので別格としました。

店の中での取り決めとして命令系統の順番を提案。
オーナー⇒総支配人⇒支配人(オープン当初に入社)⇒料理長・主任ソムリエ・主任ギャルソンは同格⇒調理師・その他スタッフ⇒パート・アルバイト

挨拶として(常識ですが)

朝礼を必ずする。

来た時、「おはようございます」

賄い「いただきます」、「ごちそうさまでした」

注文を出す・料理を出す「(最後に)お願いします」

帰る時「おつかれさまでした」

月一回は必ず棚卸しをして原価計算をして全体会議をする。

メニューのレシピは作って店内に保存する(料理人が替わっても次の人が同じレシピで作れるよう)

最初から色々言っても実行できないので当初はこれを実行することを提案すると満場一致で決まりました。

数ヶ月営業していくと決まりごとも実行されて皆纏まってきて明るい職場になっていきました。

交替で休みを取っていたある休日の前日に総支配人の瑞江が「シェフ明日休みですよね?何か用事でもあるのですか?」と尋ねられました。

私は「別にこれと言った用事はないですがただ、午前中は華道の稽古が入っています」と答えると、

瑞江「午後に私と付き合って頂けますか?」と。

私は初めて会った時から「抱きたい」と思っていたので「喜んでお供致します」と答えました。

午後1時に横浜駅のみどりの窓口前で待ち合わせする事になったのです。

華道の先生と娘には午後は用事があるからと言ってこの日は帰りました。

待ち合わせには瑞江が30分ほど遅れてきました。

「待たれました?」

私は気分が悪かったので「はい、待ちました」と。

一気に雰囲気が悪くなりました。

でも自分から約束をしてきて30分の遅刻は無いだろうと思ったからです。

更に追い討ちを掛けるかのように瑞江は「何処に行きます?」と来ました。

私はふざけた女だと思ったので「用事がないのでしたら帰ります」と言って改札口の方へ歩き出した。

瑞江は追い掛けてきて「私、失礼な事言いましたか?」ちょっと怒った感じで、

私「この状況が分からない人とこれ以上話す気はありませんので失礼します」こんなKYな女だから前の料理長たちに苛められていたんだと思いました。

瑞江「私は貴方の上司よ」ときました。

私「お前バカか!今日は休み、店ではお前は私の上司だが、今は私とお前はタダの知人」

瑞江「お前呼ばわりはされたくないです」

私「じゃぁ、勝手にしろ!」と言って定期を出して改札内に入っていきました。

これだったらお花の先生と娘とで楽しくやっていた方が良かったと後悔していました。

瑞江は切符も買わないで追いかけてきて後ろから私に抱き付き「帰らないで」と。

私はこんな女を「抱きたい」と思った自分が悲しくなっていました。

瑞江「ごめんなさい、本当にごめんなさい、だから帰らないで」

余りにも目立っていてカッコ悪かったので改札を出て喫茶店に入ったのです。

今まで付き合った彼氏たちは瑞江が待ち合わせに遅れてきても何時間でも待ってくれた人ばかりだったと話し、私も同様に待ってくれる人だと思っていたみたいでした。

オーナーや母親にも叱られた事がなかったそうで、今まで誰にもお前とかバカとか言われた事がなかったと言ったのです。

私は瑞江自身が私に付き合えと言っておいて何処に行きますか?は無いだろうと言うと、今までの彼氏たちに言っても怒らなかったと言ったのです。

私は「そんなアホな彼氏達と付き合っているからお前もアホになるんだ」と言うと

瑞江「アホって言われたのも貴方が初めて」ときました。


私「私にアホとかバカとかお前と言われたくなかったら世の中の最低の常識を覚えろ!」と。

瑞江「そんな命令口調で言われたのも貴方が初めて」ときました。

私は「命令口調で言われたくなかったら私を誘うな!」と。

瑞江「これからも誘うもん」目に涙を溜めて粋がっていました。

私「じゃぁ、これからどうしたいの?」

瑞江「どこか連れて行って」と。

私「何がしたいの?」

瑞江「何でも、シェフが連れて行きたいと思う所」

私「じゃぁ、ラブホ」

瑞江「行った事ないから一回見てみたいと思ってたの」と。

私「良いんだな」

瑞江「良いわよ」

つづく

いつもご協力ありがとうございます







にほんブログ村 大人の生活ブログへ




にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ
スポンサーサイト
[PR]

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。