FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

横浜 オーナーの娘 7話 あひるとカジノそして100万円

社長と待ち合わせのロビーに行くと先ほどの担当者が既に居て、「今、車を前に回していますのでお待ちください」と言われました。

そうこうしている内に社長が彼女を連れてきました。

社長の彼女も身長こそ低いですが絶世の美女でした。

「じゃぁ、行くか!」と言って待たしていたリムジンに乗ってあひるを食す店に案内されました。

あひるの店は街中というより少し田舎の地域にありました。

離れに通されあひるのフルコースを食べマッコリや焼酎を飲みました。

私の口には合わなかったのですが社長や彼女たちは美味しそうに食していました。

食事を終え、街中に行ってカラオケに行きました。

社長は楽しそうに彼女とデュエットを歌っていました。

全て担当者が接待してくれて社長は一切お金を出しませんでした。

帰りの車の中で帰ったら彼女たちも連れてホテル内のショーを見てからカジノに行こうと言われ100万円を持ってきなさいと言われました。

「カジノの時の彼女はどうするのか?」と尋ねると「部屋で寝かしておけば良い」と言われました。

ホテル内の劇場でショーを見ました。

韓国の民族劇や歌のショーでした。

私は意外とこの音楽が好きみたいでした。

ただ喋り言葉は怒っているようで苦手です。

これもメンバーは無料で見る事ができるそうです。

彼女を部屋に残してロビーで社長と待ち合わせしてカジノへ向かいました。

社長は現金をコインに両替する両替所を教えて下さいました。

その後、バカラのやり方を教えて下さいました。

1時間ほどした時に腹が減ったので飲食コーナーに行くと全ての物がタダで食せました。

その後2時間ほどバカラだけやったら100万円が倍までになったので止めました。

明くる朝に韓国在住の在日の地元の友人に電話をして昼食を共にする事にしました。

社長には朝食の時に話しをしたら社長も「一緒に行きたい」と言うので一緒に行く事にしました。

私の友人はサムゲタンの専門店に連れて行ってくれると言っていてその話しを社長にしたら社長も食べたいと言うので彼女たちも連れてホテルのリムジンで行きました。

待ち合わせた友人は私がリムジンに乗ってきたので驚いていました。

友人もリムジンに乗せ社長を紹介しました。

友人は当時に韓国の小さな建設会社の社長をやっていたのでうちの社長と話しが合って後に交流を持つ事になったのです。

サムゲタンの専門店に着くと担当者が席を作ってくれて皆で食べました。

地元の人が行く店だったので本当に美味しかったです。

その後、社長はメガネを買いたいという事で社長と担当者と社長の彼女はリムジンで帰って行きました。

私と彼女と友人はロッテワールドホテル近くの店に行ってコーヒーを飲みました。

彼は私が高校時代に住んでいた大田区に家族と住んでいたのですが大学はソウル大学に留学していたのでこちらの親戚の家から通ったとの事でした。

高校時代は不良だったのですが今は一端の会社の社長なので落ち着いていました。

彼の車でホテルまで送ってもらって社長に内線電話をして「今からカジノに行ってきます」と言いました。

彼女には「今から5時間はやるので自由に出掛けてきていいよ」と言って1万円の小遣いを渡しました。

バカラのやり方は昨夜学んだので最初はレートの低いテーブルで勝負していたけど、つまらなくなったので一番レートの高い部屋に行って勝負しました。100万円が2倍になったので止めて部屋に帰ってきて社長に連絡しました。

お蔭で私の預金も700万円になり後少しで独立できそうでした。

社長は「もうカジノはやらないでイイから」と言って下さったのでその後はやりませんでした。

やっと貯めた独立資金ですから無くしたくはなかったですから。

つづく

いつもご協力ありがとうございます







にほんブログ村 大人の生活ブログへ




にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ

スポンサーサイト
[PR]

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。