FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

華道教室の母娘と親子丼 14話 玩具

私「じゃぁ、始めましょうか」と言って電動マッサージ機を取り出して先生のクリ○リスに当たるか当たらないかのスレスレにあてがいスイッチを入れ暫くそのままで。

先生「何これ、何これ、あぁ・・・・・、おかしくなっちゃうぅ・・・・・」

電マを先生に持たせて「ご自分の一番気持ちイイ所に当ててください」と言い、

私は電動バイブを持ち出し膣の中にゆっくり挿し込みスイッチを入れ出し入れさせました。

先生「あぁ・・・・、おかしくなっちゃうぅ・・・・、イイ・・・・・、こんなの初めてぇ・・・、恥ずかしい・・・」

10分ほど続けていると

先生「イキそうよ、イッちゃう、イッちゃう、イクッ、あぁ、イクッ、イクぅ・・・」と言って腰を波打たせアクメに達しました。

白い腹、白い太腿を痙攣させている様は何とも淫乱そのものでした。

鎮まるまで電マとバイブと私が持って待っていました。

再度、電マのスイッチを入れてクリに、バイブを膣に入れて電マを先生に持たせて私はバイブを出し入れし暫く続けました。

先生「感じるぅ、こんなの初めて、あぁ・・・・、イッちゃう、イクッ、イクッ、イクぅ・・・」と腰を波打たせアクメに達しました。

そのまま電マを押し付けていると「もうダメッ、ダメだってば・・・」と言って体を捩って逃げようとしたのですが押え付けてクリを舐めてから電マをクリにあてがい先生に持たせて私が上に乗って膣にペニスを挿し込んで腰を振りました。

「あ・・・・おかしくなっちゃう、貴方のオチ〇チンの方が気持ちイイ・・・」バイブの口径は3cm、私のはもう少し太いのは計算ずくでした。

暫く休まず腰を振っていると「またイキそう、イクッ、イクッ、イッちゃう、イクッ、イクぅ・・・・」と口を半開きで涎を垂らして白目になりアクメに達しました。

先生はハァ、ハァ、ハァと肩で息をしていました。

私の上に69の体勢にして先生を寝かせ後ろから膣に電動バイブを挿し込んでピストン運動をさせでクリを電マで刺激しながら観察していました。

「あ・・・・・、こんな格好恥ずかしい、でも感じるわ・・・・」

先生は私のペニスを咥えながら

電マを取って私がクリを舐めたりすると

「あ・・・、感じるぅ・・・、おかしくなりそう」

バイブを出し入れしていると

「お願い、本物のオチ○チンを入れてぇ・・・」と懇願するのでした。

私が「何処に」

先生「私のオ○ンコに貴方の太くて大きいオチ○チンを入れて~、お願いだから~」とすすり泣く声で。

電マとバイブを置いて先生の後ろから尻を掴んでペニスを挿し込み激しく突き続けました。

先生「あ、あ、あっ、あぁ・・・・、イイ・・・・・、貴方も中でイってぇ・・・、イッちゃう、イッちゃう、イグぅぅぅ・・・・・」と脚を伸ばしてアクメに達しました。

私も「先生、イキそう、イクッ、イクッ、あぁ、イクぅ・・・・・・・」と言って先生の膣の中で射精し果てました。

つづく

いつもご協力ありがとうございます







にほんブログ村 大人の生活ブログへ




にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ


スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。