FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

熟年夫婦の営み日記 42話 ① 大阪の既婚女性とear sexそして妻と

2014年4月14日 PM9:30開始~11:45終了

昨日のブログの続きです。

http://sphnote.blog.fc2.com/blog-category-1.html

昨日は13時から17時まで大阪の既婚女性と書斎でメール交換とTELセックスをしました。

彼女の家も家人は誰もおらず一日で往復50通以上のメールでした。

途中であのコダカラーのビッグダディの再婚のニュースhttp://ameblo.jp/big-daddy0408/entry-11822481065.html
が入ってきて、彼女はダディの事を良い印象がないって言っていたけど私はあのシリーズは録画して全部見たと言うと「バカみたい」って言われてしまいました。

お昼過ぎからオナニーの練習が始りまり私もバカ丸出しですよね。

でも熟年夫婦のマンネリしだしたセックスにはこうやって他人の女性・が入ってくれると燃えるものです。

妻が町内会の会合で出掛けたので急遽、電話のやり取りにしました。

私は♂、彼女は♀と表記します。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

♂「丁度妻が出掛けたから電話にするね」

♀「イイの?」

♂「大丈夫だよ」

♀「電話の方が燃えるもんね」

♂「玄関の鍵とリビングのカーテンは閉めた?」

♀「うん、締めたよ」

♂「じゃぁ、始めるよ」

♀「うん」

♂「愛してるよ」

♀「わたしも愛してるわ」

♂「唇にキスをするよ」

♀「あ、あん、感じるぅ・・」

♂「舌を絡めて吸うよ」

♀「あぁ・・・」

♂「舌を吸いながら軽く噛むよ」

♀「あぅ・・・」

♂「首筋に舌を這わせながら乳房を優しく揉んでいるよ」

♀「あぁ、ダメ・・・、感じちゃう・・・、心臓がもうドキドキ言ってる」

♂「大丈夫だよ、優しくするから、右の乳房を揉んでいる掌はそのままで左の乳房の乳首を指で摘んでキスをしながら舌で転がすよ、チロチロチロ・・・」

♀「あぁ、ダメだってば・・・・」

♂「乳輪を舌でなぞって乳首を噛むよ」

♀「あぁ・・・、感じるぅ・・・、クリ触ってもイイ?」

♂「まだ、ダメだよ」

♀「だって疼いちゃってるんだもの、お願い触ってもイイでしょ?」

♂「ダメだって言ってるだろ?」

♀「あぁ、あん、あん、ダメ、もう我慢が出来ないから・・・」

♂「しょうがないなぁ、じゃぁ、ショーツを下ろしてスカートは捲り上げたままでクリだけは触ってもイイよ」

♀「あぁ・・・、気持ちイイ、今日はイケルかも・・・」

♂「多分、イケルと思うよ」

♀「あぁ、イイわぁ・・・」

息が荒くなっているのが聞こえていました。

♂「随分、興奮しているんじゃない?」

♀「昔、貴方と大阪のNCBに泊まった夜の事を思い出してオナニーしているの」

♂「あの時は燃えていたもんなぁ」

♀「あの夜は本当に興奮しちゃって何度もイカシテもらったもの」

♂「確かに獣のような声を出して凄かったよな」

♀「あぁ・・・・、イッちゃう、イッちゃう、イクイクイクイクイク、イクぅぅぅ・・・・・・・・・」

♂「イッちゃったんだ、気持ち良かった?」

暫く、声が聞こえずに彼女の荒い息だけが聞こえました。

その後、

♀「うん、凄く気持ち良かったよ、何で旦那とのセックスではイケナイのかなぁ?」

♂「前戯もないし入れたら直ぐに発射して早いって言っていたじゃん」

♀「うん、そうだけど、旦那の事を思ってオナしてもイケナイんだよね」

♂「愛情が無くなっちゃったからなんじゃないの?」

♀「そうかもね」

♂「バイブは出してあるんでしょ?」

♀「うん、あるよ、貴方のペニスと同様の大きさのを買っておいたの、貴方の大きかったからネットで調べて」

♂「じゃ、バイブを俺のペニスだと思って舐めてフェラしてよ、教えた事、覚えているだろ?」

♀「うん、覚えているよ、主人のも何度か試したんだけど嫌がっちゃって」

♂「何でなんだろうね、俺は大好きだけどなぁ、気持ちイイのにね」

♀「じゃぁ、やるよ」

暫くの間は彼女がバイブを舐め回すピチャピチャの音だけが聞こえていました。

♂「じゃぁ、今度は俺がするから君はクリと膣を指で触ってて、クリを舌でチロチロしながら膣口の中に舌を堅くして挿し込んだ後にもう一度クリを舌でチロチロしながら舐め回すから」

♀「あぁ・・・、気持ちイイ・・・」

♂「じゃ、バイブを膣の中に入れてみて

♀「うん、今、バイブを舐めて濡らすね」

♂「もう十分に膣の中は濡れている頃だからそのまま入れれば大丈夫だよ」

♀「うん、じゃ、入れるよ」

♂「ヌルッって簡単に入っただろ?」

♀「うん、入ったよ」

♂「ゆっくり出し入れして」

♀「貴方も自分のペニスを扱いてる?」

♂「いいや」

♀「お願い、一緒にイって」

♂「うん、分かった、やるよ、スラックスを膝まで下ろして既にいきり立っていたペニスをトランクスから出して扱いているところ」

♀「やってくれているのね」

♂「うん、やってるよ」

♀「スイッチ入れてもイイ?」

♂「まだダメだよ、とりあえず亀頭部分だけゆっくり出し入れしてみて」

♀「あぁ、イイ・・・・」

♂「10分ぐらいそのままやってみて」

♀「うん、分かった」

暫くは荒い息だけが聞こえて

♀「イイ・・・・、感じる・・・・、イキそう、イクッ、あぁ、イクイクイクイクイク、イクぅぅぅ・・・・・・」

暫くは荒い息だけが聞こえて

♀「これからどうするの?」

♂「じゃ、スイッチを中にして振動させて、そして奥の方まで突っ込んで少し早目に出し入れしてみて」

暫く荒い息使いだけが聞こえて

♀「あぁ・・・・、またイッちゃいそう・・・、あぁ、イクイクイクイクイク、イクぅぅぅ・・・・・・・」

暫くは荒い息使いだけが聞こえて

♀「気持ち良かった、何で貴方とだったらこんなにイケルんだろう」

♂「何でかね、でも凄いじゃない、3回もイッちゃって」

♀「貴方のお陰よ、また抱かれたいな・・・、今度そっちに行くから抱いて」

♂「うん、イイよ、汗を掻いただろうからこのままシャワーでも浴びてよ、またメール頂戴」

♀「ありがとう、またね」


////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

この後の妻との夜の営みは明日のブログに書きます。

(つづく)

励みになりますのでクリックお願いします




にほんブログ村 大人の生活ブログへ


にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ  
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。