FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

熟年夫婦の営み日記 43話-3 ワインバーのママとの不倫後に妻と

2014年4月16日 PM10:00開始~11:00終了

奥さんの右手の指も小気味良くクリを刺激しながら乳房を乱暴に揉んでいました。

奥さん「あぁ・・・、感じるぅ・・・、イイわ・・・、イ、キ、ソ、ウぅぅぅ・・・」と切なそうなうめき声を上げるとその後、堰を切ったように「イクイクイクウイクイク、イクぅぅぅ・・・・・・・」とアクメに達し私の腰に脚を絡めて抱き付いてきました。

私は奥さんの唇を吸いながら腰をゆっくりと動かして静まるのを待ちました。

静まったのを確認して奥さんからペニスを抜いて、奥さんに「ベッドに行こう」と言うと隣の部屋に私を導き連れて行ったのです。

http://sphnote.blog.fc2.com/blog-entry-212.html 前回のブログです。

以下は昨日のブログの続きです。

ドアを開けるとセミダブルのベッドが横たわっていました。

奥さんにベッドに手を付けさせて私は後ろからペニスを差し込んで腰を最初はゆっくりで話しを終えてからは15分ほど休まず早く振ったのです。

奥さん「あぁ・・・・、イイ・・・・、依田さんって強いのね、イカなくて大丈夫なの?」と。

私「最後にイカさせてもらうからそれまでは大丈夫ですよ」

奥さん「弘子さんが羨ましい、毎晩、こんな事されているんでしょうから」

私「この歳だよ、毎晩なんかできる訳ないでしょ?」

奥さん「そう言えば弘子さん言ってたわ、9年間更年期でしてなかったって」

私「そんな事も話ししてたんだ」

奥さん「うん、もっと凄い事も話しているのよ」

私「その事は後で聞かせてもらうから」と言った後は真剣に腰を振り出し暫くすると。

奥さん「あぁ・・・、イイ、またイキそう、イッちゃう、イッちゃう、イクイクイクイクイク、イクぅぅぅ・・・・・・」と言ってアクメに達し脚を震わせてしゃがみ込んでしまい肩で大きく息をしていました。

静まるのを待って私は奥さんを抱き上げてベッドに横たわらせました。

私は奥さんの左脚を天高く上げて松葉崩しの体勢で15分ほど腰を振りました。

奥さん「あぁ・・・、依田さん、強過ぎるぅ・・・・、私、こんなに強い人初めて・・・」と訳の分からない事を言い続けてその後「ダメ、イッちゃう、イッちゃう、あぁ、イクイクイクイクイク、イクぅぅぅ・・・・・・・」とアクメに達し肩で大きく息を吐いていました。

静まって奥さんは「もうダメ、これ以上されたら私壊れちゃう」と言いました。

私は「じゃぁ、もう止めようね」と言うと

奥さんは「依田さんはイカなくてイイの?」と。

私は今までもそうですが浮気をした日もしくは明くる日には必ず妻を抱いていました。

更年期障害のあの9年間でさえも浮気したその日はわざと妻にベタベタしたのです。

今まで浮気して一回も妻にバレた事が無いのが私の自慢です。

今回は余りにも近しい人との不倫ですので絶対にバレないようにしないといけません。

優子だってバカではないでしょうから妻に分からせるような事はしないと思っています。

妻にも今晩しなくてはと思っていたので「私は大丈夫だよ」と言うと

奥さん「じゃぁ、私、口でやってあげるから」と。

私は「本当に大丈夫だからまた今度イカさせてもらいますから」と言って続けて気になっていた「さっきの家の家内との話しを教えてよ」と違う話しを切り出しました。

奥さんは「じゃぁ、洋服を着ましょう」と言ってリビングに行って私と奥さんの服を持ってきてくれました。

二人で洋服を着ている間に奥さんは「また抱いて下さる?」と。

私「うん、次は奥さんの中で射精したいけどイイかな?」

奥さん「閉経しているから今日でも良かったのに」

私「そうだったんだ、失敗したな」とわざとらしく。

奥さん「依田さんのメアド教えてくれる?」

同年代の女性は一回交わるとタメ口になるものです。

私「PCの方でイイ?」

奥さん「うん、何でも」

私「それでその話しは?」

奥さん「話していると時間が掛かるからメールで送るから、その代わり、弘子さんには絶対に内緒にしてね」

私「うん、分かった」

奥さん「実はね、弘子さんといつも会ってお茶やご飯に行くと必ず依田さんのセックスの話しになるの、もっとも私が聞き出しているんだけどね、そしたら依田さんのセックスの強い話しを聞いたから私も是非って思ったの」と言いながら笑いました。

私は今日、奥さんに誘われたのは「それでかぁ?!」と納得がいきました。

奥さん「喉が渇いたでしょう?何がイイですか?」

私「飲み物はイイよ、結構、時間が掛かっちゃったからとんかつ店に送っててくれる?」

奥さん「ご自宅じゃなくてイイの?じゃ、行きましょうか?」

私「うん」

店に送ってってもらってその後、店長と飲みに行って帰宅しました。


(明日のブログに続きます)

励みになりますのでクリックお願いします




にほんブログ村 大人の生活ブログへ


にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。