FC2ブログ
 

官能私小説ノート

華道教室の母娘と親子丼 39話 マンネリ解消

ベッドに寝かせ荒々しくキスをしました。

先生も息を上げて応えてくれています。

首筋を吸ったり噛もうとしましたが目立ってしまったらまずいので肩を強めに噛みました。

「あぁ・・・・、感じるぅ・・・・、もっと強く噛んで・・・・」

乳房を両手で乱暴に強く揉みました。

「あぁ・・・・、あん、もっと乱暴にしてぇ・・・・」

乳首を指で摘んで引っ張ったり、歯で強めに噛んだりしました。

「あん、もっとイタブッテ・・・・」

でもどのくらい強くしたら良いのか分からなくて躊躇していたら先生は自分の乳房を荒々しく揉んでいました。

その姿が淫乱熟女の姿そのものだったので私を更に興奮させました。

愛撫しても意味がないと思ったので下に行ってクリを舐めて歯を立てて軽く噛んでみました。

「あ・・・・おかしくなりそう、感じるぅ、もっと強く噛んで・・・・」

私は半信半疑でもう少しだけ強く噛んでみました。

「あぁ・・・・、あん、あん」と言いながら悶えています。

先生にはこんな性癖があったとは正直驚いていました。

尻の周りは先ほどのビンタで桃色に手の痕が染まっていたのでこれ以上は叩けないと思っていました。

次回までに縄の縛り方を勉強しようと思った程です。

これ以上S的な技術は持ち合わせてないので取り合えず肉棒を膣に突っ込み腰を振りました。

ペニスの角度を変えたり円を描いたりしました。

先生は今まで見た事のないような半狂乱の悶え方をして感じているようでした。

自分でクリを弄りながら乳房を揉んで悶えていました。

私の腰の突き上げに合わせて「あぁ・・、あ、あ、あぁ・・、あ、あ、あぁ・・、気持ちイイ・・」と声を出して悶え腰を上下に振っていました。

私は更に腰の動きを早めると「あん、あん、あん、あぁ・・、感じるぅ・・・、イッちゃいそう・・・」と言いながら私の腰に白くて長い太目の脚を絡めてきました。

先生は「イッちゃう、イッちゃう、ぅんグぅぁぁぁ、イグぅ・・・・・」と叫んで白目をむいて口は半開きになり涎を垂らしてアクメに達して果てたのです。

私は構わず腰を振ると「ダメッ、お願い、止めて、おかしくなりそう」と逃げようとしたのですがSの精神を貫いて先生の腰を抑えて逃がさないようにして更に腰を振ったのです。

「ダメッ、本当にダメなんだから、ダメだってば・・・」と悲痛な声を上げ逃げようとしました。

私はそれでも構わず腰を振り続けました。

「出ちゃう、出ちゃう、出る・・・・」と言って少量の潮を噴きました。

私はそれでも構わず腰を振ると「ダメッ、本当にダメッ、あぁ・・・・、本当にダメぇ・・・・」と言って身体をビクンビクンと震わせた後に脚をピンと伸ばして一時気絶してしまいました。

少しの間、そのままにしていたら先生は我に返って「こんなに感じたの初めて」と言って私の背中に腕を回して白く長く太目の脚を腰に絡めて抱き付いてきました。

先生の胸と腹の肉が弾力があって気持ち良かったです。

先生は自分ばかりイッてしまっている事に気が付いて「貴方はいかないの?」と尋ねました。

私は意地悪く「俺もイッて良いんですか?」と尋ねました。

先生は「ゴメンなさい、私ばっかりイッて」

私は「じゃぁ、イッてもイイですか?」

先生「イッてぇ!お願いだから中で沢山出してぇ!」

つづく

いつもご協力ありがとうございます







にほんブログ村 大人の生活ブログへ




にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ

スポンサーサイト
[PR]

PageTop