FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

熟年夫婦の営み日記 49話 札幌のメル友との別れそして妻と

2014年4月30日 PM10:15開始~11:00終了

札幌のメル友女性からお叱りのメールが届きました。

メル友「あのさ~、久々にブログ読んだら、最近で優子さんと良い関係になって私よりも後にメル友になった人たちと妄想してセックスをするなんてどういう気持ちなの?」と、不貞腐れたメールが届きました。

いつもは絵文字満載の面白いそして明るいメールをくれる既婚女性ですが。

私「そんな事言うけど自分が悲しかったり寂しかったりした悩んだりした時だけ唐突にメールくれるだけで、私が送信したメールに対しての返信が無かったりするのは何故なの?」と返信しました。

メル友「それは仕方ないじゃない」と返信が。

私「メール交換ってキャッチボールなんだから最低でも一週間以内には返信してもらわなければ、終わったのかと思っちゃうけどな」と送信。

メル友「へぇ~、そんなに心が狭かったんだ」と返信。

私「普通は誰だってそう思うけどな、仕事のメールだったら取引停止だよ」と送信。

メル友「じゃぁ、私たちもう終わりだね」と返信。

私「何が?」と送信。

メル友「私たちの付き合いよ、決まってるじゃない!」返信。

私「まだ付き合ってないし、メール交換だけだろ?」と送信。

メル友「だからこのメール交換も終わりにしようって言ってるの!さようなら!」と返信。

私「うん、分かった、さようなら、そして今までありがとう」と送信。

以前のブログにも以下の文章を書きましたがメル友さんと男女の関係になるにはじっくりお互いの性格や価値観が一致してからでも遅くないと思っていますので逸る気持ちを自身で自制して、相手にもその気持ちは伝えてお互いに自制できる人とだけ関係を結びたいと思っています。

じゃないとお互いに家庭がある訳で自制ができない既婚女性とそんな関係になったら後が面倒臭いのでそうしています。

そんな訳で以前に千葉県成田市在住の既婚女性のメル友さんはメール交換して1週間で私に「抱いてほしい」とメールが来たので「もっとお互いを知って価値観が一致してから」と返信したら「メル友自体を止めましょう」と書かれ振られた経験がありました。

それは旅先の行きずりの女性とセックスするのと同様で肉体的、精神的、そして社会的にもリスキーな気がして私には出来ないのです。

そういう意味では完全な晩熟です。

妻とメール交換している男性だったらホイホイと喜んでOKするのでしょうけどね。

そんな訳で青森県三沢市の女性に続き、千葉県成田市の既婚女性、北海道札幌市の既婚女性にもメル友解消そして振られてしまいました。

人間は男女関係なしに相手を独占しようという気持ちになるとヤキモチ妬きになるんですね。

私自身も実は先日、神戸のメル友Mさんとのメールでヤキモチを妬いてしまいました。

私は今まで妻や他の女性に対してヤキモチを妬いた事が無かったのですが、不思議な心情でした。

傍に居ないからまた今まで相手の女性として出会った事の無い世界の女性だからでしょうか、余計にそんな気持ちになったのかもしれませんし、そういう世界の違う女性でありながらメールでの会話だけですが物事に対しての価値観が似ているので楽しいのです。

でもヤキモチを妬いた自分はどうなのよ?と問い質されたら、今現在は優子と婚外関係が始ったばかりで妻とは円満な夫婦生活が継続している傍らでこの神戸のMさんとも将来的には良い関係が築けそうな気がしています。

これは男の独占欲と我侭以外の何ものでもないで反省ですね。

何だか妻に言い寄っているメル友の男性と変わらない心情になっていて少々お恥ずかしいです。

あるブログに男性自身も女性自身も使わないと衰退してしまうとありました。

将来に交わるかもしれない神戸のMさんの為にも自身の性が衰退しないように体力維持に努めています。

昨夜の私は先に布団に入りました。

妻は歯を磨いてお湯を沸かして寝室に来ました。

連日の交わりと仕事そして早歩きの散歩の疲れが出て妻が来る前にいびきを掻いて寝ていたそうで妻が率先して私にキスをして覆い被さってきたのでした。

妻「いびき掻いて寝ているんだもの驚いちゃった」

私「えっ、そうだったの?」と自身でさえも驚いてしまいました。

妻は私の口に舌を差し込んできて吸い、軽く噛んできました。

私もそれに応えて妻の舌を吸い妻の乳房の乳輪を指で軽くなぞると

「あ、あん、感じるぅ・・・」

乳房を両手で揉みながら乳輪に舌を這わせて乳首を指で摘まんで舌で転がしました。

妻「あん、あん、あん」

そのまま下の方に下がろうとすると妻は

「何だか疲れているみたいだから今日は簡単に」と言って

妻が下がっていって私のトランクスとパジャマのズボンを下ろしてフェラをし出したのです。

横たわった竿を右手で起こして亀頭を舐め舐めして尿道口をチュパチュパ音を立てて吸ってまた亀頭を舐め舐め段々に元気になってきた竿を右手で扱きながらカリ首や裏筋を舌の先で舐め回して左掌で玉袋を優しく包んで揉んでいました。

妻はフェラをする事で自身の性欲を更に興奮させているみたいでフェラが大好きみたいです。

止めて上に上がってくると妻の膣口に指で触ると既に大量の愛液が吹き出ていたので私は妻を横たえて指でクリを15分ほど擦ると妻はアクメに達し「イッちゃう、イッちゃう、イクイクイクイクイク、イグぅぅぅ・・・・」と私にしがみ付いて果てました。

暫くすると妻「今日は私が上に乗るから」と言って騎乗位の体勢で自身の膣に私を導いて乳房を自身の両手で揉みながら腰を振り出しました。

またクリを擦り付けるような体勢で腰を振っていて感じる部分の自分で体勢を変えて動いているようです。

暫くすると妻は切ない声を上げて「イキそう、イッちゃう、イッちゃう、あぁ・・・、イク、イクイクイクイクイク、イグぅぅぅ・・・・・・」と言ってアクメに達し私の体の上に身を乗せて肩で息をしていました。

暫くして妻が「貴方はイカなくてイイの?」

私「うん、疲れているから今日はイイや」と言うと

私から下りて舌と口でペニスを掃除しティッシュで拭いてくれて互いに下着とパジャマを着て眠りに付きました。

妻が寝たのを確認して書斎に行き妻のメールの受信トレイを開けてみてみました。

案の定、性急に妻の身体を迫った男性二人はメル友から消えていました。

私はもっと相手の事を良く知ってからの方が良いなとは思いますがそんなに焦ってしたいものなのかと私は疑問に思いますが私のように悠長に構えていると振られる確率も高いのですけどね(笑)

その他の方々は未だ健在のようで妻と楽しくメール交換をしていました。

(END)








にほんブログ村 大人の生活ブログへ




にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ   

スポンサーサイト
[PR]

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。