FC2ブログ
 

官能私小説ノート

バイト先の40歳代の女社長 3話

社長は私と唇を合わせると私の歯を舌でこじ開け舌を挿入してきた。

一旦唇を離して「キスした事ある?」と。

私「いいえ、ありません」と嘘を。

社長「じゃぁ、教えてあげる」と言って口付けして舌で私の舌を這わせ吸った。

更に一旦唇を離して「舌を出して」と。

私は社長に言われるまま社長の口の中に舌を入れると社長は舌を吸って軽く噛んだ。

その後、私の上の前歯、下の前歯を舌で舐め再度舌を吸ってきた。

そして私の上半身の服を脱がして首筋から胸、乳首を舌でコロコロと舐め回しGパンとトランクスを脱がした。

私は靴下だけの全裸にさせられた。

社長は私の大きくなったペニスを見て「こんなに大きくしちゃって」と言って手で握って口に咥えた。

これがエロ本に書いてあったフェ○チオというテクニックの一つかと思いながらされるままにしていた。

膣に入れるより気持ちが良くてうっとりしていた。

亀頭、カリ、カリ下、裏筋に至るまで口紅を乱しながら舌で舐めている社長の顔を見ていた。

そして舌を出してペロペロ舐める姿はより一層私の興奮を高めた。

「社長、出ちゃいそうです」と言うと、

「出して良いわよ」と言い、社長は今までより早くペニスを扱き舐めてくれていた。

私は絶頂に達し「出ちゃいます、出ちゃう、出ちゃう、出るぅ・・・」と言いながら社長の頭を手で押さえて腰を突き上げて社長の口の中で果てた。

社長は一旦口の中の白い液体を私に見せてから飲み干した。

私は「社長、汚いんじゃないんですか?」と言うと、

「全然、汚くないわよ、女はね、好きな男の精液は飲むものよ」と。

そういうものなんだと納得した。

その後社長は「シャワーを浴びよう」と言って私を風呂に連れていった。

脱衣場で社長は着ていた服を全部脱ぎ全裸になった。

乳房は大きくて乳首もサクランボほどあった。

一緒に風呂場に入って社長は浴槽に湯を入れ、私の体にシャワーの湯を浴びせボディーシャンプーを手に取り首から下まで掌で洗ってくれた。

特にペニス、玉袋、尻の穴は念入りに洗ってくれた。

というより弄くり回していた。

椅子に私を座らせると髪にシャワーを当てシャンプーで洗ってくれ顔も洗ってくれた。

泡を流してくれたので私は「社長を洗って上げたい」と言うと黙って立ち上がって、

「顔はこれで自分で落とすから」と言ってクレンジング液を取り出して自分で摩り「顔以外は洗って」と言った。

私は洗う事より社長の乳房を揉む事を優先した。

化粧を落とした社長を抱き寄せ立ったままで先ほど教えてもらったキスを実践した。

社長は「上手よ」と言ってくれた。

手は社長の大きな乳房を揉んだ。

社長は「乳首を舐めて」と言うので言われた通りに舐めて軽く噛んだ。

社長「あっ、あん」と電流が走ったように体を捩った。

その後、私はボディーシャンプーを手に取り社長の白い首筋から摩って洗った。

乳房周辺は自分が触りたかったから乳首は指で摘んで念入りに洗った。

当然、ペニスは既に上を向き堅くなっていて亀頭が社長の体の各所に当たった。

社長は手でペニスを扱いていた。

そうされたまま私は社長の下半身に手を伸ばして洗った。

恥丘に密集する陰毛も泡立てて良く洗い花園へと手を移動させると

社長は「あっ、あん、感じるぅ・・」と言って私の手首を両手で持って小刻みに動かさせた。

「ここはこうやって触るのよ」と。

そして太腿、膝、脛、足の甲、裏と洗い後ろを向かせて尻の穴を指で洗うと「あん」と声を上げた。

その後背中を洗ってシャワーで泡を洗い流した。

社長は自分で乳液を取って顔を洗顔していた。

終わったので椅子に座らせ髪の毛を洗った。

頭皮を理容室でやってもらっているように手の腹で良く洗ったら「上手よ」と言われた。

シャワーで洗い流して髪を束ねて湯水を切った。

浴槽に湯が入ったので社長に促されて一緒に使った。

社長の尻に私のペニスと玉袋が当たっていた。

私の胸に社長の背中があたり私は後ろから手を回して社長の豊満な乳房を両手で揉み乳首を指で摘んだ。

社長は「あっ、あん、そこは感じるの」と言った。

社長は浴槽の中で私の方に向き直しペニスを握ってきて水面にペニスを出させフェラをした。

舐め終わると「これが潜望鏡という体勢なのよ」と教えてくれた。

後で分かった事だがこの潜望鏡はソープランドの前身トルコで作られた技法との事だった。

私は社長の唇を奪って激しくキスをした。

社長は「だいぶ上手になってきたわ」と言って笑った。

社長に手を引かれ浴槽から出てバスタオルで拭きっこして廊下を挟んだ向かいのベッドルームに入った。

つづく

励みになりますのでクリックお願いします

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
[PR]

PageTop