FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

横浜 オーナーの娘 29話 ヨンファの部屋

部屋に戻るとヨンファは抱き付いて「明日帰っちゃうのよね」と寂しそうに言った。
私「また、近い内に来るから」
ヨンファ「約束よ」
私「うん、それよりシャワー浴びさせて」
ヨンファ「じゃぁ、一緒に」
バスルームに行き脱衣場で服を脱いだ。
ヨンファは「私が洗ってあげる」と言って私の体を洗い出しました。
私もヨンファの体を洗ってあげました。
一緒にシャワーを浴びて体を拭いて全裸でベッドに寝ました。
ヨンファは「抱いて」と言ってキスをしてきました。
私は疲れていたので「今日は止めよう」と言うと、「ダメッ、明日帰っちゃうんだから」と。
仕方ないので大きな乳房を揉み乳首を舐め吸っただけで彼女の膣の濡れ具合を確認してペニスを挿し込んだのです。
「あぁ・・・・、気持ちイイ、あぁ・・・・、あん」
思いっ切り腰を振ったら途中彼女は私の上に跨ってペニスを自分の中に導いて腰を前後に振り出しました。
「私の中でイッてぇ!」と言われたが眠くてイケル自信がなかったのです。
「イッてくれなくちゃ眠らせない」と言ったので、
また正上位に戻して激しく腰を10分ほど振りました。
彼女は「気持ちイイ、あぁ、イイ・・・」と言っていたが私の方が先にイキそうになって「ヨンファ、イク、イク、イクよ、あぁ、イクぅ・・・・」と言ってヨンファの腹の上に射精してヨンファの横に仰向けになって寝転んだのです。
ヨンファは「仕方ないわね」と言いながら私のペニスを舌で掃除して掛け布団を掛けてくれて寝ました。
朝になり「貴方、もう時間だから起きて」と言って私を起こしました。
起きたら既にヨンファは化粧して洋服に着替えていました。
洗顔して歯を磨いて着替えてヨンファの運転でホテルに向かいました。
つづく

いつもご協力ありがとうございます







にほんブログ村 大人の生活ブログへ




にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。