FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

定食屋のオバサン 12話 風呂場で

オバサンはクレンジング液で化粧を取っていた。

二人で風呂場に入って身体を洗いっこした。

オバサンの膣の中に指を入れて先ほど射精した精液を掻き出してシャワーの湯で良く洗い流した。

精液が残っていると再度挿入した時に気持ち良くないからだった。

更にクリを舐めて中指と薬指を膣の中にUの字に曲げて挿し込んで出し入れを激しくしてGスポットを刺激した。

「感じるのよね・・・、その指が・・・」と言いながら脚をガクガクさせたので浴槽の縁に座らせた。

「あぁ・・・、気持ちイイ・・・、ダメッ、出ちゃいそうだからダメッ、あぁ・・・・・・・・・」と言って潮を噴いた。

オバサンは「恥ずかしい」と言って顔を伏せた。

私はシャワーをオバサンの下半身に浴びせて床を洗い流して二人で狭い浴槽に身体を沈めた。

オバサンの豊かで白い大きな乳房を揉んで乳首を吸った。

「感じるぅ、気持ちイイ・・・」と声を漏らすオバサン。

オバサンは「出ましょう」と言って浴槽から出た。

身体を拭いてオバサンをまた仏壇の部屋に連れて行って仏壇の棚に手を付かせて後ろからペニスを入れて腰を振った。

「お父さん、ゴメンなさいね、こんな格好を見せて、依田さんのオチ○チンが貴方のより大きくて硬いから気持ちイイの・・・」と、仏さんに失礼なスケベな事を言い出して更に興奮を高めていた。

「オ○ンコの奥にオチ○チンの先が当たって気持ちイイの・・・」と。

「もっと奥まで突いてぇ!もっと、もっと奥まで・・・」と言ったので私はオバサンの大きな乳房を両手で揉みながら腰を何度も奥に突きながら振った。

「またイッちゃいそう、イッちゃう、イッちゃう、ぅんグぅぅぅ・・・・、イグぅぅぅ・・・・」と言ってアクメに達してイッた。

オバサンが静まるまでその姿勢のままでいて静まった頃合でベッドに連れて行って寝かせた。

オバサンの白くて太い片足を上に上げて松葉崩しの体勢で膣にペニスを入れ腰を振った。

この体勢は膣の奥にペニスが届いて互いに気持ち良くなるので私は好きな体勢だった。

オバサンは半狂乱になって「あぁ・・・・、気持ちイイ・・・・、あぁ・・・・」と大声で悶えた。

私はオバサンの上げている脚を舌で舐め回した。

オバサンは「ダメッ、またイッちゃいそう、イッてもイイ?、イッちゃう、あぁ、ッちゃう、ぅんグぅぅぅ・・・・、イグぅぅぅ・・・・」と言ってアクメに達して大声で叫んだ。

私もその声を聞いて興奮したのでペニスにコンドームを着けてオバサンをうつ伏せのバックの体勢にして愛液をペニスに擦り付けてアナルに挿し込んだ。

オバサンは「ギャッ」と声を発して逃げようとしたがその後は「あっ、あっ、あっ」と私の腰の動きに合わせて声を上げていた。

私はオバサンのアナルの中で大量の精液をスキンの中に射精した。

「ママ、俺もイクよ、イク、あぁ、あ、イクッ、イクぅ・・・・」と。

暫くアナルに入れてオバサンの背中の上に乗っていたがその後ペニスを抜いてコンドームを取って縛ってペニスをオバサンに舌で掃除してもらった。

コンドームの中の精液の多さを見てオバサンは「韓国では悪さしてこなかったみたいだね」と言って笑った。

そのまま全裸のままで朝までオバサンと添い寝した。

朝起きたら既にオバサンは二階には居なくて下で仕込みをしていた。

料理の良い匂いがしたので歯を磨いて洗顔して下に下りるとオバサンは「朝食出来ているから食べて」と言って用意してくれた。

私は起きて直ぐに食べられるのでオバサンはいつも「子供みたい」と言って笑った。

食べ終わって食器を洗おうとすると「イイよ、私がしておくから」と言われた瞬間にオバサンのスカートを巻き上げてストッキングとパンティを下ろしてバックからペニスを挿し込んで腰を振った。

オバサンは流しの縁に手を置いて「朝から元気なんだから・・・」と言いながらも気持ち良さそうな顔をして私の腰のリズムに合わせて腰を振った。

私「ママ、イクよ」と言うと

オバサン「浮気しないようにいっぱい出していきな」と言った。

私は「イクッ、イクッ、イクぅ・・・・・」と言ってオバサンの膣の中で射精した。

山梨行きは2日後にした。

じゃないと死んじゃうからだった。

つづく

いつもご協力ありがとうございます







にほんブログ村 大人の生活ブログへ




にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ 
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。