FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

定食屋のオバサン 24話 くじ引き当選・熱海温泉 6

食事を終えて部屋に戻ると布団が敷いてありました。

オバサンは部屋に戻ってくると直ぐに私の首に腕を回して「指輪、ありがとう」と言ってキスをねだりました。

私はおばさんの腰に腕を回して「どう致しまして」と言いながらキスをしました。

その後、私は内風呂に湯を溜めて二人で入って出てくるとオバサンは「喉が渇いたからビールを飲もおっと」と言って冷蔵庫から缶ビールを出してグラスを出したので取り返して開けてあげてグラスを持たせて注いであげました。

この旅行はオバサンを労う為に来たのですから徹底的に優しくして上げようと思っていたのです。

私「さっき、大浴場でマッサージ器に乗ったら眠っちゃって起きたら揉み返しが来て返って疲れたって言っていたよね?」と。

オバサン「うん、そうだけど」

私「ビールを飲んだら俺がマッサージしてあげるからね」

オバサン「良いわよ、貴方だって疲れているんでしょ?」

私「俺は若いから大丈夫だからマッサージさせてよ?」

オバサン「イイの?してくれるの?」

私「うん、任せておいて、俺は結構上手なんだよ」

オバサン「上手なのは前にもやって貰ったから知ってるけど、本当にイイの?」

私「今回の旅行は日頃の感謝と労いの旅なんだから甘えて?!」

オバサン「ありがとう、それじゃぁ、ビールを飲み終わったら甘えさせてもらうわね」

私「うん、ビールはゆっくり飲んでよ」

飲み終わったみたいだったのでオバサンを布団にうつ伏せにして足の裏を手の指で丁寧に揉み解しました。

心臓や脳から離れている部分から始め痛がる箇所は最初は優しく手で揉むのです。

片足で10分づつ両脚で20分掛けて段々に痛がる箇所にも力を入れていくと痛い箇所が無くなっていくから不思議なんです。

足の裏が終わったら膝を立てさせて足の甲にタオルを被せて私の掌全体を使って擦ります。

片方で5分づつ計10分継続します。

その後脚をそのまま状態でアキレス腱もタオルを被せて人差し指と親指で挟んで上下に擦ります。

片方の足で3分づつ計6分継続します。

その後脚を伸ばさせて脹脛を片方で5分づつ計10分継続して私の両手の親指を使って指圧します。

下から上に血流を心臓に戻すかのような気持ちでです。

それが終わると太腿の裏を両手の親指を使って片方で10分づつ計20分継続して指圧します。

これも下から上に向かって血流を心臓に戻してあげる気持ちでします。

その後お尻の肉を両掌に力を入れて10分程度揉み解します。

ここまでやってきますとオバサンの下半身の血行が良くなって来ていますので上半身には掛け布団を掛けておき冷やさないようにして下半身は剥き出しにします。

勿論、浴衣は着せたままです。

私は立って足の裏を使ってケンケンするようにしてオバサンの足の裏から脹脛、太腿そして尻まで指圧します。

ここまで丁寧に指圧してきましたので足の裏で強めに乗っても痛がる事はなく、返って強く乗って上げると「あぁ・・・、イイ・・・、気持ちイイわ・・・、段々身体が熱くなって来た・・・」と言うようになり時折「ジュルジュル」と涎を啜る音が聞こえます。

これは気持ち良さとビールを飲んだほろ酔いから来る涎です。

十分に足の裏で指圧したらオバサンの下半身に掛け布団を掛けます。

その後掛け布団を掛けている片方の腕を出して指の先から指の根元に掛けて私の親指と人差し指そして中指を使って5分ほど上下に一本一本丁寧に擦ります。

女性は足の先と手指に血が行かなくて夏でも冷えを感じてしまうものです。

なので徹底的に擦ってあげます。

それが終わったら手の平を私の両方の小指で引っ掛けて親指で5分ほど指圧し今度はオバサンの手の甲を掌で5分ほど擦ります。

その後は腕を手の指と掌を使って5分ほど手首から肩に掛けて指圧しもう一方の手指と腕を同様に指圧します。

その後片方づつの上で伸ばさせて私の足の裏でケンケンをしながら指圧するのです。

この頃には多少強めに乗っても返って、いや強くしてあげた方が「あぁ・・・、イイ・・・、気持ちイイ・・・、段々身体が熱くなって来たわよ・・・」と言って涎を垂らしてジュルジュルさせます。

その後、尻の上に体重を乗せずに跨って背中を両手で擦ります。

特にオバサンの腕を軽く上げさせて肩甲骨の中に指を入れてマッサージします。

オバサンは肉付きが良いので中々、骨の下に指先を入れるのが難しいのですがそれで「あぁ・・・、イイ・・・、気持ちイイ・・・、段々身体が熱くなって来たわよ・・・」と言わしめる技です。

これを片方づつ5分ほど続けます。

その後私が胡坐を掻いてオバサンの頭をその上に置きます。

肩と首を徹底的に指圧します。

これは10分ほどしましたでしょうか。

その後、顔の目と口の周りを指で2分づつ指圧します。

その後オバサンを座らせて肩に掛け布団を掛けて肩と首そして頭を15分ほど掛けて指圧して終了です。

終了するとオバサンを布団に寝かせて唇にキスをして「はい、終了」と言うとオバサンは軽い寝息を立てて眠りました。

私はそのまま寝かせてあげました。

つづく

いつもご協力ありがとうございます







にほんブログ村 大人の生活ブログへ




にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ 

スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。