FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

熟年夫婦の営み日記 54話-1話 メル友男性とのHな会話で燃える妻

2014年5月12日 PM11:55開始~0:55終了

昼間、妻が区役所に出掛けた時に書斎のPCで妻の受信トレイを開けて見るとそれはそれは凄い数のメールのやり取りがされていました。

私も経験ありますが、メル友と話しが盛り上がると幾らでも話しが出来てしまいます。

特に今は神戸のMとは朝から夜中まで時間さえあれば会話していて妻の気持ちもそして妻に群がる男女の方々の気持ちも良く分かります。

また妻は日常のリアルでは自分から話す事より友人知人の話しを良く聞いて頷いて最後に本の少し自分の話しをするようなタイプなのですが、不思議とメールに関しては妻も積極的で私自身が知らなかった妻の一面を垣間見た気がしました。

妻はMとは違い夜の営みに対しては積極的ですからHな話しも幾らでも付いていくので相手の方との会話が盛り上がるのでしょう。

妻の男性メル友③が、消滅して退却して居なくなったメル友男性①と②同様に既に妻との身体の関係を迫っているようです。

妻は適当にはぐらかしていますが、今後の展開が楽しみです。

私の場合はH系に関しては全く免疫の無い私と同い年のMを今から少しづつ免疫を付けるが如く会話の中に取り入れていて将来的にはHな話しにも付いてこれるような淫乱女性に仕立て上げ攻略していくつもりでいます。

またMは私と同い年の女性とは思えないような言葉は悪いですがカマトトぶりは55年の歳月を重ねて今も健在で年季が入っているかのようで中々その固い牙城を崩す事が出来ずにいますが少しづつ、少しづつ時間を掛けてその牙城を崩して行きその内に私色に染めていくのが異性とのメル友としての楽しさです。

このカマトトが演技なのか、はたまた本物なのかは未だ分かりませんが、55歳にしても尚、改良の余地が残っているのがまた面白いというか楽しいのです。

ここだけの話し、Mの旦那は既往症によりEDになっており、今後もMの花芯を汚す男性はおらず、私を待つのみですからMさえ裏切らなければ心配はいりません。

60歳になっても70歳、80歳になってもいつでもお互いがその気であれば幾らでも身体を重ねるのは可能ですから、会って直ぐに身体を重ねるのは私たち大人にとっては野暮ってものです。

(明日のブログへ続きます)

励みになりますのでクリックお願いします




にほんブログ村 大人の生活ブログへ


にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ
スポンサーサイト
[PR]

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。