FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

熟年夫婦の営み日記 63話 既婚女性とメールセックス後に妻と

2014年6月6日 AM0:40開始~1:10終了

最近は一日に仕事のメールだけで40件ほど入ってきて半数が返信は要らないというメールで後の半数が返信をするメールです。

店関係は営業終了時にそれぞれの店長から営業報告がメールで上がってきます。

私は夜遅くは殆ど起きてないので朝方に読む事にしているのです。

そしてプライベートのメールは朝必ず頂けるメールは10件ほどです。

プライベートの方のメールの数人を除いて殆どが一日に朝晩のご挨拶です。

昨夜はある方と10時半までメール交換をしていてその後、また別の方からメールを頂いてメール交換をして0:30まで話していました。

彼女:昨日に主人と3週間ぶりに二回しちゃった 和さん ごめんなさい 謝る事でもないかな?

私:なぁにぃ~、やっちまったな!←クールポコさん風に

私:ま、夫婦なんだから仕方ないんじゃないのかな?

彼女:ま、そうだけど、イケナカッタの

私:じゃぁ、俺がイカシテやるよ

1時間のメールセックスの間で彼女は初めての経験だと言い2回アクメを感じてくれました。

私も初めて犯す女性だったので少々興奮してしまいました。

その詳細の内容は彼女からのたってのお達しで公表出来ないのでお許し下さい。

その後、居間でテレビを見て私を待っていた妻に久々に私の方から「今からやるぞ!」と言ったのでした。

妻は既に歯磨きと私の朝の湯を沸かしていたので直ぐに寝室に来て私の横に寝ました。

実はこの朝方ですが内科クリニックに受診して帰宅した時の話しですが私は家に鍵を開けて入るのが嫌いなので門柱の前のインターホーンを鳴らしたと同時に妻が笑顔で玄関のドアを開けたのでした。

妻は南側のリビングのソファに座って私の帰りを待っていたみたいで嬉しそうなニコニコ顔で私を迎え「ずっとあそこに座って貴方の帰りを見てたのよ」って言われたので滅茶苦茶可愛い過ぎて玄関に入った瞬間にキスをしたのです。

妻は昼間は絶対に私にベタベタはしないのですが不意にキスをしたので驚いてはいましたが応じてきました。

50過ぎになっても妻を可愛いと思える瞬間でした。

その後からの妻は更に機嫌が良くて何をしててもケラケラ笑っていました。

もっとも妻と結婚してから更年期障害の時でさえ機嫌が悪くて当たられた事は一回もありませんが。

妻と口論になった事も数えるほどしかありません。

口論になる理由は今までの妻との人生の中で3回、取引銀行から多額の融資を頂いた時に妻はビビッて私に責めてきたのですが、論破して納得させたのでした。

ただ可愛そうな事に私が銀行から融資を受ける度に妻は胃潰瘍になってしまっていたのです。

しかし商売を続け大きくしていく為には取引銀行にお世話になるのは致し方ないのです。

ま、もっとも口論になってもいつも私が最終最後は「ごめんね、ごめんねぇ~!」って言って謝るのですがね。

また脱線してしまいました。

横に寝た妻の身体の上に私の身体を乗せてキスをしました。

妻は既に興奮していて下に潜って私のパジャマのズボンとトランクスを脱がしてフェラをしだしたのです。

10分ほどしてくれていましたが私も段々に眠くなってきたので妻に「悪い、クンニしないで入れちゃってイイかなぁ?」と訊ねると、

妻「今日の貴方は優しかったから許して上げる」って言ってパジャマのズボンとパンツを脱いで仰向けに寝たのでした。

実は先ほどの女性とメールセックスしていたので私自身はそんなに射精したいとは思っていなかったのですが、その女性の事を思ったら再度射精がしたくなったので妻のクリを触って膣口に手をやると既にグチョグチョだったので私のペニスを滑り込ませて15分ほど腰をゆっくりグラインドさせながら振り続けたのでした。

妻は「イイわ・・・、イイ・・・、イッちゃう、イキそう・・・、イクイクイクイクイク、イグぅぅぅ・・・・・・・」と言ってアクメに達したのでした。

そして妻が静まるのを待って次は妻の右手をクリの上に置き、左手を乳房の上に置いて「自分で」と言って更に腰を振っていると、

妻は「あぁ・・・・、イイわ・・・・、イク、あぁ、イクイクイクイクイク、イグぅうぅ・・・・・・・・」とアクメに達したので私もメールセックスの彼女を思い出して「弘子(彼女の名前を心で叫んで)イクよ、イクぅ・・・、あぁ、イクぅ、イク、イクぅぅぅ・・・・・・・」と言ってアクメに達し妻の膣の中に射精したのでした。

私は流石に疲れたので妻から下りて仰向けになっていると妻はティッシュを数枚取って自分の膣に蓋をして私のペニスを口に咥えてお掃除フェラをしてくれました。

私のその後の記憶はありませんでした。

明くる朝、一番で昨晩にメールセックスした彼女からメールが入っていて「和夫さんが私に 変な遊びを教えたのですから、責任を持って下さいね!? たまには 誘って下さいよ あんな刺激的な遊戯はありませんね。」

と。

これからは旦那さんの隙を見てコソコソとお誘いしたいと思います(笑)

(END)

励みになりますのでクリックお願いします




にほんブログ村 大人の生活ブログへ


にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ  
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。