FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

熟年夫婦の営み日記 66-3話 メル友既婚女性とメールセックス後に妻と

2014/06/19 PM10:45就寝~PM11:40

(以下は昨日のブログの続きです)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

22:14 私

でも私の中では将来的には抱きたい女性の一人だけど。
メールの文章を読んでいるだけだけど、
いい女で頭が良いんだろうなって想像できるものね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

22:21 メル友既婚女性

ノーノー いい女でも無いし
頭も パッパラパーです┐('~`;)┌(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

22:23 私

でも抱きたいんだから仕方ないじゃん。
後ろからね、肩を押さえてガンガン突くんだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

22:24 私

ダメだ、立ってきた(^^;;
明日まで待てないかも(笑)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

22:28 私

娘さんが勉強しているリビングから見えないキッチンで
○○のスカートを捲り上げて
ストッキングとショーツを脱がしてスカートを頭から被って
膣の濡れ濡れの愛液を舐めてからクリをクンニしちゃおうかな~?


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

22:30 メル友既婚女性

そうね~
そんな事されたら もう立ってられないでしょうね
あん あんって…

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

22:36 私

お楽しみは明日にしようね。
もう眠くてダメなので。
ゴメンネ、
それではまた明日、
お休みなさい♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

22:38 メル友既婚女性

はいはい
せっかく、いいところだけど(笑)
おやすみなさい♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

書斎から出て居間に居た妻に「今日はするよ」と言うと妻は恐らく待っていたのでしょう。

既に歯を磨いて明朝の私の湯を沸かして魔法瓶に用意してありました。

私「先に寝てるよ」と言うと妻は黙って明かりを消して付いて来て私の横に寝ました。

私は妻をメル友既婚女性と想像してセックスを始めました。

妻の体の上に乗ってキスをして「愛してるよ」と。

妻も消え入りそうな声で「私も」と。

私は妻にキスをしながらパジャマの上着を捲り上げてBカップと言う彼女の乳房と思って揉みました。

妻「あぁん、あん」

私は乳輪に舌を這わせ、口を乳輪の大きさと同様の大きさの口を開いて吸い乳首を舌で転がしました。

妻「あぁ・・・、あん」

私は親指、人差し指、中指で乳首を摘んで舌で転がし遊びました。

妻「あぁん、あぁ・・、あん」

肩を強めに噛むと「あぁ・・・・」

そのまま下に下りて行き、内腿に指と掌でフェザータッチで「あん、あん、あん」と。

その後、舌を這わすと「ッダメ・・・、くすぐったいから・・・」と言って腰を波打たせました。

その後、膣口に舌を這わすと既に洪水状態の愛液を口でジュルジュルと啜ってその後、クリに息を吹き掛けたのです。

最初はほんの微かに、そして段々に息を強くしていくと妻は「あぁ・・・」と言って腰を上下に揺らして悶えました。

そしてクリに舌を這わすと、妻の腰は波打ち興奮状態は最高潮に。

クリの先端から少し下の皮が被った部分を舌で剥いて振動させると妻は雌獣のような低い声で快感の嗚咽を漏らしました。

「あぁ、うっ、あっ」と。

15分ほどしていたでしょうか、シーツの上にいつも敷いてあるタオルに私の唾液と妻の愛液が混ざった跡がくっきりと直径7cmほど広がっていました。

妻「貴方、イ・キそう・・・」と言った瞬間に「イクイクイクイクイク、イグぅぅぅ・・・・・・」と脚をピンとVサインしてアクメに達しました。

暫くすると妻「貴方、入れて」

私は妻の要求通りに妻の脚をM字に開かせてタオルの下に枕を置いて妻の上に乗ってペニスを妻の膣に挿し込み腰を振りました。

ペニスの角度を妻の前(腹)側に当たるように10分ぐらい振っていたでしょうか、

妻「ダメ、ダメ、出ちゃう・・・」と言って潮を吹いたのです。

あまり多く出されても布団が濡れてしまうので途中でペニスを抜きました。

妻は何となく安心したかのような顔をしていたので、枕を退かして再度ペニスを差し込んで15分ほど、ドズン、ドスン、ドスン、と奥を突くように腰を打ち付けると、

妻「ダメ・・・・、イッちゃう、イク、イク、あぁ、イクイクイクイクイク、イグぅぅぅ・・・・・」と言ってアクメに達しました。

私もイキたかったので妻に「俺もイキたいんだけど」と言うと、

珍しく妻は「ごめんなさい、少し小休止させて、じゃないと壊れちゃいそうだから、お願い」と言って肩で大きく呼吸していました。

暫く妻の上にのって妻が静まるのを待っていました。

妻「大丈夫、イって」

私は妻の片足を持ち上げて松葉崩しの体勢になって腰を振りました。

5分ほど振っていると妻がまた「ダメ、イッちゃいそう、イク、あぁ、イクイクイクイクイク、イグぅぅぅ・・・・」とアクメに達したのですが私もイキたかったのでそのまま腰を振って「弘子、イクよ!(メール交換をしていたメル友既婚女性の事を思って)」と言って、「イクッ、イク、あぁ、イク、イク、イク・・・・・」と叫んで妻の膣の中で射精をドクッ、ドクッ、ドクッ、ドクッ、ドクッと、最後は尻の穴を絞って最後の一滴まで出しました。

暫くして妻から降りると妻は枕元のティッシュを数枚取って自分の膣に蓋をして私の足の間に入ってペニスを口に咥えてお掃除フェラをしてくれました。

その後、妻はトイレに行って処理した後に洗面所に行きお湯でタオルを揉み出して私のペニスを拭いてくれました。

私はトランクスとパジャマを着て朝まで眠りに付きました。

(END)

励みになりますのでクリックお願いします




にほんブログ村 大人の生活ブログへ


にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ  
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。